おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 雨上がりに咲く オニユリ

<<   作成日時 : 2013/07/29 18:45   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 山口、島根両県では28日未明から昼すぎにかけて、気象庁が8月30日から導入する「特別警報」のレベルに匹敵するような猛烈な雨が断続的に降り、大きな被害が出た。 今日の当地では静かな降りではあったが、夕暮れ近くにようやく青空がちょっとだけのぞいた。

雨上がりに咲くオニユリ

 そんな雨上がりに咲いているのは、オニユリだ。 花の色や形から、赤鬼を連想させることから 「鬼百合」 の名になったという花だ。 これも我が家の夏の庭に咲く花の一つだ。
 花びらには黒い斑点が目立ち、葉の付け根には 「ムカゴ」 と呼ばれる小さな球根のようなものができている。 このムカゴができることにより、オニユリとコオニユリの区別が付く。 この 「ムカゴ」 は、オニユリだけに見られるもので、コオニユリには、ムカゴは出来ないのだ。

花の下にムカゴが…

 オニユリのムカゴは、花が終わり茎が枯れる頃には、そのまま地面に落ちて根を出し、翌年の春には発芽する。 このオニユリもこうしてできたムカゴから育てたものだが、今庭の一角をオニユリ園にしようと、ムカゴを蒔いて育てた苗が確実に育っている。 気の長い話だが、数年後が楽しみだ。

オニユリのムカゴ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。迫力ある写真です。なるほど、ムカゴには、そういう鑑別にも役立つところがあったのですね。数年後のユリのコ−ナ−、今から楽しみです。
行き当たりばったり
2013/07/29 21:50
オニユリ、コオニユリ育つと良いですね。

家を建てたばかりの頃、オニユリもコオニユリも自然に庭に咲いていて、
あまり好きではなかったので、気にしないで手も加えないで居ましたら、
いつのまにか我が家の庭から消えてしまって、今になり後悔しています。
花も声をかけてあげないと、消えてしまうようですね。
雅♪
2013/07/29 23:22
 行き当たりばったりさんへ
わたしには、ムカゴの有無でしかオニユリとコオニユリの判別ができません。
まさかおもしろ半分で蒔いたムカゴが芽を出すとは思いませんでした。
気の長い話ですが、せっかくの苗ですから、面倒を見ていきたいと思います。
wagtail
URL
2013/07/30 14:03
 雅♪さんへ
半分興味本位で蒔いたムカゴが芽を出し、驚いています。
花びらの黒い斑点模様は好き不好きがあるのではないかと思います。
野性味が感じられる庭を目指しているにはもってこいのユリだと思い、
まとめて蒔いたらどうなるだろうかと期待しています。
荒れ状態の我が家の庭には、意外とマッチしていくかも知れません。
確かに手をかけてもらえない花は、少しずつ姿を消していきますね。
我が家の庭でも、姿を消していった植物は、数知れません。
wagtail
URL
2013/07/30 14:10
もう 夏もどんどん過ぎていきますね。

鬼百合もいいお花ですね。
この花を見ると 夏も深まり そろそろ秋の花かな?
って思います。

おつかいの道で 鬼百合が咲いているお宅を見かけ
あぁ 良いお花だなと思いながら 通りましたら
このHPで 又 お目にかかれて嬉しいです。

暑いので ゆっくり過ごしています。
ベニマシコ
2013/07/31 11:42
 ベニマシコさんへ
猛暑の夏ですが、お元気でお過ごしでしょうか。
このところ、雨模様の日が続き、多少凌ぎやすくはなっていますが、
それでもやはり「夏」、日中はぐんぐん気温が上がり、屋内でじっとしています。
どこから我が家の庭に入り込んだか不明のオニユリですが、
野辺の雰囲気を味わうには最適の花だと思い、大事にしています。
まだまだこれからが本番の夏、ご自愛ください。
wagtail
URL
2013/07/31 14:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
雨上がりに咲く オニユリ おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる