おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 羽化して間もない オニヤンマ

<<   作成日時 : 2013/08/02 23:46   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 昨日は、雨の音を気にしながら目覚めた。 朝から雨降りで、一時は音を立てて激しく降ることもあった。 そんな雨も、8時半近くにあっという間に上がり、たちまち青空が広がり、夏の日が差した。


 早速犬を散歩に連れ出す(とはいっても、まだ犬の恐怖心が抜けないため、家の周辺だけだが…。)と、北斗(犬の名)の鼻先のスギナの中にトンボがへばりついていた。 後で図鑑で調べてみたが、多分オニヤンマではないかと思われる。
 体全体が雨露にぬれ、カメラを思い切り近づけても飛び立つ気配はない。 体だけではなく、羽根までこれだけぬれていたのでは飛び立つこともできまい。 しかし、普通なら雨の時にはこんな場所ではなく、体を守れるような場所に避難するはずだがと思い、周囲を観察してみると…。


 ありました。 トンボのいる場所からほんの10pほどの距離の枯れ草にヤゴの抜け殻がぶら下がっていました。 多分このすぐ近くの小さな流れから這い上がって来たヤゴが、ここで脱皮したのだろう。 そして、多分このオニヤンマは、このや後から脱皮したのに違いない。
 そう考えると、雨の中でずぶ濡れになっていたオニヤンマの説明が付く。 ことによったら、降りしきる雨の中で脱皮をしたのかも知れない。


 気になったので、1時間ほどして同じ場所に行ってみると、もうあのオニヤンマの姿はなかった。 きっと今頃はすっかり乾ききった羽根を広げ、すがすがしい夏空をすいすいと飛び回っているのであろう。 厳しかった自然状況の中で、無事新たな誕生ができ、本当によかった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
凄いですね!羽化したばかりのオニヤンマ!
オニヤンマは動きも早くてゆっくり姿を見ることができませんでした。
田舎でもオニヤンマは高嶺の花、姿を追うだけでした。
今、街の中では姿を見ることができませんが、仕事で郊外に行くと
たまに目にする事があります。
そんな時は嬉しくなります、ちょっとワクワクするから不思議です。
ネネ
2013/08/04 23:24
 ネネさんへ
子どもの頃、オニヤンマはなかなか捕まえることができませんでした。
まれに捕虫網に入ったものなら、それはもう友達に自慢して見せたものです。
少年時代の何とも懐かしい思い出です。
今の子どもたちは、こんなワクワクする気持ちを味わっているんでしょうか…。
本やテレビでは味わえない、感動ですよね。
wagtail
URL
2013/08/05 17:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
羽化して間もない オニヤンマ おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる