おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 中秋の名月

<<   作成日時 : 2013/09/20 10:26   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 暦上の 「中秋の名月」 がちょうど満月と重なった昨夜19日は、長野県内は高気圧に覆われ、当地では絶好のお月見日和となった。  昨年に続き今年も中秋の名月満月の日が重なり、雲がほとんどない秋空で真ん丸の素晴らしい名月を見ることができた。

20時25分の満月

 特に今年は満月の時刻が20時13分だったが、実際にわたしが月を見た時刻は20時25分前後だったので、真の満月の時刻に非常に近く、望遠鏡で拡大してもほとんど欠けていない満月を見ることができた。
 秋は、天気がよい日が多い事と月を観るのにちょうど良い高さになる事から、秋の真ん中に月を愛でる事を中秋の名月と呼ぶのだそうだ。 しかし 中秋の名月と言っても周期の関係上、必ずしも満月となる訳ではない。 今年は2011年、2012年に続いて中秋の名月が満月となったが、中秋の名月当夜の月が次に満月として見られるのは、2021年(東京オリンピックの翌年)まで待たなければ見られない。 

 野鳥撮影用のレンズを持ち出して月面を撮影してみたが、月面には様々な模様が見られる。 海と呼ばれる平地や、山脈、谷などだが、何と言ってもクレーターと呼ばれるたくさんのアバタ模様が有名だ。
 お月見の日には、だんごや餅、ススキ、サトイモなどをお供えして月を眺めるが、我が家でも満月のようなまん丸のだんごを作ってお供えした。 わたしはこの米の粉で作っただんごが大好きだが、だんごを口にほおばりながら、こうしてきれいな月を眺めるのは最高にいいものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
私もこの美しい月を眺めました。
夫君がぽんぽんと手を合わせると、月の輝きが
揺らいだように感じられました。
そういえば我が家には古い天体望遠鏡があったのに、
しまいこんであって、出して見ることもしませんでした。
惜しいことをしました。
雅♪
2013/09/20 16:59
今晩は。お月様、今回ほど多くの人が注目した年は、ないのではまさに真ん丸のお月様です。古人は、月を見て、あれもこれも、由無し事を考えたのでは、ないでしょうか。お供え団子を食べながら、物思いにふけるのも、これまた、いいことですね。
行き当たりばったり
2013/09/21 00:02
 雅♪さんへ
お二人で名月を観ている様子が目に浮かぶようです。
>夫君がぽんぽんと手を合わせると……
日本人ですねぇ。
昨年の撮影はさんざんの写真でしたが、今年は何とか見られる月になりました。
でも、やはり風景としての満月も一枚取っておけばよかったと公開しています。
雅♪さんの天体望遠鏡準備もあわせ、8年先の満月までお預けです。
wagtail
URL
2013/09/21 12:19
 行き当たりばったりさんへ
風流を解する日本人、今年の中秋の名月は、
まさにそれにぴったりの月でした。
これ以上ないというような条件下で、
満月の美しさを満喫することができました。
wagtail
URL
2013/09/21 12:23
綺麗に美しく撮れていますね〜。
こちらでも よく見ることができました。
お月見に備えるダンゴなど三宝の傍に ススキとか萩の花など
まったく よく似あいますよね。
気ぜわしい時代の変化流れの昨今 いっときの静かな時間
大切にしたいものです。
中秋の名月に因んで
ススキも、「すくすくと立つ木(草)」という意味から名付けられたとする説など
あるようですが真偽はともかく その 無理無理にこじつけ方などががまた
昔人のこころの余裕が広さが なんとも いいものです、


山帽子
2013/09/22 13:14
 山帽子さんへ
絶好のお月見日和になりました。
中秋の名月と満月が重なる最高のお月見でしたね。
昨年は写真撮影がさんざんだったのですが、
今年は何とか見られる画像になりました。
気ぜわしい時代だからこそ、こうした名月を眺める心のゆとりや
お供え物を用意するなどのゆとりが大事だと思います。
また8年後に満月の中秋の名月をゆったりした気分で眺めたいものです。
wagtail
URL
2013/09/22 19:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
中秋の名月 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる