おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 寂しくなったリンゴ畑

<<   作成日時 : 2013/12/07 10:26   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 今朝も空き地の草が真っ白になるほど霜がおりるような寒い朝となった。 朝食を済ませ、さっきから散歩に出ることを切なそうな鳴き声で催促していた北斗(飼い犬)を連れて散歩に出た。 喜んで一気に走る北斗の歩みが緩くなった時の吐く息が白く見える。


 数分も歩かないうちにすぐにリンゴ畑の脇を通る。 つい1〜2週間ほど前までは、たわわにリンゴが実っていたリンゴ畑だ。 リンゴの収穫が全て終わり、ここ数日の寒さ続きで、葉っぱだけになっていたリンゴの木も一気に黄色く紅葉し、忙しく落葉が始まっている。 もう枝についている葉は数えるほどで、地面は一面の落ち葉で埋め尽くされている。

 

 つい最近までの賑やかなリンゴ畑から、一気に冬を迎えた淋しさ漂うリンゴ畑に変わってしまった。 花を咲かせ、実を付け、葉を落とし、また次年度の再生に向け静かに本格的な冬の到来に備えるリンゴ畑なのだ。 リンゴの葉がまた音もなくヒラリヒラリと落葉し、冷たい風に吹かれて地面を舞っていく。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
今日あたりから九州も少し寒さが進むようです。
> つい最近までの賑やかなリンゴ畑から〜〜〜
そうですか・・・
我々には リンゴの木そのものを間近で見る機会が
ないので 葉の様子などじっくりと見せてもらいました。
こうして サイクルを繰り返して来春を待つのですよね。
こちらではミカン類が季節を感じますが ミカン類は
常緑種ですから 劇的な変化はありません ただ あのたわわに
実ったみかん畑から オレンジ色が無くなった・・・
そんな感じですね。すこし郊外にでれば 葉が落ちた 柿の木の実が
鈴なり・・・放置されて 格好の野鳥たちの ごちそうになっているようです
晩秋から初冬へ九州の今頃です 
山帽子
2013/12/11 08:43
 山帽子さんへ
秋は、木々の命の集大成の時期。
命の最期の輝きである錦の紅葉から茶色の枯れ葉に、
そして落葉し、今は冬枯れの林が連なっています。
周囲の自然が確実に動いているのが視覚的にも見て取れます。
リンゴ畑の狭いスペースでも、季節を感じられるのは嬉しい限りです。
wagtail
URL
2013/12/11 18:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
寂しくなったリンゴ畑 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる