おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 大雪の その後

<<   作成日時 : 2014/02/19 23:46   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 土・日曜日の二週続きの大雪から三日が経過した。 今回の積雪は、我が家の庭先でおよそ60pとなった。 もちろん、ここに居を構えて以来、最大の積雪量であることは間違いない。 


 日曜日には三回の雪かきだったが、一日中雪かきをしていたような感覚だった。 一番困ったのは、かいた雪をどこに持って行くかということだ。 敷地一面60pの雪が積もると、かいた雪がうずたかくなり背丈を超すほどになったので、かいた雪の持って行き所がなくなってしまったのだ。
 あの大雪以来、幸いにして日中は日射しが当たる日が続いた。 やはり太陽の力はたいしたもので、あれほど積もっていた雪も、日を追うごとに減っていき、上の写真のように高さにすれば半量ほどにもなったろうか。


 それでもやはり大雪の影響で、様々な支障が生じている。 スーパーなどの食料品がかなり少ない。 道路が圧雪となり凍り、デコボコ状態。 ご近所のカーポートが何カ所か崩壊した。
 我が家のタキロンの下屋は、普通サイズより広めに作ってあり、設置段階で業者に多雪の際は注意するように言われていた。 やはりこの雪で、アルミの構造がたわみ始めたので、慎重に下屋に上がり雪下ろしをして、何とか崩壊の難を逃れた。 愛犬“北斗”の手作り屋根も一部破損はしたものの、これまた応急処置を施し現状維持ができた。
 県下各地で、高速道路の普通、電車の運休など雪による様々な災害や交通麻痺が生じ、多雪地域では、孤立してしまった集落まで出た。 今日あたりから、少しずつ復旧が進んでいるようだが、改めて大雪(災害)対策のあり方について検討する必要を感じずにはいられない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大雪の その後 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる