おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 保科のぼたん寺 ・ 清水寺

<<   作成日時 : 2014/05/21 23:22   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 長野市保科に清水寺(せいすいじ)というお寺さんがある。 「保科のお観音さん」 あるいは、「ぼたんのお寺」 としてしたしまれているが、正式には 「阿弥陀山護国院清水寺」 と称し北信濃の三大霊場の一つだそうだ。 先週の休みにそのボタンを見に行ってみた。


 清水寺は戦前まで、3000株ものボタンが植えられており、ぼたん寺として県内外まで有名だった。 ところが現在は、思ったほどのボタンは植えられておらず、期待していくほどの状況ではない。  「ボタン寺」 といわれる寺にしてはちょっと拍子抜けした感じだ。
 今は、当時のぼたん寺復活を目指して、地元のぼたん園復活推進委員会の皆さんがぼたんの植樹を始め、ようやく約400本のいろいろな種類のぼたんが花を咲かせるようになり、これからの整備が待たれる段階だろう。


 例年は紅葉の時期に数回来ていたお寺だが、少し坂道を登ったところに、「観音様」があるのだが、まだ一度もいかずにいた。 今回は、期待のボタンが期待はずれのこともあり、一度観音様まで登ってみることにした。
 くねくねと曲がりくねった坂道を上がっていくと、やがて杉木立の間から朱色の観音堂らしき建物が見えてきた。


 清水寺の入り口からはちょっと距離があり、しかも上り坂も手伝って、ちょっと骨の折れる道だが、到着してしたから見上げ手見ると堂々とした懸崖造りのお堂の佇まいだった。



 今回はボタンを期待しての訪問だったが、個人的な好みとしては、やはり紅葉の美しさの方がこの寺には似合っているように思えた。 昔のボタン寺として名を売るには、今後もっと境内にもボタンを植え込んでいったらどうだろうか。 そんなことを勝手に思いながら、帰宅の途についた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。山の斜面のお寺さんですね。その名の通り、京都のお寺さんに似ているような。多くの人の話題に登るには多くの時間、そして多くの労力が必要なのでしょうか。アイデアも大事ではありますが--。
行き当たりばったり
2014/05/25 21:37
もう、お仕事されているのですね。
そちらには、趣あるお寺が沢山あるのですね。

牡丹は残念でしたね。

でも、このお寺には興味を抱きました。
ベニマシコ
2014/05/27 11:39
 行き当たりばったりさんへ
もちろん京都のお寺にはかないませんが、
朱塗りの建物は雰囲気があり、いいものです。
初めて登ってみましたが、坂上田村麻呂が奥羽征討に向かう際に立ち寄り
建立したと伝えられています。
wagtail
URL
2014/05/28 17:58
ベニマシコさんへ
昔は、“ぼたん寺”として親しまれていたお寺のようですが、
現在はさほどではないように思われます。
“ぼたん寺”と呼ばれるには、これからの整備が待たれるところでしょうか…。
wagtail
URL
2014/05/28 18:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
保科のぼたん寺 ・ 清水寺 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる