おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 桑の実の熟す頃

<<   作成日時 : 2014/06/16 20:13   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 毎年この梅雨の頃になると目に付くのが桑の実だ。 桑の実は、下の写真からも分かるように、実が成りはじめは白く、徐々に赤くなり、完全に熟すと赤黒くなる。 熟さないと酸味がかなり強いので、十分に赤黒くなるまで待つことが肝心。


 桑の実は4月から5月頃に花を咲かせ、実を付け始める。 実が熟すのは、赤黒くなる6月の始めから1ヶ月間ほど、まさに今が桑の実の熟す季節。
 子どもの頃は、養蚕業が盛んで、近所の農家のお宅ではあちらこちらで蚕を飼っていた。 桑はこの蚕の飼料として用いられていたため、いたるところに桑畑があった。 童謡 「赤とんぼ」 では、
      夕やけ小やけの 赤とんぼ 負われて見たのは いつの日か
      山の畑の
 桑の実を 小篭に摘んだは まぼろしか
と歌われているように、養蚕業が大変盛んで、この歌に詠われているような光景が広がり、桑畑が至るところで見られた。 しかし、養蚕業の衰退によって、養蚕農家が減り、桑園面積が減り、今では山村の地域でさえも桑畑はほとんど見られなくなってしまった。 ことによると赤とんぼの歌詞は知っていても、歌詞の中に出てくる桑は知らないという人が、かなりいるのではないだろうか。
 すっかり桑畑が姿を消してしまった今、この赤黒く熟した桑の実を見ると、そっとつまんで口にしては、口を赤黒く染めて食べ歩いた子ども時代と養蚕業が盛んな頃の桑畑の光景を懐かしく思い出すのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
伊那谷の桑も色付き始めています
私が幼い頃はたまに桑畑が点在していましたが、気がつくと全て姿を消してしまいました・・・
昔は桑畑だったであろう場所に、大きく成長した桑の木が残っていたりして、私が仲間と管理している里山にも何本か桑の木があって、野イチゴなども作業の合間に摘まんで食べました。
甘くてみずみずしくて美味しく渇きを癒してくれました。旬の味覚ですね。

赤とんぼにも唄われていたんですね、今気がつきました・・・^^;

追伸
伊那谷へもお越しになることがあるそうですね、またこちらにお越しの際にはお声がけいただければ幸いに存じます
たっきー
URL
2014/06/17 10:05
お久し振りです。
桑畑は 私が子供の頃過ごした(群馬県)田舎では どこを見ても桑畑で 近所も養蚕業が収入の主流でした。私はお蚕さんが苦手で 母がお手伝いに行って帰宅すると 肩にモジョモジョと動く蚕さんを見つけ 大騒ぎしたものです。でも 今は全く桑は見られないです。 子供の頃 桑の実は食べてはいけない・・と言われてました。何故なのか? とても美味しそうな色でしたが。
今だったら 摘んで来てジャムを作ります。
先日 ルバーブを買ってジャムを作りました。信州では珍しくないルバーブですよね。 
しおん
2014/06/17 14:42
 たっきーさんへ
伊那谷の桑の実も熟しの季節を迎えていますか。
この赤黒い色にのみを見付けると、つい手が出てしまいます。
子どもの頃の郷愁と共に、今はもう懐かしい味になってしまっています。
養蚕業が盛んな頃には、消毒の心配などはなかったのですが、
桑畑でなくなった今の桑は、周囲の果樹園などで消毒をしないか、
ちょっと周囲を見回してしまいます。
ブログのアドレスを残していただき、ありがとうございます。
また、ゆっくりと訪問させていただきたいと思います。
wagtail
URL
2014/06/17 21:28
 しおんさんへ
しおんさんは、群馬県が田舎なんですね。
上州と言えば、今話題の富岡製糸工場を抜きにしては考えられません。
養蚕業が、本当に盛んな地だったんですから至る所桑畑だったんでしょうね。
きっと、地域を支える桑や蚕を本当に大事に考えておられたのかも知れませんね。
ルバーブ、よく知りませんでしたが、調べてみると蕗のような植物なんですね。
確かに長野県北部などでたくさん栽培されているようです。
美容に効果的なジャムだとか…。
桑のジャムは、今となっては貴重な品ではないでしょうか。
wagtail
URL
2014/06/17 21:44
今晩は。もう桑の実の時期なんですね。確かに黒くなった実は甘くて、口の周りを真っ青にして食べたものです。特に学校帰りには寄り道をして食べて帰ったものです。今は道の駅あたりでも売られてるのではないでしょうか。
行き当たりばったり
2014/06/17 22:28
 行き当たりばったりさんへ
行き当たりばったりさんも、やはり子どもの頃に桑の実を口にした体験がおありですね。
わたしにとっても、懐かしい子ども時代のよき思い出です。
今は、何でも店で売られるようになり、
便利なようで、どこか寂しい気もします。
カブトムシまで店で売られる時代ですからねぇ。
wagtail
URL
2014/06/18 21:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
桑の実の熟す頃 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる