おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS ヤマボウシの果実は食べられる…

<<   作成日時 : 2014/06/23 14:58   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 一昨日、昨日と本格的な梅雨らしい雨降りとなった。 とりわけ、昨日はバケツをひっくり返したような振りの時間がだいぶ長かった。 一転、きょうは朝から日が差し、夏を思わせるような日差しがさしている。


 今年は珍しく、庭に植え付けられたたった一本のヤマボウシがたくさんの花を付けているが、昨日強いあっ目に打たれた上に、この暑さで、花もだいぶくたびれた感じになってきた。 このヤマボウシが我が家の庭に植え込まれてから4〜5年になるが、今までは、数えるほどの花が付いただけだった。 今となっては大分くたびれた花ではあるが、こんなに豪華に咲かせたのは今年が初めてだ。

 それには理由があり、なかなか木を植え込む場所が定まらず、現在の場所に定着するまでには三回ほどの移植が行われた。 何度も移植が行われたため、きっと花を咲かせるどころではなく、生きているのがやっとこと言った状況だったのであろう。 山帽子は赤い実を付けるのだが、今まで好みが食べられると言うことは全く知らなかった。 もっとも、花が今まではろくに先もしなかったので、実どころの話ではなかったのだが…。


 たくさんの花を咲かせた今年は、今から実が熟す季節が楽しみだ。 色々調べてみると、 「果実は、球形の集合果となり、赤く熟す」 とある。 また、 「甘くおいしいが、口の中に種子と皮が残りざらつき、味も少し癖があるので、好き嫌いがあるかも知れない」 とも記されていた。 とにもかくにも、秋に果実が熟した時には、是非とも味わってみたいものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
山に植えるヒノキの苗木などは、秋になると抜いて春に植えてを2回ほど繰り返して、根を育てるって事を高校時代に実習で習いました(農業高校の林業科だったもので)
Wagtailさんのお宅のヤマボウシも、何度か植え直したことで、結果的に根が育って丈夫な樹になったのではないでしょうか・・・
きっと秋には赤くて美味しい実がたくさん実る事でしょう。楽しみですね

自分もヤマボウシの実が美味しいとは知りませんでした。赤い実が美味しそうにも見えるのですが、その反面鮮やか過ぎるというか身の付き方も目立ちすぎ・・・毒々しいっていうか・・・^^;

今年は一つ食べてみたいと思います。
たっきー
URL
2014/06/23 18:32
 たっきーさんへ
けがの功名と言いましょうか、
予想もしない別な効果があったんですね。
まだ樹高3メートルほどの小さなヤマボウシの木ですが、
木全体に花を付け、嬉しい限りです。
今までは花野数が少なく、ハナミズキの花や実にそっくりだったため、
さほど実がなっていても木にもせずぼんやりと見過ごしていました。
今から玄関前のこの木がどんな感じで実をならせるのか、楽しみです。
wagtail
URL
2014/06/24 18:31
今晩は。今からヤマボウシの実、楽しみです。果実酒の材料にもなりますね。ジャムにもできるようだし。こうして自然の恵みをいただける。嬉しい事でもあります。
行き当たりばったり
2014/06/24 22:02
 行き当たりばったりさんへ
果実酒やジャムにして楽しむこともできるんですか…。
木いっぱいに花を付けたとはいえ、まだ小さな樹木。
果実酒やジャムにまではならないでしょうが、
それでも今から楽しみです。
wagtail
URL
2014/06/26 14:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ヤマボウシの果実は食べられる… おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる