おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 月見草 咲く

<<   作成日時 : 2014/07/21 17:11   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 夕暮れ近くなると、今年も庭のあちらこちらに白い花が咲き始める。 南の方から梅雨が空け始めたようだが、この時期になるとこうして月見草が咲き始める。


 月見草とは、夕暮れに純白で開花し、夜半には薄ピンクから次第にピンク色に変身して、朝にはしぼんでしまう可憐な小花だ。
 午後3時頃からその日の夕暮れに開花する蕾が分かるようになり、蕾からのぞき始める花びらも勿論純白だ。 夕暮れ近い6時半頃から開花が始まった。
 薄暗くなってから1時間ぐらいで全開。 香りはないが、薄暗くなった庭に風に揺れながらゆっくりと開花し始める様は、実に幻想的だ。 開花直後の花びらはまだシワシワであるが、時間の経過と共に花びらががピンとしてくる。 完全に花びらが開花した時は7時を回っており、もう暗くなっていたのでストロボをたいて撮影したものだ。
 初めてこの花を手に入れた時は、鉢植えにして家に持ち込み、スローモーションでも見るように開花していき、色が変わっていく月見草の花を夜中まで飽きずに見ていたものだった。




  咲き始めてから4〜5時間ぐらいするとほんのりとピンク色に花びらが染まる。  下の写真は、翌朝の様子だが、時間が経つにつれピンクの色合いが濃くなり、やがてはしぼんでしまう。 純白の花が次第にピンクに染まり、しぼんでいく一夜花であるが、その趣深さは、この月見草と間違えられている黄色い花を咲かせるオオマツヨイグサとは比較にならない。




 しぼんだ花は数日すると赤紫になり、やがては下のように種子を実らせていく。 以前この月見草の花を群生させようとしたが、たくさん花を咲かせた翌年にはぐんと少なくなってしまった。 多年草ではあるが群生はできないようだ。 群生して開花すると勢いが衰え、枯れてしまったのだ。  連作障害による厭地(いやち)減少ではないだろうか。  そういえば、始めの頃大事に鉢植えにしていた頃は、土が毎回替えられるためか、よく花を咲かせていたのを思い出した。
 いずれにせよ、庭から姿を消さないように、大事に育てていきたい花だ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
そうです!
わたしの知ってるのは黄色いヤツ・・・でして、帰化植物でしたよね。
ホントの月見草は初めて見ました
Wagtailさんのお宅は、いろんな季節の花が咲いて素敵ですね
タッキー
URL
2014/07/21 21:44
 タッキーさんへ
実は、わたしもこの花を知人からいただくまでは、
オオマツヨイグサを月見草だと思っていました。
暗闇の中で、白い花が風に吹かれて揺れ、
夜中を迎えると朝までに次第にピンクに変色していく、
何とも風情を感じさせる花です。
wagtail
URL
2014/07/22 19:52
月見草の季節ですね♪
ところが我が家の月見草
今年は咲いてくれないかもしれません。
もしかして、雑草と勘違いして抜いてしまったかも・・・。
なんてことを・・・と、思いながら
庭のどこかに咲いていてほしいと探し続けています。
やはり種を大切にとっておけば良かった思っています。
雅♪
2014/07/22 22:44
 雅♪さんへ
わたしも今までそんなに大切にしてきたわけではありませんが、
まだまだ庭のあちらこちらで月見草の花を見掛けることができます。
庭の一角に群生地を作ろうとしましたが、
どうやら連作障害があるらしく、
大事にしていかないといけないことを知りました。
今年は、月見草が出ている場所には目印をして、保護しています。
wagtail
URL
2014/07/23 16:02
今晩は。月見草--実際自分で見たことは無いと思います。素敵ですね。一日花、花自信は何の感情も、持たないかもしれませんが、はかないからこそ、精一杯咲く--そんな感情を持ってしまいます。観察は、楽しいですね。
行き当たりばったり
2014/07/24 19:39
行き当たりばったりさんへ
日本人好みのする、趣を持った花ではないかと思います。
初めて知人からこの花をいただいた時に、
いつまでも開花する様を見ていた感動が忘れられません。
草丈15センチほどのさもない花ですが、
わたしの大事にしていきたいお気に入りの花の一つであることは確かです。
wagtail
URL
2014/07/26 12:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
月見草 咲く おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる