おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS ヤマボウシの実を食べてはみたが…

<<   作成日時 : 2014/10/04 12:17   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 数年前に買い求めたヤマボウシの木。 何度も植え替えの憂き目に遭い、ようやく玄関前近くのその場所を定めてもらってから2年。 今年は例年になくたくさんの花を咲かせ、今は赤い実を付けている。



 この時期には、我が家の庭木のハナミズキも赤い実を付けているが、外観的には全く異なる。 ヤマボウシの実は、写真のように赤くゴツゴツした球形で、ちょっとベリー類に似ているようにも思われる。
 さてこのヤマボウシの実は、赤くなって熟した時には生のままでも 食べられらしいということを最近になって知った。 数年前から実を付け始めたこのヤマボウシだが、実の表面のささくれ感等の独特の触感、見た目のインパクトなどから食べてみようかという気は起きてこなかった。 しかし、食べられるということを知った以上は、食べずにそのままにしておくことができないのが自分だ。 いくつかの緑色の実がなっていることを確認した頃から、「今年は、赤く熟したら食べてみよう。」 とずっと思っていたのだ。


 いくつかなっている赤い実のうち、色の濃さそうな実を一つ口にしてみる。 赤い皮ごと歯で割ってみると、中はオレンジ色に近い果肉が詰まっている。 食感はどこかジャリジャリした感じだ。 余り好みの食感ではなかった。 味はというと…。 うーん、果実の味に関しては感じ方に個人差があるようで、マンゴーの味だという人もいれば、バナナに近い味だという人もいるようだが…。 表現しがたい初めての味だが、そこはかとない甘味は感じた。 人によってはおいしいと感じるらしいが、二つ三つと食べては見たが、個人的には生食ではおいしいとまではいえる味ではなかった。 
 生食ばかりではなく、この実を使って、ジャムや果実酒が作れるそうだ。 まだまだジャムや果実酒を作れるほどたくさんの実がなるまでには至っていないが、木が成長してたくさんの実を付けた暁には、ジャムでも作ってみようかとも思っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。食べてみましたか!!そうですか、あまり好ましい味わいではなかったのですね。では果実酒などは--。木が大きくなり、たくさんの実をつけた時--楽しみが広がりますね。
行き当たりばったり
2014/10/04 18:17
ヤマボウシの実のジャムは上品な味よ・・・と言う方がいらしたから、
私も今年初めてヤマボウシの実のジャム作ってみました。
種が小さくていっぱいあって取り除くのが大変そうです。
私はうっかり種を取り除かないで作ってしまったから、
食べにくいジャムになりました。
個人的にはジャムはもう作らないつもりです。
果実酒の方がいいかもしれませんね。
雅♪
2014/10/04 21:55
おはようございます
食べてみましたか!
私はおいしいと思いましたが、やっぱりどこか癖のある感じですかね・・・
かく言う私も、そういくつも食べたい!って気にはなりませんでしたから・・・^^;

メチャクチャ美味しければ、もっと果実として有名な気がしないでもありませんし・・・
皆さんのコメントを拝見すると果実酒にするか、観賞用と割り切るかどちらかが適しているのかも知れませんね・・・

秋明菊の名前を教えていただいてありがとうございました
たっきー
URL
2014/10/05 04:43
行き当たりばったりさんへ
マンゴーのような味だという人もいるようですが、
元々マンゴーが余り好きではないわたしには、ちょっと口にあいませんでした。
元々は、花に惹かれて植え込んだヤマボウシ、
実は余り期待しませんでしたが、鑑賞するにはなかなかいいものです。
wagtail
URL
2014/10/05 12:16
 雅♪さんへ
雅♪さんがジャムを初めて作られたのはブログで拝見していましたが、
我が家のヤマボウシは、まだ木が小さく、
さほど実が付いていません。
とりあえず生食してみました。
ジャリジャリした食感は、小さな種のせいでしょうか…?
もう少し実がたくさんなるようになったら、また挑戦してみたいと思います。
ジャム作りはちょっと腰が引けますが、果実酒作りなら
わたしにも手が出せるかも知れません。
wagtail
URL
2014/10/05 12:22
 たっきーさんへ
タッキーさんのブログを拝見し、わたしも口にしてみました。
ちょっと癖のある味で、甘いイチイのように
「おいしいからまた…」という気分にはなりませんでした。
鑑賞するには色も形も合格点ですね。
しばらくは実の美しさを鑑賞しながら、
葉の色づきの変化(紅葉)を楽しみたいと思います。
wagtail
URL
2014/10/05 12:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ヤマボウシの実を食べてはみたが… おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる