おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 開田高原から御嶽山を望む

<<   作成日時 : 2014/11/05 18:15   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 今日は仕事休みの日。 家を9時頃出たが、途中何箇所か工事をしており交互通行の所があり、開田高原に到着した時にはすでに正午を回っていた。 道中の木曽谷は両側の山がきれいに染まっていたが、さすがに開田高原まで来ると紅葉は色あせ、シラカバなどはすでに落葉していた。


 とりあえず腹ごしらえをしなければと思い、木曽馬の里の入り口にある “そば処 信州 霧しな” で、盛りそばセットをいただき、一息つくことにする。 昼時だったので混んでいるかと思ったが、店の中に入ってみると意外に客数が少なく、落ち着いて高原蕎麦の味を楽しむことができた。



 昼食後、すぐ近くにある “木曽馬の里” に立ち寄ってみた。 開けた光景の先にあの大惨事があった御嶽山がそびえている。 大勢の尊い命が失われた山頂付近は厚い雲の中であったが、当時の様子がつい先日のように思い出される。 今も噴煙を上げ続ける御嶽山に向かって手を合わせた。 これが今回の開田高原に来た目的の一つでもあった。


 開田高原は、木曽馬がのびのびと暮らす木曽馬のふるさとでもある。 約50ヘクタールを誇る 「木曽馬の里」 は、数少なくなった木曽馬を守り育てながら、自然の中で木曽馬と人が触れあうことのできる場所。  愛らしい木曽馬が放牧されているのどかな牧場で、いろいろな馬の姿を見ることができる。



  温順で人なつっこい馬で、下の馬のいる柵に近づくと、すぐに近寄って顔を寄せてきた。 そっと鼻面を撫でてやると、おとなしくされるがままにしており何ともかわいい。 開田高原に来ると、やはりこの場所に足を運んでしまうのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
木曽馬はなんだか可愛らしいですね。
おとなしそう・・・。
このくらいの高さでしたら
乗ることもできそうですね。

御嶽山も一日も早く静かになって欲しいです。
今日も浅間山を見ながら
そんなこと考えていました。
雅♪
2014/11/06 22:34
 雅♪さんへ
木曽馬、がっしりとした体つきで、何とも人なつこく、かわいい馬でした。
この木曽馬の里では、乗馬体験もできるようです。
随分数が少なくなっているようですが、大事にしたい馬です。

まだまだ御嶽山のあの大惨事が、記憶に生々しく残っています。
カメラを向ける前に、自然と手を合わせていました。
wagtail
URL
2014/11/07 17:37
おはようございます。いろんな歴史を持っていますね。木曽馬ですか、種を保存維持していく作業も大変なことですね。地道な努力が実を結びますように。
自然の動き、全く予測がつきません。奢らないように自戒しないといけませんね。
行き当たりばったり
2014/11/09 10:44
 行き当たりばったりさんへ
日本在来の馬は8種ありますが、本州では木曽馬のみだそうです。
千年以上の歴史がある木曽馬の起源は蒙古草原馬と言われています。
洋種馬に比べて、足は短く体幅が広いのが特徴で、
性格はおとなしく、人なつっこい馬でした。
大事に後世に伝えていってほしいものです。
wagtail
URL
2014/11/10 17:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
開田高原から御嶽山を望む おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる