おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 冬枯れの林で見付けたもの

<<   作成日時 : 2014/12/31 16:32   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 とうとう、一年の締めくくりの末日、大晦日を迎えた。 大晦日といえどもやはり、いつものようにカメラを抱えて、朝の散歩に出掛けた。 「暮れの忙しい時に、悠長にカメラなんか持って。」 と人は見るかも知れないが、これが自分のいつもの生活リズムなのだ。


 冬枯れ状態の林を歩きながら、きょうは野鳥だけでなく、葉を落とした木々の枝に意識を向けてみた。 所々に蛾の繭が細枝に付いているのが見つかる。 もちろん冬になる前に蛹は脱皮して羽化を済ませており、繭の中は空っぽなのだが、昆虫たちが林で生きていた証を見る思いだ。

 蜂の巣や野鳥の古巣も見つかり、ひと朝歩いただけでも林で各種生物が春から秋の間活動していた痕跡がこうして見つかる。 そして今もこの静かな林の中で、春を待ちがらジッと息を潜めているであろう生物たちの息吹が感じられるような気がする。 それは土の中か、枯れ葉の下か、あるいは樹木のうろかも知れない…。


 あと数時間で1014年も終わる。 今年最後のブログ内容となったが、最後に高浜虚子のこの句で締めくくりとしたい。

年惜しむ心うれひに変わりけり


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
明けましておめでとうこざいます
本年もご指導のほどよろしくお願いいたします

上の左側の繭はなんて言いましたか・・・
正式な名前とは違うと思うのですが、これは“”白髪大蛇ではないですか?
昔は釣糸を採ったとか・・・?本当でしょうか
タッキー
URL
2015/01/01 09:04
 タッキーさんへ
「スカシダワラ」 と呼ばれるクスサンの繭ではないかと思いますが、どうでしょうか?
わたしは知りませんでしたが、タッキーさんのおっしゃるように、
サイトには、釣り糸テグスを作るための貴重な存在だったと書かれていたりしていますね。
今年もよろしくお願いいたします。
wagtail
URL
2015/01/02 17:43
今晩は。なつかしい繭ですね。最近、全く見ていません。最も、ほとんど山歩きもしていませんので、あうチャンスが無いのかも---。
行き当たりばったり
2015/01/05 21:28
 行き当たりばったりさんへ
冬枯れの雑木林、
この時期です時の葉が全くありません。
そんな殺風景な中に黄緑色の繭は、非常に目立ちます。
夏の間は葉が繁茂していて気づかなかった他のものも、
ちょっと見回すと姿を見せ、見付ける楽しさもあります。
wagtail
URL
2015/01/06 10:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
冬枯れの林で見付けたもの おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる