おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 東風吹かば…

<<   作成日時 : 2015/02/13 23:13   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 朝の散策、雑木林に挟まれた山道をゆっくりと上がっていくと、右手の斜面から風が吹き上がってきた。 いつもなら毛糸のひさし帽を耳まで下げて、冷たい風を防ぐ所だが、きょうは耳が多少外に出ていてもそう気にはならなかった。


 風に揺れる細い枝に留まったシジュウカラの姿も、どことなく長閑さを感じさせる。 枝先を観察すると木の芽の膨らみがはっきりと分かる。 また、十日ほど前からシジュウカラの鳴き声がツッツッ、チィーという地鳴きに混じってツツピーツツピーという囀りも聞かれるようになってきている。

 古来、春は東から吹く風に乗ってくると考えられてきたが、そう言えば、この右手の斜面から吹き上がる風の方向は、東よりの風だ。 「東風」 とかいて、 「こち」 と読むが、これは、
東風吹かば匂ひおこせよ梅の花あるじなしとて春な忘れそ     菅原道真
でよく知られている。


 東の風が吹き、木の芽が動き出し、野鳥もまだ上手ではないが囀り始めている。 毎朝凍っている池の氷も日中の陽射しで日ごとに薄氷になっている。 先日はほろ苦い春の味覚 「蕗味噌」 もいただいた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます
昨日屋根の上で仕事をしていたんで州が、そしたら急に突風が・・・
そういえば東風だった気がします。竹藪がザァ〜〜っと揺れ始め、クルミの枝が揺れて、まもなくビューっと色んなモノを吹き飛ばす勢いの強い風、春一番かと思ってましたが、こちって単語初めて聞きました

久し振りに四十雀の姿、細い枝に上手に止まるものですね
タッキー
URL
2015/02/15 07:22
 タッキーさんへ
風の向きにまで春を感じようとする気持ち、
やはり、いつも春の訪れを待ち望んでいるのかも知れません。
今朝は、牡丹雪がたっぷりと積もり、再び冬に逆戻りです。
それでも春は近いうちにやって来るのです。
wagtail
URL
2015/02/15 09:09
おはようございます。春がすぐそこまで---でしょうか。鳥も木も、よく冬を乗り越えて来ました。もう少しの我慢でしょうか。
行き当たりばったり
2015/02/15 10:22
 行き当たりばったりさんへ
まだまだ冬が居座ってはいますが、
その脇には、春が控えているのが垣間見られるようになりました。
今朝の牡丹雪も、融けるのが早いです。
wagtail
URL
2015/02/15 17:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
東風吹かば… おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる