おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 実りの秋 ・ 実を楽しむ

<<   作成日時 : 2015/09/23 16:40   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 気がつけば猛暑の夏もいつの間にやら姿を消し、日ごとに秋らしさが深まっていく。 この時期、野山を歩くと、いろいろな木の実・草の実がなっているのに気づく。  それぞれに特徴のある形や大きさ・色が見られ、秋を楽しめるのは花や紅葉だけではない。

ノ ブ ド ウ
ニ シ キ ギ

 毎朝の散歩道にも様々な草木が実を付けている。 まだ色づきが十分ではないが、熟すと紫・青・赤などカラフルに熟し微妙な色変化が見られるノブドウや、赤い葉の間に可愛い実をつけるニシキギなどはつい足を止めて見入ってしまう。

ヨウシュヤマゴボウ
ア レ チ ウ リ

 道路脇や荒れ地など、どこにでも生えており、草丈も大きいのでよく目につく植物にヨウシュヤマゴボウがある。 実が黒紫色に熟す頃は、雨の後などには衣服に色が付かないように神経を使う。 名前といい見た目といいちょっと口にしたいと思うこともあるが、確か「有毒植物」だと記憶しているので、食べたことはない。
 また、荒れ地などに絶大な勢力を持って繁茂しているアレチウリの金平糖のような実は、蔓同様にトゲがあり、この群生地に入るとチクチクしてまとわりつき、いったん繁茂したら退治するにはやっかいな植物だ。

エ ノ キ
コ ナ ラ

 今散歩道にあるエノキの大木にはたくさんの実が色づき、ここを通るたびにイカルやヒヨドリが盛んに実をついばんでいる。 実りの秋の恩恵をいただいているのは人間ばかりではなく、多くの野鳥達にとっても嬉しい季節だろう。
 ドングリには色々種類があるようだが、子どもの頃から遊び道具として秋になるとよく拾い集めたものだ。 緑から黄土色に色が変わる頃、ドングリが木から離れて下に転がっている。 ドングリ拾いに興じた子どもの頃を懐かしく思い出す。

 草の実、木の実、ひとつひとつに子ども時代の野遊びが重なって見えてくる。 まだまだ秋の実を楽しめるのはこれからだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
思いがけない美しさを見せてくれる実は多いものですね。
ノブドウの実の美しさは心惹かれます。
昨年wagtailさんが撮られた巨峰のお写真・・・
絵にしたいと思いながらも一年過ぎてしまいました。
今年こそは描かせていただきたいと思っています。
雅♪
2015/09/23 23:23
 雅♪さんへ
その種その種の特徴ある実の形や色、
秋の実の観察は楽しさと魅力に溢れています。
ブドウ棚の大きな葉、今年もまた紅葉が始まっています。
素敵な絵に仕上がるといいですね。
秋になるとあちらこちらで絵を描いている姿を見掛けます。
絵心のある方は、本当に羨ましいです。
wagtail
URL
2015/09/24 15:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
実りの秋 ・ 実を楽しむ おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる