おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 沢蟹の生息する流れ

<<   作成日時 : 2015/10/09 21:02   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 近くにおよそ20pほどの幅のU字溝が敷設された小さな流れがある。 これは確か自分がここに居を構えた頃地域の作業で敷設した流れだ。 だから、もう数十年も経つと言うことになる。


 今では苔むして、繋ぎのセメントもなくなっている箇所もあったり、随分老朽化して痛んでいる。 最近、この苔や流れに落ち込んだゴミなどが積もって、何カ所かで流れがせき止められていた。 よそのお宅の地所に面した流れなので、手を出さずにいたが、流れの水がゴミのために溢れそうにまでなり、そのまま放っておくわけにも行かず、余り目立たない程度に側溝の泥上げをした。
 鍬で泥上げをすると流れがスムースになったが、その際何匹かの沢蟹を見付けた。
 

 実はこの流れはさほど水量はなく、地下水が湧き出た水の流れだ。 そんな済んだきれいな水の流れだからこそこうして沢蟹が生息しているのだろう。
 子どもの頃よく沢蟹を捕って遊んだことを思い出しながら、ちょっと沢蟹に被写体になってもらった。 沢蟹が生息するようなきれいな流れをいつまでも保ちたいものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
流れにサワガニですか!自然の証拠ですね。汚い所には住まないですものね。
かなりの間、ここで生活をしていたのでしょう。
食べ物も、それなりに豊富で--。
確かに、自然はず−っと残しておきたいですね。
行き当たりばったり
2015/10/10 14:32
 行き当たりばったりさんへ
小さい流れで、一生懸命石をひっくり返し、
沢蟹を捕って遊んだ子ども時代を懐かしく思い出します。
大事にしたい小さな自然の流れです。
wagtail
URL
2015/10/11 17:51
こんばんは
この沢蟹はメスですかね・・・?オスは確か片方のハサミが大きかったんじゃなかったかと・・・

Wagtailさんが作った水路なんですか?す〜っと流れるよりも、適度な淀みというか・・・
沢蟹がいたり、いろんな動物が住める程度に手入れをしながら使っていくのがいいんじゃないでしょうか・・・

でも、それぞれの住まいの近くは、そのお宅である程度は管理するのが田舎暮らしのモラルのような気がします。。。

昔、両親に沢蟹掘りに連れていってもらいました、捕った沢蟹はバケツではなく薬缶に入れないと逃げちゃうって聞いたんですが、ホントかどうかは判りません・・・笑
たっきー
URL
2015/10/11 19:04
 たっきーさんへ
沢蟹、雄のはさみの大きさは左右違うんですね。
一般的には、右が大きいとか…。
また一つ勉強になりました。

流れは、できるだけ自然に任せるのがいいのかも知れませんね。
子どもの頃は自宅前の道路や川は、清掃をしたように記憶しています。
そうした心遣いが田舎の良さだったのですが、
最近は、そうしたモラルも随分変わってきています。
wagtail
URL
2015/10/12 11:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
沢蟹の生息する流れ おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる