おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 念願の 白川郷へ

<<   作成日時 : 2015/11/02 17:16   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 280kmを超える長距離、時々休憩しながら4時間の運転、ようやく「せせらぎ公園駐車場」に到着した。 駐車場脇の庄川に架かっている吊橋(であい橋)を渡ると、景色は一変し俗界と切り離されたどこか懐かしさを感じる風景が広がる。


 ここは、伝統的な建物が残る村。 誰もが知る人気の観光エリア白川郷。 岐阜県の山中にあるこの風景は、日本人のかつての暮らしを彷彿とさせる美しい景色が残されている。 いつか機会があったら行ってみたいと常々思っていた念願の場所にようやく来ることができた。
 ここ白川郷は、合掌造りの建物が最も多く残る地域で、大小あわせて現在100棟余りある。 合掌集落の規模としては全国で最大で、国の伝統的建造物群保存地区に選定され、1995年12月に世界遺産に登録された。
 そんな歴史的景観と集落周辺の自然環境が見事に融合した、美しい日本の原風景を楽しみ、時々土産店などにも立ち寄りながら、村落内を気ままに散策した。



 合掌造りの建物のわきで、畑を耕し、花を育てている。 一方で庭先の干し物や片隅に置かれた品々から現在生活を営んでいる人々の姿が感じられた。
 散策して分かったことだが、上の写真からもうかがえるように、これらの合掌造りの建物は、今も実生活の場として使われている。 そのことに大きな価値があり、他地域の合掌民家集落と違うところで、一度来てみたいと思っていた理由の一つになっている。

 この紅葉の秋の季節、周囲の自然美ととロマンを思わせる風景に惹かれ、集落内にはたくさんの観光客の姿があった。 観光客の多さに加え、アジア系の外国人の多いことにも驚かされた。 多分3〜4割の人が外国の方ではないかと推測したが、実際はどうなんだろうか…。
  


 集落内を一巡りして、最後に荻町城跡展望台に登ってみた。 展望台から眺める風景は、村内を歩いた時とはまた違った日本人のかつての暮らしを彷彿とさせるような美しい景色が広がっていた。 冬、雪に覆われた集落もまた別の美しさを見せてくれるという。 写真などではよく見掛けているが、機会があったら、またそんな時期にも再訪してみたいものだ。
 「来てよかった。 また来てみたい。」 そんな思いを抱きながら、帰路についた。

HP「四季彩記」に 「世界遺産 白川郷 合掌造り集落」 としてスライドショーにまとめました。
よろしければ、お立ち寄りいただき、昔のロマンを感じさせる白川郷の風景をお楽しみください。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます

白川郷の合掌造りの集落、まだ訪れたことがありません。
単なる見世物ではなくて、そこに生活があるって事は本当に素晴らしいですね!

今でこそ脚光を浴びている観光地なんでしょうけれど、少し前はきっと山間の寒村だった時期もあったのではないでしょうか・・・

しかし、その昔は豊かな集落だったのではないかと想像します。
しっかりとした材料を使って、職人が手間をかけて造られた建物だからこそ、今でも生活を営む事ができるんでしょうし、そうでなければきっと今頃は日本のどこにでもあるような安っぽい・・・

悪く言えば、戦後のいざなぎ景気から高度成長に取り残され、良く言えばそれらに流されること無く引き継がれてきたという事なのかと思います。

2020年東京オリンピック・・・
取り壊されてしまった国立競技場・建替え工事が進むホテルオークラ・・・100年をゆうに超える建物が普通に使われている西欧諸国の文化と、なぜか新しいものが好とされる日本とは何が違うんでしょうね・・・?

とりとめなく長文失礼しました。
白川郷、いってみたい場所です。Wagtailさんの写真を拝見して、暫し行ったつもりになって想いをめぐらせます・・・笑
たっきー
URL
2015/11/03 08:18
 たっきーさんへ
以前からずっと行ってみたいと思っていた白川郷、
日帰りの長距離ドライブでしたが、
ようやく思いが叶い、行くことができました。
世界遺産になると一気に観光客が増えるのは仕方のないことですが、
今も厳然として生活が息づいているのが何と言っても魅力でした。
(これだけの観光客では、ここに生活している方々にとっては迷惑な話でしょうが…。)
300年以上も昔に作られた旧家の屋根裏に登った時には、
昔の方のすばらしい建築技術に触れることが出来感動でした。
機会があったら、また行ってみたい場所です。
wagtail
URL
2015/11/05 17:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
念願の 白川郷へ おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる