おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年の野沢菜

<<   作成日時 : 2015/12/16 17:21   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 野沢菜漬けの季節を迎え、数日前にお借りしていた畑の野沢菜を採ってきた。 いつもの年より大きく育ったが、なかなか強い霜が来ないために、いつまでも菜っ葉の茎がシャキッとしている。


 今年は暖冬なんだろうか、どこのお宅の野沢菜も元気がよすぎるらしい。 霜に数回あわせ、茎がシナシナしてくるとおいしい柔らかい野沢菜漬けになるのだが…。
 大部分の野沢菜は、冬用の野沢菜漬けにしたが、どんな味になるのか楽しみだ。 まだ写真のようにたくさん残ってしまったため、初めて時付けにしたりして、少しずついただいている。 時付けも結構いただける。
 それでもまだまだ全ての野沢菜を処理することができずにいる。 来年は、畑を借りずに家の裏庭ノミに農園で栽培する予定でいるが、栽培量は今年の半量でも間に合いそうだ。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます
野沢菜の季節ですね!我が家でも母が野沢菜や大根を漬け込んでくれました
やはり伊那谷も暖冬傾向だったからか、今年の野沢菜漬けは硬めというか・・・

漬物は各ご家庭の味があって、毎年楽しみな信州の冬です。
「時漬け」って云うのは、我が家の辺りでは聞き馴染みのない言葉ですけれど、我が家で言うところの「切り漬け」の事なのかと想像しますが違いますでしょうか・・・?
早めに食べ始められる「切り漬け」と、じっくり漬かって味に深みが増して、春まで食べられる「長漬け」なんて表現をしています。
切り漬けはもう既に毎日の食卓に上るようになり、美味しく頂いています。

急に寒さが増してきましたね、でもこれが本来の信州の冬なのかと思います。今年ももう残すところ2週間を切ってしまいました、霜柱も立ち始めて益々寒さが増してくるかと思いますが、どうぞご自愛下さいませ
たっきー
URL
2015/12/20 03:36
 たっきーさんへ
野沢菜漬け抜きの冬は考えられません。
やはり、信州人ですよね。
「時付け」=「切り付け」でした。
やはり、こちらでも「切り付け」ともいっているようです。
我が家でも毎日食卓に上がり、楽しんでいます。
もっとも、自分はもっぱら野沢菜を作る人、
漬けてもらって食べているのですがね…。
日中は気温が上がりまだ過ごしやすいものの、
毎朝氷が張り、冬本番に向かっています。
お互いに元気にこの冬を乗り切りたいものです。
wagtail
URL
2015/12/21 16:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今年の野沢菜 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる