おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 戸倉セツブンソウ群生地

<<   作成日時 : 2016/03/12 11:42   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 今週の初め頃までは、5月の陽気を思わせるような日が続いていた。 これで春本番かとも思わせる陽気だったが、やはり冬に後戻りし、雪も降った。 このところ毎朝のように、小雪がちらつくような日となっている。



 今週の半ば頃数pの積雪があったが、その雪の前の8日、戸倉のセツブンソウ群生地に行ってきた。 今年のセツブンソウは、斜面が白く見えるほどみごとに咲き、時期もちょうど満開で見頃だった。
 今頃は折角咲いたこのセツブンソウもまた雪の下になっているのではないだろうか。 今考えると、積雪になる前の絶妙なタイミングだった。



 ここ戸倉の群生地のセツブンソウは、全て野生種。 早春の林床に白い花が一面に咲き、花が短命で散ることから、スプリングエフェメラル(春の妖精)といわれている。
 ここは地域住民の有志の方々が、ボランティアで群生地を整備し、毎年3月の開花時には、監視活動をしたりしながら守っている。 自宅から近いこともあり毎年のように出掛けているが、年々見事に咲くようになり、生息地域が拡大しているように思えるのが何とも嬉しい。 



HP 「四季彩記」 に 「春の妖精 セツブンソウ」 が、スライドショーでアップされています。 よろしければ、お立ち寄りください。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
戸倉セツブンソウ群生地 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる