おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 若葉茂る林の中に…

<<   作成日時 : 2016/04/25 16:12   >>

トラックバック 0 / コメント 4

ついこの間まで、身近に見られた山は、殺風景な冬枯れ状態だった。 それなのに、つい半月ほど前から木々の芽吹きが始まったばかりだったというのに、あっと言う間に山肌は新緑に覆われてしまった。


 それにしても木々の緑は一色でないことがよく分かる。 緑色と一口に言うが、何と豊かな色合いで豊富な緑色があることだろう。 山肌を覆い尽くす柔らかな緑の色変化が実に美しい。 そして目を近くの林に移すと、数日前までは林の向こうまで見通せた林内だったが、木々が新緑の葉を開き始め、目に優しい黄緑色が目の前をさえぎり、林の向こうまでは見通せなくなってしまっている。 実に爽やかで、気持ちのいい風景が広がり、森林浴の魅力を増大させている。


 こうした新緑を透かすようにして林内を観察すると、様々な花を付けた木々も散見できる。 不勉強で、花の名前が分からないものも多いが、どの花も春の到来を謳歌しているようにも見える。

 
 

 こんな可愛い花々を見付けながらで、春の陽射しを浴び新緑の林を歩くには絶好の日和だ。 鳥の姿を見付けるにはちょっと厳しい条件にはなるが、キビタキやオオルリなどの夏鳥の声に耳を傾けながらゆったりとした足取りで、鳥の姿を求め、林の中をキョロキョロしながら歩くのもまたいいものだ。
 
 
 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
少しご無沙汰をしていました・・・

綺麗な景色ですね!
四季のある国に住んでいる特権でしょうか
冬枯れの景色が一変して、草木の芽吹きの季節になりましたね。
外国の偉い学者さんだったか「日本の里山・里の景色はモザイク模様」ってなニュアンスの事を仰ったとか・・・

様々な春の色が織り成す春の景色を眺めながら、先人達は豊かな感性を培ってきたようですね。
私のブログにもリンクしていますが「日本の伝統色」と云うサイトがありまして、そのサイトによると、春の色だけで12色、緑系の色に至っては71色も分類されています。
URLを貼り付けておきますので、よろしかったらご覧下さい
http://colors.yanoji.net/

ヤマブキの右側の花は「ウワミズザクラ」ですかね・・・?
昨日、関わらせて頂いている里山整備に行って仲間に教えてもらいました。
ヤマブキの下の桜はウスズミザクラでしょうか・・・?
などと書いてみましたが、仲間に教えてもらったばかりの付け焼刃の知識なので、全く自信がありません・・・汗

芽吹きの若草色に混じって、赤松の赤い幹のコントラストがとても鮮やか!こうした様々な植生が交じり合って、生物の多様性があるんじゃないでしょうか
たっきー
URL
2016/04/25 19:56
今晩は。
まさに、森の中は森林浴に絶好のコンデション。
探すほどに春があちこちに顔を出していますね。
足を踏み入れるのが楽しくってしょうがないほどです。
行き当たりばったり
2016/04/25 22:03
 たっきーさんへ
この時期の柔らかな新緑に覆われた山々をを目にすると、
日本人で本当によかったと心から思います。
この時期の緑豊かなモザイク状に彩られた山は、本当に魅力的です。
「日本の伝統色」のサイト、目を見張るような色のオンパレードですね。
日本人ならではの色の豊富さだと思います。

ウワミズザクラ、ウスズミザクラ、お教えいただき、ありがとうございます。
こうして名前が分かると、一層身近な花木に思えるようになるものです。

散歩道周辺もアカマツがたくさんありますが、
ごたぶんにもれず、随分立ち枯れたアカマツが見られるのが残念です。
それでも、敢えてまたアカマツを植林している地域があります。
心意気がいいじゃないですか。
wagtail
URL
2016/04/27 17:46
 行き当たりばったりさんへ
豊富な色合いの新緑に覆われた山々。
豊かな緑、柔らかな緑に身をおける今が一番いい時期です。
万物の躍動が感じられる、爽やかな季節ですね。
毎朝の散歩の足取りも軽くなると言うものです。
wagtail
URL
2016/04/27 17:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
若葉茂る林の中に… おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる