おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 初夏の風物詩 オカトラノオ

<<   作成日時 : 2016/07/01 11:44   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 夏を迎えると、毎朝散歩道に使っている山道の日当たりのいい林縁の道端にオカトラノオが群生して咲く。 白い可憐な花が房のように付いていて先端が垂れ下がっているのが特徴。


 オカトラノオの花穂が斜め下に垂れ、その先端がわずかに上に反り上がるなだらかな曲線が魅力的だ。 花穂が波うつ様子が虎の尾に似ているので、傾いた長い花穂を虎のしっぽに例え、「岡虎の尾(オカトラノオ)」と命名されたという。


  初夏のこの季節に、白い小花を密に付けて房状の花穂をつくり、茎は枝分かれせずにまっすぐ伸びて高さは1mほどに達する。 宿根草であるので、いつも同じ場所にこうして群生して花を咲かせ、わたしの中ではこのオカトラノオの花は、初夏の風物詩となっている。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは
昨日から梅雨の晴れ間ですね
今日は暑くなって、伊那谷では30℃を超えるとの予報です!
トラノオはいつだったかwagtailさんに教えていたんじゃないかと思います。

仲間と里山整備に関わらせて頂いてるフィールドにもアチコチに咲いていていたと思いますが、先日の作業では出会えませんでした・・・

とは言え、何せ初夏の里山の草刈り作業は草との格闘のようなもので、ビーバー(刈り払い機)を背負って、ほとんど片っ端から状態なもので、植物の知識に乏しいわたしでは、花の咲いていない草を残せるスキルは残念ながら・・・

次回の作業で出逢えるかなぁ〜

そちらもきっと暑いのではないでしょうか?
暑さに負けないようご自愛くださいませませ!
タッキー
2016/07/01 12:56
こんにちは!
トラノオの白い房状の花は 私も大好きです。春先 他の草と共にバッサバッサと鎌で切ってしまった覚えがあって それからはトラノオが咲いた所は 茎が伸びるまで 草刈は残して置きます。今年も咲き始めていました。
同じ場所に また顔を見せてくれると嬉しいですね。
しおん
2016/07/01 14:54
 タッキーさんへ
梅雨の晴れ間は、グングン気温が上がり、
野外を歩くと朝からもう汗がにじみ出てくる暑さです。
屋外で仕事をされているタッキーさん、
林内とはいえ矢張り暑いでしょうね。

わたしも以前ビーバーを操作したことがありますが、
群生している草花ならまだしも、
わずかな植物を残し狩りしていたら、
ほとんど仕事になりませんよね。
wagtail
URL
2016/07/02 11:00
 しおんさんへ
わたしは、自然に近い庭が好きですが、
オカトラノオが、庭に自生しているなんて
何とも羨ましい限りです。
宿根草ですから、花の後刈り込んでも
また翌年には花が楽しめるんでしょうね。
この花は、初夏の風情を感じさせる花で、大好きです。
wagtail
URL
2016/07/02 11:05
今晩は。
林の中にオカトラノオを見つけると、うれしくなります。
今年も出会えたと。
見つけにくい花かもしれませんが、白くて、時に群生---。
かわいい、好きなお花です。
行き当たりばったり
2016/07/02 19:07
行き当たりばったりさんへ
その時期時期の植物を見付けると、
どこかホッとする気持になるものです。
行き当たりばったりさんの思いに同感です。
毎朝の散策、この群生地に行くとつい見入ってしまいます。
wagtail
URL
2016/07/03 13:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
初夏の風物詩 オカトラノオ おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる