おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 雨に濡れて ネムノキ咲く

<<   作成日時 : 2016/07/04 15:13   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 先日、初夏の花としてオカトラノオを取りあげたが、もう一つ忘れてはいけない散歩道に咲く花として 「ネムノキ」 を忘れてはならない。 今朝は4時過ぎまで雨が降り続いていたが、目覚めた時にはもう雨は上がっていた。



 ムッとするような湿度の高い朝で、木々はまだ雨粒をしっかりとため込んでいたが、雨が降っていなければ出掛けるのがいつもの朝の散歩。 散歩道脇にある3〜4本のネムノキが、雨に濡れながら花を咲かせていた。



 7月になると、夕暮れどき、赤と白に染め分けた絹糸の束を先端でパッと散らしたような優しい花を咲かせる。 広がった樹冠の葉の上に点々と淡紅の花を付けている様子は詩情に富んでおり、本当に魅力的な花だ。
 淡紅色の花が枝先に十数個集まって咲いているのだが、花のように見える長く伸びた糸状のものは雄しべなのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
雨の後の合歓木の写真がとっても綺麗です!
この細い絹糸のような物は 雄しべでしたかぁ〜
今咲く花だったのですね。
我が家の周辺では 遊歩道に1本だけありますが 木が高く上を向いて咲くので 中々写真を撮れません。
トラノオ同様 暑い日に涼しさを運んでくれますね。
しおん
2016/07/05 09:05
 しおんさんへ
繊細な絹糸のような雄しべ、趣を感じさせる花です。
この花を見掛けると、「本格的な夏を迎えたな」と思うのです。
このネムノキは比較的低い樹高ですが、
朝の散歩時には、野鳥撮影用の望遠もつけていますので、
望遠で狙って撮影しました。
wagtail
URL
2016/07/06 14:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
雨に濡れて ネムノキ咲く おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる