おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS ネール蓮 ・ 仏舎利塔 そして 平和の鐘

<<   作成日時 : 2016/07/13 11:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 伊那市の深妙寺は、33体観音様に寄り添うように咲くあじさい寺と江戸時代かあら奉納された2000コの石臼を埋めて造られた庭園でよく名前が知られている。




 今まで観音様に寄り添うように咲く紫陽花に見せられて何度もこのお寺に足を運んでいたが、今回初めて庫裏の前に小さな蓮池のあることに気づいた。 蓮池の入り口の案内板を見ると、この蓮は、敗戦国の日本にネール首相が像と一緒にプレゼントした “ネール蓮” という蓮だそうだ。 清楚で高貴なネール蓮の姿が日印友好と平和の大切さを語りかけているような気がした。




 さらには、紫陽花に囲まれた裏山に建てられた仏舎利塔には、ネール首相から拝受した仏舎利が奉安供養されている。 また、同じ裏山の一角にひっそりと “平和の鐘” が設置されている。 この行き先不安な社会を思った時、仏舎利塔で手を合わせただけでなく、この鐘も打たずにはいられなかった。




深妙寺の紫陽花の様子は、「深妙寺の紫陽花」 としてスライドショーにしてまとめました。
よろしければお立ち寄りの上、33体観音に寄り添う紫陽花光景をお楽しみください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ネール蓮 ・ 仏舎利塔 そして 平和の鐘 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる