おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 清涼感を取り込む

<<   作成日時 : 2016/08/01 14:02   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 きょうから8月。 8月は、1年を通じて一番水を使う量が多い月であることから、水の貴重さや水資源開発の重要性に対する国民の関心や理解を深め、節水を呼びかける為に8月1日を 「水の日」 としたという。 


 「水の日」という響きからもう少し情緒的な記念日かと期待していたのだが、ちょっと余りにも現実的な記念日に拍子抜けだ。

 夏本番の8月。 この月はクーラーや扇風機は欠かせないが、こうした機械的な涼感だけでなく、自然の涼風や情緒ある涼感が欲しい時だ。 我が家では梅雨に入り夏本番を迎える頃には、障子と襖を何本か取り払い、風通しをよくする。
 また自然の清涼感を風と共に少しでも取り入れるために、睡蓮鉢に水を張り睡蓮の花を咲かせたり、軒先にメダカの手作り屋外飼育水槽を置き、水に親しんだりしている。 また、ちょっとしたそよ風にも反応するような風鈴をつり下げて、爽やかな音を楽しむのも暑さしのぎには効果ありだろう。

 暑い夏も、ちょっとした工夫と心の余裕があったら、ちょっぴり過ごしやすくなるかも知れない。 さあ、これからが夏本番だ。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
人類の英知によって人工的に作り出される涼・・・便利な世の中になったものです・・・
対して、視覚や聴覚から涼を感じる日本人の感性の豊かさ・Wagtailさんの感性はやはりすばらしいです!

我が家にはエアコンってモノが無いもので、扇風機ですが・・・笑

ここにところ日中・日向の熱さは大変なもので、お昼休みに木陰に入ると、これがすばらしい爽やかさと云いますか・・・木漏れ日を浴びて、時折吹く風はスッと汗が引いてエアコンなんて日ではないくらいの心地よさです。

あちこちの稲田では、お盆に向けて稲が穂を出し始めていて、大チョンボをしてしまった今年の我が家の水田でも、他所より少しだけ遅れ気味な感じではありますが、青々と茂った稲を風がよらして引き抜けて居おります。。。
ちょうど田んぼも水が居る季節、かなり少なかった今年の雪の影響で、アルプスの雪もほとんど残っていない状況だそうで、これから水の必要な季節を迎えて、水不足がやはり心配です。

日に日に暑さが増してくる季節、ご自愛くださいませ
たっきー
URL
2016/08/01 20:21
 たっきーさんへ
我が家にはエアコンが設置されていますが、
運転するのは、ひと夏に数えるくらいの回数です。
周囲は、緑いっぱいの場所ですので、もっぱら自然の風を取り込んで、
家の中を、外から吹き込む風が通り抜けていきます。
夏は暑いのは当たり前とは思っていますが、
視覚・聴覚の涼感だけでは乗り切れない時もあるものです。
年を重ねたら、上手に機械力も借りて…です。

きょうも日中は強い日差しが差しています。
こんな時はもっぱら屋内待機で、朝夕の涼しい時に一気に動き回ります。

二度植えした田んぼの稲も順調な生育をしているようで、
人ごとながら、ホッとしています。
(そういえば、苗の補植で携帯ドボンなんてことももありましたねぇ。)
水不足が予想される夏、もう少しで収穫の季節です。
今後も順調でありますように。
wagtail
URL
2016/08/03 11:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
清涼感を取り込む おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる