おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 森の妖精 レンゲショウマ

<<   作成日時 : 2016/08/05 22:15   >>

トラックバック 0 / コメント 3

 我が家の庭に咲く夏の花で忘れられないのが、レンゲショウマ。 今年も8月に入り、庭の片隅に植え込んであるアメリカハナミズキの根元に、レンゲショウマの花が咲き出した。


 夏の定番ともいえる植物で、可憐な花をたくさんぶら下げる様子は昔から親しまれている。 写真を撮るには根気のいる花だが、ぶら下がった花が風に揺れると、何とも言えない涼しさを感じさせてくれる。
 花の直径は、およそ4pくらいだろうか。 赤味を帯びた光沢のある薄紫の上品で気品あふれる花が、様々な方向を向いて咲いている。 特徴はなんといっても可愛らしい花。 下向きに咲くその姿は、森の中に小さな妖精があらわれたようにとても可憐だ。 一目見たら、とりこになってしまう人も多い、とってもかわいらしく、印象的な花だ。
 レンゲショウマ (蓮華升麻) という名は、花が蓮 (ハス) に似ており、葉が晒菜升麻 (サラシナショウマ) に似ているところからきている。


 レンゲショウマは日本原産の多年草だというが、アップで見ると一層その可憐さが際だって見える。 そよ風にやさしく楚々と揺れる姿は、まるで遊んでいる森の妖精のように見え、 “森の妖精” といわれるのもうなづける。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
レンゲショウマ 本当に“森の妖精”ですね。私も昨年 植物園で出逢って以来 すっかり虜になっています。花は 道端の小さな花もどの花も魅力がありますが この花の素晴らしさは 表現しきれないですね。高貴な色と評される 紫色も日本人の心に響くのでしょうか? 控えめな上品さがあって・・・
今年も逢いに行って来よう!
しおん
2016/08/06 23:21
追伸
こがれ植物園でなくて お庭なんですよね!
ま〜るい蕾が沢山あって まだまだ毎日逢えるのですね。羨ましいです!
私 秋に根を買ったのですが 発芽せず枯れました。
山の中に昨年まで自生していたフシグロセンノウの姿が今年は見られず 心配です。
しおん
2016/08/06 23:26
しおんさんへ
“森の妖精”とはよく言ったものです。
気品に溢れているが、控えめなレンゲショウマ…。
矢張りこの花に魅了され、知人からいただき、大事に育てています。

始めはなかなか思い描いたように生長してくれませんでしたが、
ハナミズキの根元に移植してからは、環境が気に入ったか、
こうしてたくさんの花をつけるようになり、株も大きくなっています。
どうやら乾燥が苦手のようです。

山の木陰に生える多年草のフシグロセンノウ。
朱色の花は日本野草のなかでは珍しい花ですよね。
魅力のある花ほど、栽培に難しさがあるのでしょうか。
他の植物との競合もあるでしょうし…。
wagtail
URL
2016/08/07 11:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
森の妖精 レンゲショウマ おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる