おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋の香り 金木犀

<<   作成日時 : 2016/09/30 23:44   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 ある日突然、庭で金木犀の香りが漂い始めた。 庭の片隅に植えられているため、毎年この香りがして初めて金木犀の開花に気づくのだ。 やはり、小さなオレンジ色の小花をかたまって咲かせていた。 


 子どもの頃から、秋のこの季節に道路を歩いているとどこからともなく漂ってくる甘く芳しい香りに、その場所はどこかとキョロキョロしたものだ。 小さな花から漂う金木犀の香りは、なんだか懐かしい気持ちにさせてくれる。
 金木犀の一番の特長は花の放つ心地よい芳香で、日本人には最も馴染みの深い花の香りのひとつではないかと思う。


 きっとこの小さな花には香りを発生させる様々な物質が含まれているのだろう。
 色々調べてみると、このかぐわしい香りはリラックスする効果が高く、イライラや不安を減らす鎮静作用、精神安定の効能もあるという。 庭に出て金木犀の甘い香りを嗅ぐとつい足を止めたくなるが、リラックス効果が生まれるというのは本当かも知れない。


 今年は例年に増して花付きがよく、木全体黄色い小花で覆われているようだ。 オレンジ色の花びらと濃い緑色の葉っぱのコントラストは鮮やかで印象によく残り、我が家に秋を告げてくれる “秋の風物詩” と言える。 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
この時季 朝窓を開けると 甘い香りが部屋に入ってきます。
まず香りで気が付いて その後姿を捜す花って少ないですよね。
初夏のクチナシも同じように香りに癒やされます。
町中 香りで満たしてくれるのは金木犀だけですね。
しおん
2016/10/03 15:41
wagtailさんのお庭では地植えで大丈夫なのですね。
羨ましいことです。
寒冷地となるこの地では、残念ながら育ちません。
鉢植えを大切に育てています。

春先の沈丁花は地植えで楽しめます。
雅♪♪
2016/10/04 00:18
 しおんさんへ
どこからともなく漂ってくる金木犀の香りの元を捜して、
キョロキョロ見回した子ども時代が懐かしいです。
クチナシの甘い香りも、また心地よいものですね。
以前鉢植えで楽しんでいた頃、
クチナシの花に顔を寄せ、匂いを楽しんだものです。
wagtail
URL
2016/10/04 17:06
 雅♪さんへ
こちらでは金木犀が庭で植栽されているお宅が結構あります。
やはり雅♪さん顔住まいのあたりは、冷え込みは厳しいんですね。
沈丁花、春の到来を告げる花ですよね。
以前わたしもジンチョウゲを庭に植えていましたが、
根のトラブルで駄目にしてしまった経験があります。


wagtail
URL
2016/10/04 17:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
秋の香り 金木犀 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる