おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 美味しそうな アオツヅラフジの実

<<   作成日時 : 2016/10/07 17:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 秋になって野山を歩くと色々な 「木の実」 や 「草の実」 に出逢える。 毎朝歩いている散歩道野山が終わり雑木林から出る藪の中に小さな葡萄のような実をみつけた。 アオツヅラフジの果実である。


 秋も深まる頃に山裾を歩くと、やぶのなかにこのような小さなぶどうを見掛けることが多い。 トンネル状の藪になっていたので、毎朝目の前に蔓がぶら下がっていたので目に付いた。 夏の間は、白っぽい目立たない小さな花を咲かせていたように思うが、余りパットしない花だったので関心が薄く、写真にも撮らなかった。
 ところが秋になると、このように果実をたわわに付け、ブドウのように青く熟しきた。 目の前にぶら下がっている実の余りの美しさにカメラを向けずにはいられなかった。


 葡萄のようで、見るからにおいしそうに見える。 しかし、アオツヅラフジは有毒だといわれている。 サイトを覗いてみると、実際に試しに食べてみた人もいるようだが、少し甘みもあってまずい実では無いという話だ。
 しかし、余りにも美しくおいしそうに見えすぎ、わたしはさすがに食べてみようという気にはなれない。  そう言えば鳥たちも余り食べないと見え、このアオツヅラフジの実はいつまでもぶら下がっていることが多い。 毒は種子にあるのだろうか…。 果肉は無毒なのだろうか…。
 いずれにせよ 「君子危うきに近寄らず」 が一番。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
美味しそうな アオツヅラフジの実 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる