おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 収穫を待つ リンゴ

<<   作成日時 : 2016/10/19 22:09   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 秋といえば “食欲の秋”、この季節 “実りの秋” と言うが、何を食べてもおいしい、“実りの秋” は “おいしい秋” なのだ。 この辺りでは葡萄とリンゴが多く栽培されている。
 

 秋の初めには毎日巨峰やナガノパープル、シャインマスカットなどをいただいていたが、これからはリンゴがおいしくいただける季節。 周囲のリンゴ畑は、収穫を待つ各種リンゴがたわわに実っている。
 一口にりんごといっても種類はたくさんあり、この時期に出回るものだけでも、サンふじ、陽光、秋映(あきばえ)、シナノスイート、紅玉、シナノゴールド、山王…とたくさんある。 リンゴの産地に育っているのに情けない話だが、食べるのが専門で、身の回りになっているリンゴの種類もよく分からない。


 たくさん種類がある中でも、長野県生まれのオリジナル品種、秋映(あきばえ)、シナノスイート、シナノゴールドの3つを合わせてこの辺りでは 「りんご三兄弟」 と呼んでいる。 この3品種は収穫時期も味も異なるが、どれも人気のおいしいリンゴであることには間違いない。


 ただ毎朝散歩に出るたびに農家の方々がリンゴ畑で働いているのを見るにつけ、わたしたちの口に入るまでにはたくさんの手がかけられているのだなぁと思う。 リンゴがたわわに実る信州のリンゴ畑、今が美しい季節だ。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりから毎回始まります
信州りんご・・・信州から東北にかけて、リンゴですよね
山遠征の折、りんご畑よく見かけますがその畑で実際 りんご触ったこと
有りません、果物大国ですよね。なんともいいロケなのでしょうね

こちら九州は みかん類が畑をオレンジ色に染まります。
これから来春にかけて、温習みかん、八朔、ざぼん、ポンカン、タンカン
最後に 甘夏かん、デコポンと早生種から晩柑へと長く収穫期が続きますよ

長い日本列島もいいものですね
山帽子
2016/10/23 17:11
 山帽子さんへ
信州の秋も次第に深まりを増し、山々や高原の紅葉も大分進んでいます。
間もなく、身近な里山にも紅葉前線が降りてくるのではないかと思います。
毎日リンゴ・葡萄・柿をいただき、信州の秋・果物の実りの秋を満喫しています。
八朔、ざぼん、ポンカン、デコポン…懐かしい響きです。
知人からいただき、厚い皮をむきながら口に運んだ記憶が蘇ってきます。
四季のある日本は、本当に魅力いっぱいの素敵な土地ですね。
これからまだまだ晩秋の魅力に溢れた信州が楽しめます。
wagtail
URL
2016/10/26 17:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
収穫を待つ リンゴ おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる