おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 冷え込んだ朝の霜柱

<<   作成日時 : 2016/12/30 18:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 朝からくっきりと晴れ渡り、青空が一面に広がっています。 こんな朝は、格別冷え込みが厳しく、メダカの屋外飼育の容器や池も薄氷が張り、地面もすっかり凍てついた朝になります。


 庭に出て少し軟らかい土の場所に足を踏み込むと、ザクッ、ザクッと心地よい音。 崩れた足元の地面には3〜4pの霜柱がニョキッと姿を現しています。
 日が差し始めていたので、日向の霜柱は少しずつ溶け始め、朝日に輝いています。

 霜がおり、うっすらと雪が舞った跡、そして霜柱と冬の風物詩とも言えるものが勢揃いの朝です。 寒い朝、身も心も凛と引き締まります。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
すっかり気温が下がりました。
朝、新聞を取りに玄関を開けると、玄関のメダカ甕が凍っています。
残っていた水槽、つい屋内に入れてしまいました。
行き当たりばったり
2017/01/03 10:54
 行き当たりばったりさんへ
我が家の屋外飼育のメダカたち、二年目の冬を迎えています。
毎朝薄氷は張っていますが、日中には融けるといった毎日。
底の方にいるようですので、姿こそ確認できませんが、
暖かい日中には、メダカらしき魚影が見られます。
きっと今冬も、寒さに打ち勝って
春を迎えてくれるのでは…と期待しています。
wagtail
URL
2017/01/04 18:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
冷え込んだ朝の霜柱 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる