おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 生け垣の撤去

<<   作成日時 : 2017/01/06 17:21   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 我が家の周囲は、一部60〜70本ほどのコノテガシワの生け垣になっています。 このコノテガシワは、昨年末逝去した兄が実生から育てた苗を頂き、我が家の新築時に庭の周囲に植え込んだものです。


 毎年二回の刈り込みをして、整えてきましたが、今回このうちの30本近くを撤去した後、そこをフェンスにすることにしました。 本当は亡き兄から譲り受けた思いのあるコノテガシワだけに、このまま生け垣にしておきたかったのですが…。
 敷地の南面は他人の土地と接しており、(今は空き地になっていますが)将来南面は刈り込みができなくなる可能性があります。 そんな状態でこどもたちの手を煩わせてはいけないので、今回、将来刈り込みができなくなる可能性のあるこの南面だけを、泣く泣く撤去することにしたのです。


 業者さんに見積もりをしていただいたら、このコノテガシワの木を始末するだけでもかなりの高額。 1本伐採し始末してもらうのに数千円もかかるとのこと。 おまけに、お願いした業者さんの工事もなかなか始まりません。
 幸い、我が家にはミニチェーンソーや剪定バサミ、シュレッダ−もあるので、全部はとてもできそうもありませんが、余り生長のよくない木を半分ほど切り倒してみました。
 伐採するのは簡単なのですが、枝を切り落としてそれを小さく整えてみると、うんざりするほどの小枝の大きな山。 シュレッダーにかけてチップ化するのが一苦労です。 四日ほどかかってようやくこれまでになりました。 と言うことは、最初はこの5倍ほどの量の枝があったということになります。
 あと一日シュレッダーを動かしたら、ようやく今までの気の遠くなるような果てしない作業から解放されそうな所までこぎ着けることができました。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。
思い出のある生垣--いろいろ考えると、決断しなければならない時があるのですね。
裁断して--お疲れさまでした。
今は便利な機器もそろっているので、道具と時間、さえあれば、何とか---。
それにしても処分というのは残念ですね。
行き当たりばったり
2017/01/07 23:56
 行き当たりばったりさんへ
本当はこのまま生け垣にしておいた方が見栄えもいいのですが、
もろもろの事情から伐採しフェンスに変えることにしました。
時間と体力があればもう少し切りたいところですが、
ここまでが限界かなと思っています。
wagtail
URL
2017/01/08 11:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
生け垣の撤去 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる