おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 粗末にしてきた付け

<<   作成日時 : 2017/03/10 16:46   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 今週末まであたりは日本列島を高気圧が多い、暖かな日が続くだろうという予報が出ています。 きょうも朝の内こそ雪がちらついたりしましたが、日中は日が差して穏やかな日でした。


 裏庭を見ると、コノテガシワの根元に蕗の薹が出ていました。 もう花をさきそうな気配で、ちょっと収穫して口に入れるには遅いようです。 それでは他に…、と思い見回しますがなかなか見付かりません。 諦めずに丹念に捜して、ようやく小さな五つほどの蕗の薹を見付けました。
 しかし、どれもこれも摘んで食べるには小さすぎる上数が少なすぎます。 周囲の様子からまだ時期が早いとも思われませんが、こんな成りのよくない年は余り記憶がありません。


 毎年楽しみにしていただいていた蕗味噌ですが、今年はこの調子では諦めざるをえないかも知れません。 今まで余り世話をせずに、近くに水仙などの球根を植え込んだりして粗末にしてきたつけが回ってきたのかも知れません。
 植物は手をかけたように育つと言います。 再びフキが勢力を取り戻すよう、大事にしていかなければと反省しきりです。





 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
確かに植物も、他の生き物も、手をかけるほどにこたえてくれますね。
心新たに---でしょうか。
行き当たりばったり
2017/03/12 10:27
 行き当たりばったりさんへ
野の草だという意識から、大丈夫だろうと高をくくり、
ほとんど手をかけずに来たつけが回ってきたようです。
野菜作りだけではなく、どんな物も手をかけるほどにそれに応えてくれるんですね。
その逆もしかり…。
反省!
wagtail
2017/03/15 15:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
粗末にしてきた付け おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる