おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ちひろ美術館」 と 「トットちゃん広場」

<<   作成日時 : 2017/04/07 23:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0



 もう何年ぶりになるだろうか。 久しぶりに安曇野にある 「安曇野ちひろ美術館」 を訪れてみました。

 訪れた日は平日でしたので、来館者の人影も少なく、新たな企画展示が施された美術館をゆっくりと見ることができました。

 館内を一巡した後、北アルプスや田園風景を眺めながら「絵本カフェ」で一休みすることにしました。
 展示作品の余韻と感動を味わいつつ、珈琲と苺のタルトをいただきながら、普段は余り見ない絵本を読んでみました。 こうしたゆっくりした時間の流れもまたいいものです。



 ぼんやりと外を眺めていると、電車が目に入りました。 そうそう、2016年に安曇野ちひろ美術館のお隣の安曇野ちひろ公園の一角に、「窓ぎわのトットちゃん」(ちひろ美術館長 黒柳徹子著)の物語にちなんだ 「トットちゃん広場」が造られたのです。 美術館から数分の距離ですので、さっそく行ってみました。

 この2両の電車は、長野電鉄より松川村が譲りうけた車両だそうですが、車内に絵本などを自由に読める 「図書スペース」 と
いわさきちひろの絵で愛されている 『窓ぎわのトットちゃん』(黒柳徹子・著) に登場する 「電車の教室」 が再現されていました。
 
 トットちゃんが通った 「トモエ学園」 は、本物の電車を教室に使い、授業はそれぞれ好きな科目を選んで始めることができる、おもしろい学校でした。 随分前に読んだ本でしたが、電車の教室を見ているうちにあの愉快な内容が次々と浮かんできて、思わずニヤリとしてしまいました。

 美術館の作品やこのトットちゃん広場の電車の教室を見て、ほんわかした心持ちになって帰ってきました。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「ちひろ美術館」 と 「トットちゃん広場」 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる