おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 三春滝桜 と 鶴ヶ城公園

<<   作成日時 : 2017/04/17 23:36   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 陸奥の小さな城下町、福島県の三春町の中心部から南へ4キロほどいった「さくら湖」近くに江戸彼岸系の 「三春滝桜」 と呼ばれる紅枝垂れ桜があります。


 日本三大桜として挙げられるのが、この 「三春滝桜(福島県)」 と 「山高神代桜(山梨県)」、「根尾谷淡墨桜(岐阜県)」 です。 日帰りツアーに参加して、三春の滝桜と鶴ヶ城公園の桜を見に出かけました。 もちろんここは初めての訪問地です。


 まだ5分咲きくらいの開花で少し早かったかも知れませんが、返って濃い紅色の花が見られ見事でした。 この桜は、樹高は13.5m、根周りは11.3m、枝張りは幹から北へ5.5m、東は11.0m、南へ14.5m、西へ14.0mもある巨木で、四方に広がった枝から薄紅の花が滝のように咲き誇ることから滝桜と名付けられました。



 雨に降られるのではないかと心配をしましたが、天候にも恵まれ、ほどほどの開花状況に巡り会うことができ、これからが見頃期ということもあり名所の割には人出も比較的少なめで、ゆっくりと歴史ある銘木を鑑賞することができました。
 また、「梅・桃・桜の花が一度に咲き、三つの春が同時に来るから三春」 と呼ばれるようになった三春町周辺には、三春滝桜以外にもいくつもの桜の銘木があり、バスの車窓から各所で美しい桜が咲き誇っているのが見られました。 

 この後、会津若松のシンボルといわれる鶴ヶ城を訪れました。 この城は、平成23年には赤瓦へのふき替えが完了し、幕末当時の姿を再現し、現存する天守閣では国内唯一の赤瓦の天守閣となっています。



 城跡にある鶴ヶ城公園は、ソメイヨシノを中心にエドヒガン桜、コヒガン桜、サト桜、垂れ桜など1.000本以上の桜が咲く会津随一の花見スポットですが、残念ながらまだ開花を迎えたばかりで、蕾状態の木が多かったです。


 桜のお花見にはなりませんでしたので、鶴ヶ城公園内にある、千利休の子・少庵が建てたと言われる茶室麟閣にもちょっと立ち寄ってみました。
 帰路についた頃になり、予報通りの雨となりました。 朝6時前に家を出て、帰宅したのは10時30分頃、片道約360kmの長距離ツアーで、疲れましたぁ〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。
じっくり堪能できてよかったです。
10年近く前まで、20年以上三春で仕事をしていました。春夏秋冬、よくここへも顔を出したものです。
当時から、開花の時期になると、それこそ長蛇の車列でした。
会津も、何度か訪れたことがありますが、やはりお城はのがせません。
行き当たりばったり
2017/04/18 23:01
 行き当たりばったりさんへ
福島へのツアーでしたので、行く前から意識はしていたのですが、
行き当たりばったりさんの足元だったのですね。
観光の人も比較的少なく、いい時期に鑑賞することができました。
かなりの古木で、立ち姿といい、色合いといい、
久しぶりに素晴らしい桜にお目にかかりました。
さすがに三大桜の一つだといわれるだけあります。
疲れましたが、いい経験をさせて頂きました。
wagtail
URL
2017/04/19 09:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
三春滝桜 と 鶴ヶ城公園 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる