おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 虫こぶ(虫えい)の季節

<<   作成日時 : 2017/05/12 17:43   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 ナラの葉陰に緑色のりんごのようなこぶが見付かりました。 似たようなものは、この季節になると、雑木林のあちらこちらで見掛けることができます。 


  とてもかわいく見えるのですが、これは 「虫こぶ(虫えい)」 と呼ばれ、アブラムシ・ハチ類などの昆虫が産卵・寄生したため異常発育をした結果なのです。 この虫こぶは、葉陰にあり陽が当たりにくいため緑色をしていますが、陽に当たると赤味を帯び、ちょっとおいしそうに見えてきます。
 先日、地区の官役作業の際、休憩時に年配の方がツツジにできた虫こぶを取ってきて、食べているではありませんか。 まさか、「昆虫が産卵・寄生したものですよ」 とも言えず見ていると、「苦い!」 と言いながらすぐに吐き出していましたので、一安心しました。

 この虫こぶは多分、「ナラメリンゴフシ」 だろうと思いますが、虫こぶの名前の付け方は変わっていて、  植物名 + 形成部位 + 形状 + 虫こぶ(フシ)  の4つの名を連ねられています。 写真の虫こぶは、( ナラ + メ + リンゴ + フシ ) であり、ナラメリンゴフシ となるのではないかと推測しました。

 この虫こぶについては、今までにも何度か掲載しています。 下にそのアドレスを記しておきましたので、興味のある方は、お立ち寄りください。

        http://wagtail6678.at.webry.info/200805/article_4.html

        http://wagtail6678.at.webry.info/200805/article_8.html 

        http://wagtail6678.at.webry.info/201106/article_7.html
 
        http://wagtail6678.at.webry.info/201205/article_11.html

        http://wagtail6678.at.webry.info/201605/article_1.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは

気がついたら、知らない内に季節は晩春から初夏へと移ろい、ウワミズザクラの花もそろそろ・・・

つい前日までは冬枯れだった雑木林の木々も新緑の葉をまとって、命に溢れているように感じます

虫コブを食べようとする年配の方・・・(笑)
今年ももうそんな季節なんですね

タッキー
URL
2017/05/12 23:20
タッキーさんへ
おっしゃる通り、ついこの間まで冬枯れ状態かと思っていた雑木林も、
すっかり緑が増し、新緑のいい季節になっています。
それにしても日本の山の緑には変化の多いこと。
(外国の山を見ているわけではありませんが…。)
様々な緑が見られ、この時期の緑が一番きれいですね。
虫こぶがたくさん見られ、先日はオトシブミも見付けました。
生物の息吹が感じられる、最高の季節を迎え、散策が楽しいです。
wagtail
URL
2017/05/13 09:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
虫こぶ(虫えい)の季節 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる