おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 石臼と紫陽花の寺 深妙寺

<<   作成日時 : 2017/07/20 06:10   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 中央道伊那I.Cから車で約3km、10分ほど広域農道を駒ヶ根方面に車を走らせると、約2500株の紫陽花が咲き、歴史も古く、日本一の石臼庭園としても知られている深妙寺というお寺があります。

画像
 
画像

 ここ深妙寺の紫陽花が咲いている本堂裏手の雰囲気に魅了され、紫陽花の咲く時期になると、ほとんど毎年のように訪れています。 もう半月ほども前のことで恐縮ですが、今年もその紫陽花を見に深妙寺に行ってきました。
 深妙寺の紫陽花も、現在はすでに見頃を過ぎているようですが、訪問した時はまだ咲き始めのこれからといった時でした。

画像

画像

 本堂裏手の小山は木立の下一面アジサイが植えられ梅雨時期の6月下旬から7月中旬頃までたっぷり堪能することができます。 本堂前から裏山にかけての遊歩道の33体の観音様の石像に寄り添うように紫陽花が咲いています。 今年も紫陽花に優しく囲まれた観音像が訪問者を温かく迎えてくれていました。

画像

画像

 深妙寺は、2500株200種のアジサイに囲まれる信州最大規模のアジサイ寺です。 住職さんによると、30年ほど前、住職の母が本格的にアジサイの挿し木を始めて、それ以来、住職さんの家族や檀家のみなさんが世話を続け、次第に株や品種を増やし、「あじさい寺」として知られるようになり、現在に至ったのだそうです。 

画像

画像

画像

 毎年、地元住民や県内外からの観光客が境内を散策し、梅雨空や周囲の緑に映える青や白、ピンク色の花を楽しんでいます。 この日も、本堂の裏の木立では、きれいに咲いた紫陽花を写真におさめようとする大勢の人で賑わっていました。
 
画像

画像


この 「おりふしの記」は、新「おりふしの記」 として、下記に移行をしています。
しばらく、この旧「おりふしの記」 も公開していますが、7月中に完全移行します。
コメントなどは、順次下記アドレスにお願いできれば、嬉しいです。

http://orihusinoki.blog.fc2.com/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
山の斜面を埋め尽くしてのアジサイ---。これだけあると圧巻です。
でも、涼しさも感じますね。
種類も多く、色とりどりで--- 
行き当たりばったり
2017/07/22 09:40
  行き当たりばったりさんへ
ここは、本堂裏の小山の木立の下にアジサイが咲いています。
木立の中に入ると、陽射しがさえぎられ、
暑い思いをしなくても散策ができ、快適です。
雰囲気の素敵なお寺で、世話に携わっている方々には、感謝です。
wagtail
URL
2017/07/22 13:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
石臼と紫陽花の寺 深妙寺 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる