おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 稲泉寺の大賀ハス

<<   作成日時 : 2017/07/28 22:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 以前に信濃国分寺の蓮を取り上げましたが、木島平村にも蓮の名所 「稲泉寺」 があります。 山里の情緒あふれる場所で、蓮と赤いトタン屋根がとても印象的だというので、先日初めて行ってみました。 このお寺の周りにある田んぼでは、約10万株の大賀蓮が桃紅色の花を咲かせます。

画像

画像

画像

 稲泉寺の周囲一面にハス田が広がり、7月には薄紅色の神秘的な花を咲かせます。 何枚かの田んぼに蓮が植え込まれていますが、時期をずらして植え込んだと見え、田によって花のステージが違い、鑑賞できる期間が長くなるように仕組まれているようです。

画像

画像

画像

 ここに植えられている蓮は、大賀一郎博士によって2000年前の地層から発見され栽培された古代蓮である 「大賀蓮」 という種類で、稲泉寺の大賀蓮は長野県松本市と新潟県上越市「高田公園」の観蓮園から株分けされた蓮だそうです。
 見頃を迎えている田んぼでは、薄ピンクの蓮の花が咲き乱れて神秘的な風景が広がっていました。

画像

画像

 案内板に記されていたように、「泥水を俗世と見立て、そこから咲きだす清らかな蓮の花を仏様に例えた由来のある蓮の姿」 を堪能してきました。


この 「おりふしの記」は、新「おりふしの記」 として、下記に移行をしています。
しばらく、この旧「おりふしの記」 も公開していますが、7月中に完全移行します。
コメントなどは、順次下記アドレスにお願いできれば、嬉しいです。

http://orihusinoki.blog.fc2.com/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
稲泉寺の大賀ハス おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる