おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝風に揺れる オカトラノオ

<<   作成日時 : 2017/07/12 16:43   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 6月〜7月にかけて、花をつける野草がぐっと少なくなります。 そのなかで一際目立つのが初夏に白い花を咲かせるオカトラノオです。 散歩道のオカトラノオは毎年アジサイとほぼ同じ時期に咲いています。 白い花穂は先端が長く垂れ下がって、確かに虎の尻尾を思わせます。

画像

 花は穂の下の方から先端に向かって咲くので、咲き始めのほうが綺麗に見えます。 この位の時期がきれいに見える限界かも知れません。 小さな5弁の白い花が多数集まって出来た長い花序が尻尾のように波打ち、根元のほうから先端に向けて、長く伸びて花が咲き上がっていきます。
 全体としての姿も美しいが、一つ一つの花も姿が整っていて清楚で可憐な野草です。

画像

 普段じっくりと見ることは少ないのですが、ひとつひとつの花もよく見れば美しい花です。
 昨夜の雨が上がって、朝の散策に歩いた時は、朝から湿度が高く本当に蒸し暑い朝でした。 梅雨の里山でこの純白の花穂が一斉に揺れる様は、ほんの一時かも知れませんが、爽やかさを運んでくれ、蒸し暑さを忘れさせてくれる初夏の風物詩です。


「おりふしの記」は、下記アドレスに移行を始めています。
よろしければコメントなども順次下記アドレスにお願いします。

http://orihusinoki.blog.fc2.com/


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
朝風に揺れる オカトラノオ おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる