おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 担ぎ手の少ない子ども神輿

<<   作成日時 : 2017/07/18 19:24   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 日曜日は、地域の祇園祭が執り行われました。 といっても、子ども神輿が村内を練り歩くだけのチョッピリ寂しい祇園祭です。

画像

 村内を子ども達が練り歩き、途中でご祝儀をいただくとこうしてその家のいやさかを祈念し、神輿を高く差し上げます。 年々児童数が減少し、今ではもう少しで一桁の児童数になりそうな気配です。 そんなわけで小学生が担いでいる神輿の担ぎ手も少なく、なかなか気勢も上がりません。
 やがて、村内の児童数の減少により、この祇園祭のイベントも様変わりしていくのではないかと寂しい思いでいます。

画像

 わたしが小学生だった頃は、各学年3〜4学級ありましたが、今は、単級になってしまっているとも聞きます。 少子化による先細り、寂しいですねぇ。


「おりふしの記」は、下記アドレスに移行を始めています。
よろしければコメントなども順次下記アドレスにお願いします。

http://orihusinoki.blog.fc2.com/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。
本当にこれから先---どうすれば活性化されるのでしょう。
個人の力だけでは何とも---ですが。
いいアイデアが欲しいものですね。
行き当たりばったり
2017/07/18 22:41
 行き当たりばったりさんへ
少子化の問題は今に始まったことではないので…。
行き当たりばったりさんもおっしゃる通り、個人だけでなく、
国レベル、県レベルでも考えていかなければならないことでしょうか。

wagtail
2017/07/19 13:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
担ぎ手の少ない子ども神輿 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる