アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「風景」のブログ記事

みんなの「風景」ブログ

タイトル 日 時
稲泉寺の大賀ハス
稲泉寺の大賀ハス  以前に信濃国分寺の蓮を取り上げましたが、木島平村にも蓮の名所 「稲泉寺」 があります。 山里の情緒あふれる場所で、蓮と赤いトタン屋根がとても印象的だというので、先日初めて行ってみました。 このお寺の周りにある田んぼでは、約10万株の大賀蓮が桃紅色の花を咲かせます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/28 22:25
弘長寺の紫陽花
弘長寺の紫陽花  松本市の “あじさい寺” といえば弘長寺と法船寺が挙げられます。 今月中旬、両寺を訪れてみましたが、今回は弘長寺のアジサイを紹介したいと思います。 ( 法船寺のアジサイについては 「信州撮りある記」 にアップする予定です。) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/26 16:02
信濃国分寺の蓮
信濃国分寺の蓮  奈良時代に創建された上田市の信濃国分寺本堂の北側の蓮池(蓮田)で、美しい鮮やかな蓮の花が見られるようになりました。 年々蓮池の整備が進み、最近は、蓮池の周辺に 大きな参拝者駐車場も完備され、いっそう便利になりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/24 15:05
石臼と紫陽花の寺 深妙寺
石臼と紫陽花の寺 深妙寺  中央道伊那I.Cから車で約3km、10分ほど広域農道を駒ヶ根方面に車を走らせると、約2500株の紫陽花が咲き、歴史も古く、日本一の石臼庭園としても知られている深妙寺というお寺があります。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/07/20 06:10
ブドウ栽培の作業
ブドウ栽培の作業  わたしの町は、花卉、りんご、ブドウ等の栽培が盛んです。 散歩道周辺にもブドウ畑がたくさんありますが、今ブドウ棚にたくさんのブドウの房がぶら下がっています。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/07/10 19:14
国天然記念物の レンゲツツジ
国天然記念物の レンゲツツジ  東御市新張から石造りの百体観音が続く地蔵峠を登り詰めると、湯の丸高原に到着します。 湯の丸高原は、浅間連峰の西に位置し、亜高山帯の恵まれた植生から 「花高源」 とも呼ばれています。 最も有名なのは、国の天然記念物に指定されているレンゲツツジです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/02 15:22
咲き始めた 智識寺の紫陽花
咲き始めた 智識寺の紫陽花  戸倉上山田温泉から麻績村へと抜ける四十八曲峠への峠道の登り口に智識寺という小さなお寺があります。 智識寺の紫陽花が咲き始めたというのでさっそく行ってみました。  四十八曲峠道に面して大わらじの飾られた素朴な萱葺きの仁王門がたたずんでいます。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/28 12:34
可愛いサクラの実
可愛いサクラの実  先日の雨も上がり、道端の草にはまだ雨粒が残っているとはいえ、散歩道のアスファルトも乾き始めています。 よく見ると足元のアスファルトには直径4〜5o位の柄付きの黒く熟し切ったサクランボがたくさん転がっています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/27 08:49
五月晴れ
五月晴れ  梅雨の間の晴れ間、戸隠に向けバードラインをマイカーで走っていくと、新緑の林を抜けると同時に目の前に北アルプスの絶景が広がりました。 余りの美しさに、このまま走り過ぎるのがもったいないような気がして、そば屋さんの駐車場に車を入れました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/24 15:18
満開の時、「さかき千曲川バラ公園」
満開の時、「さかき千曲川バラ公園」  長野県埴科郡坂城町の千曲川に面した場所に、320種2300株のバラが大輪の花を咲かせる場所があります。 千曲川の雄大な流れと故郷の原風景ともいえる自然環境に恵まれた 「さかき千曲川バラ公園」 です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/06/14 18:57
6月の中央アルプス千畳敷
6月の中央アルプス千畳敷  氷河期に大地が氷で削り取られてできた特殊な地形「カール」を目の当たりにできる千畳敷。 目の前に広がる自然絵巻は圧巻です。 その魅力に惹かれ、今まで夏と秋に何度も訪れたことのある千畳敷カールですが、初めて6月に行ってみました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/12 18:17
姫川源流 と 親海湿原
姫川源流 と 親海湿原  北アルプス山麓の白馬村南部、佐野坂峠近くに、花の名所として知られている 「姫川源流」 と 「親海(およみ)湿原」 があります。 花の時期には生憎のシーズンですが、我が家から2時間弱のドライブで行かれる場所なので、ぶらりと出掛けてみました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/06/07 18:52
庭は、花盛り
庭は、花盛り  このところ日中の気温がグングン上がり、県下でも「夏日」になる地域が何カ所も出て、夏を思わせるような日々が続いています。 気温の上昇と共に草木の生長が進み、庭の花々も一気に花開いて賑やかです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/22 18:37
富士芝桜・富士五湖・花の都公園
富士芝桜・富士五湖・花の都公園  以前、高崎の 「みさと芝桜公園」 に行った際、見頃時期を外し、まだ開花少ない寂しい風景しか見られなかったことがありました。 そのリベンジというわけではありませんが、今週初め、日帰りバスツアーで山梨の 「富士芝桜」 を見に行ってきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/19 10:38
りんごの花咲く季節
りんごの花咲く季節  桜の花が終わり、りんごの花の咲き始める5月。 信州の農園はりんごの花が咲き誇り、散歩道脇にも美しいりんご園の風景が広がっています。 りんごの花見もまたいいものですよ。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/05 17:39
5月の八千穂高原
5月の八千穂高原  ひょんなことから、ハーモナイズで昼食をすることになりました。 ここまで来てそのまま帰るのも芸がないので、何度かいったことのある白駒の池まで足を伸ばすことにしました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/03 19:01
中沢の花桃の里
中沢の花桃の里  中央道駒ヶ根ICから約20分程車を走らせると、中央アルプスを対面に望む駒ヶ根市中沢地区の一画に 「中沢の花桃の里」 があります。 訪問した昨日はちょうど見頃で、まさに桃源郷を思わせる最高の景色を楽しめました。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/28 18:21
ヤマザクラ 咲く
ヤマザクラ 咲く  一日の平均気温が10℃を超すと、桜の開花が始まるのだそうです。 この所の暖かさにより、遅めに咲き出した散歩道のソメイヨシノの幼木もすでに満開を過ぎ、散り始めました。 ソメイヨシノが散り始める頃変わって咲き出すのが、このヤマザクラです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/24 14:50
庭の花木咲く
庭の花木咲く  時折「霜注意報」が出されるような冷え込む朝もありますが、日中は暖かな春めいた日差しが差し、いい陽気の日が続いています。 我が家の庭の花木も一斉に花が咲き始めました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/21 17:46
三春滝桜 と 鶴ヶ城公園
三春滝桜 と 鶴ヶ城公園  陸奥の小さな城下町、福島県の三春町の中心部から南へ4キロほどいった「さくら湖」近くに江戸彼岸系の 「三春滝桜」 と呼ばれる紅枝垂れ桜があります。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/17 23:36
信州国際音楽村すいせん祭り
信州国際音楽村すいせん祭り  信州国際音楽村すいせん祭りが開催されています。 信州上田の早春の風物詩として例年開催しているお祭りです。 例年3月下旬になると10万本を超えるすいせんが咲き誇り、訪れたこの日も圧巻の眺めを楽しむことができました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/14 21:54
見頃を外した 「みさと芝桜公園」
見頃を外した 「みさと芝桜公園」  春本番を迎え、あちらこちらから花便りが届き、花にまつわる各種イベントが行われるようになりました。 群馬県高崎市に 「みさと芝桜公園」 があります。 そこで 「しばざくら祭り」 が始まっていました。 車でおよそ2時間、手頃なドライブ距離ですので、初めて行ってみました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/10 22:58
果樹園の整枝・剪定作業
果樹園の整枝・剪定作業  昼夜の気温差が大きい当地は、りんごやぶどうの栽培には最適の地です。 晴天の日が多く、降水量が日本でもっとも少ない地域で、果物づくりには最高の気候条件もそろっています。 今、あちらこちらのブドウ畑やリンゴ畑では、盛んに果樹の整枝・剪定が行われています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/20 17:22
雪を被った梅の花
雪を被った梅の花  数日暖かな日が続いたかと思いましたが、夜の内から少し雪が降ったかと見え、草原にはうっすらと雪が乗り、朝の内も小雪が舞っていました。 三寒四温とはよく言ったもので、また寒さが戻ってきたようです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/08 17:23
大禅滝・小禅滝の氷瀑
大禅滝・小禅滝の氷瀑  南佐久郡北相木村の三滝山には、大禅滝・小禅滝・浅間滝の三つの滝があります。 中でも大禅の滝は、滝の落差が30メートルもあり、この厳寒期には滝が凍結して、松かさ状の大氷柱になります。 5年ぶりに大禅・小禅滝の氷瀑を見てきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/22 23:05
湯川渓谷の氷壁
湯川渓谷の氷壁  南佐久の南牧村海尻に湯川渓谷があります。 この渓谷の岩壁に大きな氷柱が重なり合った氷壁があるというので、昨日初めて出掛けてみました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/17 17:35
牡丹雪降る
牡丹雪降る  朝からドンヨリと重苦しい灰色の空が広がっていましたが、昼を少し過ぎた頃雨模様となり、突然雪に変わりました。 今まで重苦しさはあったものの静かさを保っていたのですが、突然の雪に雰囲気は一変します。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/05 14:08
散歩道の 今
散歩道の 今  きょうは珍しく朝から青空が空一面に広がりました。 晴れ渡った分、放射冷却現象からか冷え込みは厳しく、手袋をはめた指先が集めたい感覚を通り越し、痛さを覚えるほどでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/25 17:29
二日続きの雪降り
二日続きの雪降り  朝目が覚めて、おもむろに寝室のカーテンを開けると、照寺がいつもより明るく見えます。 「矢張り雪が降ったかな」と思いながら照寺とガラス戸を開けると、思った通り夜の間に降り続いた雪が積もっていました。 覚悟はしていたものの、二日続きの雪となりました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2017/01/16 21:39
冷え込む朝を迎えて
冷え込む朝を迎えて  窓を開けるとくっきりと霜の降りた跡が残っています。 カーテンを開け、餌をねだる北斗(我が家の柴犬)に朝飯を与え、周囲を見回すと凛とした白い世界です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/17 21:48
白く輝く山頂の森
白く輝く山頂の森  夜の間、何となく雨らしき音が聞こえていたような気がしていました。 朝目覚めて窓を開けると、矢張り地面は雨で濡れたように黒くなっていました。 いつものように朝の散策に出ると、身近な山の峰部分が白くなっています。 どうやら高いところは雪だったようです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2016/12/07 22:57
見納めの賑やかなリンゴ畑の風景
見納めの賑やかなリンゴ畑の風景  わたしが勝手に命名した「散歩道」 の外れの斜面に、広いリンゴ畑があります。 たくさんのリンゴを栽培しているためか、消毒などに使用するスピードスプレイヤーが2台もあるリンゴ栽培農家です。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/02 13:45
箱根美術館の紅葉庭園
箱根美術館の紅葉庭園  もう半月ほども前の話題になってしまい恐縮ですが、今月中旬、「箱根美術館紅葉庭園・富士屋ホテルで昼食」の日帰りツアーに参加してみました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/28 23:47
11月の雪かきとは…
11月の雪かきとは…  11月だというのに昨日未明から雪が降りました。 長野地方気象台が昨日の午前に、大雪になる恐れがあるとして、諏訪地域と佐久地域に一時、大雪警報を出し、交通障害などに注意を呼び掛ける程の降りでした。 当地でも10p近くは降ったのだろうか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/25 19:36
落ち葉の季節
落ち葉の季節  眠っている間風の音が気になるほど、二晩続きで強い風が吹きまくりました。 そろそろ茶色に変色しつつも懸命に枝にしがみついていた木々の葉も、この風で一気に落葉が進みました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/23 23:57
最後のもみじ狩り ・ 清水寺
最後のもみじ狩り ・ 清水寺  このところの冷え込みで、今は身近な山の紅葉も一気に色あせ、茶色に変色してきています。 一週間ほど前今年最後のもみじ狩りに行ってきました。 長野市若穂の清水寺です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/21 22:23
里山も紅葉ピーク
里山も紅葉ピーク  随分朝が冷え込むようになり、散策に出ると吐く息が白く見え、手袋無しではちょっと指先が冷たく感じられるような朝です。 この冷え込みで、里山の紅葉も一気に進み、木々の葉が色濃く染まってきました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/11/16 23:37
清流の渓谷 「阿寺渓谷」
清流の渓谷 「阿寺渓谷」  数年前から流れの美しさに、ずっと気になっていた渓谷がありました。 その渓谷とは、大桑村にある 「阿寺渓谷」 です。 もう半月近くも前のことですが、木曽路を車を走らせ、その念願の阿寺渓谷にいってみました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/11/14 16:55
真っ赤な ブドウ畑
真っ赤な ブドウ畑  今朝は随分冷え込みました。 多分12月の中旬から下旬並みの気温だったでしょう。 朝から雨がポツポツと当たっていましたが、寒風の中、時には雪なのか白くも見えました。 長野では、初雪が観測されたようですが、ここも初雪だったのかも知れません。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/09 14:46
紅葉に染まる霊松寺
紅葉に染まる霊松寺  上田城趾公園の紅葉が見頃を迎えているが、今年は「真田丸」人気で観光客であふれかえっているため、どこか紅葉の美しい新天地はないかと捜してみた。 北アルプスのふもと、長野県大町市に 「霊松寺」 という紅葉の美しい曹洞宗寺院があることを知った。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/07 11:15
散歩道の紅葉
散歩道の紅葉  先日紅葉が見頃を迎えた軽井沢の雲場池を訪ね、いつもと変わらぬ美しさを堪能してきた。 さて、毎朝歩いている 「散歩道」 周辺の紅葉はどうかというと、ヌルデを始めとして大分木々の色づきが始まった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/04 17:54
錦秋の雲場池
錦秋の雲場池  全国でも有数の避暑地とされる軽井沢だが、その中でも 「雲場池」 の紅葉は絶景とされている。 雲場池の紅葉が見頃を迎えているとの情報を得て、さっそく車を走らせた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/02 19:04
箕輪ダム ・ もみじ湖
箕輪ダム ・ もみじ湖  上伊那郡箕輪町にある箕輪ダム。 一級河川で天竜川に流れ込む、沢川に建設されたダムだ。 箕輪町・南箕輪村・伊那市・宮田村・駒ヶ根市の5市町村に水道水を供給しており、上伊那地区の大切な水瓶となっている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/31 21:56
群馬の景勝地 “吹割の滝”
群馬の景勝地 “吹割の滝”  群馬県に「吹割の滝」という一風変わった滝がある。 吹割の滝は東洋のナイアガラと呼ばれ、群馬県の人気観光地で昭和11年に国の天然記念物に指定された。 随分前の話で恐縮だが、半月ほど前にこの滝を訪れた。 ここを訪れるのはもう3〜4回目にもなるだろうか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/28 21:04
松川渓谷の秋
松川渓谷の秋  高山村の松川渓谷は日本でも有数のV字渓谷をつくり、紅葉の名所として有名。 信州の紅葉も高いところから次第に下降しているが、昨日、今年初めての紅葉狩りに手短な松川渓谷に出掛けてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/10/26 17:47
収穫を待つ リンゴ
収穫を待つ リンゴ  秋といえば “食欲の秋”、この季節 “実りの秋” と言うが、何を食べてもおいしい、“実りの秋” は “おいしい秋” なのだ。 この辺りでは葡萄とリンゴが多く栽培されている。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/19 22:09
染まる ヤマザクラの葉
染まる ヤマザクラの葉  毎朝の散策に出ると、10月に入り一層路上に散り落ちた葉が目に付くようになった。 そのほとんどがヤマザクラの葉だ。 ウルシも真っ赤に色づいているのも目にするが、ヤマザクラの紅葉も他の樹木より早いような気がする。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/05 11:25
雨上がりの散歩道
雨上がりの散歩道  台風の接近に伴い、ここ幾日も雨降りの日が続いた。 毎朝裏山を1時間ほど散策しているのだが、その際記録していた野鳥センサスノートを見ると、ここ三日間散策のできない日が続いた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2016/09/21 23:39
海野宿を歩く
海野宿を歩く  時々、雑誌などを見てこれはと思う店に立ち寄ってみるのだが、なかなか雰囲気のよいカフェに巡り会う機会は得られないものだ。 過日、やはり雑誌に紹介されていたカフェにでかけてみた。  調べると、どうやらそのカフェは、海野宿にあるらしかった。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/08/29 23:51
初夏の上高地 トレッキング
初夏の上高地 トレッキング  上高地は穂高連峰を望む山岳景観のすばらしい場所として有名だが、昨日何年ぶりかで、初夏の上高地を訪れてみた。 大正池でバスを降り、まずは池畔へ下ってみる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/23 19:24
夏の花 ノウゼンカズラ
蔓にぶらさがったオレンジの花はまさに夏の花。 あちらこちらの庭先に植えられているノウゼンカズラが、鮮やかに咲いている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/07/15 19:03
ネール蓮 ・ 仏舎利塔 そして 平和の鐘
 伊那市の深妙寺は、33体観音様に寄り添うように咲くあじさい寺と江戸時代かあら奉納された2000コの石臼を埋めて造られた庭園でよく名前が知られている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/13 11:32
信濃あじさい寺 ・ 弘長寺
 別名「信濃あじさい寺」としても知られている松本市の弘長寺には、80種以上、1000株もの紫陽花が植栽されており、迫力ある見応えだ。 弁天堂を中心とした庭園に紫陽花が色とりどりに咲きほこっていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/08 23:09
自然豊かな鬼無里の里へ
 用事があり、鬼無里(きなさ)に出掛ける。 鬼無里は、長野市から西に車で1時間の山間にある。 現在は合併して長野市だが、かつては鬼無里村として一つの村だった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/06/27 18:47
今年は惨敗!  ミニミニ百合園
 雨降りの日やドンヨリとした曇り空の日が多い梅雨まっただ中。 今年も玄関先のユリがポツポツと咲き出した。 ところが今年のミニミニ百合園の見栄えは、ご覧のような惨敗状態。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/24 18:03
北信濃のあじさい寺
 県下で「あじさい寺」と呼ばれるお寺は、深妙寺・弘長寺・法船寺・智職寺・円城寺等が挙げられるが、飯山市の高源院もそのひとつだ。 高源院は、北信濃の戸狩温泉に位置する、曹洞宗のお寺。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/22 23:41
オープンガーデン 訪問
 東御市糠地は、標高約800〜1,100mにある集落。 「一望千里の花の郷」 と言われ、晴れた日には、八ヶ岳連峰や北アルプスが稜線を描き、遠くには富士山の姿も眺望できる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/06/15 18:47
ばら祭り開催前日、夕暮れのバラ公園
 千曲川が流れ、1,000m級の山々に囲まれた自然豊かな長野県坂城町。 そんな坂城町にある 「さかき千曲川バラ公園」 では、明日の28日から 「ばら祭り」 が開催される。 夕暮れ近い時間帯だったが、大勢の皆さんが訪れる前にと急に思い立ち出掛けてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2016/05/27 23:59
カラフルなアイリス園
 先日喬木村の九十九谷森林公園の九輪草を見に行ったが、その帰り道にアイリス園があるので、そこにも立ち寄ることが多い。 アイリスが見頃を迎えていたので、今年も豊丘アイリス園によってみた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/05/18 20:07
若葉薫る五月
 5月も中旬を迎えた。 5月の和風月名は皐月。 「さつき」 と読むようになったのは、早苗月を略したというのが一般的だという。 万葉集などでは、「五月」 を 「さつき」 と読ませている。 「皐月」 も 「五月」 も瑞々しい印象のある文字だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/05/16 12:28
九十九谷森林公園の九輪草
 喬木村の村花に指定されている九輪草が、九十九谷森林公園内に約5万株植栽されており、毎年5月中旬〜6月上旬頃まで、花を咲かせている。 先日の新聞に「くりん草まつり」が開催されているという記事を見掛けたので、車を走らせ出掛けてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/13 21:32
連休明けの 戸隠高原
 大型連休、会社によっては10日連休の会社もあったと聞く。 一線を退いた身にとっては、縁のない連休。 例年のようにGWの間は、渋滞にはまらないように、じっとGWが過ぎるのを待った。 先週の土曜日、我がGWはこれからだといわんばかりに戸隠高原に行ってみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/05/09 11:42
タンポポの知恵
 一週間ほど前までは黄色一色かと思われるほど黄色いタンポポの花で覆われていたブドウ棚の下。 今は、白いタンポポの綿毛で覆われている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/27 20:20
若葉茂る林の中に…
ついこの間まで、身近に見られた山は、殺風景な冬枯れ状態だった。 それなのに、つい半月ほど前から木々の芽吹きが始まったばかりだったというのに、あっと言う間に山肌は新緑に覆われてしまった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/04/25 16:12
開花し始めた高山村の一本桜
 昨日北信濃の高山村に足を運んでみた。 高山村には、約25本のしだれ桜があり、 「しだれ桜の里」 として人気を集めている。 数年前から、桜好きの人々から脚光を浴びている里でもある。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/13 23:18
つくしんぼ、見付け!
 早春の道端に顔を出すスギナの胞子茎が、通称 「つくしんぼ」。 本名は 「土筆」 だが、やはり子どもの頃から呼び慣れている 「つくしんぼ」 の響きの方がずっといい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/28 17:21
春の陽光を浴びてのどかに咲く花々
 うっとりするような柔らかな春の陽射し。 あちらこちらから 「花が咲いた」 という知らせや便りが届く。 庭のあちらこちらに植えられている水仙が一斉に花を開き始めた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2016/03/25 22:27
満開の赤怒田福寿草群生地
 3月12〜22日の期間で、松本市四賀地区で「福寿草まつり」が開催されている。 ここ数年訪問してなく、明日からの連休になると混雑が予想されるので、現地での混雑を避けその前に出掛けてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/19 15:22
小雪舞う朝
 先週の初め頃までは5月を思わせるような陽気続きだったが…。 日中は気温が上がるとは言え、このところ、連日小雪が舞うような朝が続いている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/14 20:29
今朝は、雪景色
 いつもの朝の散策。 長靴を踏みしめるキュッキュッという音が心地よく響く。 降雪量は1〜2pほどでたいしたことはないのだが、今朝は雪景色となった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/10 17:57
ガガイモの綿毛飛ぶ
 寒風に乗って目の前をタンポポの綿毛を大きくしたような綿毛が横切っていった。 風上を見ると、葡萄栽培を止め休耕地となっている棚に、ガガイモの蔓が巻き付き、実が縦に割れ、絹糸のような綿毛がのぞいていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/08 19:54
進むマツクイムシ被害
 半月ほど前から連日「散歩道」脇の松林で、チェーンソーの音が鳴り響いていた。 今、その松林に入ると、伐採された枯死した松の木がこうして、ビニールで包まれている。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2016/02/05 17:49
朝陽に輝く つらら
 今朝も氷点下5℃はゆうに下回っただろうか。 朝飯前に出掛ける犬の散歩時は、帰る頃には耳が痛いほど冷たく、指先の感覚もなくなっているほどの冷え込みだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/27 17:08
ありがたいご馳走
 先週は、およそ20pと15pの積雪という大雪の日が二日あった。 雪国信州にとってはそう珍しいことではないが、その雪はまだ解けきらずに随分残っている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/25 18:42
両参りで満願成就!
 数日前の話になるが、善光寺には初詣をしてあるが、まだ別所の北向観音にはお参りしてなかった。 買い物に出た折、三日ほど前に思いつきで別所に出掛け、北向観音へお参りに行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/22 17:57
きょうも 雪降り
 寝室の窓を開けると、近くの針葉樹の高木が雪で覆われていた。 天気予報通り、今朝も先日同様雪降りの朝となってしまった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/20 19:35
今季初の大雪
 夜中に起きた時に、ガラス戸越しに雪の降っているのは見えた。 「朝はいよいよ今年初の雪かきかな…。」 と思いながらまた床についたが、朝目が醒めて驚いた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2016/01/18 19:15
寒暖差の激しい時期
 霜の降りる日が続き、霜柱が見られるほどの冷え込んだ朝が続いたかと思うと…。 一転、雨が降り続き、ジャンバーを着込んで散歩に出たものなら汗ばむような日にもなる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/12/11 17:58
冬枯れに彩りを添える ツルウメモドキ
 散歩道の折り返し付近の畑の隅に赤い色の実をたくさん付けた木がある。 一見この実は木に成っているように見えるのだが、実はツルウメモドキという蔓性の植物が木に絡んでいるのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/12/09 11:44
雪をいただく 浅間山
 久しぶりに軽井沢に出掛けてみた。 軽井沢に行く時はいつも上田市と軽井沢町を結ぶ浅間山麓広域農道を車を走らせる。 30km弱のこの広域農道は、 「浅間サンライン」 の愛称で知られている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/11/30 22:18
収穫を待つ林檎
 これは、散歩道脇にある近所の農家で育てている林檎の木。 用事で訪れた客が、「道端のりんご園、林檎のなりがすごいですねぇ!」 といたく感激していた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/11/20 22:11
中山道の三宿を訪ねる
 中山道(木曽路)には、江戸時代から営々と続く暮らしを守りながら、宿場の景観を今によみがえらせた宿場町がいくつも存在する。 先週、その木曽路を車を走らせ、江戸時代を思わせる宿場町の風情を楽しんできた。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/18 22:40
落葉進む 散歩道
 前日の雨も朝には上がり、爽やかな朝を迎えた。 朝の散策、雑木林の木漏れ日が眩しく、爽やかな空気が漂う。 二日ぶりの朝の散策、いつもと変わらず小鳥の声に耳を傾けながら散歩道をゆっくりと歩いた。   ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/16 17:20
錦秋の上田城趾公園
 11月も中旬。 山から里へ、雪に追いかけられるように駆け下りてきた紅葉もいよいよ終末に入った。 最後を迎えようとしている里山の紅葉の彩りは、とびきり鮮やかだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/13 19:32
秋色の散歩道
 毎朝の日課として、自然散策と健康保持を兼ねて1時間ほどの散歩をすることにしている。 この時にカメラも携行し、この「おりふしの記」と「野鳥との語らい」のブログのネタにする写真も撮っている。 今回、その散歩道の様子をちょっぴり紹介することにした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/11/09 18:26
真っ赤な ブドウ棚
 日中の気温は高いが、最近は、時には霜の降りている冷え込んだ朝もある。 11月に入り、こうして寒暖の差が大きくなると一気に紅葉が進むみ、秋の深まりを感じさせる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/06 17:12
念願の 白川郷へ
 280kmを超える長距離、時々休憩しながら4時間の運転、ようやく「せせらぎ公園駐車場」に到着した。 駐車場脇の庄川に架かっている吊橋(であい橋)を渡ると、景色は一変し俗界と切り離されたどこか懐かしさを感じる風景が広がる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/02 17:16
秋の米子川渓谷
 二日ほど前、須坂の米子大瀑布へ久しぶりに行ってみた。 以前ここを訪れたのは何年前だったか思い出せないほど久しぶりの再訪になった。 ここは深山幽谷に包まれた秘境で、四阿山北麓の崖に並ぶ二つの滝の風景が何と言っても有名だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/10/23 19:43
錦秋の山田牧場
 過日の「賑わう雷滝」で触れたように、雷滝付近には空き駐車スペースがなかったので、先に山田牧場まであがってみた。南志賀高原から松川渓谷の中間に位置する山田牧場では紅葉が黄金色輝いていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/10/16 19:37
賑 わ う 雷 滝
 松川渓谷の紅葉も見頃を迎えたようだ。 ここは余り歩くことなく車中から紅葉が楽しめる。 ここ数日ちょっとお疲れモードの体なので、とりあえず高山村から雷滝を訪れてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/10/14 23:46
ノコンギク咲く散歩道
 いつもよりちょっと遅い時間になったが、恒例の朝の散歩に出る。 朝から青空が広がる秋晴れの陽となった。 秋の花と言えば 「菊」 が連想されるが、散歩道の道脇にはこんな野菊が延々と咲いている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/10/07 13:02
里山も紅葉の兆し
 先週出掛けた標高2115mの白駒の池は、すでに紅葉が見頃になっていた。 その様子は、「秋の八千穂高原 〜白駒の池〜」 にアップした通りだ。 こうして、信州では高いところから徐々に紅葉前線が下降し始めている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2015/10/05 14:53
秋の八千穂高原を行く
 北八ヶ岳自然休養林にある白駒の池の紅葉が見頃を迎えている。 我が家から車で2時間半ほどかかるが、今年初めての紅葉狩りに出かけてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/30 22:52
黒姫高原の コスモスとダリア
 先週、昔若い頃に大変世話になった先輩を35年ぶりに訪ねた。 今は86歳のご高齢でありながら気丈に一人住まいをされているという。 八十有余年にわたる先輩の歩んできた人生の話を聞き、懐かしさを通り越して感慨深いものを覚えた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/21 23:02
ダイナミックパノラマ ・ 吹割の滝
 群馬県沼田市街から国道120号を日光方面に向かうと、途中、左手に吹割の滝がある。 吹割の滝は、高さ7m、幅30mにおよび、ごうごうと落下・飛散する姿から東洋のナイアガラとも呼ばれている。 土産物屋などが立ち並ぶ坂を下ると、滝に向かう遊歩道となる。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/26 14:24
霧中の “高ボッチ高原”
 昨日、用事があるという連れ合いさんを塩尻まで送っていった。 会議が終わるまでの4時間ぼんやり過ごすわけにも行かないので、近くの高ボッチ高原に車を走らせてみた。 この日は生憎の天候で、高原は霧に包まれて見晴しは余りよくなかった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/08/21 12:30
ブドウ園風景
 わたしの散歩道周辺には、たくさんのぶどう園が広がっている。 ほとんどが巨峰という種類の葡萄だが、先月は実の大きくなった房に袋がかけられた。   ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/05 12:24
初めての 赤沢自然休養林
 昨日、そしてきょうと「猛暑日」に迫るかと思われるような気候だった。 35℃近くまで気温が上昇すると、さすがに体に応える。 こんな時には、緑豊かな山での森林浴にでも出掛けるに限る。 以前から気になっていた木曽谷の赤沢自然休養林に行ってみた。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2015/07/27 20:25
深緑の森林
 梅雨に入り雨が続くと一気に林の木々が葉を茂らせ、野鳥の姿が見えにくくなり、鳥の撮影が思うように行かなくなる。 散歩道の散策だけでは野鳥の写真の在庫が底をつきそうで、別ブログ「野鳥との語らい」の継続が危ぶまれる。 そこで、「野鳥の宝庫」ともいわれている戸隠森林植物園に行ってみた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/15 19:33
深妙寺の紫陽花
 梅雨まっただ中。 梅雨といったら連想される花は何と言っても 「紫陽花」 だろう。 伊那の深妙寺は2500株200種のアジサイに囲まれる信州最大規模のアジサイ寺だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/03 21:07
毎年楽しませてくれるユリの花
 今年も玄関前のユリの花が咲いた。 数年前に夏期のスキー場利用で栽培していたユリ園を見に行った際、球根を買い求めたユリだ。 以前より勢いはなくなって来ているような気はするが、毎年こうして庭に華やかさを演出してくれている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/01 21:08
湯の丸高原のレンゲツツジ群落
 自由な自分の時間が持てるようになったので、野山を始め県下各地に出掛けることができると思っていたが、さにあらず。雑用に追われ、以前よりそんな機会が少なくなってしまった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/06/29 21:15
憩いの場 ・ 停車場ガーデン
 JR小諸駅前に四季の花を楽しみながらお茶や食事のできる 「停車場ガーデン」 (正式名:大手門公園市民ガーデン) がある。 停車場ガーデンは、小諸市の公園施設をNPOが運営している施設だそうだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/06/22 11:27
戸隠神社参り
 最近、戸隠参道入り口の駐車場は有料になったと聞くが、いつものように戸隠森林植物園の駐車場に車を停めた。 今回は森林植物園の散策が目的ではないのだが、みどりが池を経由して戸隠奥社参道入り口に出る。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/06/17 14:05
さかき千曲川バラ公園
 坂城町は、バラの切り花の産地であり、バラを町花としている。 そのため、花を育て、花を楽しむ拠点施設として、平成13年に、雄大な千曲川のほとりにバラ公園を完成させた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/06/15 23:10
緑溢れる奥裾花自然園
 水芭蕉と言えば尾瀬が有名だが、信州にも水芭蕉の群生する湿地があちらこちらにある。 ちょっと日が経ってしまったが、 5月末に奥裾花自然園に行ってみた。 駐車場から45分ほど歩くと奥裾花自然園に到着する。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/06/05 18:12
養命酒駒ヶ根工場 ・ 「芍薬の花」
中央アルプス、空木岳(うつぎだけ)のふもと、豊かな自然の中に、「養命酒 駒ヶ根工場」がある。 敷地の面積はおよそ36万uで、そのうちの70%が森林で占められている。 以前にも二度ほど工場見学をさせて頂いたが、シャクヤクが満開だというので、久しぶりに訪問してみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/06/01 23:01
ピンクの絨毯 ・ フクロナデシコ
 先日牡丹を見に高遠の 「遠照寺」 へいったが、見頃が過ぎていて空振りだった。 このままで帰るわけにも行かないと思い、辰野町宮所の畑で栽培されているという 「フクロナデシコ」 の花を見に行くことにした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2015/05/29 14:53
また外したボタンの見頃 ・ 遠照寺
 高遠にぼたん寺として知られている “遠照寺(おんしょうじ)” という1200年前に草創された古寺がある。 このお寺の境内には、170種類 ・ 約2,000株の色とりどりのぼたんが植えられている。   ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/27 23:20
続・能登半島を行く (番外編)
 能登半島一周の旅二日目は、宿を8時前に出て、8時から始まる輪島朝市で始まった。 夜の雨があがって間もない時間帯であったが、すでに朝市の準備が始まっていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/22 20:22
能登半島を行く (番外編)
 北陸新幹線が金沢まで開業したことにより、富山・金沢などが注目されているが、今回敢えて北陸新幹線ではなく、車での能登半島一周を計画してみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/05/21 20:51
華やかだった 散歩道のヤマツツジ
 4月下旬から5月始めの頃の散歩道は、雑木林の新緑と真っ赤に咲き誇るヤマツツジの花が美しい。 毎朝の散策に、爽やかな風景を楽しませてくれる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/05/13 22:52
見頃を違えた 松本・玄向寺の牡丹
 信州松本、日本アルプスを望む女鳥羽山のふもとに “ぼたんの寺” として有名な玄向寺がある。 過日阿智村へ花桃を見に行ってきたが、そのまま帰るのも芸がないので、松本インターで下り、玄光寺の牡丹も見てきた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/08 20:13
菜の花 と 林檎の花
 季節がどんどん進むこの時期、花風景としてはちょっと日が経ってしまい違和感もないではないが、先週始め頃のリンゴ畑は林檎の白い花が咲き、下には黄色い菜の花が咲き乱れ、ちょっと心惹かれる光景だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/04 23:53
花桃の里 ・ 阿智村
 今朝の地方紙に阿智村の花桃が見頃を迎えているという記事が掲載されていた。 明日からゴールデンウィークに入り、多くの人出が予想されるので、好天にも恵まれた平日のきょう初めて出掛けてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/05/01 23:44
音楽村の水仙
 ちょっと日が経ってしまったが、一週間前に上田市丸子町にある 「信州国際音楽村」 の水仙が満開だという記事が新聞に載っていた。 天候もよかったので、早速出掛けてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/15 23:50
春爛漫 ・ 高遠城趾公園の桜
 今朝の地方紙に 「高遠城趾公園の桜が満開」 との記事が掲載されていた。 ここ高遠城跡公園には、1500本以上のタカトオコヒガンザクラが植えられており、毎年変わらない美しさで観光客を魅了している。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/04/10 20:02
“寒の戻り” 春の雪
 朝目覚めて、窓を開けると一面うっすらと雪が積もっていた。 眠っている間いつもより足が冷たく感じたのは、この冷え込みのせいだったのか。 もう遙かと思っていたのだが、寒の戻りで、また春がどこかに行ったのだろう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/08 23:45
小さな春 ・ ホトケノザ
 まだ春浅い今の時期に咲いている雑草の花といえば、先日掲載したオオイヌノフグリとこのホトケノザがあげられる。 ホトケノザは,早春の人里に咲く小さい花の越年草だが、下の写真のように群生すると見ごたえがある雑草だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2015/03/27 17:14
春気分一杯の花 オオイヌノフグリ
 朝日が昇り、野辺の土手に日が当たるようになると、足下がこのブルーの花で覆い尽くされている場所があちらこちらにある。 春の到来を一番感じる野花といえば、やはりこのオオイヌノフグリだろう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/03/25 23:01
指折り数えた日
 昨日で全てが終わった。 ようやく待ちに待った “サンデー毎日” の日々が戻ってきた。 本当に長い一年だった。 どのくらいこの日がやってくるのを待ち焦がれたことか…。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2015/03/20 23:27
膨らむ梅のつぼみ
 昨日の夜も雪が降ったが、天気予報で報道されていたほどの積雪ではなく、当地では3pほど積もっただけだった。 それでも雪かきを済ませてから、朝食をとり出勤した。 その雪も午後になる頃にはすっかり解けて姿を消した。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/02/06 23:51
凍てつく朝だからこそ…
 過日の雨模様の日が去ってから、また一気に寒さがぶり返し、このところの冷え込みは一層厳しさを増している。 毎朝起床するとまずは犬の餌やりから始まり、各部屋のストーブに給油をして部屋を暖める。 そして、いつものように朝の犬の散歩に出掛けるため庭に出る。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/01/30 17:47
善光寺詣り
 勤めを終え帰宅したらすぐ、長野の善光寺にお詣りに出掛けた。 自宅を出た頃にはチラチラしている程度の雪だったが、さすがに長野市に入ると雪の大きさがグ〜ンと大きくなり綿雪のような雪となった。    ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2015/01/19 17:17
冷え込んだ朝の散歩道
 冬晴れの青空が広がる朝、いつもの散歩道から眺める故郷の山は白く雪化粧をしている。 キュッキュッと新雪を踏みしめながら坂道を歩くと、少しずつ息が上がり始め、吐く息が白く見える。 これだけ晴れ渡ると、放射冷却現象からか、冷え込みが厳しい朝となっている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/01/17 22:38
雪の下から蕗のとうが…
 東北や日本海側の地域は、荒れ模様の地域もあるようだが、ここ数日は雨が降ったり冬型の気圧配置が崩れ冷え込みが緩んだりと、大分凌ぎやすくなっている。 きょうも青空が広がり、雪融けが進んだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/01/07 17:58
嬉しい残し柿
 過日の大雪から一転、きょうは夕方から雨となった。 しかし、山よりの林の雪は完全には消えず、まだまだ雪に地面が覆われたままだ。 野鳥たちにとっては、餌探しが大変な日々が続く。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/12/20 19:57
やはりまとまった雪降りに
 爆弾低気圧と呼ばれるような強烈な低気圧の影響で、二日続きの雪降りとなった。 「やっぱり、来たか…。」 そんな思いのする天候だ。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/12/17 18:23
来そうな予感
 積雪量こそ少ないが、このところ雪が遠慮がちに舞う日が多くなってきた。 たかだか2〜3pほどの積雪だが、それでも冬枯れの雑木林が、こうして雪化粧をする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/15 23:11
ウスタビガの緑の繭
 落葉期を迎え、今で緑の葉で茂っていた雑木林も、冬枯れ風景の林に変身した。 緑の葉が茂っている頃にはほとんど見つけることができなかったが、この落葉期が終わると遠くからでもすぐに見つけられる繭がある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/12/10 19:11
とうとう雪になりました
 布団を上げ窓を開け放つと、まだ薄明るい裏庭には、うっすらとした雪景色が広がっていた。 積雪量としては数oだが、この冬初めての雪らしい雪降りとなった。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/12/06 17:36
木 の 葉
 朝から冷たい雨が降り続き、おまけに肩をすぼめたくなるような強風だ。 雨が落ちてくるどんよりした空を見上げると、数え切れないほどのクヌギの葉が一面に舞っている。  「木の葉の雨」 とでも言うのだろうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/01 22:42
斜面にくっきり獣道
 今朝の冷え込みはとても厳しく、水が溜まっていた睡蓮鉢には薄氷が張り、出勤時、車の暖機運転をする必要があった。  もうしばらくはこの寒気が続くという。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/11/14 17:18
秋色に満ちあふれる上田城趾公園
   先日の日曜日、上田城趾公園の近くを通ってみると、紅葉狩りに来た人々の車で駐車場はいっぱい。 臨時駐車場も満車状況で、大変な人出だった。 仕事休みの今日の午後、急に思い立って出掛けてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/11/12 18:01
開田高原から御嶽山を望む
 今日は仕事休みの日。 家を9時頃出たが、途中何箇所か工事をしており交互通行の所があり、開田高原に到着した時にはすでに正午を回っていた。 道中の木曽谷は両側の山がきれいに染まっていたが、さすがに開田高原まで来ると紅葉は色あせ、シラカバなどはすでに落葉していた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/11/05 18:15
懐古園の紅葉美、これからが見頃
 霜の朝が続き、里山にも紅葉前線がおり始めている。 軽井沢の紅葉狩りは一足出遅れた感があったあので、今度こそは見頃時期の紅葉を見たいものだと、仕事明けの昨日の午後、急いで小諸市の懐古園の紅葉狩りに出掛けた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/10/31 17:18
一足遅かったか、雲場池の紅葉
 一日抜けるような青空が広がる、好天気。 放射冷却現象だろうか、今朝は本当に冷え込んだ。 草に白く霜が降りたばかりでなく、車のフロントガラスも凍るほどの冷え込みだった。 この寒さで、紅葉も一気に進むに違いない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/10/29 18:11
晩秋の志賀高原を池巡り
 先週、松川渓谷と山田牧場の紅葉を楽しんだ後、十下声をして志賀高原に抜けた。 志賀高原の紅葉は多少見頃は過ぎたのかなといった雰囲気だったが、いつものように山を下りながら車道脇の池巡りをした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/10/24 20:58
雨 の 鏡 池
 折角の仕事休みの日であるが、雨の音で目が覚めた。 朝からシトシトと降り続く雨は、時に短時間雨脚がとまることがあったとはいえ、結局一日降り続けた。 それでも折角の休み、戸隠高原の鏡池まで車を走らせた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/10/22 17:26
今季初の 紅葉狩り
 二三日前から霜が降りるような冷え込んだ朝が続き、秋が深まっている。 十日ほど前から高い山では紅葉が始まり、日ごとに紅葉前線が下に下りて来ているようだ。 先週末、この秋初めて紅葉狩りに、松川渓谷に出掛けてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/10/20 16:17
葡萄の葉 染まる
 台風19号は8時半頃に鹿児島県枕崎市付近に上陸した。 このあとあす朝にかけて西〜東日本を縦断する見通し。 これからさらに加速するため各地とも風や雨が一気に強まるので厳重な注意が必要だという。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/10/13 10:20
秋風に揺れる秋桜の花
 これは、散歩道の道端に毎年咲いているコスモスの花だ。 この時期どこに行っても咲いているのがこの花。 コスモスは、秋に咲くことから「秋桜」の異名があり、「秋桜子(しゅうおうし)ともいう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/24 17:05
緑深まる 戸隠の森
 数日前に梅雨が空けてから猛暑の日々が続いている。 きょうは多分35度を上回ったのではないかと思われるが、予報では、明日はさらに暑い一日になるようだ。 こんな日が続くと高原の爽やかさと緑が恋しくなるものだ。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 2

2014/07/25 23:35
今年のミニミニ百合園は…
 今年も玄関前の我が家の “ミニミニ百合園” のユリの花が咲きそろい、庭に明るさを運んできてくれた。 昨年は、どうしたわけか花の開花やユリの背丈が不揃いで、余り見栄えはしなかったのだが、今年の花はきれいに咲いた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/07/11 23:23
あじさいと石臼の寺 ・ 深妙寺
 伊那市西春近に 深妙寺 というお寺がある。 この寺は、 「あじさい寺」 とも 「石臼寺」 ともいわれ、紫陽花の季節には、県内外から15000人以上の方々蛾紫陽花の美しさを求めてやってくるという。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/07/09 23:01
湯の丸高原 トレッキング
 先週の水曜日、休みを利用して久しぶりに湯の丸高原に出掛けてみた。 コマクサの花が見頃だというので、三方ヶ峰〜池の平湿原のコースをトレッキングすることにした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/07/07 19:11
「あやめ公園」 と 「龍門渕公園」 の花菖蒲
 今までも何回か行っていた安曇野市のあやめ園の花が見頃を迎えたという情報を得たので、早速休日を利用して出掛けてみた。 水郷で知られる明科の初夏恒例イベントとして、「あやめ祭り」 を開催していた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/27 23:38
巨大モザイクアート
 6月19日から明科の龍門渕公園・あやめ公園で 「信州安曇野あやめまつり」 が開催されている。 ちょっと出掛けてみると、入り口近くで、大きな風景画のアートが目に付いた。 下の写真でも分かるように、大きさは、高さおよそ3m弱、横幅18mほどの巨大な風景画だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/06/25 23:47
遠照寺の牡丹
 もう牡丹の時期は終わったが、今年も牡丹の花が我が家の庭に彩りを添えた。 牡丹といえば、二年ほど前まで、黄色い色の牡丹が咲いていた。 今は亡き義父に頂いた牡丹で、家の庭に一番最初に植えられた思い出深い牡丹だ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2014/06/02 11:15
九輪草・アイリスを楽しむ
 先週、雨が心配されたが、休みを利用して喬木村の九十九谷森林公園に出かけてみた。 九十九谷森林公園内の湿地帯には、村花の 「九輪草」 の群生地があり、ピンク、白、赤などの色とりどりの花を咲かせていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/28 18:41
保科のぼたん寺 ・ 清水寺
 長野市保科に清水寺(せいすいじ)というお寺さんがある。 「保科のお観音さん」 あるいは、「ぼたんのお寺」 としてしたしまれているが、正式には 「阿弥陀山護国院清水寺」 と称し北信濃の三大霊場の一つだそうだ。 先週の休みにそのボタンを見に行ってみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/05/21 23:22
戸隠森林植物公園の春
 暖かな日が続き、夏が近いのではないかと思わせるような陽気だ。 このところ、気持の上でも余裕が持てずに長い間出掛けることがなかったが、先週、久しぶりに戸隠森林植物公園へ出掛けてみた。」 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/05/19 14:57
雪にたたられ 緋の滝へ
 湯の丸高原の池の平湿原を散策し、時間と体力があれば、三方ヶ峰にも足を伸ばしてみようかと思い出掛けた。 途中日陰にわずかの残雪が見られたものの地蔵峠には順調に到着した。 しかし、こともあろうに池の平湿原への道をわずかに入ると、通行できないほどの雪が道路に残っており入山できなかった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/05 17:38
小布施の町を楽しむ
 毎年連休の間は県外車が急増し、ヘタな場所に出掛けると渋滞に出会いさんざんな目に遭う。 だから、休日の間は余り外出せず、息を潜めてジッと連休の過ぎるのを待つことが多い。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/05/02 23:31
桜前線を追って ・ 飯山城趾公園
 見頃の時期にお花見をしないうちに、あっという間に近間の桜前線は北上していってしまい、桜は満開も過ぎ散り去ってしまった。 南北に長く山国の長野県、まだ北に行くか標高の高い場所に行けば花見はできる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/28 23:36
ヤマザクラ 咲く
 各地のソメイヨシノが華やかに咲き、見頃を迎えているとの報道が新聞紙面やテレビで報道されている。 いつもの年だと、このサクラが見頃を過ぎ散り始めた頃に身近な山のヤマザクラが咲くのだが…。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/21 17:12
満開の音楽村 スイセン畑
  上田市生田の信州国際音楽村内の南斜面にはスイセン畑が広がっている。 30アールに栽培されているおよそ10万本のスイセンが満開となり、黄色いじゅうたんでも敷き詰めたようだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/16 21:34
梅花の季節の訪れ
 ここ数日、随分暖かな日が続いている。 仕事疲れを癒そうと、先日上田城趾公園に出掛けてみた。 このところの暖かな陽気に公園の梅が咲き出したという新聞記事を目にしたからだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/04 22:58
春を告げる セツブンソウ
 すっかり春の陽気になった先週末、長野県の北限といわれている千曲市戸倉地区のセツブンソウ群生地を訪れてみた。 いつもならばとっくに見頃を過ぎていても不思議でない時期だが、今年は記録的な大雪に見舞われた影響で遅れたのか、まだまだ満開の花を見ることができた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/02 18:43
庭に春がやってきた!
 昨日は一日雨模様となったが、今日は朝から青空が広がり、春らしい一日となった。 日中はさらに気温が上がり、庭の花も一斉に開き、一気に華やかさを増した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/31 23:36
雪の下から出てきた 福寿草
 昨日は、雨降りの一日となった。 今まで解けずに残っていた各所の雪も、一気に解け始め黒土が出てきた。 一昨日まで雪の下だった庭の福寿草もようやく姿を見せた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/03/14 15:54
粉雪舞う中で…
 3月も10日になるが、寒気が流れ込み寒さが続いている。 ここ2〜3日は夜な夜な雪が降っており、きょうは朝から粉雪が舞い、ほぼ一日中降り続いた。 冬はもうしばらくの間居座っていたいとみえる。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/03/10 20:00
雪の下から覗いた 蕗のとう
「明日よりは 春菜(わかな)採(つ)まむと 標(し)めし野に 昨日も今日(けふ)も 雪は降りつつ」   万葉集 山部赤人  随分暖かな日が増えたとはいえ、まだまだ雪が降る日が多く、我が家の庭はなかなか積雪ゼロにはならない。 それでも、二週連続の記録的な大雪以来少しずつ雪解けが進み、まだら状態ではあるが少しずつ地面が見え始めている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/03/07 18:36
積雪ゼロは、もう少し先
 当たってほしくなかった天気予報が当たったようだ。 朝から大きな “牡丹雪” がどんよりとした空から音もなく次々と落ちてくる。 牡丹雪とは、雪の結晶が多数付着し合い、大きな雪片となって降る雪だが、ボタンの花びらのように降るからとも、ぼたぼたした雪の意からともいわれている。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/03/05 23:47
除雪されていた山道
 ここは、わたしが毎朝歩いている散歩道。 二週続きの大雪のため林の中や山道には、まだたっぷりと雪が残っている。 ここ数日の暖かさにより随分雪解けが進んだとはいえ、まだまだ30pほどの積雪はあるだろうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/26 21:25
春を待つ 安曇野の里
 二週続きの記録的な大雪だったが、先週は晴天が続き、今週も気温が高めに推移するようだ。 まだまだ大雪の影響は残ってはいるものの、次第に以前の安定した生活が戻ってきそうだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/02/24 21:33
薄ら日の落とす影
 二週続きの大雪だったが、日ごとにうずたかく残っていた雪も解け出し、少しずつ雪の量が減っていくのを眺めていると、どことなく心まで軽やかになってくる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/02/21 16:00
大雪の その後
 土・日曜日の二週続きの大雪から三日が経過した。 今回の積雪は、我が家の庭先でおよそ60pとなった。 もちろん、ここに居を構えて以来、最大の積雪量であることは間違いない。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/19 23:46
再び大雪警報が…
 先週の土曜日、およそ40pほどの積雪となる大雪が降ったばかりだが、きょうも朝から一日中雪が降り続いた。 これは、午後の我が家の5時頃の庭の様子だ。 夕方になって、“大雪注意報” から “大雪警報” に変わった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/02/14 20:29
リンゴに群れるムクドリたち
 過日の数年ぶりの大雪。 あの大雪から四日が経ったが、道路は雪がなくなったが、野山や田畑は一面の雪。 地面が雪で覆われているため、野鳥たちにとってはエサ探しが大変な時期だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/02/12 18:27
「待ちぼうけ」 の春
 去る8日の土曜日、久しぶりの大雪となった。 我が家では、庭先の積雪がおよそ40pになり、朝から夕方にかけ3回の雪かきをした。 用事で出掛けて帰宅した時、自宅を目の前にして除雪してない道路にさしかかった時、自動車でラッセルできずに立ち往生してしまうほどの状況だった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/02/10 17:11
立春を過ぎたというのに…
 昨日は二十四節気の一つ 「立春」 だった。 暦の上では春となり、少しずつ暖かくなり始める頃とされているが、今朝はとても冷え込んだ。 上空に強い寒気が南下したため、全国的に真冬の寒さとなった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2014/02/05 23:52
冬も居心地悪かろう…
 朝の散歩道。 昨夜降った雨が凍って滑るので、歩行には注意が必要だった。 しかし、いつもの朝に比べると随分しのぎやすい朝だ。 それでも、雑木林に近づくと、林は凛として冬枯れの静けさに支配されている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/31 17:48
解けきらない雪
 先週降ったこの雪、当時は5pほどの積雪だったが、晴天に恵まれ間もなく黒土が見られるかと思われるほど雪が解け始めていたのだが…。 今朝も障子を開けると、模様ガラスの向こうが随分明るく見えた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/01/13 17:15
鳥の”古巣”ウォッチング
 今朝も小雪がちらつく寒い朝だった。 多分散歩をした頃の気温は氷点下だったのではないだろうか。 庭の池には氷が張っていた。 散歩道脇の雑木林の落葉樹の葉がすっかり落ちて冬のたたずまいだ。 こんな季節は、 「鳥の古巣ウォッチング」 がおもしろい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/27 21:40
ハーブの里 ・ 池田町
 昼食を済ませた後、レモングラスを求めに池田町に向かった。 ここ池田町は、ハーブで町おこしに取り組んでいる。 その中心となる 「池田町ハーブセンター」 には、100種類余のハーブが栽培されている。 そこがきょうの目的地だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/12/25 20:28
アオツヅラフジの実と名前
 冬枯れ状態になった野山を歩くと、葡萄の様な果実をたわわに付けた、アオツヅラフジの果実が人目を引く。 見た目には色といい艶といい実に美味しそうに見える。 しかし、鳥も食べないのか、いつまでもこうして付いている。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/18 18:00
ウスタビガの繭
 葉がすっかり落ちて、裸木になった冬の雑木林を歩いてみると、枝先に黄緑色の美しい繭がぶら下がっているのがよく見られる。 緑の葉が茂っている夏の間はほとんど見つけることができないが、落葉期が終わると遠くからでもすぐに見つけられるヤママユ科のウスタビガという蛾の仲間が作った繭だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/16 16:32
冬の河川敷
 最近は野鳥の撮影はほとんど裏山の散歩道だが、久しぶりに千曲川に出掛けた。 今までの経験からこの時期の河原の様子はだいたい分かっており余り期待はしなかったが、野鳥撮影用の望遠レンズも持参してみた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/13 15:59
枯れ葉は、芽守り
 日ごとに地面の緑が少なくなり、枯れ葉や枯れ草で覆われた茶色の世界へと変化していく。 毎朝散歩に出掛け足元に目をやると、枯れ草や葉で土が覆われているのが分かる。 12月も中旬、やがて霜にくわえてみぞれや雪が降ってくるのももうすぐだろう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/11 14:51
寂しくなったリンゴ畑
 今朝も空き地の草が真っ白になるほど霜がおりるような寒い朝となった。 朝食を済ませ、さっきから散歩に出ることを切なそうな鳴き声で催促していた北斗(飼い犬)を連れて散歩に出た。 喜んで一気に走る北斗の歩みが緩くなった時の吐く息が白く見える。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/07 10:26
冬枯れに目立つ存在の “ツルウメモドキ”
 きょうは師走の二日目、つい最近まで里山の紅葉の美しさを楽しんでいたが、周りの木々は葉を落としすっかり寂しい景色となった。 いつものように朝の散歩をしていると、リンゴ畑の片隅に、葉が落ちた木に花が咲いたように見えるほど、びっしり実を付けた植物が目に入った。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/12/02 17:24
紅葉 【もみじ】
 里山の紅葉もお終いの時期を迎え、錦の色づきから次第に茶系統の色に移り変わり、美しかった木の葉も次第に色あせ始めた。 11月もあと残すところ一週間ほどになってしまった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/22 21:26
残秋 ・ 上田城趾公園
 11月初旬に見に行ったが、ちょっと見頃には時期が早すぎた上田城趾公園の紅葉、今度はちょっと遅過ぎかなと思いながらも再度出掛けてみた。 駐車場から見上げる櫓の風景を見て、遅すぎたかなとちょっと心配になってくる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/20 21:01
冬を迎えて大慌て…
 きょうは、朝から弱い雨が降り続いている。 昨日は晴天に恵まれ青空が広がり、気持ちのいい一日だった。 しかし、そんな日の朝は冷え込みが厳しく、霜がおりるものだ。 昨朝も散歩に出た時には土手の草原は真っ白になるほどの強い霜がおり、冬の訪れを痛感させられた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/11/15 11:45
雨にたたられた小谷村
 最近テレビで旅番組を放送することが多いが、注意して見ていると、結構長野県や近隣県が登場することがある。 そんな中で、 「いつか機会があったら行ってみようかな。」 と思う場所や店が放映されると、ちょっとメモをしておくことがある。  ほとんどの場合は、ただメモするだけで実際に行ってみることはないのだが、以前テレビ放映で、「小谷名産館」 が出て、そこの場所と番組に登場した蕎麦のメニューがメモ用紙に走り書きをしてあった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/11/11 16:57
上田城趾公園の今年の紅葉は?
 信州の紅葉状況を知らせている 「信州紅葉だより」 というサイトがある。 その情報によると上田城趾公園の紅葉が見頃を迎えているという。 午後になって、1時間ほど自由になる時間が生まれたので、さっそく出掛けてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/11/08 19:56
気になる 未収穫の葡萄
 わたしの住んでいる町は、「日本で一番社長が多い町」 といわれるほど、精密工業を中心とした中小工場が多い町だ。 一方一次産業のバラ栽培や果実栽培も盛んだ。 我が家の周囲にもリンゴ畑や葡萄畑が点在している。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/11/01 17:01
地蔵峠から嬬恋村へ
 各地の山や渓谷で紅葉の見頃を迎えている。 昨日は、午後の半日を使って息子と二人で、どこかに出掛けようかと考えた。 夕暮れ近くには雨の予報だったので、そう遠くには行けず、手身近なところで、湯の丸高原に出向いた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/30 20:44
錦秋に染まる雲場池
 いつもの思いつきで、家族で佐久穂町にある “ハーモナイズ” と言うカフェテラスへ昼食をしに出掛けた。 この店は、千穂高原に向かう途中にあるカフェテラスで、大きな窓からの景色が良く、北八ヶ岳や大石川が見渡せる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/10/28 23:03
鬼無里の秋景色
 今にも雨が落ちてきそうな天候の昨日だったが、家内が子どもの頃大変世話になった方が逝去されたため、鬼無里村に出掛けることになった。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/25 21:04
色づく葡萄の葉
 我が家の周囲では、リンゴやブドウ畑が広がっています。 リンゴの収穫はこれからですが、ブドウはほとんど収穫が済んでいる。 ブドウはほとんどが巨峰だが、一部未収穫のぶどう園もある。 この時期まで収穫されていないのは多分ジュース用に出荷されるブドウではないかと勝手に推測している。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/10/21 17:53
女神湖経由でバードラインを走る
 ちょっと自由な時間ができたので、女神湖・白樺湖経由でビーナスラインを走ってみた。 “走る”と言ってももちろんジョギングではなく、ドライブだ。 紅葉の状況がどんな状況か見たいという思いもあったので、短時間のドライブコースを選択してみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/18 23:23
鷺の集まる溜池
  「10年に1度」 とされる大型で強い台風26号は、伊豆大島を始めとして各地に大変大きな爪痕を残して関東地方の東海上を北上していった。 昨日はこの雨の影響で午後から雨になったので、予定した紅葉狩りに出掛けることができなかった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/16 23:53
久しぶりの “かんてんぱぱガーデン”
 南信(県南部)のまだ行ったことのない村に住むお宅にようがあり、長野中央道を走って出掛けた。 今は、知らない場所でも、電話番号や住所が分かると、カーナビにセットさえすれば、何の苦もなく行くことができる。 便利ではあるが、考えようによっては個人情報面から考えると気にもなるところだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/10/11 23:46
鮮やかな秋色の白駒池
 車を走らせること2時間半、北八ヶ岳の八千穂高原にさしかかった頃には、心配していた濃い霧がまいて視界が開けない。 しかし、白駒池近くになると先程までの霧はどこに行ったかと思うほど、見通しがよくなった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/10/04 23:24
伊勢神宮と出雲大社 遷宮年の両参拝
 今夜伊勢神宮で新しい正殿にご神体を移す 「遷御の儀」 が営まれた。 20年に一度社殿を建て替え、奉納する宝物や装束などを新調し神様に引っ越してもらったのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/10/02 23:57
蜘 蛛 の 糸
 秋になると、今までさほど気にならなかった蜘蛛の巣が、やたらと目に付くよyになる。 毎朝の雑木林の中を歩いているが、うっかりすると蜘蛛の糸が顔にかかったりして、不快な気分になったりするものだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/30 17:15
小さな神社境内に咲く曼珠沙華
 先日、それぞれ家族がようで出掛けてしまったので、2時間ほど一人だけの時間ができた。 その時間帯を利用して、近くにある地元の小さな神社に曼珠沙華を見に行ってみた。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/23 15:51
中秋の名月
 暦上の 「中秋の名月」 がちょうど満月と重なった昨夜19日は、長野県内は高気圧に覆われ、当地では絶好のお月見日和となった。  昨年に続き今年も中秋の名月と満月の日が重なり、雲がほとんどない秋空で真ん丸の素晴らしい名月を見ることができた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/09/20 10:26
色づく林檎 と 温暖化
 本格的な秋を迎え、果樹をはじめとした各種の実りが進んでいる。 まさに “実りの秋” まっただ中だ。 種類の違いもあるが、ここに来てようやく林檎の赤味がつき始めた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/18 23:26
天界に咲く花 「曼珠沙華」
 県の南部をかすめて縦断していった台風18号だったが、各地に大きな被害をもたらし、北上していったようだ。 先程までは激しい風と雨だったが、あっという間に雨が上がり空も明るくなってきた。 台風一過とはよくいったものだ。 我が家では、幸いなことに何事もなく台風をやり過ごすことができた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/09/16 14:09
ツユクサの花
 夏から秋になると、道ばたでたくさんの青い花を見掛けるようになる。 花びらの澄み切った青色が印象的なツユクサの花だ。 ツユクサは至る所の路傍や空き地に生えるありふれた1年草だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/09/13 10:54
黄金の稲穂がたなびく 「姨捨棚田」
 ついこの間まで、エアコンを動かすような酷暑に体調を合わせていくのに苦労していたが、仲秋を迎え、すっかり秋の気配が漂っている。 白露を過ぎた今週初始め、秋の日差しに誘われて、久しぶりに近くの姨捨棚田に出掛けてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/09/11 11:10
白露 【しらつゆ】
 この頃は、草や葉などに露が宿り、朝に夕に白く光って目につくようになった。 この白露を 「しらつゆ」 と読む。 梅雨は無風で、腫れた夜が明ける頃によく降る。 「露時雨」 というのは、草木の葉などに露がたまり、何かの拍子に滴り落ちる様を、時雨に例えた美しい言葉だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/09 18:33
秋の風物詩 「ススキ」 の穂
 毎朝歩いている散歩道のあちらこちらにススキが生えている。 秋の気配が漂い始めた9月に入り、ススキもだいぶ穂を出し始めた。 秋はお月見の季節だが、お月見に欠かせないのが団子とススキ。 もともとはイモとイネがお供えだったのだが、いつしかこの二つに代わったのだそうだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/06 15:26
気がかりな畑
 信州の小・中学校では、夏休みが終わり、始業式が行われて二学期の始まった学校がある。 猛暑日・真夏日続きの酷暑の夏も間もなく終わりを告げようとしている。 行く夏を惜しむかのように、夏の花の代表格である向日葵がきれいに咲いている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/08/21 13:55
きょうも、“猛暑” の一日
 夕方遠くで雷の音がしていた。 昨日と同様、これから夕立が来るだろうかと期待したが、思わせぶりな雷の音だけで、終わってしまった。 今日も本当に暑かった。 日中は、今年二度目のエアコンを運転することになった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/16 20:16
雑木林の獣道
 もうちょっと日が経ち、印象も薄くなりがちだが、山口県周南市の5人連続殺人・放火事件の容疑者が、集落近くのうっそうとした山中の獣道で逮捕されたことがあった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/12 13:48
信濃国分寺のハス田
 朝から青空が広がり、今日も暑い一日となった。 早朝に出掛ければよかったが、美しさを保った蓮の花を見るには限界とも思われる9時半頃、信濃国分寺のハス田を訪れた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/07/31 22:43
夏の花 ノウゼンカズラ
 連日厳しい暑さが続いているが、この真夏の暑い時期に、赤オレンジ色の大きく派手な花を次々と咲かせていく南国を感じさせる花が我が家の庭に咲く。 夏の間垂れ下がった枝にラッパ型の花をたくさん咲かせるノウゼンカズラだ。 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 4

2013/07/26 16:26
初夏の戸隠森林植物園
 昨年は、月に1〜2回は探鳥のために訪れていた戸隠だ。 しかし、今年は、「行こう。 行こう。」 と思いながら、なかなか行く機会がで持てなかった 「戸隠森林植物園」 へ、今年初めて行ってみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/07/22 21:23
今年のミニユリ園は…
 例年のように玄関前のミニミニユリ園に花が咲いたが、今年はどうしたことか、従来のように花が一斉に咲かず、見栄えもよくない。おまけに、ユリの草丈も大小様々でそろわない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/07/19 23:51
大雲寺の蓮池
 大雲寺は千曲市の八幡にあるお寺で、四季を通じて素晴らしい景観が楽しめる。 お寺は石垣の上に築かれ、すぐ東側には農業用水も兼ねた池があり、池にはたくさんの蓮が植えられている。 昨日の朝、見頃を迎えたその蓮を見に出かけた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/17 15:07
塩田平・あじさい小道
 上田市の塩田平に、「あじさい小道」 という遊歩道がある。 過日そこに植えられているあじさいの花が見頃を迎えたということがTVで放映されていたので、昨日初めて出かけてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/07/12 13:16
つつじ平のレンゲツツジ大群落
 東御市と嬬恋村にまたがる湯の丸高原は、亜高山帯の気候に恵まれた植生から別名 「花高原」 とも呼ばれている。 中でもつつじ平は、国の天然記念物の60万株ものレンゲツツジ群生地としてよく知られている。  ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2013/07/01 14:08
アヤメの町 ・ 明科
 梅雨時の鈍い日の光に、淡く浮かび上がって見える紫陽花は、梅雨にこそふさわしい花だと思う。 でも、梅雨の晴れ間に映えて咲くアヤメやハナショウブも美しい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/28 10:21
増え続ける 我が家のユキノシタ
 我が家の北側には隣家の低いブロック塀があり、そこは比較的湿り気の多い場所になっている。 梅雨時になるとここに生えているユキノシタが毎年花茎を長く伸ばし、たくさんの白い花を咲かせる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/17 16:21
熟し始めた 桑の実
 毎朝、山道を散歩していると、キイチゴやヤマザクラなど色々な木の実を見掛けることができる。 今朝荒れ地に生えている桑の木に実がなっているのを見つけた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/14 21:11
太郎山トレッキング
 それぞれの地域には昔から親しまれている身近な山があるものだ。 上田市には、地域の方々がよく山登りをする 「太郎山」 があり、市民のハイキングコースにもなっている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/11 16:18
刺激を求めて、リフレッシュのぶらり旅
 毎日変わりのない生活を繰り返していたり、ストレスがたまるようなことがあると、時には新しい風を身に入れたくなるものだ。 先週末、6時の列車に乗り、9時前には東京の駅に降り立った。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/03 23:26
「ばら祭り」を明日に控えたバラ公園
 昨日は、信州も梅雨入りをした。 例年に比べると10日ほども早めの梅雨入りとなった。 昨日は一日つゆらしい雨だったが、今日は一転して青空が広がり、夏を思わせるような陽気となった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/05/31 20:18
桐の花
 青〜紫系統の色の花を見ると、どことなく清々しさを覚える。 この時期、高いところにある紫色の花を見付けると、 「あっ、藤の花が…」 と思うのだが、これは、藤のように垂れ下がって咲いているのではなく、上に向かって咲いている 「桐の花」 だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/05/20 23:39
我が家の 牡丹咲く
 我が家の庭に、赤・桃・黄色の牡丹がそれぞれ1株ずつ植えられている。 このところの初夏を思わせるような陽気続きに、今年は、赤と桃色の牡丹が花を咲かせた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/05/17 23:52
タンポポの綿毛原
 春先に咲いていたタンポポは、今ほとんど綿毛を付けており、春風に乗りながら少しずつ新たな場所へと旅立っていく。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/05/13 21:34
ウワミズザクラの白い花
 ソメイヨシノも枝垂れ桜も散り、八重桜が見頃を迎える今頃、山の林にウワミズザクラが咲き始める。 毎朝歩いている散歩道にも何本かのウワミズザクラが生えており、白い花を咲かせている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/05/08 14:43
リンゴの花咲く
 ゴールデンウィークの後半4連休が始まった。 この時期はどこに出掛けても県外車が一杯で、混雑また混雑だ。 今年もじっと息を潜めて、連休が過ぎるのを待つ。 今朝の散歩で、リンゴの花がきれいに咲いているのを見掛けた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/05/03 23:48
春風に揺れる アケビの蔓
 雑木林の木々の若葉も次第に開き始め、林内を歩くと、林を見通すことが困難に思われるほど緑が増してきた。 この時期の若葉の色は実に柔らかな透き通るような緑色で、散策には最高の爽やかな季節だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/04/29 23:38
しだれ桜の里 高山村
 四月、信州高山村にうるわしい里山の春景色が巡ってくる。 さまざまな草花の彩りと樹々の芽吹きに満たされる季節。 ことに全国から愛好家を集めているのが、村内の各所に競って咲くしだれ桜の美しさだ。 昨日、しだれ桜の里 高山村を訪れた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/04/26 23:54
風薫る若葉の季節
 明日は、二十四節気の 「穀雨」 に当たる。 穀雨とは、百穀を潤す春雨のこと。 予報では明日は雨になりそうだが、この頃にそぼ降る雨は、一滴一滴が春の気を清めるようだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/04/19 20:18
ヤマザクラ咲く
 県下各地のソメイヨシノも満開になり、花見見物の人の姿が多く見られ見頃を迎えている。 そして、県の南部から、すでに里桜も散り始めているようだ。 ソメイヨシノが散り始める頃、山肌に薄ぼんやりと花を咲かせる桜がある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/17 15:12
「天下第一の桜」 ・ 高遠コヒガン桜
 先週末、高遠城趾公園の桜が見頃だというので、2年ぶりに出かけてみた。 公園内の桜は満開状態で、見物に訪れた人も多く、この日は多分一番の見頃時期だったのではないかと思われる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/04/15 23:52
塒入り前の ムクドリの群れ
 夕暮れ5時を回った頃、庭に出ると、いつものように小鳥のざわめきが頭上から降り注いでくる。 ここ何年かはこの現象は見られなかったのだが、今年の冬は毎日定刻になると申し合わせたようにこのざわめきが広がるのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/06 13:52
春を告げる野草
 今まで枯れ草色だった道端の土手にも少しずつ草が芽吹き、景色がわずかずつ緑色へと変わってきた。 今朝は雪景色となり、まだ霜が降りる日もあるが、秋に芽吹いた越年草など、耐寒性の強い植物が少しずつ成長してきている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/13 15:08
行ったり来たりの “春”と“冬”
 朝から小雪がちらつくような薄ら寒い日となった。 10時頃にはチラチラ舞っていた小雪が大きな牡丹雪に変わり風も加わり激しく降り始めた。 せっかく地面がのぞき始めたと思ったが、あっという間に雪景色となった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/11 17:17
小さな春の兆し
 今朝、散歩に出たときに晴れていた空も、少しずつ鉛色の雲が空を覆うようになり、チラチラと小雪が舞った。 薄ら寒い一日となり、明日の朝は今朝よりさらに冷え込むという予報だ。 立春は過ぎたが、まだまだ冬は居座ったままだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/08 20:42
湿った雪降りの朝
 いつものように布団を上げ窓を開けると、やはり一面の白銀の世界が広がっていた。 積雪量は、たかだか数pではあるが、まだ牡丹雪のような雪が、次から次へと舞い落ちている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/06 19:12
雪解け進む散歩道
 今日は2月の初日。 今朝もいつものように散歩に出かける。 今までは犬がお供をしていたのだが、老犬故に犬の散歩道は平地コースに変更し、この山道コースは、犬抜きの自分だけの散策コースとなった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/01 14:51
融雪の後の輝き
 「どんな内容で書こうか…。」  コメントだけなら書きたいことはたくさん浮かぶが、このコーナーには写真が欠かせない。 となると、取材対象が限定される。 日が西に沈みかけようとした頃、何か記事にできるような物がないかとカメラを持ってすがるような思いで庭に出た。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/01/18 17:11
本格的な雪降りに見舞われて…
 “爆弾低気圧” という言葉があるらしいが、今日は南からやって来た低気圧のため、随分多くの雪が降った。 朝食前に一度雪かきをした。 この時の雪は軽くて、さほど苦労はなかったが、今日は、この一度の雪かきではすまない大変な降りだった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/01/14 22:15
繭を見付ける、冬の楽しみ
 季節に応じて新緑や紅葉を楽しんできた雑木林も、今は落葉して閑散としている。 そんな林道を歩くと、落葉樹の枝に虫が作った 「繭」 が付いていることがある。 今は、林の見通しがよくなっているため、よく目立ち結構見付かるものだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/01/11 16:36
北信濃の冬 ・ 雪化粧
 12月に入ってから厳しい冷え込みの日が続き、県北部は例年になく大雪が降っているようだ。 今日は用事があって、名だたる豪雪地の一つである飯山市に行った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/28 21:18
気分転換に軽井沢 「村民食堂」 へ
 今朝犬の散歩に出かけたときは、粉雪もちらつくような鉛色の曇天が一面に広がっていた。 ところが、時間がたつと共にまるで空を箒で掃き清めたように雲がなくなり、爽やかな青空が曇天と取って代わった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/12/19 15:31
凍てつく朝
 ここ一週間ほど、連日氷点下の朝が続いている。 昨日の朝は特に冷え込みが厳しく、県内のほとんどの観測地点で、この冬の最低気温を記録したようだ。 菅平高原では、氷点下20度という全国一の冷え込みだったようだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/12 14:40
本格的な冬到来・雪化粧
 12月に入って何回か雪が舞い、周囲がうっすらと白くなったことがあった。 こうして雪が降り、スタッドレスに履き替えるのは例年クリスマスが近くなってからが多かった。 しかし、今年は、たくさんは積もることはないとはいえ、雪のちらつく日が随分早かった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/10 16:25
冷え込んだ 霜の朝
 いつものように朝早くに犬を連れ、カメラをぶら下げて散歩に出る。 吐く息が真っ白に見え、10分も歩くともう手綱を持つ手の指先が冷え切り、感覚がなくなってくる。 時々左右の手を代え、空いた手をポケットに入れて温める。 今朝も随分冷え込んだ。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/07 09:54
落ち葉の道を歩く
 今朝はようやく霜の朝から解放された。 ここ数日毎朝冷え込みが厳しく、窓を開けるたびに霜がおり、白一色担った光景が広がっていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/30 17:30
イルミネーションの季節
 イルミネーションやライトアップなどが冬の街を彩り、雪国の灯りやクリスマスのイベントなどもあちらこちらで行われる季節になった。 最近は各地で大規模なイルミネーションが見られるようになった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/26 20:14
落ち葉を楽しむ
 このところ何日も冷え込みの厳しい朝が続き、散水用に貯水してある容器内では連日薄氷が張っていた。 そんな冷え込みに伴い紅葉していた庭木も一気に色あせ、あっという間に落葉が始まった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/23 16:07
冬支度の 戸隠森林植物園
 毎月定例になっている戸隠森林植物園へ探鳥に出かけた。 バードラインを運転していくと前方に戸隠連山があまりにもきれいに見えたので、予定にはなかったが、鏡池にも行ってみようかという衝動に駆られた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/21 23:34
郷愁を誘う 奈良井宿
 信濃路から木曽路に入ると贄川、奈良井、薮原、宮ノ越、福島と、大小いくつかの宿場が連なっている。 もちろん木曽路もすでに紅葉の見頃時期は過ぎていたが、久しぶりに奈良井宿を訪ねてみた。 車は、木曽大橋脇の無料公園駐車場に停め、まず大橋を見学。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/11/19 21:30
見頃を迎えた 上田城趾公園の紅葉
 昨夜半から雨の音が聞こえていたが、朝庭に出てみると標高の高い山の峰が白くなっているのが遠目に見えた。 こうした秋の深まりと共に、身近な山や里も美しく色づき、紅葉の見頃を迎え始めた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/11/14 19:44
上田城跡公園の紅葉
 このところの夜間の気温低下で、周囲の山肌の色づきもずいぶん進んできた。 いよいよ里山にも紅葉前線が降りてきたようだ。 サイトで 「紅葉状況」 を調べると、上田城跡公園の紅葉は “見頃” となっていた。 時間も生まれたので、昨日様子見にちょっと出掛けてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/11/09 22:16
ピーク過ぎでも、まだこの輝き
 霜の朝が続いた後の11月に入っての最初の日、二度目の軽井沢・雲場池に行った。 この日は生憎の曇り空だった上に、一番の見頃は少し過ぎたのかなと思われる色づきだった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/05 22:32
松川渓谷の 「雷滝」
 一昨日、高山村の松川渓谷を訪れてみた。 松川渓谷は信州山田温泉から山田牧場までの約20kmに続く渓谷で、春の新緑、秋の紅葉とすばらしい渓谷美を楽しませてくれる。 なかでも渓流に点在するいくつかの滝は、渓谷の眺めの素晴らしさをより一層引き立ててくれる。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/10/31 22:25
今、りんご園が美しい
 昨夜から降り続いていた雨も朝を迎えてようやくやんだ。 いつものように朝飯前に犬を散歩に連れ出す。 山に入ると雨降りの名残かまだ霧が流れており、余り見通しはよくなかった。 そんな霧中でもりんご園に近づくと、赤い林檎が鈴なりになっているのが分かる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/10/29 22:07
秋の軽井沢を巡る
 きょうは家に一人残ることになってしまった。 近くで紅葉も始まっている上、朝から青空が広がる秋日和。 家で一人でジッとしている手はない。 戸隠、小川村、白馬、松川渓谷、横谷渓谷…行ってみたいところは山ほどある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/10/26 22:59
黄葉輝く池ノ平湿原から 富士山が…
 ちょっと日が経ってしまったが、高い青空が一面に広がった好天気に恵まれた先週の金曜日、いつもの思いつきで近くの湯の丸高原にある池ノ平湿原へ行ってみた。 サイトの情報では紅葉状況は 「色付き始め」 という情報だったが、結構見頃に近くいい感じに染まっていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/10/22 23:43
銀穂がなびく 霧ヶ峰高原
 一昨昨日の秋晴れの日、美ヶ原と並んで長野県の中信高原の中核をなす秋の美ヶ原高原をトレッキングした。 以前も3時間ちょっとのコースで歩いたが、この時はたくさんの花々が一斉に咲き、色とりどりの花彩られた高原だった。 もちろんこの時期の秋の霧ヶ峰高原にはほとんど花はなく、一面草モミジの高原だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/10/19 22:34
半年ぶりの 森将軍塚古墳
 千曲川ヘ探鳥に出掛けたが、鳥の姿無し。 思いつきで、昨年までのフィールドへ久しぶりに足を伸ばす。 思いつきで動く時にはいい結果は生まれないものだ。 時期がいけないか、時刻がいけないか、ここも鳥の姿無し。 この際だ、森将軍塚古墳にでも行ってみようと上まで登る。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/10/15 17:11
むれ水芭蕉園〜霊仙寺湖 を歩く
 いつもは、野鳥観察には戸隠森林植物園に行くのだが、昨日は、初めてむれ水芭蕉園と霊仙寺湖に行ってみた。 知人がこの辺りで、結構色々な野鳥を撮影しているので、どんなフィールド状況なのか一度見てみたいと思っていたのだ。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/10/12 14:59
彩り鮮やか 「栂池自然園」 の紅葉
 千畳敷カールや栂池自然園、白駒の池、八方・乗鞍・上高地・志賀高原などの標高の高い山や高原で紅葉の見頃を迎え始めた。 里山が紅葉に染まるのが待てず、三連休に入り混雑することを予想し、平日の昨日 「栂池自然園」 に行ってみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/10/05 22:36
どこに行ったか 「稲雀」
 秋は実りの 「とき」 だ。 ときといえば、 「国家存亡の秋」 のように、重大で大切な時期である 「とき」 を 「秋」 の字を当てている。 あちらこちらの田圃の黄金に実った稲穂も、その重みで深々と頭を垂れ、稲刈りが盛んだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/09/28 14:46
秋の戸隠高原を訪れる
 今週の始めに毎月1〜2度探鳥に行っている戸隠高原に行ってみた。 もちろんまだ紅葉は始まっておらず、シーズンオフのせいもあり、奥社参道を歩く観光の人々の姿はまばらだった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2012/09/21 16:05
神秘的な苔の森
 紅葉の秋には湖岸の木々が真っ赤に染まり湖面を写す八千穂高原の 「白駒池」 を訪れた。 北八ヶ岳の広大な原生林の中にある神秘的な湖で、標高2000m以上の高地にある天然湖としては日本一の大きさなのだそうだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/09/03 23:22
美ヶ原高原トレッキング
 霧ヶ峰高原は時々訪問し、草原歩きを楽しんだりもしていたが、その隣の美ヶ原高原は、車で行くことはあったがもう何十年も歩いていない。 このところ猛暑が続いているので、避暑も兼ねて、月曜日に一人で 「美ヶ原高原トレッキング」 としゃれこんでみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/08/22 19:44
繁茂する アレチウリ
 夏を迎えると森の木々も草原の草も一斉に生長を始め、身の回りが緑一色に染まっていく。 庭も畑も例外ではなく、雨の後などは草木も勢いを持ち直し、ちょっと油断すると雑草が繁茂して大変な目に逢うものだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/08/08 17:32
夏の戸隠高原 〜深緑の森〜
 昨日は、前日の過ごしやすさから一転、朝からグングン気温が上がり、下界は、また暑い一日になった。 昨日は特別な用事の無かった自分だけが一人家に残ったので、7月の探鳥も兼ね下界の猛暑から逃れて、戸隠森林植物園にに出掛けた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/08/01 17:59
信濃国分寺の蓮池
 上田市にある信濃国分寺は、毎年1月7・8日に行われる縁日は八日堂と呼ばれ親しまれており、蘇民将来符とよばれる護符や、ダルマなどの縁起物を買い求める参拝客で賑わう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/07/25 22:01
紫陽花と石臼の寺 “深妙時”
 梅雨の花、紫陽花を求めて伊那市の 「あじさい寺」 深妙寺へ出掛けた。 深妙寺のあじさいは、2000株・170種類に及び、シーズンには県内外から1万5千人を超える人々がその美しさを求めてやって来るのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/07/09 23:49
葡萄棚にぶら下がる緑の葡萄
 きょうはどんよりとした曇り空で、今にも雨が落ちてきそうな気配だったが、とうとう昼頃から雨模様となった。 朝の犬の散歩でぶどう畑の脇を通った時、葡萄棚いっぱいにぶら下がっていた葡萄の房がとても印象的だった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/07/06 18:13
散り残りのバラ園
 北信濃に位置する坂城町は、バラの切り花の産地であり、バラを町花としていることから、 「花を育て」 「花を楽しむ」 拠点施設として、平成13年、雄大な千曲川のほとりにこのバラ公園を完成させた。 6月2〜17日、第7回バラ祭りが開催された。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/06/27 16:47
緑深まる 戸隠高原
 今年は、月に1〜2回戸隠森林植物園ヘ探鳥に行くことにしている。 今月は、梅雨入りしてから、今までなかなかいい日がなかったが、きょうは朝から爽快な青空が広がったので、出掛けてみた。 平日だけあり、さすがに人影は少なく、森林内は静かで探鳥にはもってこいの好条件だった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2012/06/13 20:27
豊島園の 「あじさい祭り」
 豊島園で 「あじさい祭り」 をやっているというので、「小さなぶらり旅」 よろしく初めて豊島園内のあじさい園に出掛けてみた。 アジサイだけを見に来る私たちのような人たちのための配慮だろうか、入場料は 「あじさい祭り」 の期間中は、50歳以上500円と通常の半額となっていた。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/06/11 23:57
4年ぶりにくりん草園を訪ねる
 南信州喬木村の九十九里森林公園には素晴らしい “くりん草園” がある。 過去2回そこを訪れているが、最後にいったのは、2008年の5月だ。 くりん草祭りを開催中だとの情報を得たので、一昨日4年ぶりに行ってみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2012/05/30 22:49
安曇野を訪ねて (満願寺〜大王わさび農場)
 安曇野に 「満願寺」 というお寺があり、ツツジがきれいに咲く。 昨年初めて訪れたが、ツツジの見頃には時期がちょっと早すぎてしまい、 「来年もう一度来てみよう。」 と決めて帰ったお寺だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/05/23 19:43
清水寺(保科)の牡丹
 地方紙に 「長野市若穂保科の清水寺(せいすいじ)でボタンが咲き誇っている。 (略) ピンクや白、濃い赤紫などの色鮮やかな大輪の花が、香りとともに訪れた人を楽しませている。」 という記事が掲載されていたので、訪れてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/05/21 23:42
嘆かわしい光景
 放置状態の荒れ地には、よくアレチウリが繁茂している。 4月からの新たな散歩コースにもそんな場所がある。 アレチウリは、周囲に生えていた灌木も、すっかり覆い尽くしてしまう蔓性の帰化植物なのだ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2012/05/09 13:26
今が満開の りんご園
 きょうも汗ばむような日中の暖かさだった。 この暖かさで、りんご園の花が満開となり、場所によっては、あるいはリンゴの木によっては落花し始めたところもある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/07 18:04
林檎の花ほころび〜♪♪
 私の町は、中小企業を中心にした工業の町ですが、薔薇栽培に加え、林檎や葡萄栽培も盛んだ。 だから散歩道に選んだ山の傾斜地には林檎畑や葡萄畑が広がっている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/05/04 16:21
今年の桜事情 ・ 慌ただしい春
 「春遅い信州」 だが、今年程待たされた春も久しい。 当地では、今まさに桜の見頃、満開の時を迎え、春爛漫の光景が広がっている。 一昨日、また一人家に残ることになったので、久しぶりに松代方面のお花見に出掛けた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2012/04/27 20:30
駆け足の春、爛漫
 ここ数日、汗ばむような陽気が続き、ここに来て一気に花が咲き出した。 長野市などでは一昨日に桜の開花宣言が出された。 昨日の地方新聞には、森のアンズが満開だという記事が写真入りで載っていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2012/04/20 18:01
白木蓮に架けられた巣箱
 昨日は小降りではあったが、ちょっと冷たい雨が一日中降り続いた。 きょうは一転、一気に春めいた。 春の陽射しを浴びながら戸外でちょっと体を動かしただけでも汗ばむような陽気となった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/04/16 07:38
最後の散策 と 次への“旅立ち”
 人生には様々な “旅立ち” がある。 自分にとって、今回は何度目の旅立ちになるのだろうか。 管理室で様々な手続きをし、淡々とした気持ちで書類に最後の印を押した。 これといった特別な感慨もないままに挨拶を済ませ管理室を後にして、車に乗り込もうとした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/03/30 20:07
雪景色の “うるう日”
 朝玄関に出ると、粉のような細かい雪が横殴りに降っていた。 さほど多い雪ではなかったが、それでも2〜3pほどは積もっているだろうか。 さっそく朝食前の一仕事で、雪かきをする。 この時期の雪は湿り気の多い雪になることが多いが、今朝の雪も湿った重い雪だった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/02/29 19:42
川霧立つ厳寒の朝
 今朝は珍しく霜も降りず、出勤前の車の暖機運転も必要ない暖かな一日だった。 ところがここ数日は厳しい寒さが続いていた。 朝の冷え込みは非常に厳しく、朝の散策も野鳥撮影用のカメラを持つ指先の感覚がなくなり、シャッターを押すのも大変な程の寒さであった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/22 17:56
渓流と氷の輝き
 渓流を歩いてみると流れの中にある石などにより流れに波立ちが生まれる。 そんなところには、水玉模様ができ、やがてそれが凍って美しい氷模様となる。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/15 11:43
豪雪の地、北信濃を訪ねて
 長野県の最北端に位置し、山々に囲まれた栄村は、積雪量が日本一 (7m85cm) を記録したこともある日本有数の豪雪地だ。 今年の冬は、例年にない記録的な雪に見舞われているという。 朝から天気がよかったので、久しぶりに訪れてみた。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/02/13 19:04
問われるカメラマンのモラル
 過日の雨の後、再び厳寒の冬が戻ってきた。 相木村には大小含めて多くの滝が存在し、村の名勝地に指定されている。 その中でもマツカサ状の氷が滝下から上へ上へと発達する氷瀑が有名な大禅の滝を訪れてみた。  初めて見る氷瀑であったが、蒼い色味が着いた氷瀑が30メートルの高さの落ち口まで完全に氷っており、壮観だった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/02/10 23:19
春を呼ぶ冬の雨
 一昨日床に入り眠りに付いてから3時間ほど経過した頃だろうか…。 深夜、雨樋に落ちる雨の音で目が覚めた。 予報どおり、雪ではなく雨になったようだ。 雨音を聞きながらまた睡魔が襲ってきて、再び眠りに入った。 この夜の雨は翌朝まで降り続いた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/08 20:07
居座る寒気と記録的大雪
先週あたりから全国的に厳しい寒さや大雪に見舞われている。 長野県内でも北部の山沿いを中心に大雪となっていて、雪に慣れているはずの豪雪地帯でも市民生活に大きな影響が出ているという。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/02/01 06:53
大寒前の雪景色
 今朝は寝室のカーテンを開けると、普段より窓が随分明るく感じた。 毎朝、部屋に外気を取り込むためにガラス窓を開けるのだが、冬場は凍り付いて開かないことがよくあるが、今朝は力を入れなくとも難なく開いてしまった。 こんな朝は決まって雪が降っているのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/20 19:11
3年ぶりのコハクチョウ達
 信州には白鳥の飛来地が数カ所あるが、安曇野市もその一つだ。 鳥インフルエンザ騒ぎがあったせいでもないが、毎年コハクチョウを見に行っていたが、2009年の1月を最後に随分久しい間訪問してない。 昨日、3年ぶりに犀川白鳥湖・狐島田んぼ・御宝田遊水池の白鳥たちを見に行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/01/18 17:35
雪の朝の楽しみ
 このところ、朝窓を開けると夜の間に降ったと見える雪がうっすらと積もっていることがある。 野山に雪が降り積もると、今までの風景とは一変して普段見られない動物の生活跡が観察でき、こんな朝の散策のおもしろ味は、また格別だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/01/13 06:50
雪の散歩道で…
 仕事休みの朝は、まだ日が余り昇らないうちに裏の雑木の林道を老犬の柴犬ライアンと共に歩くのが日課だ。 この日は、夜の間にわずかに雪が降り、雑木林の木々も、坂道も、集落ももうっすらと雪化粧を施していた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/12/28 23:51
いつもと変わらぬ朝の散策
 師走に入って2日目の朝を迎えた。 出勤する車のフロントガラスにポツリポツリと雨が当たり始めた。 今朝は散策は見送りかなと思ったが、それ以上の降りにはならなかった。 そのうち小雨が白い物に変わり目の前を舞った。 これでも “初雪” というのだろうか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/02 23:21
まだ間に合った、(長野市保科)清水寺のモミジ狩り
 先日テレビで、 「長野市若穂保科の清水寺(せいすいじ)で紅葉が見ごろを迎え、カエデの葉が鮮やかな赤に色づき…。」 と報道していたので、昨日の休みを利用して初めて訪れてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/11/25 07:31
初冬の風物詩 “残し柿”
 秋を代表する果物の一つに柿がある。 この時期になると柿の葉もすっかり落葉し、残っている柿のオレンジ色が真っ青な秋空に一層映え,目立つ季節だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/18 19:56
今朝の散策、落ち葉道に思う
 今朝はとうとう霜が降りたのか、それとも雪になったのか、出勤時に見上げた近くの山の峰がうっすらと白く見えた。 紅葉前線が身近な里山に下りてから数日が経過した。 まだまだ紅葉の色は極端に色あせていることはないが、少しずつ落葉が進んでいる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/11/16 19:03
鮮やかな紅葉に彩られた上田城趾公園
 紅葉前線もいよいよ里山にも降りて来て、日々木々の葉の色づきが変化している。 モミジ狩りは、常に紅葉の進み具合と休みのタイミングに気を使うものだ。 多分この休みが紅葉の見頃にタイミングが合う最後の休みになるだろう。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/11/14 15:56
錦秋の小諸城趾 「懐古園」
 仕事休みの今日、天候にも恵まれたので、身近にあり手頃な紅葉ポイントである小諸城址の “懐古園” を訪れた。 先週行こうかと思ったが、5〜6部くらいの紅葉ということで、一週間ずらしてのきょうの訪問だ。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/11/07 19:54
稲刈り後の田んぼの光景
田んぼの稲刈りが澄んでから随分経つが、まだハゼ掛けがあった頃は田んぼにダイサギやアオサギの姿が見られたが、今は、もう田んぼで農作業する農家の姿も見られなくなった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/10/26 06:31
明治時代を偲ぶ旧三笠ホテル
 前回軽く触れた旧三笠ホテル見学について、再掲しよう。 褐色の外壁に白いアーチ型の窓枠が印象的な2階建ての洋館 「旧三笠ホテル」 は、カラマツ林の中に静かなたたずまいをみせており、周囲の木々の紅葉とのコントラストが見事だった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/10/19 07:17
雲場池(軽井沢)を訪ねる
 雲場池のモミジ狩りには毎年のように出掛けるのだが、サイトで調べるともう見頃だという。 半信半疑で出掛けてみる。 やはり最盛期に比べるとちょっと早すぎる感がある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/10/17 22:34
初めての “栂池自然園”
 世で言う三連休が終わった先日、ようやく待ちに待った休日になった。 高い山から少しずつ紅葉の便りが届いているが、以前からずっと気になっていて、一度行ってみたいと思っていた小谷村の 「栂池自然園」 を昨日訪れてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/10/12 06:56
高ボッチ高原でのラジコン飛行
 先週の休みに初めて高ボッチ高原に登ってみた。 この高原は塩尻市の東に位置し、多くの高原植物が自生する場所であり、北アルプスや富士山も見渡せる絶好の撮影スポットとしても知られている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/10/05 06:41
奇妙な樹形のしだれ栗
 過日、箕輪町の 「赤そばの里」 に行った帰り道、ずっと気になっていた辰野町小野の 「枝垂れ栗自生地」 に立ち寄ってみた。 ここには、大小あわせ約800本の枝垂れ栗が自生しており、最大のものは周囲約4メートルあまりの巨木もあり、国の天然記念物に指定されている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/09/28 06:52
「赤そばの里」を訪ねる
 信州を代表する食べ物の一つに “信州蕎麦” がある。 蕎麦の花は普通は白だが、 「高嶺ルビー」 という赤い花の蕎麦を栽培している所がある。 上伊那郡中川村片桐の赤ソバ畑は今が見頃だというが、我が家からはちょっと距離がありすぎる。 そこで、見頃にはちょっと早めだが、箕輪町の 「赤そばの里」 に行ってみた。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/09/26 22:26
収穫期を迎えた姨捨棚田
 二つの台風がちかずいているというが、きょうも真っ青な秋空が広がった。 昨日、熱い陽射しが照りつける秋の午後、久しぶりに稲刈りの始まったという 「姨捨棚田」 に行ってみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2011/09/19 23:56
ススキの花
 きょうも日中の気温は随分上がり、信州でも「真夏日」になった地域もあるようだ。 残暑はまだ厳しい。 それでも朝夕の空気には秋の気配が漂う。 最近は、仕事に出掛けるのに上着を着込む朝さえある。 山野ではトンボが群舞し、ヤマハギの花が咲き、ススキの穂も開き始め、自然界は、秋の訪れを告げている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/09/14 16:10
さわやか(?) 上高地
 きょうは、長野県でもここかしこで日中は30度を超す残暑の厳しい「真夏日」となった。 こんな日を狙ったわけではないが、爽やかだといわれている上高地に何年かぶりに出掛けてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2011/09/12 20:35
爽やかな白露の朝
 昨日は、 「白露」 だった。 秋が本格的に到来し草花に朝露がつくようになるという意味だそうだ。 日毎に空も高くなり、いよいよ秋の気配を十分感じさせる気候になってきた。 そろそろ小学校では運動会の練習が始まっている頃だろうか。 そんな白露を迎えた昨日の朝も、散策で草地を歩いた運動靴は、朝露でぐっしょりと濡れた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2011/09/09 19:39
山間の村落 鬼無里村
 鬼無里村という山間の集落にいる知人のお宅のおばさんが急逝し、今年は新盆だ。 息子達が子どもの頃には、夏休みになると親戚の子どもたちと一緒に泊まりがけで遊びに行って、大変世話になったお宅でもある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/08/19 06:54
静寂を楽しむ ・ 蓮池
 メインHP 「四季彩記」 の更新が、もう随分長い間されていない。 まごまごしていたら夏が終わってしまう。  体調も戻ってきたことであるし、まず手始めに、千曲市にある大雲寺の蓮が見頃を迎えているようなので、ちょっと早起きをして行ってみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2011/08/03 06:57
雲場池の深緑を楽しむ
 今週の天気予報は、傘マークがずっと続いている。 きょうも梅雨特有のはっきりしない空模様だ。 こんな時は、下手に山などに出掛けると雨にたたられることが多い。 「時間がそんなに無いけど、どこか緑が楽しめる所へ行こうよ。」、そんな声が上がった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/06/20 17:49
新緑映える戸隠高原
 仕事休みだった月曜日、5月に声はしていたが姿が見られなかったミソサザイを見たくて、戸隠高原へと出掛けた。 いつものように戸隠森林植物園の駐車場に車を止め、みどりが池から森林植物園内に入った。 新緑に囲まれ周囲の森を映し込んだみどりが池が静かに迎えてくれた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2011/06/17 23:05
花桃の里 ・ 武石村余里地区
 上田市武石余里地区のあちらこちらには花桃が植えられ、この時期には、村全体が花桃に埋もれる。 GWが開けた先週、この花桃を見に出掛けてみた。 時期的にはちょうど見頃で、集落入り口から上まで白やピンクの花桃でいっぱいだった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2011/05/09 00:05
散り急いだ ヤマザクラ
 4月末、こんなに見事に咲いていたヤマザクラだが、今回ヤマザクラをとり上げるためにもう一度開花木の全体を撮そうと裏山に足を運んでみたが、残念ながらすでに全て散り去った後。 一輪の花とて見ることができなかった。 そんなに散り急がずともいいものを…。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/05/06 11:08
どうせ花見をするなら…
 身近で見られるソメイヨシノが満開の時を迎え、散り始めた。 これがお花見の最後になるだろうと思い、どうせお花見するならば、「天下第一の桜」 と呼ばれている高遠城址公園の桜を見ようと、一昨日の仕事休みを利用して出掛けた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2011/04/27 06:39
「信州国際音楽村」 の水仙
 20度を超すような暖かな陽射しが降り注ぐ日となった。 上田城跡公園の桜も満開になったというが、どこの駐車場に行っても 「満車」 状況、一週間先の休みにはきっと散っているだろう。 ということで、今年の上田城址公園の花見は断念し、同じ上田市にある 「信州国際音楽村」 の水仙を見に行くことにした。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2011/04/18 23:58
木曽路の小さな旅 ・ 寝覚の床
 木曽路・中山道には、 「木曽八景」 として数えられる景勝地があります。 奈良井宿を出た後、「木曽八景」 の中でも一番の迫力で有名な寝覚の床に向かって車を走らせました。 寝覚の床は、木曽川の清流沿いに走る中央西線の列車の車窓からも一望でき、ここにさしかかるとスピードを緩め、車掌さんの案内がスピーカーを通して流される程の美しさです。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/04/15 20:45
木曽路の小さな旅 ・ 奈良井宿
 木曽路と言えば多くの人が連想するのが 「宿場町」 だろう。 かつて江戸と京都を結んだ中山道の木曽路には、今でも11の宿場町が点在している。 主な宿場町としては贄川宿・奈良井宿・薮原宿・福島宿・上松宿・須原宿・妻籠宿・馬籠宿等が挙げられる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/04/13 20:27
日本晴れに富士を見る
 昨日は、日本全国天気予報に “お日様マーク” がずらっと並んだ。 朝の冷え込みは相変わらずであったが、予報に違わず当日は晴天となり、青空が広がった。 快晴状態の空を見て、こんな天候ならば富士山も見られるに違いない。 青空にそびえ立つ富士山でも見れば、少しは晴ればれとした気分になるだろうと考え、山梨県に向かった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/04/06 17:29
“鯉のぼり” に倣って…
 千曲市の古墳時代のムラを当時のままに再現した 「科野の里歴史公園」 に は、国の史跡に指定されている森将軍塚古墳や千曲市森将軍塚古墳館、長野県立歴史館などの史跡や施設がある。 また、自然豊かな一帯は散策を楽しむには最適でもある。 そんな園内の青空にきょうは、たくさんの鯉のぼりが泳いでいた。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/04/04 17:27
身延山久遠寺の枝垂れ桜
 いつものように、突然 「どこか行く所ないかなぁ?」 という話が持ち上がる。 こんな時には急いでインターネットで調べて、出掛ける場所を見つけ出す。 今回は、身延山久遠寺の枝垂れ桜が咲き始めていることが分かったので、初めての場所であるが出掛けてみることにした。 カーナビにセットできさえすれば、初めての場所でも恐れることはない。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/04/01 00:42
冬去りがたし 名残の雪
 先ほどから、屋根の上で振動が伝わってくるのではないかと思われるようなドーンドーンという音が続いている。 溶けた雪が屋根を滑り落下している音だ。 春先の雪は湿気が多く重い上に、気温が高いために溶けるのも早い。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/03/07 16:07
冬、まだ去らず!
 一昨日の夜から昨日の朝にかけ、久しぶりにしっかりと雪が降った。 時期が遅くなると湿った雪になりがちだが、それでもまだ軽いふわふわ感があり、さほど苦労せず雪かきが済ませられたのはありがたかった。 とは言え、量的には20pくらいは積もったろうか。 たくさん積もると大変なので、先を見越して、夜と朝の2回に分けて雪かきを行った。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/02/16 20:00
うっすらと雪化粧
 朝、カーテンを開けると窓ガラスが何となく明るく感じられた。 昨夜の天気予報では全県雪の予報だったので、 「来たかな。」 と思い、雪かきをしないといけないかなと思いながら窓を開けてみる。 本当に久しぶりの雪だったが、思ったほどの降雪量にはならず、うっすらと白く地面を覆った程度の降りだった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/02/09 20:53
冬の北信濃を訪ねて
 私には、冬になると訪ねてみたくなる“心の故郷”とでも言える村がある。 北信濃の外れ栄村だ。  今年の日本海側は毎日雪降りの日が続いて、かなりの降雪になっている。 先週本当に久しぶりに数日連続で青空が広がった。 晴天が続いた先週の仕事休み、冬の栄村を訪ねてみた。 栄村は12月中旬頃から根雪が始まり、早くても4月半ば頃までは根雪が残る、1年の半分近くが雪に覆われる豪雪の地だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/02/07 18:12
雪の上の造形美
 昨日は、冬と春の分かれる節目の日である “節分” だった。 そして、きょうは “立春” 。 「寒さがあけて春に入る日」 いわば春の初日だ。 暦の上では春を迎えた立春のきょうは、冬型の気圧配置が緩み、暦通りのポカポカ陽気に包まれた。 とは言え、陽射しが余り入らない所にはまだまだたくさんの雪が残っている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/02/04 21:37
雪の大池を訪ねて
 きょうは、仕事休み。 久しぶりに晴れ渡り、放射冷却現象で、朝の冷え込みは殊の外厳しかった。 こんな朝は、洗濯物を竿に干した途端にバリバリに凍ってしまう。 外に出ると、近くの少し高い山々は霧氷で白く見え、輝いていた。 久しぶりに近くの千曲高原の大池に出掛けてみた。   千 曲 高 原 ・ 大 池 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/01/31 20:42
珈琲と浅間山を楽しむ
 わたしは日に何度か珈琲を口にする、根っからの 「コーヒー党」 だ。 少なくとも三度の食後には、必ずコーヒーを入れて、その味とゆったりした時間を楽しむことを日課にしている。 味については、さほどうるさい方ではないと思っているが、最近、珈琲店やコーヒー豆の違いによる味の違いは多少分かるようになってきた。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/01/28 06:53
輝く雪の結晶
 大寒の前後ちょっとまとまった雪が降ったが、その後もたくさんではないが、雪がちらつく日が続いている。 気温が下がり、日中でも氷点下の 「真冬日」 となると、雪は解けずに長時間残っている。 そんな寒さの厳しい雪のちらついた朝、カメラにマクロレンズを付け、雪の結晶の撮影に挑戦してみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/01/26 00:02
餌探しに懸命な鳥たち
 数日前にちょっとまとまった雪が降ったが、山の斜面などにはまだまだその時の雪が溶けきらずに残っている。 こうして一面雪で覆われている時には、いつもより野鳥を見掛ける機会が多いように思われる。 実がなっている木や草がある場所には、群れになって採餌する鳥の姿を頻繁に見ることができるからだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/19 06:33
二日続きの雪景色
 ここに来て冷え込みが厳しくなり、一昨日、そして、昨日は珍しく雪の夜になった。 今朝はそれほど多い降雪ではなかったが、昨日の朝は20センチほどの積雪となり、忙しい思いをして出勤前に雪かきをした。 雪質はフワッとした粉雪状態だったので、軽い雪だったので、助かった。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/17 10:53
「小寒」は、雪の朝
 この年末年始にかけては比較的冷え込みも緩く、雪もちらつく程度で、過ごしやすい穏やかな日が続いていた。 昨日の朝は、カーテンを開けただけでもいつもとは明るさが違い、窓を開ける前に 「雪が積もっているな」 ということが分かるような朝だった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/01/07 06:59
枯葉の季節
 十日ほど前まではまだ身近な雑木林も木の葉が色づいていたが、この頃はすっかり木の葉も茶色になり、空を見上げると晴れ渡った青空高くに枯葉が舞っているのが見える。 足下では、初冬の風に吹かれて、落葉した枯葉がカサカサと音を立てる。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/12/06 20:36
またもや、カモシカが…
 きょうは、もう12月。 ついこの間まで、里山は見事に紅葉した木々が行く秋を惜しむかのように鮮やかに染まっていたが、今はすっかり色あせ、茶色の林や山になってしまった。 そして、ここ一週間ほどの間に一気に落葉が始まっている。 枝から葉が離れるに従い、林は中までしっかりとのぞけるようになった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/12/01 23:41
爽やかな 朝の散策
 以前にも触れたようにこの頃は、出勤前のわずかな時間を使って、朝も散策をするようにしている。 わずか30分ほどの時間だが、朝の早い時間であるため散策中に行き会うのは、ウォーキングを日課にしている年配のご夫婦のみ。 今朝も同じ場所ですれ違い、「おはようございます。」 と挨拶を交わす。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/11/29 00:07
赤い生け垣
 里山の紅葉も終盤を迎え、北風に吹かれ早くも葉を落とし始めている。 最近、住宅地などではブロック塀に代えて、倒壊の危険がない生垣が見直されてきている。 私の毎日散策する道にも色々な生け垣がある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/11/24 21:46
ようやくモミジ狩りの見頃に…
 きょう22日は、二十四節気の一つ、雪が降り始めるころとされる “小雪” だ。 きょうは一日雲が広がり雨が降り続き、南よりの風が吹いたことから比較的気温も上がり、雪が降り始める頃には程遠い気温となった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/11/22 17:49
断崖絶壁に祀られた布引観音
 過日、長野県小諸市にある釈尊寺(しゃくそんじ)に行ってみた。 この寺院は、 「牛に引かれて善光寺参り」 伝説発祥の地であり、布引観音とも呼ばれる信濃三十三観音霊場の第29番札所でもある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/11/19 06:10
出荷を待つ赤い完熟リンゴ
 高山の紅葉前線が一気に里に向かって下り降り、里山の紅葉が始まった。 身近な山々の色付いた紅葉風景もいいが、今信州のリンゴ畑が美しい。 信州フジだろうか、赤く実ったリンゴがたわわにぶら下がり、美しいリンゴ畑風景が広がる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/11/12 07:04
錦秋の雲場池
 今年は千畳敷を皮切りに、三ヶ所ほど紅葉を見に行ってみたが、行くところ行くところ見頃を外し、きれいな紅葉風景に巡り会うことができず、散々であった。 その後、諸事情があり家を空けられなくなり半ば諦めていたところ、月曜日に急に半日空きの時間ができた。 皆さんからの情報を元に半日で行かれそうで紅葉の見頃時期の場所として、軽井沢の雲場池を選んだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/11/10 21:36
爽やかな秋の空
 秋晴れの気持ちのいい晴天日、青空を見上げると、いかにも秋を思わせるような雲が一面に漂っていた。 明るい日差しにも包まれており、深呼吸したくなるような気持ちのいい光景だ。 のどかな春の雲や入道雲のような勢いのある夏の雲とは違い、秋の雲は、実に爽やかだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/18 19:21
戸隠高原トレッキング
 最近、戸隠高原は、「パワースポット」としての人気が急上昇しているらしい。 紅葉にはまだ随分早いが、先週の休みを利用して、戸隠森林植物園〜天命稲荷〜鏡池〜硯石〜小鳥ヶ池〜戸隠神社中社のコースで一人歩きのトレッキングをした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/10/11 13:38
猛威を振るうアレチウリ
 一面の緑の中に何カ所か盛り上がった場所があるが、この盛り上がりは、地面に起伏があるからではない。 最近放置状態の場所に生えていた灌木が、すっかり他の蔓性の植物により覆い尽くされてしまったのだ。 地面も、灌木も、樹木も、すべてを覆い尽くしている犯人は 「アレチウリ」 と呼ばれる帰化植物だ。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2010/10/01 06:12
秋の訪れを告げる彼岸花
 毎年、彼岸の頃になると、至るところで満開の彼岸花の便りが聞かれる。  「彼岸花」 とはよくぞ命名したものだと感心するばかりだ。 わたしの昼休みの散策路の(わたしが勝手に個人的に命名した) “彼岸花の小径”の彼岸花が朱色の花を咲かせ、見ごろを迎えている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/09/29 19:01
色づき始めた林檎
 わたしの故郷は、中小企業を中心に多数の企業・工場が所在する工業の町だ。  機械金属を中心とした工場は約280社を数える 「ものづくり」 が盛んなハイテクタウンとして、県下でもトップクラスの工業力を持っている。 また一方では、りんご・ぶどう・ばらなど、花と果樹の栽培が盛んな町でもある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/09/22 06:17
秋の訪れ 〜暑さ寒さも彼岸まで〜
 猛暑に悩まされた今年の夏だったが、珍しいコースをたどって通過していった台風9号が去った頃を境にしてグッと過ごしやすくなった。 今日は彼岸の入りだ。 「暑さ寒さも彼岸まで」 という言葉があるが、ここに来て一気に秋の風情が漂い始め、爽やかな秋空が広がっている。 ふと見れば、秋の風物詩ススキも穂を出しているではないか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/09/20 06:35
里山の原風景 ・ 姨捨棚田
 今年はすさまじい猛暑に随分悩まされた夏だったが、台風9号の通過あたりを境にして、随分秋めいてきた。 昨日の仕事休みを利用して、千曲市の 「姨捨棚田」 を訪れてみた。 この棚田は、千曲川を見下ろす斜面に棚田が広がり、、「田毎の月」 と言われる名月スポットでもあり、 「姨捨伝説」 でもよく知られている。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/09/15 06:36
木曽駒ヶ岳・千畳敷カール
 昭和42年、しらび平駅から千畳敷駅に 「駒ヶ岳ロープウエイ」 が架けられ、中央アルプスの主峰である宝剣岳(2931m)のすぐ下まで行くことができるようになり、誰にでも簡単に高山の雰囲気が楽しめるようになった。 登山をしない者にとってはありがたいことだ。 猛暑を避け、今年もまた高山気分を求めて訪れてみた。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/03 06:21
天然のクーラー・黒部ダム
 “処暑”とは暑さがまだ停っているという意味だそうだ。 どうりで毎日暑いわけでだ。 “立秋” を迎えたときは、これで暑さも峠を迎えたと思ったが、一年の内で最高気温を出すのは“立秋”から“処暑”までが最も多く、“処暑”から次の“白露”までも結構暑さが厳しいのだそうだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/23 23:56
袋掛けされた葡萄棚
 私の生活する町は、中小企業を中心に多数の企業・工場が所在する工業の町であるが、一方では薔薇・りんご・ブドウなどの栽培も盛んだ。 特に昼夜の気温差が大きい当地は、りんごやブドウの栽培に最適で、ここで育てられたりんごやブドウは、味・色・香がよく、消費者にはとても人気があるらしい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/07/30 06:31
千曲市大雲寺の蓮池
 新聞の地方紙に千曲市大雲寺の蓮が、きれいに咲いているという記事が掲載されていたので、一昨日の朝早くに出掛けてみた。 大雲寺までは自宅から車で30分ほどの距離にある。 時間を見計らって6時前に家を出たが、大雲寺に着いたときにはすでに日が上がっていた。 ...続きを見る

トラックバック 6 / コメント 2

2010/07/26 17:17
激減したニッコウキスゲ
 昨日は仕事が休みだったので、ニッコウキスゲを見に行こうと、ひとり「霧ヶ峰トレッキング」に出かけた。 毎年この時期はニッコウキスゲ目当ての観光客でごった返し、車山の駐車場も早い時間帯から満車状態となるので朝早く家を出た。 9時半頃には到着し、何とか車を駐車することができたが、運転しながら眺めてきた高原の様子が例年とちょっと違う。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2010/07/21 06:30
紫陽花を愉しむ
 連日雨が降り続き、梅雨まっただ中といった空模様だ。 過日松本市で 「あじさい寺」 と言われている法船寺と弘長寺のアジサイを見に行き、四季彩記のホームページにアップした。 ところが、伊那市に南信州随一の規模と綺麗さを誇る名所とうたわれているあじさい寺として深妙寺というお寺があることが気になっていた。 先週の休みを利用し、さっそく行ってみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/07/12 19:39
ヤマザクラのサクランボ
天候不順な日々だが、わずかな晴れ間を利用して外に出てヤマザクラの木の下で上を見上げてみると、サクランボはもうこんなに育っている。 ヤマザクラのサクランボが、あたかも黒真珠を思わせるように黒く熟してきた。 以前にもこのヤマザクラの実については取り上げてきたが、何度見てもきれいなものだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/02 11:09
梅雨時に似合う花・花菖蒲
 今年は入梅が随分遅かったが、信州はさほど雨が降らずドンヨリした重苦しい空模様の蒸し暑い日が続いていた。 今朝は珍しく昨日に続いて朝からシトシトと雨が降り続いている。 ようやく本格的な梅雨になったのかな。 何はともあれこの時季は雨とともに植物が活性化し、次々に花を咲かせて目を楽しませてくれる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/06/23 06:32
一本木公園バラ祭り
 私の町でもバラ栽培が盛んだが、バラの名所は信州のあちこちにある。 中でも、中野市の 「一本木公園」 は名が知れており、別名 「ばら公園」 と呼ばれている。 現在「なかのバラまつり」 の開催中であったので、休みを利用して、初めて出かけてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/16 12:41
可愛いヤマザクラの実
 山道を歩いていると木の下には色々なものが落ちている。 それはオトシブミのような昆虫の仕業によるものであったり、木そのものの実が熟して落ちたものであったりする。 この時期に山桜の木の下を通るとそこにはたくさんの実が落ちている。 どうも完熟する前に落ちてしまうものもかなり多いようだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/06/14 23:25
アグリパークのポピー園
 今日の日中は気温がぐんぐん上がり、夏日となった。 昼休みに散策に出ると、日差しが強く歩いていても木陰を求めて、日陰を渡り歩く始末だった。 今年はまだアグリパークのポピー園に行ってないので、花が終わりにならない内にと、暑い中足を運んでみた。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/11 18:07
大王わさび農場雑話
 今日の休日は7月を思わせるような陽気だった。 暑ささえ感じそうな陽気に誘われて、安曇野に出かけてみた。 本命は、明科の「龍門淵公園」であったが、見事に花の時期を逃してしまって、急遽大きな外れのないと思われる 「大王わさび農場」に行くことにした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/07 23:40
大出の吊り橋 in 白馬村
 過日、白馬村の青鬼集落に向かって車を走らせていた際、白馬駅付近から東へのびる国道406号線を走っていると、大出の吊り橋の表示が目にとまった。 青鬼集落の帰りに、初めてこの 「大出の吊り橋」 にも立ち寄ってみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/04 13:41
白馬村の山村集落 「青鬼」
 自宅から車を走らせることおよそ2時間、北アルプスを臨む白馬村に入り、車がやっとすれ違いできるほどの細い山道を登り、ようやく山村集落の青鬼にたどり着いた。  初めて来たこの集落は、「青鬼」 と書いて (あおに) と読む。 青鬼山村集落 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/02 06:46
今、ヤマザクラが美しい!
 今年もいよいよヤマザクラの季節になった。 この時期は、里山の雑木林とその周辺の景色が美しく輝くときだ。 薄黄緑に変化し始めた春の山に、うっすらと霞んだように淡白くヤマザクラが咲く。 ヤマザクラは文字通り 「山の桜」 であり、日本を代表する野生の桜だ。 ヤマザクラはとても趣があり、葉と一緒に咲き出すその花の風情が楚々としていて、その雰囲気がとてもいい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/03 19:40
ソメイヨシノは見頃過ぎ
 考えてみると、忙しさに紛れて今年は、まだどこにもお花見に出掛けていなかった。 もう周りの桜の花は散り始めている。 ちょっと時間が生まれたので、毎年出掛けている 「上田城跡公園」 を二日前に訪れてみた。 ここは、戦国武将真田昌幸・幸村親子の居城 「上田城」 の跡で、毎年ソメイヨシノやシダレザクラ等約千本の桜が咲き誇り、訪れる観光客や市民を魅了している。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/04/21 06:44
一転 冬に逆戻り
 凍えるような寒さが次第に和らぎ、梅の花が開き始め、暖かな春を思わせるような息吹が感じられるようになったと思っていたが、一転 冬に逆戻りをして、今朝は雪景色となった。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/08 18:21
菱野温泉郷・不動の滝
 先週はまだ冷え込んでいたが、ここに来て日中は随分温かくなってきた。 冬型の気圧配置が弛み始めた月曜日の休みに、小諸市菱野温泉の奥にある 「不動の滝」 の氷柱を見に行った。 不動の滝は、菱野温泉の常盤館と薬師館の間の左の車道を少し上った標高1100mの谷の中にあった。 滝の入り口付近で路上駐車し、沢に降りていくと水音が聞こえてきて、3分ほどで滝に到着した。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/24 17:39
春を待つ冬の高原
 まだ信州の朝は霜がおり、霜柱が立つような寒さだとはいえ、ここに来て随分暖かな日が増え始めた。 予報では、今週は暖気が入り込み、暖かい一週間になるだろうといわれている。 以前から聖高原の霧氷を今年こそは見てみたいと思っていたが、 「このままでは今年は駄目になってしまうかも…」 このところのポカポカ陽気からそんな思いが高まっていた。 霧氷が見られるような条件は揃っていないとは思いつつ、追い込まれたような気持ちで、一昨日の休日に一人 「聖高原」 に上がってみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/02/22 17:55
自然の作る雪ロール
 しばらく雨の日が続いたが、昨夜は再び雪となった。 朝庭に出てみると昨夜雪かきをしたスペースはほとんど雪が積もっていなかったので、そう長い時間は降っていなかったとみえる。 でも、雨のために雪がほとんど解けていた庭が、再びこのように一面雪におおわれ、冬に逆戻りした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/12 14:10
雪降れど、 「春」 近し
 一昨日の夜はちょっとした量の雪が降り、雪かきをした。 そして今朝も、量的にはたいしたことはなかったが短時間雪になり地面を真っ白に覆い尽くした。 こんな雪景色ではあるが、きょうは 「節分」、明日は 「立春」 だ。 暦の上では、明日からもう 「春」 なのだ。 雪 景 色 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/03 15:36
冬の北信濃 ・ 栄村
 今朝は近くの山に霧氷を見に行こうと思っていたが、思いの外温かい朝になってしまった。 いつもは霜で白くなっているのだが霜の降りた様子もない。 これでは霧氷はできていないだろうと諦めた。 県北部では3年ぶりの大雪だと聞いているので、雪がとても多い地域として知られている栄村に行ってみることにした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/02/01 21:07
冬枯れを楽しむ
 ここ数日、大寒後の日中はポカポカ陽気の日が続いている。 でも、次の寒気がすぐにやって来て、厳しい寒さがぶり返すに違いない。 散策に利用している野山は、まだ冬枯れの時期、冬枯れの道を小さな自然を楽しみながら一人静かに歩くのが何よりの楽しみであり、大きな魅力だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/22 06:21
寒い朝 ・ 霜柱と霜
 今朝は随分冷え込んだ。 いつものように着替えを済ませ寝室の窓を開けると、霜が降りていて一面真っ白になっていた。 この寒さを映像で伝える手っ取り早い方法は、霜と霜柱だ。 早速カメラをぶら下げ、外に出てみる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/01/04 17:05
雪景色の元旦
 昨夜から降っていた雪が朝まで残った。 雪が 「降る」 というより、 「舞っている」 と表現した方がいい粉雪だった。 1910年の元旦、わずか1pほどの積雪ではあったが、雪景色の静かな朝を迎えた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/01/01 18:20
煙たなびく浅間山
過日「軽井沢野鳥の森」に行く前に、以前から行きたいと思っていた軽井沢町の開拓地大日方に行って来た。 今まで、何度か浅間山を眺めてきたが、電線や木が視界を妨げ、なかなか浅間山の全貌が眺められるところに行き会えなかったからだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/28 07:03
野鳥はいずこ? 「軽井沢野鳥の森」
 きょうは3連休の二日目、気持ちいい青空がいっぱいに広がった。 浅間山の撮影を済ませた後、以前に行ったことのある 「軽井沢野鳥の森」 にも立ち寄ってみた。   軽井沢野鳥の森 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/12/25 20:37
雪の日の散策
 18・19日と二日続きで雪になった。 19日の朝は、自宅付近の降りは大したことがなかったが、勤務地では、12月にしては珍しく5〜6pくらいの積雪になった。 全国的にも19日に初雪を記録した地域がかなりあったようだ。 信州は雪国ではあるが、これだけ降るとさすがに国道の車の動きもいつもに比べると多少手間取るのはやむを得まい。    職 場 の 窓 か ら ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/12/21 07:48
やっぱり今朝も雪の朝
 この 「おりふしの記」 の掲載内容を見ると、昨年は11月20日に降雪の記載をしている。 今年は 「なかなか雪が来ないなぁ」 と思っていたが、ここに来て冬型の気圧配置が強まり、昨日と今朝は、連日の雪となった。   雪の朝・ハクモクレン ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/18 08:05
夜を彩るイルミネーション
 12月も半ば、今年も残すところ半月になった。 この時期になると、あちらこちらでイルミネーションが夜空を飾るようになる。 都会のきらびやかで大規模なイルミネーションもいいが、県下のイルミネーションも捨てたものではない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/16 06:21
冬枯れの雑木林
 地域によってはようやく紅葉の時期を迎えたところがあるようだが、この辺りではもうすっかり冬枯れ状態だ。 毎日歩く散策路周辺の雑木林の木々は吹く風に残り少ない葉をひっきりなしに落としていく。 枝を離れた枯れ葉が、舞うようにして地上に落ちるのもまた風情があるものだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/04 08:24
紅葉・終演の時
 このところの朝晩の冷え込みを感じるようになってきた。 広葉樹の葉はほとんど落ちてしまったが、いまだ小枝の先にしがみつくように紅葉しているもみじに出会うと、行く秋のもの寂しさを一層感じる。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/25 11:52
秋の風物詩・つるし柿
 風に吹かれた木の葉が空中高く舞い、歩道にたまった枯れ葉が足下でカサカサと音を立てる。 この時期に田舎道を歩くと、葉もすっかり落として実をビッシリとつけた朱色の柿がとても目立って見える。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/23 07:59
寒風になびくススキの穂
 昨日の朝は冷え込み、雨水が貯めてある散水用の桶には薄氷が張っていた。 また、出勤前には車のフロントガラスが凍っていたため、霜取りのヘラでかかないと発車できない状態だった。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/20 00:05
秋深まる我が散策路
 仕事の息抜きとストレス解消、健康保持を兼ね毎日歩いている昼休みのわが散策路、雑木林の中を歩くと様々な植物や野鳥に出会うことができ、季節の移り変わりを楽しめる。この散策路も紅葉の季節から落ち葉舞う季節に変わりつつある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/18 06:18
色鮮やかな蔦紅葉
蔦うゑて竹四五本のあらしかな    芭 蕉  林の小道を歩いていると、樹木の幹に絡みつく色鮮やかなツタに、ハッとすることがある。 思わぬ場所で出合う紅葉の美しさは感動もひとしおで、木々の紅葉とはひと味違った美しさを感じる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/16 16:36
黄金色に輝くススキの穂
 紅葉が里山まで降りてきて、秋の深まりを感じる。 秋が深まると黄金色に色づいたススキの穂が、秋の陽射しを受けてキラキラと輝く。 黄金色に輝くススキの穂が秋風にそよぐ様は、秋の深まりを一層感じさせる美しい光景だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/11 06:39
輝く蜘蛛の糸
 林の小道を歩いていると、灌木や下草の少ない所では木々の間に蜘蛛の巣が張られているのをよく見掛ける。 秋晴れの陽射しが林に差し込んでいる時に歩いてみると、蜘蛛の糸がその陽射しに映え、錦糸のように輝いていることがある。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/09 06:52
足下の小さな秋
 里山の紅葉が始まってから数日が経ち、ここ数日の冷え込みにより、大分色づきが深まってきた。 それと共に、風にあおられて、早くも散り急いでいる木の葉も多く目に付くようになってきている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/06 06:16
落ち葉で描く蜘蛛の芸術
 色づいた木々の葉が、風が吹くたびにハラハラと散り落ちる。 里山の紅葉が始まったかと思ったのもつかの間、もう落葉の季節を迎えた。 林の中を歩いていると、時として思いがけない自然の芸術品を見付けることがある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/02 06:21
マナーのよくないカメラマン
 横谷渓谷のおしどり隠しの滝を見るために明治温泉に行ってみると、道路脇に池と大勢の人影が見えた。 初めて訪れた池だが、日本画家東山魁夷が白馬を林に投影した ”緑響く” のスケッチをしたという池がこの 「御射鹿池」 だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/10/21 06:12
渡良瀬渓谷ぶらり旅
 群馬県の渡良瀬渓谷が良いという噂を聞き、「渓谷」という言葉に惹かれ、先週の休日を使い車で出掛けてみた。 日帰りが出来る場所ならば、どんなところでもさっと出掛けてしまうのが自分流のぶらり旅だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/19 18:43
セイタカアワダチソウ
 セイタカアワダチソウの鮮やかな黄色が,秋のこの頃の風景となっている。 この時期になり黄色い花が咲いて初めて、 「ここにこんなにたくさんのセイタカアワダチソウが群生していたのか」 と思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/10/16 06:35
雪の衣をまとった北アルプス
 昨夜のTVで今朝は霜が降りるかもしれないという予報が出された。 今朝は寒かったけれど当地では霜は降りずに済んだ。 もう朝の霜注意報がでるような季節になったのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/14 17:55
カモシカとの遭遇
 集落から100メートルと離れていない、高速道路がすぐ近くを通る林を歩いていると、灌木の根元に獣の足と思われる4本の足がのぞいていた。 何かいるなと思い、慎重に足音を忍ばせて場所を右に移動すると身体が見えた。 やはりカモシカだった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/10/07 06:22
「阿弥陀堂だより」の里
 2002年に全国公開され、静かな感動を呼んだ映画 「阿弥陀堂だより」 を見た方には、見覚えのある風景だろうと思う。 「阿弥陀堂だより」 は一年間にわたって長野県飯山市周辺で撮影がおこなわれたが、その時の唯一のロケセット 「阿弥陀堂」 だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/02 06:21
ようやく着いたが…嶺岳寺
 先週の休日、今が見頃だという新聞記事に惹かれ下松川町の嶺岳寺の彼岸花を見に出掛けた。 初めて訪問した場所だが、ようやくの思いでその場所を見付けることが出来た。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2009/09/30 00:03
林檎に寄せる思い
 秋は、読書の秋・スポーツの秋・食欲の秋・行楽の秋…と実に多くの例えがあるが、 「実りの秋」 もその一つだ。 信州は林檎の栽培が盛んだが、ここでも至る所で林檎畑を目にすることができる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/09/25 09:24
秋を彩るススキ(尾花)
 いつもの昼の散策道、ススキの穂が秋風に吹かれゆっくりと揺れている。 山道から田んぼを見下ろすと、あちこちで稲刈りが始まっている。 稲刈りが終わり、涼風に銀色のススキの穂が揺れると、人々はその年の収穫を感謝したという。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/23 06:35
安曇野巡り
 安曇野には結構足を運ぶことが多い。 昨日もさわやかな青空に誘われて、安曇野の田園風景を見たくて車を走らせた。 周囲の風景を楽しみながら、まずは 「安曇野ちひろ美術館」 に立ち寄った。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/09 06:51
遠足・見学の子ども達
 最近通勤途中で、リュックサックやナップザックを背負った子どもたちをよく見掛ける。 きっと遠足か社会見学にでも行くのだろう。 子どもたちの表情は明るく、足取りも、心なしか楽しそうだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/22 07:16
善光寺のご開帳
 7年に一度の長野善光寺のご開帳が催されている。 善光寺は直ぐ足下だが、雑踏を考えるとなかなか足が向かない。 GWにはいる前の平日が休みになったので、先週の木曜日、意を決して出掛けてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/05/04 17:16
今、山桜が美しい!
 ソメイヨシノの季節が去り、枝垂れ桜と八重桜が見頃を迎えている。 また、目を近くの山に転じてみると、今 「山桜」 が咲き誇っており、柔らかい新緑と相まって、最高の景色をみせている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/24 06:21
休耕田風景・ホトケノザ
 以前から出勤時に車を走らせていると一面紫色の絨毯を敷いたように花が咲いている耕作地が見える。 レンゲとはまた違った色だが、何だろうとずっと気になっていた。 昼休みの時間散策をかね、その場所に足を運んでみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/04/19 09:27
臥竜公園の朝桜
 一昨日は仕事が休みの日だった。 高田公園のお花見に行こうかと予定していたが、こんな時に限って午前中から雨という予報。 急遽、近間の 「臥竜公園」 のお花見に予定変更。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/04/16 00:39
咲き急ぐ桜・上田城趾公園
 このところの気温の上昇により、25度を超える「夏日」もあるなど、暖かい陽気の日が続いた。 しかもここに来て6、7月並みの暖かな日もあった。 この暖かさで、ソメイヨシノも一気に咲き急いだ感じだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/04/13 06:43
中山道・奈良井宿
 ようやく春が訪れた3月下旬、久しぶりに木曽路を訪れた。 中山道の奈良井宿まで車を走らせ、JR奈良井駅前に車を置き、街道を散策した。 まぶしいくらいの青空が広がり、まだ観光客の少ない初春の奈良井宿で、ひなびた街道体験を楽しんだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/07 00:02
冬に戻った雪の朝
 春めいた日々が続き、遅い春の到来を感じさせる先週だったが、今朝は一転、一面の雪景色となり、冬に逆戻りをした。 つぼみを膨らませ、花を開いた花々も、この雪にはさぞびっくりしたことだろう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/27 17:35
軽井沢 野鳥の森
 19日(木)は、20度を超えるようなポカポカ陽気だった。 ちょうど休みが取れた日だったが、こんな日に家の中にくすぶっている手はない。 朝のうちに用を済ませ、一度行ってみようと思っていた 「軽井沢 野鳥の森」 に出かけた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/03/22 07:28
春と冬のせめぎ合い
 先週は、随分暖かな日があり、ポカポカ陽気の春を思わせるような暖かさだった。 ここにきて2〜3日、雪降りの夜が続いている。 昨日の朝も、窓を開けるとうっすらと雪化粧をした風景が広がっていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/24 06:45
えっ! そんなことが…
 私の昼の散策コースの一部は遊歩道になっていて、その周囲は雑木林になっている。 毎年その雑木林の手入れが行われ、今年は不要なクヌギや松の木が伐採された。 その日から半月ほど経ったある日、面白いモニュメント(?)を見付けた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/02/20 07:06
自然との対峙は一人がいい!
 今年の冬は暖冬傾向なのか、雪も少なくここ数日は随分暖かい日が多い。 過日 「氷瀑」 を見たくて茅野市の横谷渓谷に出掛けた日もポカポカ陽気だった。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/02/14 06:22
煙たなびく浅間山
 昨日佐久方面で用を済ませての帰り、浅間山が余りにもきれいに見えたので、この道を通る時いつもするようにコンビニの駐車場に車を止めさせてもらった。 そして、青空をバックにそびえる美しく雄大な浅間山の姿にしばし見入ってしまった。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/02/13 06:24
いつもの思いつきで…
 先日、休日を使って駒ヶ根市を訪れてみた。 やはりいつものように朝になってからの急な思いつきだ。 特にここを見てみようという所があったわけではないが、とりあえず、光前寺と美術館を見ることにして車を走らせた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/11 07:08
春予感・植物の動き
 立春が過ぎ、暦の上では春になったとはいえ、信州の春はもう少し先だ。 それでも、今年の冬は暖冬気味のせいか今まで冬枯れ状態で一面枯れ草模様だった田畑の土手も、枯れ草の根元nの新芽も動きだし、日ごとに緑が増している。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/09 06:49
爽やかな空の風景・飛行機雲
 いつもの昼休みの散策。 真っ青に晴れ渡った空を見上げると、広い空を二分するようにまっすぐに描かれた飛行機雲が一条。 描かれた飛行機雲の先を目で追っていくと、かなり高い所を飛ぶ旅客機(?)を発見。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/03 06:45
善 光 寺 詣 り
 1月も最後の31日、午後遅くになってから家族で信州善光寺にお詣りに出掛けた。 数日前に折角別所の北向観音にお詣りしてあるので、片詣りにならないようにという思いもあった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/02/01 17:09
氷灯ろう夢祈願 ・ 鹿教湯温泉
 国民保養温泉地であり、「健康の郷」として知られる鹿教湯温泉で、年末より毎晩 「氷灯ろう夢祈願」 が行われている。 今年は、2月11日までだというので終了しない内にと思い、先日の夕暮れ1時間程車を走らせて行ってみた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/27 06:36
雪の上の足跡
 先日仕事で南佐久の南相木、北相木村に出掛けた。 ここは長野県の東はずれに近い標高1000mちょっとの地域で、谷間の道を車で走っていくと昨日降ったものかわずかな雪があちこちに見られた。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/01/24 06:28
鴨さんよ そこのけそこのけ〜
 「鴨さんよ、そこのけそこのけ お人が通る」 という小林一茶の句になぞったような戯れ言が出てきそうなすごいカモの数だ。 オナガガモとヒドリガモが多数を占めているようだが、一体何100羽いるのだろうか。 いや、ことによったら1000羽を超える数かも知れない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/01/22 06:39
遅い初詣・北向観音
 昨夜は雨だった。 北側の屋根の雪が雨で緩んだのか、何度も雪が屋根を滑り落ちる音が聞こえた。 明日は「大寒」だというのに、今朝は3月下旬から4月並の陽気だった。 きょうは、休みと暖かい日とが重なったので、ようやく延び延びになっていた初詣に出掛けた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/01/19 18:02
狐島の白鳥たち
 昨年、ウェブ友達の方から地図を添えて、白鳥の飛来地 「狐島」 の場所を教えていただいた。 今年初めてそこを訪れてみた。 ナビの案内で近くに行くと、上空に3羽の白鳥が舞っているのが見えた。 白鳥がいるという田んぼがかなり近いに違いない。    ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/01/15 11:48
長閑な時間と空間
 暖かな日差しがさす昼の一時、いつものようにカメラを抱えて散策に出る。 昨日はたんぼ道コースを歩いた。 どこからかメェ〜という長閑なヤギの声が聞こえてきた。 やあ、いました。 きょうはここに繋がれていたんだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/12/20 09:18
いつものパターン
 それぞれに仕事を済ませた10時を回った頃、「どこかへ出掛けようか?」 やはり今日もいつものパターンだ。 この時刻だと、そう遠くへ行くわけにはいくまい。 こんな時の武器は、良くある雑誌でのレストランやカフェの紹介だ。 きょうは、軽井沢に決定。 昼食時刻に十分な余裕を持って目的の店に到着。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/12/01 21:13
木の葉が落ちた後に
 野鳥の姿を求めながら、ゆっくりと歩く雑木林の道。 ひっきりなしに舞い落ちる木の葉。 わずかな物の動きで察知できた野鳥の姿であったが、今は舞い落ちる木の葉の動きに惑わされ、判別が付きにくくなっている。 「チィッ」というかすかな声だけが頼りだ。   枯 れ 葉 道 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/11/26 16:19
「たわわに…」&「鈴なりの…」
 なりもなったり、 「たわわ」 とはこんな様を言うのだろう。 枝もたわわに柿がなっている。 この時期、柿・林檎・石榴・無花果等の秋の果物が目をひく。 調べてみると果実の豊かな実りを表現するこの 「たわわ」 は、 「たわむ」 から生まれた言葉のようだ。 たわわに実った柿 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/11/19 00:01
最後のモミジ狩り
 信州の秋も大分深まり、このところの朝の冷え込みで、近くの山の紅葉も随分色あせてきた。 紅葉の名所の一つである岡谷市の出早神社 ( 公園 ) が、まだ見頃だというので出掛けてみた。 多分これが今年最後のモミジ狩りになるだろう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/11/13 17:37
海辺に立って…
 時には、さほどの意味も目的もなく、どこかに出掛けてみたいと思うことがあるものだ。 先日、急に海が見たくなって、家族で10時過ぎた頃に車に乗り込んだ。 今や高速時代、1時間半も車を走らせると、もう海辺に立つことができる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/11/10 00:08
種子を落とすエノコログサ
 たとえ名前が出てこなくても、このエノコログサを見たことが無いという人はまずいないだろう。 きっと子どもの頃、エノコログサを揺らせてじゃれつく猫と遊んだ記憶のある人が多いのではないか。 わたしもその一人だ。  エノコログサとは 「犬ころ草」 の意味で、穂の形を子犬の尾にたとえたらしい。 また、別の呼び名の 「ねこじゃらし」 と共に、どことなく親しみやすい名前だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/10/15 06:55
鈴なりのリンゴ
 秋のこの時期には色鮮やかな果物が多く出回る。 信州の秋の果物と言えば、何といってもリンゴだが、信州のリンゴは、全国第2位の生産量を誇っている。 収穫期を迎え、我が家の周りのリンゴ畑には、濃い紅も淡い紅も、とりどりに華やかな色合いのリンゴが枝もたわわにぶら下がっている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2008/10/12 07:09
秋ですねぇ!
 昨夜は、 「仲秋の名月」がきれいに見えた。 10時頃急に思いついて撮影してみた。 「ああ、もう秋だなぁ」 そんな思いが募る。 そういえば最近は、キチキチキチキチ…というモズの高鳴きもよく聞かれるようになった。 身の回りには、秋の兆しで一杯だ。 人によって、秋を感じるものは違うだろうが、わたしの秋を映像で綴ると、こうなるだろうか。 仲 秋 の 名 月 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/15 18:04
ナツヅタの魅力
 林の小径を歩いていると、時々樹木によじ登って蔓を伸ばすツタを見掛ける。 冬は落葉してしまうので、 「ナツヅタ」 ともよばれる。 ツタは、巻きひげの吸盤を付着させて成長する。 すなわち、次々に伸ばした巻きひげの吸盤を貼り付けて樹木や壁を伝って成長することから、 「つたう(伝う)」 の意味で 「つた」 になったという。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/30 09:38
初夏の霧ヶ峰高原・梅雨明け
 先日、例年より少し早く、関東甲信越の梅雨明けが発表された。 きょうも強い陽射しが照りつけ、いよいよ本格的な夏が訪れる。  梅雨明け直前の先週、30度を超える中、意を決してビーナスラインを走ってみた。 一面の緑の草原と青空が眼前に広がる。 頬をなでる涼風が、また心地よい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/20 06:43
暖かな日の農作業
 5月初旬を思わせるようなポカポカ陽気の日、アンズの花もそろそろ散り始めるような暖かさだ。 昼の散策から帰り始めると、遠くに農作業をしている人影が目に付いた。 今まで野良仕事をしている方の姿はほとんど見ることがなかったが、暖かい日が幾日も続き、霜の心配が少なくなったせいか、ようやく種をまいたり、苗を植え込んだりする作業が始まったようだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/04/18 06:58
柳と杏の競演
 南信州では、桜の花が満開で、春爛漫です。 昨日は松本で、そして、きょうは長野で桜の開花宣言が出された。  きょうは朝から雨降りだったが、出勤するたびにずっと気になっているものがある。 それは、アンズの花の開花状況と柳の芽吹きだ。 昼休み、わずかな雨の晴れ間を縫ってカメラを片手に撮影に飛び出した。 アンズの花と薄黄緑色に萌えた柳が揃った風景を撮りたかったのだ。  柳 と あ ん ず ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2008/04/10 19:35
我が心の故郷
信濃の国は 十州に  境連ぬる 国にして 聳ゆる山は いや高く  流るる川は いや遠し 松本 伊那 佐久 善光寺  四つの平は 肥沃の地 海こそなけれ 物さわに  万ず足らわぬ 事ぞなき 四方に聳ゆる 山々は  御獄 乗鞍 駒ケ岳 浅間は殊に 活火山  いずれも国の 鎮めなり 流れ淀まず ゆく水は  北に犀川 千曲川 南に木曽川 天竜川  これまた国の 固めなり ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 14

2008/03/03 21:03
小さな雪の造形美
  昼休みの散策中は、 「あわよくば野鳥の撮影も…」 と思っているので、動くものに対してはかなり敏感になっている。 いつものようにキョロキョロしながら歩いていくと、左手に何か音もなく動いている気配を感じた。 先日までの雪が暖かい日を受け、斜面を転がってきたのだ。   「何だ、雪か」 と思って再び歩き始めようとしたが、「ウン、今、滑り落ちたのでなく、転がってきたよな」 と、もう一度雪の転がってきた場所を見直してみる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2008/02/28 00:07
春まだ遠し
 先週は、随分暖かい日が続いた。 今まで日陰にあった雪も一気に溶け、姿を消しつつあった。 庭の池の氷も溶け、昨日は、何ヶ月ぶりかで、池の全水面が見えていた。 これで、この冬も終わりかなと思わせるような一週間の陽気だった。  ところが、そう簡単には春は来てくれない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/24 07:58
輝く山頂
今朝も冷え込んだ。 外に出ると思わず身震いがする。 今朝もうっすらと雪が残っている。 足下の草木はもちろん霜で白くなっているが、遠くの山は、というと…。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2008/02/17 18:25
冬らしい冬
今年は寒さばかりの冬かと思っていたら、驚くほど多いというわけではないが、このところ雪かきが必要な程度の降りが、何回か続いている。 昨日の朝は、目が覚めてカーテンを開けると、いつもに比べて窓の外が薄明るく、積雪の予感。 はやる気持ちを抑え、窓を開けると寒風が吹き込むとともに期待通りの銀世界が目に飛び込んできた。 前の夜、就寝前にも雪かきをしておいたが、出勤前に雪かきをもう一度する。 ちょっとあわただしい出勤となった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/02/11 05:51
雪景色
「今年は雪が少ないなぁ」 と思っていた矢先、土日にかけて、久しぶりの雪となった。 珍しく雪かきが一度では済まないほどの雪となり、銀世界が広がった。 やはり、冬はこうした雪景色がよく似合う。 身勝手なもので、雪がなければこんな事を考えるし、雪が降れば降ったで、雪が降りすぎた時など、雪の多さを嘆いたりするものだ。 何事も程々がいいと言うことだろうか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/05 20:03
極楽! 極楽!
長野県にはあちこちに温泉地があるが、近年ほとんどの町で温泉を持つようになっている。 もちろん、私の町にも町全体を見下ろせるような眺望のきく高台に温泉がある。 こうした温泉をあちこち巡ってみるのもおもしろい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2008/01/28 17:32
ようやく冬らしく
ちょっと家を留守にしていたため、このコーナーの書き込みも随分久しぶりになってしまった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/01/23 20:22
今ごろ気付くとは…
昨日のいつもの昼の散歩、何の気なしにふり向くと遙か遠方にアルプスが輝いて見える。 実にきれいだ。 山のことは全く分からないが、方向からして、たぶん 「北アルプス」 ではないかと思う。 もちろん、それぞれの峰の名前など私には分かるはずはない。 北 ア ル プ ス ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2008/01/06 17:22
松本城 (からす城)
安曇野へ白鳥を見に行った。残念ながら行き逢えた白鳥の数は本当に少なかった。 帰りは松本経由で、一般道で帰ることにする。 ただ松本を素通りするのも脳がないので、ちょっと松本城に寄ってみた。 この城は、室町時代末期、この地方に大きな勢力を持っていた小笠原貞朝が一族の島立貞永に命じて築城させた。 昔は、 「深志城(ふかしじょう)」 と呼ばれていたが、市民からは別名 「烏城(からすじょう)」 とも呼ばれ親しまれている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/10 18:01
布引観音堂 「牛に引かれて善光寺参り」
先週、小諸城址公園の紅葉を愛でた後、千曲川沿いに山側を車を走らせていくと、「牛に引かれて善光寺参り」で有名な 「布引観音堂」 の案内板が目に付いた。 およそ20分ほどの行程だという案内であったので、登ってみることにした。比較的容易に目的地に到着した。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/11/23 00:25
苗名滝 (妙高高原)
いつもその日になってから急に「○○に行こうか」等ということが多い。 きょうは、昼になってから 「妙高高原の苗名滝を見に行こう。」と、急遽出発。高速に乗って、2時間弱で現地に到着した。ここに車を置いておよそ20分ほどの行程で滝口に至る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/12 18:03
二年ぶりの白駒池
昨年は日曜日に出かけ、目の前にして大渋滞に合い、訪問を断念してUターンした白駒池。 今年は昨年の失敗を教訓に、月曜の休日に訪問した。 すんなりと駐車場に入るところまでは、順調であったが、心配した天候の回復が遅く、深い霧がまいていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/16 17:46
大池に水がない!
少し前の話になるが、9月中旬、千曲高原の大池を訪れて、びっくりした。 いつも満々と水をたたえて素敵な景観を見せていた大池に水がないではないか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/10/07 10:35
中秋の名月
昨夜は「中秋」でした。 夏も終わり、涼しい風が吹けば「お月見」シーズンの到来。中秋といえば、「中秋の名月」。昨夜は、きれいなお月さんが見えました。 丸〜いお月様を見ながらおだんごを食べて・・・。そんなお月見ができたら、風流でいいですよね。でも、中秋の名月はまん丸な満月とは限らないんですよ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/26 17:53
棚田の稲刈り
実りの秋。あちこちの田んぼの稲が実り、頭を垂れている。 昨日、姨捨棚田に行ってみると、一面に黄金色の田んぼが広がり、まさに秋の風景そのものでした。小さな田んぼで、鎌や機械で稲刈りも、ぼつぼつ始められている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/23 19:28
立山黒部探訪
「行きたい、行きたい」と思いながら、ここ何年も見送りになっていた、黒部ダムに初めて行ってみました。 自宅よりおよそ1時間半のドライブ、信濃大町からの雲上への旅路です。 扇沢駅に着いたときには、平日だというのに駐車場は満杯に近い状態でした。 関電トンネルトロリーバスに乗って、さっそく黒部ダムに向かいました。およそ15分ほどの乗車です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/20 20:04

トップへ | みんなの「風景」ブログ

おりふしの記 風景のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる