アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「日常」のブログ記事

みんなの「日常」ブログ

タイトル 日 時
担ぎ手の少ない子ども神輿
担ぎ手の少ない子ども神輿  日曜日は、地域の祇園祭が執り行われました。 といっても、子ども神輿が村内を練り歩くだけのチョッピリ寂しい祇園祭です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/07/18 19:24
手作りのジャムと野菜
手作りのジャムと野菜  散歩道の折り返し地点のリンゴ畑の片隅に、数本のアンズの木が植えられています。 オレンジ色のいい色になりました。 この朝は、夜の間に雨が降り、アンズにまだ雨粒がたくさんついており、一層おいしそうに見えます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/07/16 15:36
降り続く雨
降り続く雨  空梅雨ではないかと思うような日が続いていましたが、台風3号の接近により、その様相が一転しました。 きょうは朝からずっと雨が降り続いています。 この雨、明日の未明にかけてまだまだ激しくなりそうです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/07/04 16:17
夏至を迎えて
夏至を迎えて  昨日は梅雨入り以来の本格的な雨降りとなり、悲鳴を上げていた農作物にとっては、恵みの雨となりました。 きょうは、昨日とは打って変わって、朝から青空が広がり、また強い日差しが差しています。 どこからともなく一頭の蝶がレースフラワーの花に舞ってきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/22 09:49
美麻の蕎麦と珈琲
美麻の蕎麦と珈琲  時々くテレビで旅番組や地域のグルメ情報などが放映されますが、過日もバス旅の放映がありました。 そこで、さほど遠くない大町の 「山品そば店」 と 「美麻珈琲」 の紹介がありました。 蕎麦や珈琲一杯のために高速を使って…という病気がまた出てしまいました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/24 14:11
「ちひろ美術館」 と 「トットちゃん広場」
「ちひろ美術館」 と 「トットちゃん広場」  もう何年ぶりになるだろうか。 久しぶりに安曇野にある 「安曇野ちひろ美術館」 を訪れてみました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/07 23:30
イタチごっこに決着つくか?
イタチごっこに決着つくか?  日ごとに温かさが増し、今朝は初めてウグイスの声を聞きました。 「おぉ、春がやって来た。」 と嬉しくなってしまいました。 そんな気持とは裏腹に、何とかしたいと懸命に対策を取っていることがあるんです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/29 23:51
東屋に作られた秘密基地 ?
東屋に作られた秘密基地 ?  毎朝通る散歩道のコースに、以前もここで取り上げたことがある東屋が建てられています。 アカマツが優先している雑木林の中に建てられており、普段はほとんど人の姿はありません。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2017/03/24 18:27
春はおもむろにやって来る
春はおもむろにやって来る  3月を迎えましたが、毎朝歩いている雑木林はまだ冬枯れの静けさによって支配されています。 しかし、庭のあちらこちらでは寒中を持ち越し、たくましく春を迎えている姿を目にすることができます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2017/03/01 17:10
落ち着きを取り戻した上田城趾公園
落ち着きを取り戻した上田城趾公園  昨年は、NHK大河ドラマ「真田丸」ブームで、上田城趾公園は大変な人気スポットになりました。 例年ですと桜の時期や紅葉の時期などを中心に何度か訪れた場所ですが、昨年は観光客に圧倒され、人と車の多さを嫌い、あえて近寄らずにいた一年でした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/13 17:51
汗だくの雪かき
汗だくの雪かき きょうは朝から猛吹雪です。 今年一番の積雪の朝を迎えました。 およそ20pほどの積雪でしょうか。 朝食を済ませ、雪かきは降雪が収まるのを待つことにしました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/21 17:35
長野善光寺詣り
長野善光寺詣り  先日、毎年行っている長野善光寺へ初詣に行ってきました。 平日でしたのでさほどの人出ではありませんでしたが、それでも参道はご覧の通りです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2017/01/11 17:30
生け垣の撤去
生け垣の撤去  我が家の周囲は、一部60〜70本ほどのコノテガシワの生け垣になっています。 このコノテガシワは、昨年末逝去した兄が実生から育てた苗を頂き、我が家の新築時に庭の周囲に植え込んだものです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/06 17:21
多忙な三が日
多忙な三が日  2017年、新しい年が明けました。 昨年の雪の年越しとは違いよく晴れ渡った晴天に恵まれ、穏やかな正月となりました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2017/01/02 17:39
冷え込んだ朝の霜柱
冷え込んだ朝の霜柱  朝からくっきりと晴れ渡り、青空が一面に広がっています。 こんな朝は、格別冷え込みが厳しく、メダカの屋外飼育の容器や池も薄氷が張り、地面もすっかり凍てついた朝になります。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/30 18:00
雪の朝の散策
雪の朝の散策  夜の間大分強い風が吹いたとみえ、夢うつつの耳にも風に揺れる色々な物音が聞こえてきました。 夜中にトイレに起きると、ガラス戸を通して雪が吹雪いているのが見えました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/12/28 16:46
雑木林に佇む 気の毒な「東屋」
雑木林に佇む 気の毒な「東屋」  毎朝歩いている散歩道、最後に雑木林の中の坂道を下ってくるとこんな建物があります。 冬枯れの殺風景な雑木林を歩いきてこの建物が目に入ると、どことなく風情を感じます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/12/26 11:28
枯れ葉の布団
枯れ葉の布団  我が家の近くにはブドウ畑があり、この時期になるとそこからブドウの枯れ葉が風に吹かれて舞ってきます。 どういうわけかその枯れ葉は、我が家の庭に吹き込まれます。 そして、何カ所かは、こうした吹きだまりとなりたくさんの枯れ葉が溜まります。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/23 16:30
冷え込む朝を迎えて
冷え込む朝を迎えて  窓を開けるとくっきりと霜の降りた跡が残っています。 カーテンを開け、餌をねだる北斗(我が家の柴犬)に朝飯を与え、周囲を見回すと凛とした白い世界です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/17 21:48
白く輝く山頂の森
白く輝く山頂の森  夜の間、何となく雨らしき音が聞こえていたような気がしていました。 朝目覚めて窓を開けると、矢張り地面は雨で濡れたように黒くなっていました。 いつものように朝の散策に出ると、身近な山の峰部分が白くなっています。 どうやら高いところは雪だったようです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2016/12/07 22:57
危なかった カマキリの巣
危なかった カマキリの巣  好きな人ほど庭に多種多様な植物を雑多に植えやすいといいます。 ご多分に漏れず、我が家の庭も様々な植物を植えすぎました。 ちょっと手を手を入れないでいると伸び放題になりますので、時々庭木を整枝・剪定し小ぶりに育てるようにしています。 ユキノシタも電動バリカンで一気に刈り込みました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/12/05 22:30
冷え込んだ 霜の朝
冷え込んだ 霜の朝  午後になって暖かな日差しが差すようになりましたが、今朝は小雨模様の朝でした。 これに引き替え、昨日の朝の冷え込みは何と厳しかったことか…。 目覚めて、新鮮な外気を入れるため寝室の窓を開けると外は一面うっすらと白い景色が広がっていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/11 15:14
贅 沢 な 秋
贅 沢 な 秋  ここ数日めっきり涼しくなり、昨日は国民の祝日 「秋分の日」。 秋雨前線の影響で、東日本や西日本を中心に雨が降り、当地でも一日中雨雲が広がり、雨が降り続き肌寒い一日になった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/23 11:24
雨上がりの散歩道
雨上がりの散歩道  台風の接近に伴い、ここ幾日も雨降りの日が続いた。 毎朝裏山を1時間ほど散策しているのだが、その際記録していた野鳥センサスノートを見ると、ここ三日間散策のできない日が続いた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2016/09/21 23:39
蜘蛛の巣
蜘蛛の巣  秋を迎えるとあちらこちらにこうした蜘蛛の巣が張られているのをよく目にすっる。 細い山道を通ったりすると、道の両脇に張られたクモの巣が顔や腕ににべったりとついて、不快な思いをすることもある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/19 23:39
虫たちの季節到来
虫たちの季節到来  つい十日程前まで、あれほどうるさく鳴いていたミンミンゼミ。 朝夕の涼しさから、半袖の腕がひんやり感じるこの頃、ミンミンゼミの鳴き声も一気に寂しくなってしまった。 薄暗くなる頃にはセミに代わるように虫が盛んに鳴き始める。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/09/16 18:44
不運な オンブバッタ
不運な オンブバッタ  9月を迎え、次第に夕暮れの虫の声が多く聞かれるようになってきた。 朝、メダカの餌やりに庭に出ると、メダカの飼育容器の縁にオンブバッタの姿を見付けた。 緑色の大きな体のバッタに褐色の小さなバッタが乗っかっている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/09 21:48
「二百十日」 と 「防災の日」
「二百十日」 と 「防災の日」  大型で強い台風10号は、30日午後6時前、岩手県大船渡市付近に上陸。 大きな災害の爪痕を残しながら東北地方を縦断していった。 8月も今日で最後、季節の移り変わりを感じる時期だが、このところは台風の影響で、一日の中でも変わりやすいお天気が続いている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/31 23:36
晩 夏
晩 夏  迷走している台風10号のせいか、このところ一日からっと晴れ渡っている日は少なく、唐突に雷を伴う激しい雨が降ったりする。 バケツをひっくり返したような激しい雨音が続き、しばらくするとからりと晴れ上がったりする。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2016/08/26 19:27
お盆のお供え物
お盆のお供え物  お盆を迎え、今年も我が家ではなすときゅうりの精霊馬・精霊牛が仏壇に飾られ、おはぎと天ぷらが供えられた。 今年は、ゴマ・きな粉・大根おろしのおはぎと、かぼちゃ・なす・レンコン・芋・カボチャの精進揚げだった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/15 17:08
“真夏日” 続く
“真夏日” 続く  屋外に出ると、ミンミンゼミとアブラゼミの大合唱。 とりわけアブラゼミの鳴き声は、この暑さを一層助長する感じに聞こえてくる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/10 19:19
清涼感を取り込む
清涼感を取り込む  きょうから8月。 8月は、1年を通じて一番水を使う量が多い月であることから、水の貴重さや水資源開発の重要性に対する国民の関心や理解を深め、節水を呼びかける為に8月1日を 「水の日」 としたという。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/01 14:02
ブログ開設9周年!
ブログ開設9周年!  この「おりふしの記」のブログは、ウェブリブログを使用しているが、毎年登録日間近になるとお祝いメールが届けられる。 先週、ウェブリブログから、下記のようなメールが配信されてきた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/07/29 10:56
雨上がりの朝
雨上がりの朝  一日梅雨らしい降りを見せた昨日の雨も、朝早くには上がり、朝の犬の散歩に出る頃には、青空がのぞきだした。 晴天とは言え、雨上がりの直後だけに湿度が高く蒸し暑い朝となった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2016/07/27 17:57
様変わりした 子ども御輿
様変わりした 子ども御輿  先日地区の祇園祭が行われた。 祇園祭には、子ども御輿が村内を一回りする習わしになっている。 今年は地域の役員をしている関係上、この子ども御輿に同行することになった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/07/20 15:44
猛暑の 「海の日」
猛暑の 「海の日」  きょう、7月18日は海の日。  「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う日」 として制定された国民の祝日だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/18 20:39
自然豊かな鬼無里の里へ
自然豊かな鬼無里の里へ  用事があり、鬼無里(きなさ)に出掛ける。 鬼無里は、長野市から西に車で1時間の山間にある。 現在は合併して長野市だが、かつては鬼無里村として一つの村だった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/06/27 18:47
贅沢な時間の流れ
贅沢な時間の流れ  昨夜の雨も上がり、日中は青空が一杯に広がり、気温もグングンと上がった。 昼過ぎには30℃に届きそうな勢いだった。 こんな日には涼しげな所で、ゆったりとした時間を過ごすに限る。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/10 18:31
桑の実、熟す
桑の実、熟す  子どもの頃には、近所に養蚕農家も何軒かあり、桑の木も当たり前に見られたし、桑畑もあちらこちらに存在した。 小学生の頃、そんな養蚕農家で蚕を数匹いただいてきて、箱の中で飼育したりもした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/03 23:40
ねむの木学園のこどもたちとまり子美術展
ねむの木学園のこどもたちとまり子美術展  5月にはいって、銀座貿易ビル5Fの東京銀座画廊・美術館で 「ねむの木学園のこどもたちとまり子美術展」 が開催されている。 (今月29日まで、開かれている。) 二十数年前に静岡のねむの木学園を訪問し見学させていただいたことを思い出し、初めて高速バスを使って出掛けてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/25 21:43
夏を思わせる陽気
夏を思わせる陽気  いつもの朝の散策に出た時から、陽射しが強く感じられるようなスタートだった。 青空が広がり、日中の気温の上昇を予感させるような朝。 きょうの日本列島は広く高気圧に覆われ、各地で気温が上がった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/23 17:49
溜池の珍客
溜池の珍客  毎朝歩いている散歩道の外れに周囲が30メートルほどの溜池がある。 普段は余り立ち回ることはないが、気が向くとちょっと遠くまで足を伸ばし、水鳥の観察をしたりすることもある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/06 19:01
野鳥撮影機材の落下
野鳥撮影機材の落下  下の写真は毎朝散歩する際に携行しているわたしの愛用している野鳥撮影用の機材だ。 散歩のたびにこれを肩に担いで歩いている。 もう十日程前の話になるだろうか。 こともあろうにカメラと望遠レンズが担いでいた肩から落下してしまった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/02/26 17:34
今朝は、雪景色
今朝は、雪景色  いつもの朝の散策。 長靴を踏みしめるキュッキュッという音が心地よく響く。 降雪量は1〜2pほどでたいしたことはないのだが、今朝は雪景色となった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/10 17:57
朝陽に輝く つらら
朝陽に輝く つらら  今朝も氷点下5℃はゆうに下回っただろうか。 朝飯前に出掛ける犬の散歩時は、帰る頃には耳が痛いほど冷たく、指先の感覚もなくなっているほどの冷え込みだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/27 17:08
両参りで満願成就!
両参りで満願成就!  数日前の話になるが、善光寺には初詣をしてあるが、まだ別所の北向観音にはお参りしてなかった。 買い物に出た折、三日ほど前に思いつきで別所に出掛け、北向観音へお参りに行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/22 17:57
信濃国分寺八日堂縁日
信濃国分寺八日堂縁日  上田市には、聖武天皇の勅願により建立され約1250年の歴史をほこる信濃国分寺がある。 この国分寺では、毎年1月7日・8日に信濃国分寺(八日堂)縁日が行われる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/01/08 18:12
善光寺初詣
善光寺初詣  小雨模様であったが、いつものように善光寺へ初詣に出掛けた。 「牛にひかれて善光寺参り」で全国的に有名な大寺院であり、「一生に一度はお参りしないと極楽に行けない」 ともいわれ、全国から多くの参拝者が訪れる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/07 17:28
家族揃って
家族揃って  ちょっと日が経ってしまったが、正月二日の午後のことだ。 仕事を終えた末の息子夫婦が遠方から帰ってきて、家族が全員揃った。 夕飯の用意ができ、コップに飲み物がつがれ、開宴の運びとなった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/04 17:17
冷え込んだ朝
冷え込んだ朝  朝から雲一つない青空が広がった。 こんな朝はおきまりの方伽冷却現象で冷え込みが厳しく、霜が降りて一面白一色の景色が広がる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/12/18 17:36
今年の野沢菜
 野沢菜漬けの季節を迎え、数日前にお借りしていた畑の野沢菜を採ってきた。 いつもの年より大きく育ったが、なかなか強い霜が来ないために、いつまでも菜っ葉の茎がシャキッとしている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/12/16 17:21
寒暖差の激しい時期
 霜の降りる日が続き、霜柱が見られるほどの冷え込んだ朝が続いたかと思うと…。 一転、雨が降り続き、ジャンバーを着込んで散歩に出たものなら汗ばむような日にもなる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/12/11 17:58
雪をいただく 浅間山
 久しぶりに軽井沢に出掛けてみた。 軽井沢に行く時はいつも上田市と軽井沢町を結ぶ浅間山麓広域農道を車を走らせる。 30km弱のこの広域農道は、 「浅間サンライン」 の愛称で知られている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/11/30 22:18
イノシシに 遭遇
 いつものように朝の散歩道を歩き、山道にさしかかる。 途中から舗装された車道をそれ、落ち葉が積もっている雑木林内の遊歩道に入ると、前方に何やら動く物がいる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/27 21:29
素人の野菜作り
 今年も知人から畑をお借りして、ずぶの素人が野菜作りに挑戦した。 春野菜の栽培は、畑に行くのを少し怠ったら、草だらけにしてしまった。 秋野菜はというと…。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/25 12:00
嘆かわしい 惨状
 毎朝散策している「散歩道」は、集落からわずかに山道に入った雑木林。 車も通り、遊歩道も整備されている。 遊具が設置されたり、東屋が建てられた広場もある。 そんな場所に思いもよらない物が捨てられていることがある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/23 23:53
中山道の三宿を訪ねる
 中山道(木曽路)には、江戸時代から営々と続く暮らしを守りながら、宿場の景観を今によみがえらせた宿場町がいくつも存在する。 先週、その木曽路を車を走らせ、江戸時代を思わせる宿場町の風情を楽しんできた。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/18 22:40
鳥の落とし物 ・ 自然を楽しむ
 いつものようにカメラを携帯して朝の散歩をしていたら、足下に一枚の大きな羽根が落ちていた。 長さはおよそ25pほどもあるだろうか。 屋街を歩いているとこうした野生動物たちの落とし物が結構あるものだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/04 17:59
賑 わ う 雷 滝
 松川渓谷の紅葉も見頃を迎えたようだ。 ここは余り歩くことなく車中から紅葉が楽しめる。 ここ数日ちょっとお疲れモードの体なので、とりあえず高山村から雷滝を訪れてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/10/14 23:46
世界遺産 富岡製糸場
 先週の話になるが、とある一日バスツアーで群馬県を訪れた。 群馬県と言ったら、今は何と言っても世界遺産に登録されてすっかり有名になった 「富岡製糸場」 がある。 ツアーでは4カ所ほど回ったが、もちろんここもその中に含まれていた。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2015/10/12 23:29
沢蟹の生息する流れ
 近くにおよそ20pほどの幅のU字溝が敷設された小さな流れがある。 これは確か自分がここに居を構えた頃地域の作業で敷設した流れだ。 だから、もう数十年も経つと言うことになる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/10/09 21:02
実りの秋 ・ 実を楽しむ
 気がつけば猛暑の夏もいつの間にやら姿を消し、日ごとに秋らしさが深まっていく。 この時期、野山を歩くと、いろいろな木の実・草の実がなっているのに気づく。  それぞれに特徴のある形や大きさ・色が見られ、秋を楽しめるのは花や紅葉だけではない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/23 16:40
蜘蛛の巣
 山道を歩いていると光の加減で蜘蛛の巣が輝いて見える時がある。 秋は蜘蛛のシーズン。 うっかりしていると、家の周囲も蜘蛛の巣だらけなんていうことにもなりかねない。 それにしても、蜘蛛の巣をよく観察すると実に巧みに作られているものだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2015/09/16 11:18
日照不足の影響
 台風18号は午前10時すぎに愛知県・知多半島に上陸した後、東海と北陸を縦断し、午後2時までに石川県小松市沖へ抜けていった。 夜までには日本海で温帯低気圧に変わる見込みのようだが、台風や前線に向かって湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となっている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/09 16:14
万治の石仏
 下諏訪町にある諏訪大社下社春宮の鳥居から左に折れて、砥川沿いの小径を行くと、万治の石仏がある。 木立に囲まれた静かな一角にどっしりと座るこの石仏、高さ2mほどの半球の自然石に仏頭を乗せた何とも奇妙な仏様だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/02 12:07
セミ ・ せみ ・ 蝉…
 きょうは雨模様で凌ぎやすい一日だったが、昨日は久々暑さがぶり返した。 こうなると残り少ない夏を惜しむようにセミの鳴き声が賑やかになる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/19 22:41
ナスとキュウリのお供え
 きょうは、朝から雨降りとなり、どうやらこの様子だと一日降り続きそうだ。 それと共に気温の上昇も抑えられ、随分しのぎやすくなっている。 お盆も終わり、仏壇のお供え物も下ろされ、感謝の気持と共に処分された。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/17 10:43
風になびく レンゲショウマの花
 朝目覚めて、窓を開けると、爽やかな涼風が吹き込んできた。 地面はしっかり雨がしみこみ、黒くしっとりとしている。 久しぶりに涼しい夜で、夜の間雨が降っていたのにも気づかずに、ぐっすり眠っていたようだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/08/14 23:32
今年も やられてしまった!
 道路に面した場所と空き地になっている南側は、コノテガシワの生け垣になっている。 毎年数回この生け垣の刈り込みをして、形を整えている。 余り伸びない内に手を入れておく方が楽なので、ちょっと暑い時期ではあるが、春に続いて今年二回目の刈り込みをした。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/08/12 23:58
ブログ開設 8周年の時を迎える
 このブログ「おりふしの記」も開設してから7月26日で8周年になった。 開始当初はどんな方向でやっていくのかも定かでない内のスタートだったが、月・水・金曜日の週3回の掲載を目指しながら、何とかここまで継続することができた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/07/31 19:59
猛暑続きの夏
 連日35℃に迫る猛暑の日が続く。 さすがにここまでの暑さになると、窓を開け放し、自然の風を入れようとしたら、反って逆効果となり、ムーンとした生暖かい風を呼び込んでしまう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/29 17:17
素人の野菜つくり
 我が家では、その日に行うことが突然提案され、動きが決まることが多い。  今朝も5時頃目が醒め、まだ十分に覚醒しないで床の中でぼんやりしている時、「これからジャガイモを堀に行こうか。」 という声が耳に入った。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/20 22:36
雨にぬれる ネムノキの花
 このところ雨模様の日が続き、朝の散歩もままならない。 昨日もシトシトと雨が降り続いたが、きょうもまた雨だ。 南方には三つの台風が接近しているので、この影響が消えるまでは、青空は望めないだろう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/08 14:15
コスモス街道を走る
 この建物、テレビの 「人生の楽園」 という番組を毎週見ている方ならば、見覚えのある方が多いのではないかと思う。 6月6日の 「人生の楽園」 で取り上げられた 「高原カフェ ツリーハウス」 だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2015/06/27 10:52
戸隠神社参り
 最近、戸隠参道入り口の駐車場は有料になったと聞くが、いつものように戸隠森林植物園の駐車場に車を停めた。 今回は森林植物園の散策が目的ではないのだが、みどりが池を経由して戸隠奥社参道入り口に出る。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/06/17 14:05
熟し始めた 桑の実
 健康保持のために毎朝散歩している山道に、遊休農地があり、今では荒れ地状態になっている。 そこに1本の樹高3メートルほどにもなる大きな桑の木が生えている。 梅雨に入ったこの時期、近くを通っただけでも桑の実がたくさんなっているのが目立つようになってきた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/06/12 16:22
今年の住人も シジュウカラ
 我が家の庭には、巣箱が二つ架けられている。 なかなか鳥の姿が見られないので、「今年は、空振りかな…。」 と思っていたが、半月ほど前に巣箱にシジュウカラが、留まっているのに気づいた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/10 14:31
カマキリの 羽化
 昨年の秋、生け垣の剪定をしている時、カマキリの巣を発見した。 巣のある枝は刈り込まずに残しておいtが、先日そのカマキリの巣が羽化したらしい跡が見られた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/03 23:22
また外したボタンの見頃 ・ 遠照寺
 高遠にぼたん寺として知られている “遠照寺(おんしょうじ)” という1200年前に草創された古寺がある。 このお寺の境内には、170種類 ・ 約2,000株の色とりどりのぼたんが植えられている。   ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/27 23:20
大きな蝿の顛末
 昨年は、マイマイガが大発生したが、今年もその毛虫がかなり見られる。 この毛虫、何でも食べるが、睡蓮の葉も食べる。 見付け次第捕殺しているが、睡蓮の葉陰に毛虫がいないかと睡蓮の葉を動かすと、葉の重なり部分におもしろいものが見つかった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/05/25 23:54
続・能登半島を行く (番外編)
 能登半島一周の旅二日目は、宿を8時前に出て、8時から始まる輪島朝市で始まった。 夜の雨があがって間もない時間帯であったが、すでに朝市の準備が始まっていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/22 20:22
好みのコーヒーハウス
 急きょ依頼された仕事が3月で一段落して、またゆっくりした時間の流れを楽しみながらの日々が送れるようになった。 仕事が終わる少し前に、職場で一緒に仕事をしている方に勧められた軽井沢のカフェがあったことを思い出した。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2015/04/17 14:45
長野善光寺の御開帳
 7年に一度と言われている長野市の善光寺で御開帳が始まっている。 連日参拝の人々でごった返しているようですが、きょうは朝から雨模様だったので、人混みを避けるにはこの日を逃す手はないと出掛けてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/04/13 23:30
マクロレンズを 再び手にして
 雪の日に、坂道を下る際に転倒して、マクロレンズを壊してしまってからもう何年になるだろうか。 AFが効かなくなったそのレンズをだましだまし2年ほど使っていたのだが、とうとう動かなくなって廃棄してからやはり2年ほどが経つ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/03/23 18:16
庭の花が咲き出した
 まだ夜間の冷え込みが厳しく、氷と霜と霜柱の朝が続くとは言え、我が家の庭はもう春です。 日が経つにつれ、花の種類が一つまた一つと数を増し、春の到来を告げている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2015/03/13 23:20
春は直ぐそこ…
 昨日は夕暮れ時から雨が降りだし、夜には雪に変わった。 「これは明日の朝は雪かきかな」 と思いながら床についた頃には、随分風も強く吹きまくっていた。 なかなか、すんなりとは春になってくれないものだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/03/11 18:18
春を告げる 梅の花
 日々歩いている散歩道周辺からは、完全に雪が消え去った。 まだ夜間の冷え込みは厳しく、氷が張っている朝だが、日中は春を思わせるような暖かな日もある。 畑の隅に植えられた 「あの梅は咲いただろうか」 とちょっと寄り道をしてみた。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/02/28 17:59
今度は、イノシシが…
 わたしが日々カメラを抱えて歩いている散歩道脇には、二カ所ほど畑地がある。 冬期間は、もちろん何も栽培されていないが、イノシシよけに電気柵が設置されている。 傾斜地の畑近づいていくと、何やら黒い動くものに気づいた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/02/23 18:06
いつもの定食
 三寒四温とはよくいったもので、このところ冬と春が一進一退し、しめった大きな牡丹雪が降ったり、手袋が不要な陽気になったりしている。 先日、仕事休みの日を狙って長野へ出掛けた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/02/20 17:55
心引かれる俳優 高倉健さん
 きょうは、昨年11月に亡くなった 俳優 高倉健さんの誕生日。 他界されてからもう3ヶ月になるが、依然としてこの高倉健さんについての本が出版されたり、TV番組が放映されたりしている。 俳優さんのことは余り興味のない自分だが、この俳優さんだけはちょっと違い、気になる人物だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/02/16 18:43
凍てつく朝だからこそ…
 過日の雨模様の日が去ってから、また一気に寒さがぶり返し、このところの冷え込みは一層厳しさを増している。 毎朝起床するとまずは犬の餌やりから始まり、各部屋のストーブに給油をして部屋を暖める。 そして、いつものように朝の犬の散歩に出掛けるため庭に出る。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/01/30 17:47
キツネとの遭遇
 以前は、月・水・金曜日と定期的に更新していたこの 「おりふしの記」も、最近は随分不定期更新になってしまった。 理由は色々あるが、長い間やっているとネタ切れとなり、何を書いたらいいのか分からなくなるものだ。 ところが、今朝は向こうからネタがやってきてくれた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/01/28 19:43
善光寺詣り
 勤めを終え帰宅したらすぐ、長野の善光寺にお詣りに出掛けた。 自宅を出た頃にはチラチラしている程度の雪だったが、さすがに長野市に入ると雪の大きさがグ〜ンと大きくなり綿雪のような雪となった。    ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2015/01/19 17:17
冷え込んだ朝の散歩道
 冬晴れの青空が広がる朝、いつもの散歩道から眺める故郷の山は白く雪化粧をしている。 キュッキュッと新雪を踏みしめながら坂道を歩くと、少しずつ息が上がり始め、吐く息が白く見える。 これだけ晴れ渡ると、放射冷却現象からか、冷え込みが厳しい朝となっている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/01/17 22:38
居座る寒気
 これは、我が家で金魚を飼っている小さな池に設置されているウォータークリーナーだ。 このところの冷え込み続きで、池は全面結氷しウォータークリーナーの水の落ちる所だけがかろうじて水が動いている状態だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2015/01/09 17:53
北向き観音・初詣
 11時近くなってから急に、「北向き観音へ初詣に行こうか」 と声がかかる。 我が家では、こうして突然行動を起こすことはそう珍しいことではない。 今日が仕事始めという企業もかなりあるようなので、混雑はあるまいと出掛けることにする。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/01/05 18:00
いつもと変わらない正月
 新たな年を迎えて二日目、穏やかな正月を迎え、いつものように箱根駅伝に釘付けの駅伝三昧の正月を過ごしている。 正月三が日は荒れ模様の天候になるだろうという予報だったが、当地ではさほどではなく、大晦日には例年のように二年詣りに行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/01/02 17:35
屋外飼育メダカの その後は?
 連日車のフロントガラスが凍り暖機運転が必要になった。 屋外の水道も凍結予防のために不凍栓で水を落とす。 池の水にも氷が張るようになってきた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/12/25 17:32
朔旦冬至
 きょうは、「冬至」。 毎年かならずめぐってくる冬至だが、今年はことしは 「朔旦冬至(さくたんとうじ)」 といってかなり特別らしい。 今年の冬至が旧暦11月1日にあたるからで、ほぼ19年に一度の巡り合わせで、大変おめでたい日とされている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/12/22 22:55
やはりまとまった雪降りに
 爆弾低気圧と呼ばれるような強烈な低気圧の影響で、二日続きの雪降りとなった。 「やっぱり、来たか…。」 そんな思いのする天候だ。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/12/17 18:23
とうとう雪になりました
 布団を上げ窓を開け放つと、まだ薄明るい裏庭には、うっすらとした雪景色が広がっていた。 積雪量としては数oだが、この冬初めての雪らしい雪降りとなった。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/12/06 17:36
11月の異称
 11月も残りわずかとなったが、11月の異称を調べてみたら、霜降月、霜月、仲冬、神楽月、露隠りの葉月、風寒、雪待月、雪見月、神帰り月・神帰月…、まだまだたくさんありそうだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/11/28 17:46
こんな日もあるか…
 昨日、今日と二日続きの雨降りとなった。 そんな雨の中、仕事休みの日を選んで、ずっと以前に申し込んであった日帰りのランチクルーズに参加した。 朝から夜まで、丸一日止むことなく雨が降り続いた一日だった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/11/26 23:39
地域のつながりの大切さ
 昨日から今日にかけて、上空を北に向かって飛んでいくヘリコプターの機影が何機か見られた。 22日夜に県北部で最大震度6弱という大きな地震があった。 きっとこれらのヘリコプターは、その被災地に向かって飛んでいったものだろう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/11/24 17:30
レモングラスを求めに
 我が家ではよくレモングラスティーを飲む。 レモングラスティーは、レモンに似たさわやかな香りと味のハーブで、リフレッシュ効果があるという。 レモングラスを購入するのに、我が家ではいつも池田町まで出掛ける。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/11/19 17:55
今季初の 紅葉狩り
 二三日前から霜が降りるような冷え込んだ朝が続き、秋が深まっている。 十日ほど前から高い山では紅葉が始まり、日ごとに紅葉前線が下に下りて来ているようだ。 先週末、この秋初めて紅葉狩りに、松川渓谷に出掛けてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/10/20 16:17
霜始降 (霜始めて降る)
 今朝は、北斗(我が家の柴犬の名)を散歩に連れ出した時、手綱を持つ手が冷たく感じ手袋がほしかった。 道端の枯れ草に目をやると、枯草の表面にうっすらと氷の結晶が付着し、白く化粧をしていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/10/18 17:20
冬越しできるか? メダカの屋外飼育
 メダカを野外で飼っている人が結構いることを知り、この厳寒の地で冬越しが可能なのだろうかという心配を抱きながら、8月の暑いさなか、初めてのメダカ飼育を始めた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2014/09/05 17:59
蜘蛛の巣
 朝の散歩道、大別すると車が通る舗装された道と、雑木林内の細道をいつも歩いている。 道幅5メートルほどの舗装道路は車や人の通行があるので心配はないが、林内の細い道を歩く時にはこれから蜘蛛の巣(蜘蛛の張った糸)に注意しないとひどい目に遭う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/09/03 14:38
ブログ開設7周年
 先日、この 「おりふしの記」 のブログを開設している “BIGLOBE ウェブリブログ事務局” から 「祝ブログ開設7周年!」 というメイルが届いた。 このブログが登録されてから、今月の26日で7周年になるというのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/07/28 22:55
桑の実の熟す頃
 毎年この梅雨の頃になると目に付くのが桑の実だ。 桑の実は、下の写真からも分かるように、実が成りはじめは白く、徐々に赤くなり、完全に熟すと赤黒くなる。 熟さないと酸味がかなり強いので、十分に赤黒くなるまで待つことが肝心。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/06/16 20:13
小布施の町を楽しむ
 毎年連休の間は県外車が急増し、ヘタな場所に出掛けると渋滞に出会いさんざんな目に遭う。 だから、休日の間は余り外出せず、息を潜めてジッと連休の過ぎるのを待つことが多い。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/05/02 23:31
シジュウカラの巣作り
 ここ数日の暖かさで梅の花の開花が随分進んできた。 それと共に各地で桜の開花宣言が出され始め、一層春の到来に拍車がかかる。 過日の朝の冷え込みでやはり玄関先の白木蓮の花は今年も茶色に汚れてしまったが、朝玄関から外に出るとその白木蓮の枝で、シジュウカラが盛んに警戒して鳴いていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/14 18:10
梅花の季節の訪れ
 ここ数日、随分暖かな日が続いている。 仕事疲れを癒そうと、先日上田城趾公園に出掛けてみた。 このところの暖かな陽気に公園の梅が咲き出したという新聞記事を目にしたからだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/04/04 22:58
高校生の爽やか行為
 今週は随分暖かい日が続いているが、今日も日中の気温は20度を超えた。 ゆっくりと坂道を上っていくだけでも汗ばむような暖かさだ。 歩きながら雑木林に目をやると、ジュース缶がいくつも林の中に投げ込まれている。 かなりの数の缶やビニル袋が散歩道脇の雑木林に散在し、何とも見苦しい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/03/28 18:52
待ちに待った グランドの雪解け
 甲子園では86回目を迎えた選抜高校野球大会が行われている。 残念ながら我が県の高校は初戦突破はならなかったが、連日高校球児たちの熱い思い溢れた熱戦が繰り広げられている。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/03/26 17:54
積雪ゼロは、もう少し先
 当たってほしくなかった天気予報が当たったようだ。 朝から大きな “牡丹雪” がどんよりとした空から音もなく次々と落ちてくる。 牡丹雪とは、雪の結晶が多数付着し合い、大きな雪片となって降る雪だが、ボタンの花びらのように降るからとも、ぼたぼたした雪の意からともいわれている。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/03/05 23:47
満1歳を迎えた 柴犬 “北斗”
 愛犬 “ライアン” が逝った後、我が家に柴犬 “北斗” がやって来て早10ヶ月が経った。 北斗は、2013年2月27日生まれなので、満1歳を迎えたということになる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/03 15:36
除雪されていた山道
 ここは、わたしが毎朝歩いている散歩道。 二週続きの大雪のため林の中や山道には、まだたっぷりと雪が残っている。 ここ数日の暖かさにより随分雪解けが進んだとはいえ、まだまだ30pほどの積雪はあるだろうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/26 21:25
春を待つ 安曇野の里
 二週続きの記録的な大雪だったが、先週は晴天が続き、今週も気温が高めに推移するようだ。 まだまだ大雪の影響は残ってはいるものの、次第に以前の安定した生活が戻ってきそうだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/02/24 21:33
薄ら日の落とす影
 二週続きの大雪だったが、日ごとにうずたかく残っていた雪も解け出し、少しずつ雪の量が減っていくのを眺めていると、どことなく心まで軽やかになってくる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/02/21 16:00
再び大雪警報が…
 先週の土曜日、およそ40pほどの積雪となる大雪が降ったばかりだが、きょうも朝から一日中雪が降り続いた。 これは、午後の我が家の5時頃の庭の様子だ。 夕方になって、“大雪注意報” から “大雪警報” に変わった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/02/14 20:29
「待ちぼうけ」 の春
 去る8日の土曜日、久しぶりの大雪となった。 我が家では、庭先の積雪がおよそ40pになり、朝から夕方にかけ3回の雪かきをした。 用事で出掛けて帰宅した時、自宅を目の前にして除雪してない道路にさしかかった時、自動車でラッセルできずに立ち往生してしまうほどの状況だった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/02/10 17:11
映画「永遠の0」 と 絵本「優しいあかりにつつまれて」
 先週、映画 「永遠の0」 を近くの映画館へ見に行き、「優しいあかりにつつまれて」 という絵本を読んだ。 それぞれ、生と死、そして愛について深く考えさせられる機会となった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/27 21:52
厳しく冷え込んだ 「大寒」 の朝
 きょう日は、 「大寒」。 昔の暦の二十四節気の一つだそうで、小寒から立春までの30日間を寒の内といい、大寒はそのまん中にあたる。 「大寒」は、暦の上では一年で最も寒い日とされているが、今朝も暦通りの厳しい冷え込みだった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/01/20 17:30
あれから19年
 あれからすでに19年が経った。 「あれから19年」、あれからとはいわずと知れた阪神・淡路大震災のことだ。 6434人が犠牲になった阪神・淡路大震災はきょう、発生から19年を迎えた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/17 17:21
“柴刈り” と “芝刈り”
 “昔々あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。おじいさんは山へ柴刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました。”  子どもの頃に聞いた昔話、 「桃太郎」 のくだりだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/01/15 23:57
解けきらない雪
 先週降ったこの雪、当時は5pほどの積雪だったが、晴天に恵まれ間もなく黒土が見られるかと思われるほど雪が解け始めていたのだが…。 今朝も障子を開けると、模様ガラスの向こうが随分明るく見えた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/01/13 17:15
他所で年越しをしたデジタルカメラ
 喫茶店で珈琲をいただきながらホッとした時間を過ごした後、忘れ物をすることがたまにある。 今回置き忘れられたのはこのカメラだ。 以前掲載をしたことがある 「さんぽやの四季」 で、年越しをしてきたのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/08 17:41
善光寺の初詣
 善光寺の混雑が予想される正月三が日と土曜・日曜日の休日を避け、きょう、善光寺の初詣に出掛けた。 予想通り混雑はなく、駐車場にも空きがありすんなり駐車。 境内も人は多いものの混雑と言うほどの混みようではなかった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/06 21:51
実付きのよくない南天
正月に飾られる冬の代表的な植物と言えば、ナンテンの赤い実だ。漢字では “南天” と書く。 この語源は、漢名の 「南天燭」、 「南天竹」 に由来するという説と、「南天竺」 ということから、インド(天竺)の南部とする説があるらしいが、定かではない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/03 20:48
我が家恒例の二年詣り
 一年締めくくりの大晦日。 見上げる空には満天の星。 冬の星々が美しく輝き、間もなく暮れようとしている大つごもりの夜、例年のように家族そろって地元の神社に二年詣りに出掛ける。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/01/01 20:59
ハーブの里 ・ 池田町
 昼食を済ませた後、レモングラスを求めに池田町に向かった。 ここ池田町は、ハーブで町おこしに取り組んでいる。 その中心となる 「池田町ハーブセンター」 には、100種類余のハーブが栽培されている。 そこがきょうの目的地だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/12/25 20:28
霜と霜柱
 朝窓を開けるとサァーッと冷気が入り込み、目の前に霜が降りた白い世界が広がっていた。 犬に餌をくれた後裏庭に出ると、足元で霜柱の崩れる音がする。 今朝のように厳しい寒さで晴れた日には、霜が降り、ができる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/23 17:40
詩と絵に囲まれた高台のカフェ
 昼食を済ませた直後、いつものパターンで突然、「どこかに出掛けようか…。」 という話になる。 まだ行き先も決まらないうちに車に乗り込んだが、きょうばかりはなかなか行き先が決まらない。 以前から気になっていたカフェの名称をカーナビに入れてみると、一発でヒットした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/04 22:01
霜の朝、とうとう廃棄の時が…
 今朝も冷え込み、朝の散歩の時は手袋をしていても長い時間歩いていると、指先が冷たくなった。 こんな朝は、うっすらと白く霜がおり、散水用に雨水を貯水してある入れ物には、薄く氷が張っていた。 裏庭に歩いて行くと、霜柱の崩れる音もする。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/29 23:28
残秋 ・ 上田城趾公園
 11月初旬に見に行ったが、ちょっと見頃には時期が早すぎた上田城趾公園の紅葉、今度はちょっと遅過ぎかなと思いながらも再度出掛けてみた。 駐車場から見上げる櫓の風景を見て、遅すぎたかなとちょっと心配になってくる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/20 21:01
犬もさぞかし冷たかろう
 11月も半ばを過ぎ、紅葉から落葉の季節へと移り変わりつつある。 我が家では犬を飼っているが、柴犬 「北斗」 が我が家にやってきてから半年が過ぎた。 2月生まれなので、9ヶ月のまだ成犬前の子犬だ。  ペットショップで買い求める時に 「やんちゃですよ」 と言われたが、ワクチン接種が全て終わるまでの間は屋内で飼っていたが、それが済んでから、以前にも触れたようにフェンスを設置して外飼育を始めた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/11/18 23:41
レモングラスティーを飲む
 我が家では、食事の後には珈琲を、そしてお茶時には、日本茶やレモングラスティーを飲むことが多い。 レモングラスティーが切れそうになると、わざわざ池田町まで出掛けて、買い求めるのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/06 18:17
気になる 未収穫の葡萄
 わたしの住んでいる町は、「日本で一番社長が多い町」 といわれるほど、精密工業を中心とした中小工場が多い町だ。 一方一次産業のバラ栽培や果実栽培も盛んだ。 我が家の周囲にもリンゴ畑や葡萄畑が点在している。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/11/01 17:01
鬼無里の秋景色
 今にも雨が落ちてきそうな天候の昨日だったが、家内が子どもの頃大変世話になった方が逝去されたため、鬼無里村に出掛けることになった。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/25 21:04
憩いの場 “停車場ガーデン”
 台風が近づいている影響か一日中どんよりとした曇り空。 こんな日はすっきりと気分が晴れないものだ。 そんな苦し紛れの理由付けをするわけではないが、午後になって自由になる時間が生まれたので、気分転換もかねて珈琲を飲みに出掛けることにした。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/10/23 20:46
色づく葡萄の葉
 我が家の周囲では、リンゴやブドウ畑が広がっています。 リンゴの収穫はこれからですが、ブドウはほとんど収穫が済んでいる。 ブドウはほとんどが巨峰だが、一部未収穫のぶどう園もある。 この時期まで収穫されていないのは多分ジュース用に出荷されるブドウではないかと勝手に推測している。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/10/21 17:53
キツネが出迎えた寒い朝
 身近な林の木々の葉もだいぶ落葉が進み、少しずつ色づき始めた木もある。 日ごとに秋が深まっていくのを感じる。 凛とした空気が漂う、寒い朝だ。 いつものように朝の散歩に出掛けると、珍しい動物が出迎えてくれた。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/10/14 11:10
久しぶりの “かんてんぱぱガーデン”
 南信(県南部)のまだ行ったことのない村に住むお宅にようがあり、長野中央道を走って出掛けた。 今は、知らない場所でも、電話番号や住所が分かると、カーナビにセットさえすれば、何の苦もなく行くことができる。 便利ではあるが、考えようによっては個人情報面から考えると気にもなるところだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/10/11 23:46
夏の終わりを告げる 蝉の声
 朝は青空も覗いていたのに雨となり、長い時間シトシトと降り続いている。 秋の長雨を思わせるような降りようで、きょうは一日雨模様になりそうだ。  そういえば、きょうはもう9月に入って二日目を迎えたのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/02 11:12
気がかりな畑
 信州の小・中学校では、夏休みが終わり、始業式が行われて二学期の始まった学校がある。 猛暑日・真夏日続きの酷暑の夏も間もなく終わりを告げようとしている。 行く夏を惜しむかのように、夏の花の代表格である向日葵がきれいに咲いている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/08/21 13:55
虫取りをする子どもたち
 信州の小中学校は、冬の休みが長いせいか、お盆を過ぎたので、あと数日もすると間もなく夏休みが終わる。 この時期になると、散歩道で時々虫取りをしている子どもたちの姿を見掛けることがある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/19 22:33
きょうも、“猛暑” の一日
 夕方遠くで雷の音がしていた。 昨日と同様、これから夕立が来るだろうかと期待したが、思わせぶりな雷の音だけで、終わってしまった。 今日も本当に暑かった。 日中は、今年二度目のエアコンを運転することになった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/16 20:16
キュウリ と ナスの 「精霊馬」
 日本各地で行われているお盆の行事は、各地の風習や宗派による違い等によって様々だが、我が家では、お盆の期間中には、「精霊馬」 と呼ばれるキュウリやナスで作った動物を作り、お供えしている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/08/14 11:00
手負いの ゴマダラカミキリムシ
 青みがかった黒地に白い点々模様を持つおなじみのカミキリムシが、緑の葉陰から姿を現した。  多分このカミキリムシだったら、虫取りの経験者ならば誰でも知っているだろう。 非常に普通に見見ることのできる ゴマダラカミキリムシだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/09 13:30
今夏の蝉は?
 昨夜も雨だったようだが、今朝は日の出前の散歩からもう汗ばむような暑さだ。 日が高くなるのに伴い、気温はぐんぐん上がり、30度は超えたようだ。 ありがたくない 「厳しい暑さが続くでしょう」 という予報が当たってしまった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/08/07 14:01
軒下に スズメバチの巣が…
 先週末のことだ。  朝の犬の散歩を終わらせて帰宅し、何気なしに上を見上げると、なんと、二階の軒下にスズメバチの巣があるではないか。 今まで気づかずにいたが、すでに赤ん坊の頭大の大きさになっている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/08/05 19:43
ブログ開設6周年
 「ウェブリブログに登録してから、あと2日で6周年になります。 (中略) この6年間にあなたのブログで生み出された訪問回数は・・・83382件 になります。」 というメールがブログの事務局から届いた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2013/07/24 17:45
愛犬の屋外デビュー
 柴犬 「北斗」 が我が家にやってきてから3ヶ月。 生後まもなく5ヶ月を迎えようとしている。 以前掲載したように3回目のワクチン接種がすんで1週間後、かかりつけの獣医さんから散歩の許可が出た。 それを待っていたように6月23日から 「北斗」 の屋外飼育が始まった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/07/08 16:32
雨上がりの朝
 沖縄はすでに梅雨が空けたというが、当地はここに来てようやく雨の日が続き、梅雨らしい陽気の日が続くようになった。 夜間雨が降り続いた後の雨上がりの朝は実に爽やかだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/26 23:53
温かく見守られて…
 前日の雨もすっかり上がり、好天に恵まれた先週末、諏訪湖畔のとある老舗旅館(ホテル)で一組のカップルの結婚披露宴が行われた。 親の力をほとんど借りず、新郎新婦が中心になり全てを二人で企画準備して行われた結婚披露宴だった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/06/24 20:39
太郎山トレッキング
 それぞれの地域には昔から親しまれている身近な山があるものだ。 上田市には、地域の方々がよく山登りをする 「太郎山」 があり、市民のハイキングコースにもなっている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/11 16:18
再び柴犬がやってきた
 15年間家族と共に生活してきた愛犬 “ライアン” が逝って、どのくらい経ったろうか。 つらい別れであり、多くの人はこうした別れをすると次の犬を飼わない方が多いという。 そんな悲しみを乗り越え、再び我が家に柴犬がやってきた。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2013/05/24 14:23
ライアン との別れ
 午前4時、どこからともなくもの悲しげな犬の鳴き声が聞こえたような気がして目が覚めた。 まだ周囲は暗く、こんな時刻に動物の鳴く声がすることはまずなかった。 それでも気になったので、懐中電灯を持って、ライアン (我が家の飼い犬) の様子を見に行ってみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 12

2013/04/12 23:55
汚れた 白木蓮の花
 今年も玄関前の白木蓮がたくさん花を付け、華やかに咲いた。 昨日、一昨日の雨と風でもう随分散り始めているが、今年の開花は、例年に比べると10日以上は早かったのではないだろうか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/04/08 10:53
木の芽起こし
 きょうは朝から昼頃まで、雨が降り続いた。 春麗らが一転、肌寒い風が吹き、関東では記録的な雨になった。 週末はまた雨になり 「春の嵐」 大荒れとなりそうだという。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/04/03 14:15
老犬の この頃
 我が家の愛犬ライアンの年齢はすでに15歳を超えた。 現在は柴犬の寿命は15歳といわれているので、すでに平均寿命を超えており、人間の年齢に換算すると80歳近くになるかなりの老犬だと言える。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/03/15 23:46
雪解けを待っていた福寿草
 松本市の北部の四賀地区の福寿草が、雪を割って黄色の可憐な花をのぞかせ始め、待ちわびた春の訪れを告げているという記事が、数日前の新聞に掲載されていた。 毎年楽しんでいる我が家の福寿草は、どうなんだろう…。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/03/04 17:09
三十段飾り ・ 千体の雛祭り
 きょうから3月、明後日3月3日は桃の節句だ。 この時期、須坂市野辺の 「須坂アートパーク」 で、「三十段飾り ・ 千体の雛祭り」 が開催されている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/01 23:42
芽生えの時を迎え…
 昨日は、当地ではこの冬最高かと思われるような降雪となり、10p以上も積もっただろうか。 フワフワした軽い雪だったためか、たくさん降った割には解けてゆくのもまた早かった。 冬と春のせめぎ合いを見るようだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/02/25 22:19
自然の造形美 「霜花」
 きょうは朝から青空が広がり、日中は気持ちよく晴れ渡った。 こんな日の朝の冷え込みは、放射冷却現象からか厳しいものだ。 起き抜けにカーテンを開けると、窓ガラスに美しい霜の模様が朝の光に輝いて見えた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/20 13:46
「雨水」 の雨
 春が近づくと雪の結晶も膨らみ、大きな雪片となって、まるでボタンの花びらのように落ちてくる雪がある。 きょうの雪は、まさにこの 「牡丹雪」 だった。 この辺りでは、 「ぼた雪」 と言うこともある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/18 23:43
評判のレストラン
 出かけた時は曇天模様であったが、車を北に向かって走らせるにつれ、雲行きが怪しくなってきた。 中野市を過ぎた頃から雪がちらつき始めた。 ここから先は豪雪地の飯山に入るが、やはり北信濃雪も本格的に降り始めた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/15 23:52
行ったり来たりの “春”と“冬”
 朝から小雪がちらつくような薄ら寒い日となった。 10時頃にはチラチラ舞っていた小雪が大きな牡丹雪に変わり風も加わり激しく降り始めた。 せっかく地面がのぞき始めたと思ったが、あっという間に雪景色となった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/11 17:17
小さな春の兆し
 今朝、散歩に出たときに晴れていた空も、少しずつ鉛色の雲が空を覆うようになり、チラチラと小雪が舞った。 薄ら寒い一日となり、明日の朝は今朝よりさらに冷え込むという予報だ。 立春は過ぎたが、まだまだ冬は居座ったままだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/08 20:42
雪解け進む散歩道
 今日は2月の初日。 今朝もいつものように散歩に出かける。 今までは犬がお供をしていたのだが、老犬故に犬の散歩道は平地コースに変更し、この山道コースは、犬抜きの自分だけの散策コースとなった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/01 14:51
映画 「東京家族」 を見る
 朝の散策を済ませ、一息ついていると突然、『映画 「東京家族」 の上映スケジュールを調べて』 と、頼まれた。 こんなことは我が家にとっては珍しいことではない。 急に思いつきで動くのはいつものことだ。 早速近くの映画館へ、「東京家族」 を見に行くことになった。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/01/30 20:08
融雪の後の輝き
 「どんな内容で書こうか…。」  コメントだけなら書きたいことはたくさん浮かぶが、このコーナーには写真が欠かせない。 となると、取材対象が限定される。 日が西に沈みかけようとした頃、何か記事にできるような物がないかとカメラを持ってすがるような思いで庭に出た。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/01/18 17:11
今年も両詣り、北向き観音の初詣
 一昨日、善光寺に初詣に行ってきたところであるが、今日は別所の北向観音に初詣に行ってきた。 善光寺は来世のご利益を、そして、北向観音は現世のご利益をもたらすということで、善光寺だけの参拝では、 「片参り」 になると言われているのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/01/09 22:20
善光寺 初詣
 例年、年明け一週間ほどすると初詣客も減るため、毎年この時期になってから初詣に出かけることにしている。 今年も長野市の善光寺と別所温泉の北向き観音の両詣りをする予定だ。 今日は、まず善光寺詣りをしてきた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/01/07 22:06
我が家の老犬 ライアン
 毎朝行っている散歩には、様々な意味合いがある。 まずは自分自身の健康保持のためのウォーキング。 次は、野鳥の撮影を始めとするバードウォッチング。 そのために散歩であるにもかかわらずBORGレンズを付けたカメラをぶら下げている。 とは言ってもやはり一番の主目的は、年齢14歳の老犬、ライアンの散歩にあるのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/01/04 21:11
いつものように 二年参り
 厳しい寒気の中、まだ人影の少ない夜道に家族の足音が響く。 みんなの吐く息が白く見え、除夜の鐘が響く夜道に、凛とした空気感が漂う。 今年も例年のように地元の神社に二年参りに出かけた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/01/02 19:57
北信濃の冬 ・ 雪化粧
 12月に入ってから厳しい冷え込みの日が続き、県北部は例年になく大雪が降っているようだ。 今日は用事があって、名だたる豪雪地の一つである飯山市に行った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/28 21:18
冬至といえば、カボチャとゆず湯
 今朝も強い霜が降りた。 きょう22日は冬至だ。 夜が一番長い日。 ということは、これからはだんだん昼が長くなるということでもある。 そう考えると信州の厳しい冬もなんなく乗り切れそうなそんな気がして来るから不思議だ。 要はものの考え方一つだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/21 23:54
凍てつく朝
 ここ一週間ほど、連日氷点下の朝が続いている。 昨日の朝は特に冷え込みが厳しく、県内のほとんどの観測地点で、この冬の最低気温を記録したようだ。 菅平高原では、氷点下20度という全国一の冷え込みだったようだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/12 14:40
冷え込んだ 霜の朝
 いつものように朝早くに犬を連れ、カメラをぶら下げて散歩に出る。 吐く息が真っ白に見え、10分も歩くともう手綱を持つ手の指先が冷え切り、感覚がなくなってくる。 時々左右の手を代え、空いた手をポケットに入れて温める。 今朝も随分冷え込んだ。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/07 09:54
“とうじそば” の季節がやってきた
 冬といえばやはり信州に伝わる郷土料理 “とうじそば” を思い出す。 安曇野でこのとうじそばを始めたそば処があるというので、早速行ってみることにした。 とうじそばを食べるために峠を一つ越えて車を走らせるのだ。 人様からみたら、「何をやっているのか。」と思われるかもしれない。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/12 23:54
半年ぶりの 森将軍塚古墳
 千曲川ヘ探鳥に出掛けたが、鳥の姿無し。 思いつきで、昨年までのフィールドへ久しぶりに足を伸ばす。 思いつきで動く時にはいい結果は生まれないものだ。 時期がいけないか、時刻がいけないか、ここも鳥の姿無し。 この際だ、森将軍塚古墳にでも行ってみようと上まで登る。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/10/15 17:11
どこに行ったか 「稲雀」
 秋は実りの 「とき」 だ。 ときといえば、 「国家存亡の秋」 のように、重大で大切な時期である 「とき」 を 「秋」 の字を当てている。 あちらこちらの田圃の黄金に実った稲穂も、その重みで深々と頭を垂れ、稲刈りが盛んだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/09/28 14:46
過疎の村 と お焼き
 年々過疎化が進む山間の村で生活していた一人のお年寄りが、今年の夏になくなった。 このお宅には、息子達が子どもの頃夏休みになると遊びに行き、山間生活を楽しませていただくなど、たいへんお世話になった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/09/26 23:43
秋の彼岸の善光寺詣り
  昔から 「暑さ寒さも彼岸まで」 とはよく言われているが、今年ほど言葉通りに季節が動いた年はそう無いのではないか。 朝夕は大分凌ぎやすかったが、日中はまだまだ真夏の気温がずっと続いていた。 ところが雨も手伝ってか、彼岸に入ってからは、諺通り長袖を着込むような涼しい陽気になった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/09/24 23:51
秋茄子は、嫁に食わすな
 申し訳程度に実っているこの茄子は、我が家の庭の一角に設えたミニミニ農園の秋茄子だ。 秋までならせるつもりでなかったので、追肥も剪定も十分でなかったので、何ともみすぼらしい茄子になってしい、今も申し訳なさそうにぶら下がっている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/09/17 17:08
二度目の 映画 『あなたへ』
 先々週 『あなたへ』 の映画を見た後、わたしの連れ合いさんは、「もう一度この映画を観てみたい。」 と呟いた。 過日、NHKテレビでこの映画のことが放映されたこともあり、きょう、再びこの映画 『あなたへ』 を観に行った。 自分からもう一度観たいと思ったわけではないが、自分にとっては同じ映画を二度観に行くことは余りなかったことだ。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/09/10 23:53
辻井伸行 スペシャル・コンサート in 大賀ホール
 8月30日、夏の軽井沢で、 「辻井伸行 スペシャル・コンサート 《自作&クラシック》」 があった。 数ヶ月前に、先行予約のь付があり、何回にも渡るトライの結果、ようやくにして運良く2枚のチケットを予約することができた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/08/31 20:37
久しぶりの 映画鑑賞
 多少自分の自由になる時間が取れるようになってから、少しずつ前評判の良さそうな映画を厳選し見に行くようになった。 先日、公開されたばかりの 降旗康男さんが監督で高倉健さんが演じる 『あなたへ』 を観に行ってみた。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2012/08/29 18:10
草が生い茂る空き地に…
 わが家の南に接している土地は、ある方が家を建てる予定で購入されたものだが、訳あってそれが未だかなわず放置されたままになっている。 数年前までは、多少管理もされていたようだが、今では、荒れ放題の荒れ地化してしまっている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/08/27 18:17
小菅の里まで蕎麦食べ歩き
 飯山市の小菅の里には、戸隠や飯綱と並ぶ北信濃の三大修験場にあげられる 「小菅神社」 がある。 奥社に至る参道には、樹齢300年級の巨大な杉が両脇に並び、古来からの歴史を感じさせる不規則な石畳がみられた。 入り口から神秘的な絶景だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/08/24 23:58
食事中の カマキリ
 犬の散歩をすませ、何気なく庭を歩いていると、花壇に植え込まれたオダマキの葉の上で何やら動く気配を感じた。 かがみ込んで観察すると、カマキリが何やら黒い蜂の仲間と思われる昆虫を捕まえたようだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/08/10 18:33
優雅なお出かけ
 朝になっても夜中に降っていた雨が完全に上がらず、日の出前の犬を伴っての散策時にも帰り際に小雨が降り出した。 きょうは、「小鳥の森」に行ってみようかと思っていたが、この雨では予定延期かと思われた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/08/06 23:48
自然の恵み 「雨水利用」
 今まで一般家庭で雨水を利用することはほとんど無かったが、震災以降、水道だけに頼らない 「雨水利用」 に注目が集まっているという。 そこで、わが家でも、雨水タンクを購入し、一工夫加えて設置してみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/08/03 22:26
ブログ開設5周年
 前回は、信濃国分寺の蓮について書いたが、このブログの一番最初の書き込みもやはり蓮の花についてだった。 2007年の7月27日、“蓮の花” というタイトルでこのブログが始まった。 すなわち、このブログ 「おりふしの記」 は、きょうをもって開設5周年を迎えたことになる。 ...続きを見る

トラックバック 5 / コメント 4

2012/07/27 20:18
葡萄棚にぶら下がる緑の葡萄
 きょうはどんよりとした曇り空で、今にも雨が落ちてきそうな気配だったが、とうとう昼頃から雨模様となった。 朝の犬の散歩でぶどう畑の脇を通った時、葡萄棚いっぱいにぶら下がっていた葡萄の房がとても印象的だった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/07/06 18:13
豊島園の 「あじさい祭り」
 豊島園で 「あじさい祭り」 をやっているというので、「小さなぶらり旅」 よろしく初めて豊島園内のあじさい園に出掛けてみた。 アジサイだけを見に来る私たちのような人たちのための配慮だろうか、入場料は 「あじさい祭り」 の期間中は、50歳以上500円と通常の半額となっていた。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/06/11 23:57
シジュウカラ、巣立ちの瞬間
 先日の 「巣立ち間近なシジュウカラ」 をアップして2時間後、目の前でシジュウカラの “巣立ち劇” が突然始まった。 第二の巣箱からシジュウカラが次々と飛び出し始めたのは、2日前の16時40分のことだった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/06 17:41
嘆かわしい光景
 放置状態の荒れ地には、よくアレチウリが繁茂している。 4月からの新たな散歩コースにもそんな場所がある。 アレチウリは、周囲に生えていた灌木も、すっかり覆い尽くしてしまう蔓性の帰化植物なのだ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2012/05/09 13:26
終雪の時に…
 三月末、昨日は春真っ盛りを思わせるようなポカポカ陽気の一日だった。 このところの春を思わせる暖かい日差しに、前回にも触れたように庭の花も何種類か咲き始めた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/03/28 20:19
子ども達に残したい童謡・唱歌
 一昨日の夜、 “松本文化会館” で、 「 由紀さおり・安田祥子 Songs With Your Life Concert ファイナル・ツアー 〜ありがとう25年〜 」 が開催された。 およそ1時間半車を走らせ、三才山峠越えをして、二人のコンサートを楽しんできた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/03/21 18:30
“名残雪” になるだろうか…
 昨日は本格的な春を思わせるような日ざしが降り注ぎ、我が家の庭植の福寿草が一斉に花開いた。 今日の 「おりふしの記」 は、「春を告げる福寿草の開花」 とでも題して書く予定で、内容を用意していた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/03/12 17:43
ちょっぴり春めいて…
 ついこの間まで、連日厳しい冷え込みの朝を迎えていたのだが、先週中頃から随分高めの気温で推移した。 厚い氷で覆われていた我が家のミニミニ鑑賞池の氷もすっかり解け去り、泳いでいる金魚の姿も確認できるようになった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/02/27 21:50
嘆かわしい不法投棄
 毎日、降りさえしなければ朝と昼に30分程、職場や自宅の周辺を散策して歩いている。 周囲は、ミズナラなどの雑木林だが、ずっと以前からその雑木林の枯れ葉が積もった斜面に周囲の景観には似つかわしくない真っ黄色な色が目に付いていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/20 20:05
豪雪の地、北信濃を訪ねて
 長野県の最北端に位置し、山々に囲まれた栄村は、積雪量が日本一 (7m85cm) を記録したこともある日本有数の豪雪地だ。 今年の冬は、例年にない記録的な雪に見舞われているという。 朝から天気がよかったので、久しぶりに訪れてみた。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/02/13 19:04
問われるカメラマンのモラル
 過日の雨の後、再び厳寒の冬が戻ってきた。 相木村には大小含めて多くの滝が存在し、村の名勝地に指定されている。 その中でもマツカサ状の氷が滝下から上へ上へと発達する氷瀑が有名な大禅の滝を訪れてみた。  初めて見る氷瀑であったが、蒼い色味が着いた氷瀑が30メートルの高さの落ち口まで完全に氷っており、壮観だった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/02/10 23:19
春を呼ぶ冬の雨
 一昨日床に入り眠りに付いてから3時間ほど経過した頃だろうか…。 深夜、雨樋に落ちる雨の音で目が覚めた。 予報どおり、雪ではなく雨になったようだ。 雨音を聞きながらまた睡魔が襲ってきて、再び眠りに入った。 この夜の雨は翌朝まで降り続いた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/08 20:07
流水面からの微妙な距離
 いつもの散策路脇の用水路で見掛けた光景。 流れの水面近くに草が垂れ下がり、その草に付いた水が凍っただけの、一見何の変哲もないような氷だ。 最初は長い滴のような余り見ない形の氷に気を引かれた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/27 19:05
大寒前の雪景色
 今朝は寝室のカーテンを開けると、普段より窓が随分明るく感じた。 毎朝、部屋に外気を取り込むためにガラス窓を開けるのだが、冬場は凍り付いて開かないことがよくあるが、今朝は力を入れなくとも難なく開いてしまった。 こんな朝は決まって雪が降っているのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/20 19:11
結氷した池の中で…
 今朝は冷え込みが随分緩んだ。 いつもは車の窓ガラスが真っ白になっていたり、家の窓ガラスが凍り付いて開かなかったりするのだが、今朝は車に霜もなく、家の窓ガラスもスムースに開いた。 しかしこの陽気も今日だけで、明日の朝はまた冷え込みが戻ってくると言う。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/16 17:39
善光寺と北向観音の両参り
 三連休が開けた昨日、ようやく仕事休みの日が訪れたので、長野善光寺と別所の北向き観音へ初詣に行ってきた。 例年、混雑する正月期間を外しこの時期に行くことにしているのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/01/11 17:39
暦どおり冷え込んだ「小寒」の朝
 きょうは、二十四節気の 「小寒」 で寒の入り、日本列島は冬型の気圧配置が強まり、各地で暦どおりの寒さとなった。 今朝も車は真っ白に霜が降りており、庭先に駐車しておいた車の外気温は、氷点下8度を示していたが、もっと低かったかも知れない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/06 18:14
早くもきょうは、仕事始めの日
 正月三が日は、例年のように実業団駅伝・大学駅伝と暖かい部屋で普段はほとんど見ないTVにべったりと張り付き、駅伝三昧ののんびりした正月を送った。 のんびりした正月もあっと言う間に過ぎ、さてさて、きょうはもう 「仕事始め」 の日だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/04 19:15
いつもと変わらぬ二年詣り
 我が家ではここ何年もの間、家族揃って地元の神社に二年詣りをすることにしている。 2011年も押し迫った31日の23時過ぎ、いつものように家族5人全員揃って家を出た。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/01/02 16:45
雪の散歩道で…
 仕事休みの朝は、まだ日が余り昇らないうちに裏の雑木の林道を老犬の柴犬ライアンと共に歩くのが日課だ。 この日は、夜の間にわずかに雪が降り、雑木林の木々も、坂道も、集落ももうっすらと雪化粧を施していた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/12/28 23:51
息子とのスキー初滑り
 世は三連休で、昨日はその最終日。 やはりうっすらと雪が降った朝となった。 息子が今年初めてのスキーに行くという。 いつものように湯の丸高原のスキー場に行くようだが、一人で行くのだという。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/12/26 17:53
冬至を迎えて
 昨日は、冬至だった。 冬至は、1年で一番夜が長く、昼が短くなる日だが、昔から、冬至にカボチャを食べたり、ゆず湯に入ったりする習わしがある。 昨夜は我が家でも冬至カボチャを食べ、冬至風呂 ( 柚子湯 ) に入りながら無病息災を祈った。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/12/23 07:09
黒土からのぞいた福寿草
 朝いつものように窓を開けると、落ち葉の上にうっすらと雪が積もっていた。 雪が積もるといっても、見た目には銀世界といった感じではなく、何となく白い世界かなという程度だ。 ハナミズキの赤い実にもうっすらと雪が乗っている。 ここ数日はこんな感じの朝が続いているのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/12/19 23:52
霜が降りた寒い朝
 目が覚め、布団から出ると部屋がすっかり冷え込んでいる。 今朝も寒い朝を迎えた。 カーテンを引き、窓を開けると、外は真っ白だ。 真っ白と言っても雪が積もっているのでなく、霜が降りて白くなっているのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/12 17:50
申し訳程度の初雪
 外を吹き渡る強い風の音で目が覚めた。 いつものようにカーテンを開け、窓を全開にする。 冷たい外気がさっと吹き込み、一気に目が覚める。 まだ薄暗い外を見ると、枯れ葉の上に一面うっすらと雪が積もっている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/12/09 12:48
「大雪」 を迎えて
 最近の天気予報画面にはちらほらと雪マークが登場するようになってきた。 GSスタンドではスタッドレスタイヤに履き替えに訪れるお客さんの姿もあるという。 きょうは、二十四節気の一つ 「大雪(たいせつ)」 だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/12/07 17:47
柿の木 無念!
 今まで、数える程しか実を付けたことがなかった柿の木が、今年は初めて鈴なりの実を付けた。 『桃・栗3年、柿8年』 という言葉があるが、ここに植えられて数年のこの柿の木も、ようやく実なりの年を迎えたのだろうか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/05 18:32
いつもと変わらぬ朝の散策
 師走に入って2日目の朝を迎えた。 出勤する車のフロントガラスにポツリポツリと雨が当たり始めた。 今朝は散策は見送りかなと思ったが、それ以上の降りにはならなかった。 そのうち小雨が白い物に変わり目の前を舞った。 これでも “初雪” というのだろうか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/02 23:21
きょうは、 「小雪」
 朝窓を開けると、冷気が部屋の中にサァーッと入ってきて、思わず身を縮めた。 外に出てみると、今朝も弱い霜が降りたのか、周囲の枯れ葉は表面がうっすらと白くなっていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/11/23 07:59
鮮やかな紅葉に彩られた上田城趾公園
 紅葉前線もいよいよ里山にも降りて来て、日々木々の葉の色づきが変化している。 モミジ狩りは、常に紅葉の進み具合と休みのタイミングに気を使うものだ。 多分この休みが紅葉の見頃にタイミングが合う最後の休みになるだろう。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/11/14 15:56
かわいい小鳥のいる庭木
 いつもの散策は職場近くの林道を歩くことが多いのだが、この日はちょっと気分を変えて振興住宅地を歩いてみた。 日々の散策は健康保持と自然とのふれあいだが、歩きながらよそのお宅の庭を横目でチラッと拝見するのもまた楽しいものだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2011/11/11 06:44
「立冬」 ・ 「冬され」 といえども…
 凛とした張り詰めた肌寒さを覚える空気が漂う朝。 こんな空気を身体が感じ取ったのか、いつもより10分ほど目が覚めるのが遅かった。 今朝の気温は、昨日の朝より、さらに低かったようだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/09 07:36
「森総軍塚まつり」 の賑わい
 昨日の文化の日、千曲市にある科野の里歴史公園で 「森将軍塚まつり」 が開催された。  この祭りは今から約1600年前に造られたとされている前方後円墳 「森将軍塚古墳」 を改めて見つめ直し、古代の人々の暮らしをしのぼうと、地元実行委員会が1992年から毎年開催している。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/04 17:01
秋まっただ中の 『戌の日』 を迎えて
 暑い夏が去り、もう10月も半ばを迎えようとしている。 最近は、朝夕めっきり冷え込んで、毎朝庭の草木には朝露が宿っている。 栗のイガが口をパックリと開け、美味しそうな実が今にもこぼれ落ちそうだ。 秋は一層深まり、実りの秋まっただ中だ。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/10/10 07:03
高ボッチ高原でのラジコン飛行
 先週の休みに初めて高ボッチ高原に登ってみた。 この高原は塩尻市の東に位置し、多くの高原植物が自生する場所であり、北アルプスや富士山も見渡せる絶好の撮影スポットとしても知られている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/10/05 06:41
山間の村落 鬼無里村
 鬼無里村という山間の集落にいる知人のお宅のおばさんが急逝し、今年は新盆だ。 息子達が子どもの頃には、夏休みになると親戚の子どもたちと一緒に泊まりがけで遊びに行って、大変世話になったお宅でもある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/08/19 06:54
明日は、 「おりふしの記」 開設4周年!
 昨日、このブログ「おりふしの記」を登録しているウェブリブログ事務局から、“祝ブログ開設4周年!”  「ウェブリブログに登録してから、あと2日で4周年になります。」 というお祝いのメールが届いた。 そういえば、この「おりふしの記」を始めたのは、2007年7月27日、明日で、もう丸4年にもなるのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 15

2011/07/25 18:10
樹液に集まる昆虫たち
 朝の散策の帰り、クヌギの木を見ると何匹もの昆虫たちが集まっていた。 殆どは甲虫類だが、中には大きな蝶も一頭混じっていた。 時々スズメバチも姿を見せたので、注意しながら観察した。 夏になると、こうしてたくさんの昆虫たちが樹液に集まってくる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/07/15 19:05
懐かしいグミの味
 日中の最高気温が25℃の日を 「夏日」、30℃以上の日を 「真夏日」、35℃以上の日を 「猛暑日(酷暑日とも)」 というのだが、きょうの暑さは、 「猛暑日」 に近かったのではないか。 さすがに体力が落ちていたのか、朝は激しい頭痛と吐き気で起きることができなかった。 こんなことはここ10年以上もなかったことだ。 勤務の休みの日でよかった。 多分軽い熱中症症状だったのだろう。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 9

2011/07/11 17:28
遅くなった古札のお返し
 神社などにお参りに行ってお札をいただいたりすることは結構多いものだ。 そして、知らず知らずのうちにそうしたお札や古いお守りなどが手元に残ったりする。  仁 王 門 仁王門から山門へ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/06/27 23:19
今年三度目の カモシカ
 十日ほども前の話になってしまったが、5月初旬のある日、木の梢で囀るホオジロを見付け、夢中で撮影をしていると、3〜4才くらいの子どもを連れた若い父親が、 「これ以上近寄ると攻めてくるよ!」 といいながら携帯で子どもの写真を撮っていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/05/18 06:29
木曽路の小さな旅 ・ 奈良井宿
 木曽路と言えば多くの人が連想するのが 「宿場町」 だろう。 かつて江戸と京都を結んだ中山道の木曽路には、今でも11の宿場町が点在している。 主な宿場町としては贄川宿・奈良井宿・薮原宿・福島宿・上松宿・須原宿・妻籠宿・馬籠宿等が挙げられる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/04/13 20:27
日本晴れに富士を見る
 昨日は、日本全国天気予報に “お日様マーク” がずらっと並んだ。 朝の冷え込みは相変わらずであったが、予報に違わず当日は晴天となり、青空が広がった。 快晴状態の空を見て、こんな天候ならば富士山も見られるに違いない。 青空にそびえ立つ富士山でも見れば、少しは晴ればれとした気分になるだろうと考え、山梨県に向かった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/04/06 17:29
“鯉のぼり” に倣って…
 千曲市の古墳時代のムラを当時のままに再現した 「科野の里歴史公園」 に は、国の史跡に指定されている森将軍塚古墳や千曲市森将軍塚古墳館、長野県立歴史館などの史跡や施設がある。 また、自然豊かな一帯は散策を楽しむには最適でもある。 そんな園内の青空にきょうは、たくさんの鯉のぼりが泳いでいた。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/04/04 17:27
冬去りがたし 名残の雪
 先ほどから、屋根の上で振動が伝わってくるのではないかと思われるようなドーンドーンという音が続いている。 溶けた雪が屋根を滑り落下している音だ。 春先の雪は湿気が多く重い上に、気温が高いために溶けるのも早い。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/03/07 16:07
近づく春の足音
 今朝は冬型の気圧配置となり、随分冷え込んだ。 池には再び薄氷が張り、車のガラスも真っ白になり、暖機運転をしてから出勤をした。 このところは、“冬”と“春”が互いに譲らず、せめぎ合いをしている感じだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/03/04 19:45
設置を待つ手作り巣箱
 きょうは一日雨降りであった。 ちょっと肌寒さは感じられたが、やはり 「雪」 ではなく 「雨」 であるということから、春が間近に迫っていることを感じる。  この頃野鳥たちが、盛んに 「囀り」 を始めたが、そろそろ縄張りが形成され、番が形成され、繁殖活動に入る小鳥もいるに違いない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/02/28 21:28
春は、遠い? or 近い?
 昨日の日曜日は、三連休の最終日。 多くの皆さんは休みであったろうが、私はやはり出勤日だ。 定刻の7時15分頃家を出発して、雪がちらついている国道を車を走らせた。 休日でガラガラの国道をほとんどノンストップ状態で走り、いつもより随分早めに職場に着いてしまった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/02/14 17:03
マクロレンズの悲劇
 きょうは、「建国記念の日」 で休日。 きょうから三連休になる幸せな方々も多いことだろう。 仕事の性質上、世の中が休みの時は出勤日という我が身、ご多分に漏れず今日は仕事日だった。 ちらほら雪が舞い始めた国道も、休日とあってガラガラ状態のため、随分早めに職場に着いてしまった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/02/11 19:44
雪の上の造形美
 昨日は、冬と春の分かれる節目の日である “節分” だった。 そして、きょうは “立春” 。 「寒さがあけて春に入る日」 いわば春の初日だ。 暦の上では春を迎えた立春のきょうは、冬型の気圧配置が緩み、暦通りのポカポカ陽気に包まれた。 とは言え、陽射しが余り入らない所にはまだまだたくさんの雪が残っている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/02/04 21:37
鳥と、飛行機と…
 この時期に散策する時は、何か珍しい自然現象はないか、植物の芽吹きはどうだろうか、どこかに鳥の姿はないかとほとんど地上に注意を払って歩いている。 多分、散策している時ほど自分の五感が研ぎすまされて働いている時はないだろうと思う。 今日は久々に晴れ渡ったが、こんな好天にもかかわらず鳥の姿は全く見られない。    ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2011/02/02 17:45
珈琲と浅間山を楽しむ
 わたしは日に何度か珈琲を口にする、根っからの 「コーヒー党」 だ。 少なくとも三度の食後には、必ずコーヒーを入れて、その味とゆったりした時間を楽しむことを日課にしている。 味については、さほどうるさい方ではないと思っているが、最近、珈琲店やコーヒー豆の違いによる味の違いは多少分かるようになってきた。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/01/28 06:53
善光寺と北向観音の「両参り」
 例年我が家では、新年を迎える際には、家族で地元の神社で2年参りをすることにしている。 そして、初詣の雑踏を避けるために幾日か日を置いて、初詣の雑踏が落ち着いた頃、長野の 「善光寺」 と別所の 「北向観音」 を参拝することにしている。 今日は仕事が休みであったので、善光寺の参拝に行き、今年も 「両参り」 を果たした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/24 17:34
桑原地区の神楽舞
 ちょっと日が経ってしまった話題で恐縮だが、去る8日、長野県立歴史館で同館で開催されている冬季展の一環として、千曲市桑原地区の神楽舞奉納が行われた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/14 06:34
カモシカ、新年の挨拶?
 先週のことだが、昼休みにオオマシコの雄を目当てに散策に出たが、残念ながらその姿を見ることはできなかった。 オオマシコの現れる場所もそうであるが、散策コースでは、ちょっとした陽だまりの斜面に野鳥が姿を現すことが多い。 オオマシコに出会えなかったので、他の小鳥に出会えそうなもう一つの斜面に立ち寄ってみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/12 20:02
10年ぶりのスキー
 冬のスポーツといったら、スキーを抜きには考えられないだろう。 信州にはたくさんのスキー場があるのだが、こうした恵まれた条件下に生活していながら意外にスキーをしない長野県人が多いのではないだろうか。 ことによったら都会の方の方がスキーを楽しみに来る方が多いのではないだろうかとさえ思ってしまう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/10 20:46
探 鳥 日 和
 新年を迎えて5日目、西日本は大雪になり荒れ模様だったが、こちらは冷え込みも緩く、雪もほとんど降らない穏やかな年末年始だった。 散策路の林は冬枯れ状態で、林の中は明るく見通しもよい。 探鳥には絶好の条件がそろっている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/01/05 12:57
今年もブレ写真で…
 我が家では、毎年地元の神社へ二年参りに出掛けていました。 今まで二年にわたり、私はその二年参りに行かれずにいました。 というのは地区の役員の仕事を背負っていたため、地元の十二社さんで、地域の初詣に見えた参拝者を迎えなければいけなかったのです。 今年は三年ぶりの家族全員揃った二年参りとなりました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/03 18:30
15ヶ月ぶりに届いた玩具
 十日ほど前のある日の午後、思わぬ所から電話がかかってきた。 奈良井宿の木製のからくり玩具が評判の創作民芸品店 「藤屋」 さんからの電話であった。 注文してあったからくり玩具が出来上がったので、送らせてもらってもいいかという問い合わせ・確認電話だった。 これが送られてきた二匹の犬のからくり玩具だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/12/29 18:19
虫たちの冬越し
 過日は冬の小鳥の古巣探しの楽しみについて触れたが、冬枯れの季節のもう一つの楽しみは、樹木にぶら下がる虫たちの卵や繭探しだ。 虫たちはどこでどんな姿で命をつなぎ冬越ししているのだろうかと木の枝を透かして眺めてみるのもまたおもしろい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/12/24 17:50
冬至を迎えて
 朝、カレンダーを見て、今日が 「冬至」 であることを確認した時に、なぜかはよく分からないが、何か嬉しい気持ちがわき上がってきた。 多分、明日から日毎に昼間が長くなっていくからだろう。 朝目が覚めた時、まだ外が明るかったり、仕事明けに暗くなった夕暮れの道を帰る時は、余り気が晴れないものだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/12/22 17:50
少し寒い霜の朝
 時には寝覚めの布団から出るのが億劫になり、できれば布団も一緒に持ったまま…と思うような寒さを感じる朝もあるものだ。 いつものように布団から出て着替えると、すぐに寝室の窓を全開にする。 ヒンヤリした冷気と共に、まだ薄暗い外の光景が目に飛び込む。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/12/20 00:11
アンズの冬囲い
 千曲市の森・倉科地区は、 「一目十万本日本一のあんずの里」 として知られている。 山里5Km四方にわたって4月上旬から中旬にかけて一斉に開花し、あたり一面を淡いピンク色で包み、文字通り日本一の桃源郷として、全国に知られる観光地だ。 もちろんこの時期は、アンズ畑は冬枯れ状態で、寒々しい風景だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/12/17 06:31
爽やかな 朝の散策
 以前にも触れたようにこの頃は、出勤前のわずかな時間を使って、朝も散策をするようにしている。 わずか30分ほどの時間だが、朝の早い時間であるため散策中に行き会うのは、ウォーキングを日課にしている年配のご夫婦のみ。 今朝も同じ場所ですれ違い、「おはようございます。」 と挨拶を交わす。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/11/29 00:07
断崖絶壁に祀られた布引観音
 過日、長野県小諸市にある釈尊寺(しゃくそんじ)に行ってみた。 この寺院は、 「牛に引かれて善光寺参り」 伝説発祥の地であり、布引観音とも呼ばれる信濃三十三観音霊場の第29番札所でもある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/11/19 06:10
出荷を待つ赤い完熟リンゴ
 高山の紅葉前線が一気に里に向かって下り降り、里山の紅葉が始まった。 身近な山々の色付いた紅葉風景もいいが、今信州のリンゴ畑が美しい。 信州フジだろうか、赤く実ったリンゴがたわわにぶら下がり、美しいリンゴ畑風景が広がる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/11/12 07:04
秋から冬へ ・ 立冬
 昨日は、「立冬」 だった。 「立冬」 とは、秋から冬になる、との意味で、この頃より冬の気配がたち始める。 しかし、最近は温暖化が進んだためか、“冬の気配がたち始める”と言っても、11月初旬はまだ秋が座り込んでいる。 里山の紅葉はこれから、まだまだこれからが秋たけなわだと言っても過言ではない。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/08 06:37
森将軍塚まつり
 朝から花火が上がり、和太鼓の音が鳴り響く。 きょうは、千曲市屋代にある 「科野の里歴史公園」 で五穀豊穣を祝う 「森将軍塚まつり」 が開催された。 森将軍塚古墳の発掘調査・復原工事が終了した後の平成4年から毎年11月3日(文化の日)に開催される千曲市の秋の一大イベントだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/11/03 19:10
「ひっつき虫」 の季節
 秋は 実りの秋。 様々な草木が種子を付け、実を結ぶ。 この時期には、山道やたんぼ道を不用意に歩くとズボンの裾によく草の実が付いている。 仕事が終わってホッとしながら着替えをして作業着のズボンを見ると、裾にアメリカセンダングサの実が付いていることがよくある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/11/01 22:18
「秋の女王」 ・ ジョロウグモ
秋になると、ジョロウグモの巣がやたら目につくようになる。 灰青色と黄色の腹部の鮮やかな縞々模様、糸いぼの前の赤い模様、そして、黒と黄色の脚ですぐに見わけられる 「秋の女王」 ともいえるくもだ。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/10/27 06:31
爽やかな秋の空
 秋晴れの気持ちのいい晴天日、青空を見上げると、いかにも秋を思わせるような雲が一面に漂っていた。 明るい日差しにも包まれており、深呼吸したくなるような気持ちのいい光景だ。 のどかな春の雲や入道雲のような勢いのある夏の雲とは違い、秋の雲は、実に爽やかだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/18 19:21
養命酒駒ヶ根工場・健康の森
 いよいよ高山の紅葉が始まった。 昨日、今年のモミジ狩り第一弾として、駒ヶ根市の千畳敷カールの紅葉を見に行ってきた。 すでに紅葉後期と思われたが、ナナカマドの紅、ミヤマハンノキの黄、ハイマツの緑、宝剣岳等の山の白い岩とのコントラストがみごとだった。 千畳敷の紅葉については、後日 「撮りある記短編集」 にもアップしたいと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/10/08 21:27
久しぶりの稲刈り体験
 数日前に義弟から、 「稲刈りをしたいが、人手が足りないので手伝いに来てもらえないか?」 との依頼電話があり、昨日は、何十年ぶりかの稲刈り作業の手伝いを行った。  今までこんな時には、子ども達が手伝いに行っていたが、今回は我々夫婦が行って手伝うことになったのだ。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/09/27 17:09
彼岸の中日 ・ 昼と夜の長さは同じ?
 昨日は 「秋分の日」、 彼岸の中日という事で、我が家では、あんこと胡麻と黄粉をまぶした3種のおはぎを作ってもらい夕飯にいただいた。 昨日の「秋分の日」 を中心とした一週間を 「秋彼岸」 と言うが、家族そろってお墓参りに行ったり、祖先を供養する 「法会」 を行ったりした家庭が多いものと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/24 09:10
ネジバナ、見つけ!
一昨日は、“白露”だった。 この頃になると、夜露が草花や野草の葉っぱに露の玉を宿し、朝方、野草に可愛らしい露の玉をつけてキラキラしている。 “白露”とは、この水晶玉の ように輝く草に降りた 露のしずく ことだ。 この時期から台風が発生しやすくなるというが、折しもこの白露の日に台風が通過していった。 雨による被害が出た地域もあるようだが、今後、大きな被害が起こらないよう願いたいものだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/09/10 06:58
またもや カモシカが…
 昨日の昼休みは、久しぶりに山道コースの散策をしてみた。 山道コースには昼休みになると営業マンらしき人が数人車で乗り付け、あちらこちらの木陰で両足をハンドルに乗せるような体勢で休んでいるので、すっかり嫌気がさしてしまって、ここ数日間は山道に入らずにいた。   ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/08 06:46
青い目のイトトンボ
 晩夏は、昆虫の季節。 例年だと昆虫の季節である “夏” の終わりはちょっと寂しい気もしていたが、今年に限っては、この暑い夏は早く終わってほしいというのが正直な気持ちだ。 この時期の代表昆虫の一つはトンボだが、田んぼの水辺では、イトトンボがたくさん見られる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/08/30 07:02
ブレブレ写真 ・ イタチ???
 いつものように野鳥の姿を求めながら、昼休みに散策に出た。 用水路の土手道を歩いていると、土手下の荒れ地に体長30p内外のほっそりした獣の姿が目に留まった。 イタチのようだが、なかなかジッとしていてくれないので、ピント合わせがうまくいかない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/27 06:44
犬の年齢と寿命
 きょうは、我が家の愛犬 「ライアン」 が12歳になった誕生日だ。 ライアンは、純粋な柴犬だが、家の中ではなく、戸外で飼われている。 だから、今年の夏は、過酷な猛暑の条件下での生活となり大変だ。 もちろん、様々な暑さ対策はしてやっているが、さすがに今年はご覧のようなバテバテ状態の毎日だ。    ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/25 07:09
天然のクーラー・黒部ダム
 “処暑”とは暑さがまだ停っているという意味だそうだ。 どうりで毎日暑いわけでだ。 “立秋” を迎えたときは、これで暑さも峠を迎えたと思ったが、一年の内で最高気温を出すのは“立秋”から“処暑”までが最も多く、“処暑”から次の“白露”までも結構暑さが厳しいのだそうだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/23 23:56
夏の終わりに向けて
 昨日の朝、久しぶりに荷物をたくさん持った小学生が集団登校していく姿を見掛けた。 信州の学校の夏休みは終わり、昨日と今日あたりが二学期始業の学校が多いようだ。 まだまだ暑い夏が続いているが、こうして学校が始まると間もなく信州の夏も終わる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/20 06:38
ジュディ・オングの木版画展
 ジュディ・オングさんは、歌手・女優として世界を舞台に活躍しているが、それだけでなく、「ジュディ・オング倩玉」という雅号で版画の世界でも活躍しているということを最近になって知った。 この15日までの開催期限で、長野市にある水野美術館で、「ジュディ・オング倩玉 木版画の世界展」 を開催していたので、仕事休みを利用して見に行ってみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/08/13 06:41
子どものイノシシ、無念!
 (画像注意! 猪の亡骸です。)  野鳥撮影には人通りが少ない方が好都合なので、この所数ヶ月は昼休みの散策には定番のように山道を歩いていた。 先日は訪れている見学者などが少なかったので、何ヶ月ぶりかで広い遊歩道を歩いてみた。 この暑さであるから、山を歩く人の姿もなく、汗を流しながら一人ゆっくりと遊歩道の坂を登った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/09 18:06
華麗なカラスアゲハ
 先日の夕立でたっぷり湿っている道路脇の水路にカラスアゲハが姿を見せた。 周囲の苔むした壁面にすっかり溶け込み、周囲を美しく彩り、優雅に舞い踊る姿に思わず見入ってしまった。 カラスアゲハは、これだけで十分美しいと思うが、日本で最も美しいと称されるのは、近似のミヤマカラスアゲハであるという人もいる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/06 13:52
記録的な「高温」と「多雨」
 今日も強い日差しが照りつけ 「猛暑日」 となった。 このところ30度を超える 「真夏日」・「猛暑日」 が連日のようにやってくる。 そうかと思えば先日の夜のようにバケツをひっくり返したような激しい豪雨がやってくることもある。 今年の夏は、7月の県内の梅雨明け前後を境に天候が大きく変わり、 「高温」 と 「多雨」 の傾向が著しい。 長野地方気象台のまとめによると、7月は、気温も降水量も各地で軒並み観測史上の上位を記録しているという。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/08/04 18:07
倒木の危機
 自宅の東側には、狭い荒れた空き地があり、そこからおよそ20m程の斜面があり小高い丘になっている。 その斜面は林となっているが、数年前からその内の何本かの樹木が枯れ始めた。 そして今年はその枯れた樹木に写真のようなキノコが生え始めた。 枯れ木にこうした菌類が生えると樹木の腐食は一気に進む。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/02 18:05
蝉たちの季節
 昨日も強い日差しが照りつける 「真夏日」 となった。 この暑さでは野鳥も林内の日陰に避難していると見えて、撮影をさせてくれるような野鳥の姿はなかった。 日焼け防衛のために着込んだ長袖の上着の中は、さすがに汗があふれている。 ちょっと気落ちしながら職場に帰る道沿いの桜の木でアブラゼミが遠慮がにに鳴いていた。   ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/28 06:56
懐かしの蚊取りトンボ
 子どもの頃は、このトンボを 「蚊取りトンボ」 と呼んでいた。 夕方になると蚊取りトンボが頭上低く悠然と飛び交う姿を見て、その格好の良さに感動したものだ。 体は大きく、子どもの私たちにはなかなか捕まえることができない、憧れのトンボでもあった。 幸運に手作りの捕虫網で捕まえようなものなら、お互いに友だちに自慢して見せて歩いたものだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/23 20:00
ヤギの親子
 勤務先近くの用水路の土手に草が繁茂する頃になると、毎年ここに山羊がやってくる。 最近はこうして山羊の姿を見掛けることはめっきり少なくなった。 いつものように山羊は綱で繋がれているのだが、いつもと大きく違うことは、最近になって出産したと見え、今年は小さな子山羊連れだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/30 00:10
イノシシのご出勤
 職場の裏庭は、すぐに山林に面している。 まもなく始業開始の時刻になろうかという先週の木曜日のことだった。 仕事場の窓に職員が群がり何か言いながら盛んに窓越しに外を覗いていた。 そう珍しいことでなかったのでわたしは仲間に入らずにいたが、どうやら裏庭にイノシシが姿を現したらしい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/21 06:36
真実の話は、どちら?
 山際の農道をブラブラ歩いていくと、行く先の山の斜面が一面黄色い色で覆われていた。 ここまで群生でヤマブキの花が咲いていると、実に見事だ。 “黄金色”とはこういう状態を言うのではないだろうか。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/17 16:30
ジョン・レノンが通った離山房
 先日、望月町の福王寺の枝垂れ桜を見に行くついでに、軽井沢の 「離山房」 まで足を伸ばしてみた。 軽井沢18号線バイパスの塩沢交差点を北へ折れると、通称 「塩沢グルメロード」 に入る。 林に囲まれた別荘地の一角に静かに佇んでいる趣きある店が 「離山房」 だ。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/30 06:45
悠然たるカモシカ
 世の3連休が終わってからわたしの仕事休みの日が巡ってきた。 休日であった昨日の3時頃、いつものように自分の健康保持も兼ねて、犬を散歩に連れ出した。 昨日のように早い時間帯の散歩の時には、裏山の雑木林のコースをとることが多い。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/24 08:19
不運は二度ある…
 先週のことになるが、テレビのローカル番組で店長自らが作った無農薬米や野菜、山菜を使ったあたたかい手作り旬の味が楽しめる 「ひなたぼっこ」 という店を紹介していた。 この店は、辰野にあるということだったが、番組で見た感じではとてもいい雰囲気だったので、早速出かけてみた。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/19 06:25
鳥の古巣を見付けよう
 木の芽が次第に膨らんできたとは言え、まだまだ林の木々は裸状態だ。 この時期に木立を見上げれば、どこかに鳥の古巣がみつかることがある。 落葉期は、いつも自分の目は鳥たちの過ごしたあとを探している。 今年も散策する林の道脇で二つの鳥の古巣を見付けた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/10 22:40
一転 冬に逆戻り
 凍えるような寒さが次第に和らぎ、梅の花が開き始め、暖かな春を思わせるような息吹が感じられるようになったと思っていたが、一転 冬に逆戻りをして、今朝は雪景色となった。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/08 18:21
爽やか野球部員
 きょうは休みだったが、天候もパッとしないので、庭の木の剪定などしながら一日家で過ごした。 夜には雨だという予報だったので、降られない内にといつもより早めの3時頃犬の散歩に出掛けた。 やはり、20分ほどのコースを折り返す頃にはポツポツと雨が当たり出した。 急いで山道を降り始めると、下から5〜6名の野球ユニフォームを着た高校生が登ってきた。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/01 17:16
福寿草が連れてきた遅い春
 今週に入って随分暖かな日が続いているが、今朝は、季節はずれを思わせるような朝だった。 ラジオでは5月並の陽気だと言っていたが、ゆうに15度を超えていたのではないだろうか。 この冬初めて出勤前にストーブをたいて部屋を暖めずにいられた。 こんな朝だったので、車の暖機運転をしてフロントガラスの霜を溶かす必要もないし、出勤時刻には余裕があったので、いつものように庭に降りてみた。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/02/26 12:53
菱野温泉郷・不動の滝
 先週はまだ冷え込んでいたが、ここに来て日中は随分温かくなってきた。 冬型の気圧配置が弛み始めた月曜日の休みに、小諸市菱野温泉の奥にある 「不動の滝」 の氷柱を見に行った。 不動の滝は、菱野温泉の常盤館と薬師館の間の左の車道を少し上った標高1100mの谷の中にあった。 滝の入り口付近で路上駐車し、沢に降りていくと水音が聞こえてきて、3分ほどで滝に到着した。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/24 17:39
「雨水」 を迎えて
 今朝も霜がおり、朝外に出ると地面が霜で白くなっていた。 でも、きょうは、二十四節気の一つ、 「雨水」 だ。 雨水とは 「気雪散じて水と為る也」 といわれるように、雪が雨に変わり、雪や氷が融け始めて水になるという意味のようだ。  とすると、雨水を境に、きょう(雨水)から寒さも峠を越え、次第に寒さが弱まり暖かくなっていくとも言えよう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/02/19 06:49
見下ろす主 ・ アオサギ
 午前の仕事を終え、昼食をすませた後およそ40分程の昼休み時間が確保できる。 この時間を利用して、雪や雨の降らない限りは近くの裏山などを毎日カメラを携えて散策している。 野鳥の撮影をしながらの散策を終えて職場に戻ると、いつものようにアオサギが屋根の上から周囲を見下ろしている。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/17 06:16
春を待つ水仙の芽吹き
 きょうは天気予報通り、朝から雪がちらついている。 仕事が休みの日だったので、冬の凍った滝でも見に行こうかとも考えていたが断念し、一日家に閉じこもりを決め込んだ。 静かに舞っていた雪もそのうち雨になった。 かと思うと白い雪が混じって降ってきたりと、空も雪にしようか雨にしようかと迷っているようだ。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/02/15 17:33
自然の作る雪ロール
 しばらく雨の日が続いたが、昨夜は再び雪となった。 朝庭に出てみると昨夜雪かきをしたスペースはほとんど雪が積もっていなかったので、そう長い時間は降っていなかったとみえる。 でも、雨のために雪がほとんど解けていた庭が、再びこのように一面雪におおわれ、冬に逆戻りした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/12 14:10
おじいちゃんと孫のソリ遊び
 昼休みに歩いている道は、勤務先の裏山を緩やかにカーブして上がっていく山道だ。 雑木林の中にはまだ雪が残っており、北向きの斜面のせいか道路にも多少雪が解けきらずに残っている。 散策を終え、職場に向かって歩いていると、遠くから 「おじいちゃ〜ん!」 という女の子の声が聞こえてきた。 声のする方向を見ると、赤いソリを持った年輩の男性の後を小さな女の子が追いかけていく。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/10 23:03
サービス満点のルリビタキ
 昼休みに散策をしていた時のことだ。 行く先に双眼鏡を覗いている年配のご婦人の姿が見えた。 見ている先には、シジュウカラとヤマガラの群れがいるのが見えた。 邪魔にならないように離れたところをそっと通り過ぎようとすると、その年配の方が声を掛けてきた。 初めての方だが、望遠をぶら下げているわたしを見て、野鳥撮影に歩いていると見たのであろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/08 17:37
放置自転車?
 人通りの少ない道路にはいると、時として明らかに駐輪中とは思えない状態で自転車が置かれていることがある。 こうした自転車は、多分人様の大事な自転車を無断借用し、元の場所に返すことなく勝手に人目の少ない場所で放置していったものだろうと考えられる。 休み明けのある日、いつものように昼休みに散策に出ると道端に二台の自転車が置かれていた。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/05 06:42
雪降れど、 「春」 近し
 一昨日の夜はちょっとした量の雪が降り、雪かきをした。 そして今朝も、量的にはたいしたことはなかったが短時間雪になり地面を真っ白に覆い尽くした。 こんな雪景色ではあるが、きょうは 「節分」、明日は 「立春」 だ。 暦の上では、明日からもう 「春」 なのだ。 雪 景 色 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/03 15:36
“バカ”が付いてますよ!
 昼休みの散策を終え、仕事場に入ろうとした時、後ろから 「 ズボンにたくさん“バカ” が付いていますよ。」 という声がする。 振り向いて自分のズボンの後ろを見ると、なるほど草の実がビッシリと付いているではないか。 この辺りではこうして衣類などにくっつく草の実を通称 “バカ” と呼んでいる。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/01/29 19:37
動物の足跡を追う
 野山に雪が降り積もると、降雪前の風景とは一変してしまう。 人のまだ余り歩いてない早い時期に野山に入ると、白銀の世界にポツポツと動物の足跡を見ることができる。 雪の上に残る動物の色々な足跡等、この時期は森に住む動物によって残された痕跡から、その動物の生態を読みとるアニマルトラックキングには最適の季節だ。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/01/27 19:51
シュークリームの美味しい店
 どこからか 「シュークリームとアイスクリームの美味しいところがある」 と聞き込んできた。 こういう情報が入るとすぐに 「行ってみようか。」 となるのが我が家だ。 仕事休みの平日、天気もいい。 その日は取り立ててやらなければならない仕事もなかったので、カーナビを頼りにシュークリームが美味しいという店に行ってみることにした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/01/25 06:52
冬枯れを楽しむ
 ここ数日、大寒後の日中はポカポカ陽気の日が続いている。 でも、次の寒気がすぐにやって来て、厳しい寒さがぶり返すに違いない。 散策に利用している野山は、まだ冬枯れの時期、冬枯れの道を小さな自然を楽しみながら一人静かに歩くのが何よりの楽しみであり、大きな魅力だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/22 06:21
大寒 ・ 一番寒い時期は?
 きょうは、大寒だ。 いわゆる 「寒の入り」 といわれる 「小寒」 から15日で 「大寒」 に入り、大寒後15日で、寒が明ける。 この小寒から節分までが寒の内と呼ばれている。  大寒は、「寒の内」 の真ん中でもっとも寒い時期だと一般には言われている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/01/20 22:26
キツネ発見 !!
 先週末のいつものように昼休みの散策に出た。 職場を出ていつものように裏の小高い山道を上がっていた時、前方に何か動物が動く気配を感じた。  茶色の毛並みの犬のような体と太い尻尾が見えた。 野生のキツネが姿を現したのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/01/18 06:42
片詣りにならないために
 先日、信州善光寺の初詣に行って来たが、以前にも触れたように善光寺だけのお参りでは “片詣り” になってしまうと言われている。 そこで、我が家では善光寺にお参りした時には、必ず別所温泉にある北向観音にもお詣りすることにしている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/01/15 06:41
今頃になっての初詣
 休みのスケジュールが思うようにいかず、今年の初詣をまだ済ませてない。 何十年も欠かさずやってきたことをしてないと、どこか落ち着かないものだ。 昨日ようやく休みになり、風邪気味だった体調もようやく戻ってきたので、善光寺に初詣に行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/13 18:00
もう年なんだから…
 久しぶりに晴れ渡り、青空が広がっている。 「きょうは野鳥がたくさん姿を見せるかも知れないぞ…」 と勇んで、昼の散策に出掛けた。 鳥を見付けてカメラのスイッチを入れた時、 「カードが入っていません」 という表記が一瞬目に入った。 しまった! またやってしまった。  ス ズ メ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/08 18:40
雪景色の元旦
 昨夜から降っていた雪が朝まで残った。 雪が 「降る」 というより、 「舞っている」 と表現した方がいい粉雪だった。 1910年の元旦、わずか1pほどの積雪ではあったが、雪景色の静かな朝を迎えた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/01/01 18:20
野鳥はいずこ? 「軽井沢野鳥の森」
 きょうは3連休の二日目、気持ちいい青空がいっぱいに広がった。 浅間山の撮影を済ませた後、以前に行ったことのある 「軽井沢野鳥の森」 にも立ち寄ってみた。   軽井沢野鳥の森 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/12/25 20:37
冬至を迎えて
 昨日は冬至だった。 いつもは一番風呂に入らせてもらっているが、昨夜は忘年会で帰りが遅くなったため、9時近くにお風呂に入った。 我が家では毎晩お風呂に入浴剤を入れて楽しんでいるが、どうしたことか昨夜の湯は透明で、入浴剤を入れた色がなかった。 湯船の蓋を少しずつ巻いていくと、湯に浮かんだ色鮮やかなユズが姿を現した。 そうか、冬至なので、ユズ湯にしてあったのか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/23 07:16
雪の日の散策
 18・19日と二日続きで雪になった。 19日の朝は、自宅付近の降りは大したことがなかったが、勤務地では、12月にしては珍しく5〜6pくらいの積雪になった。 全国的にも19日に初雪を記録した地域がかなりあったようだ。 信州は雪国ではあるが、これだけ降るとさすがに国道の車の動きもいつもに比べると多少手間取るのはやむを得まい。    職 場 の 窓 か ら ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/12/21 07:48
やっぱり今朝も雪の朝
 この 「おりふしの記」 の掲載内容を見ると、昨年は11月20日に降雪の記載をしている。 今年は 「なかなか雪が来ないなぁ」 と思っていたが、ここに来て冬型の気圧配置が強まり、昨日と今朝は、連日の雪となった。   雪の朝・ハクモクレン ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/18 08:05
夜を彩るイルミネーション
 12月も半ば、今年も残すところ半月になった。 この時期になると、あちらこちらでイルミネーションが夜空を飾るようになる。 都会のきらびやかで大規模なイルミネーションもいいが、県下のイルミネーションも捨てたものではない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/16 06:21
しめ縄を作ろう
 年々少なくなってきたとは言え、まだまだこの地域では、しめ縄を飾り新年を迎える習わしが残っている。 殆どの家庭は市販のしめ縄を飾るが、今年も自分で注連縄を作ろうと地区の公民館主催で 「しめ縄作り講習会」 を催した。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/14 18:24
冷え込んだ霜の朝
 寝室の窓を開けると、思わず身を縮めるような寒気が一気に入ってきた。 昨日は、冬型の気圧配置と放射冷却により厳しい冷え込みとなった。 この冬一番の冷え込みだったようで、窓の外は一面霜の景色が広がっていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/12/09 06:47
冬枯れの雑木林
 地域によってはようやく紅葉の時期を迎えたところがあるようだが、この辺りではもうすっかり冬枯れ状態だ。 毎日歩く散策路周辺の雑木林の木々は吹く風に残り少ない葉をひっきりなしに落としていく。 枝を離れた枯れ葉が、舞うようにして地上に落ちるのもまた風情があるものだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/04 08:24
これが、マユミだったのか…
 ほとんどの木々が葉を落としているこの時期、冬の枯れた木々の間にピンク色でひときわ目を引く樹木があり、ずっと気になっていた。 5〜6月に咲いていた花は地味で目立たなかったが、秋になると薄紅色の実が熟しとてもきれいだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/02 06:39
姿を見せたカモシカ
 林間の遊歩道には人の行き来があり野鳥を見るには不向きであったので、遊歩道からちょっと外れた草地に入ってみた。 草の斜面に何やら動く気配を感じたので見上げてみると、カモシカがこちらをジィーッと見ていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/30 06:25
秋の風物詩・つるし柿
 風に吹かれた木の葉が空中高く舞い、歩道にたまった枯れ葉が足下でカサカサと音を立てる。 この時期に田舎道を歩くと、葉もすっかり落として実をビッシリとつけた朱色の柿がとても目立って見える。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/23 07:59
イノシシの被害
 このところ昼休みの散策に林の道を歩いていると、所々に何者かによって浅く土を掘り返したような形跡が目に付く。 掘り返された形状から、どうもこれは人の手によるものではなく、イノシシの仕業に違いない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/13 06:19
輝く蜘蛛の糸
 林の小道を歩いていると、灌木や下草の少ない所では木々の間に蜘蛛の巣が張られているのをよく見掛ける。 秋晴れの陽射しが林に差し込んでいる時に歩いてみると、蜘蛛の糸がその陽射しに映え、錦糸のように輝いていることがある。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/09 06:52
地域イベント 「森将軍塚まつり」
 3日は 「文化の日」 の祝日だったが、世が祝祭日の日はわたしは出勤日になることが多いが、昨日もやはり出勤日となった。 仕事が始まる頃になると、花火が上がり、音楽や太鼓の音がにぎやかに聞こえてくる。 この日は、「森将軍塚まつり」 の日だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/04 06:44
素敵な親子との出会い
 きのうはさわやかな青空が広がり、昼休みの散策も気持ちが良かった。 いつになく何種類かの野鳥を撮影でき、気分良く散策を切り上げての帰り道だった。 林を抜け遊歩道を下ってくると、歩道脇の大きな石に腰を掛けた親子が楽しそうにお昼を広げていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/30 06:50
過酷な条件下で育つ松
 このところ晴天続きであったが、きょうは台風の影響で朝から雨だ。 きっとこの雨は一日降り続くのではないかと思われる。 きっとこの松もホッとしていることであろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/26 15:03
嬉しい15分の延長
 なぜこうなったのかは自分にはよく理解できていないが、今月から勤務時間が15分短縮された。 そして、その勤務の短縮時間は、、昼休みを15分延長することで対応するようになった。 同僚の中には、 「15分退勤が早くなれば良かったのに」 と言う方もいるが、私にとっては昼休みの15分延長は、ことのほか嬉しいことだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/23 06:12
マナーのよくないカメラマン
 横谷渓谷のおしどり隠しの滝を見るために明治温泉に行ってみると、道路脇に池と大勢の人影が見えた。 初めて訪れた池だが、日本画家東山魁夷が白馬を林に投影した ”緑響く” のスケッチをしたという池がこの 「御射鹿池」 だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/10/21 06:12
仲秋の名月
 一昨日は、“仲秋の名月” だった。 昨日のブログや掲示板には、この日の月の写真があちこちで飛び交っていた。 それに押されたわけではあるまいが、ここでの登場が皆さんより一足遅れとなった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/10/05 17:56
ピンコロ地蔵とは?
 随分前の話になるが、佐久の病院で人間ドックの一泊検査を済ませて帰る道すがら、「ピンコロ地蔵」 という幟旗が何本も立っていた。 「ピンコロ地蔵」 という名前のおもしろさに惹かれ、立ち寄ってみることにした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/21 07:54
モズの高鳴き
 「キィー キィー キチキチキチ」 モズの甲高い鳴き声が頭上の電線から聞こえてきた。 このところこうした 「モズの高鳴き」 が盛んだ。 この声を聞くと つくづく 「秋だなぁ」 と思う。   田んぼで鳴くモズ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/09/15 06:07
溢れる蝉の鳴き声
 ここは、昼休みの散策路の一つ、山道コースだ。 今ここは蝉の声が満ち溢れている。 アブラゼミ、ミンミンゼミ、ツクツクホウシ…、どこを歩いても雑木林一帯賑やかな蝉の声で満ち溢れている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/31 16:47
ペットボトルロケットの打ち上げ
 昼休みにいつものように散策に出かけると、広場から水しぶきを上げてロケットが発射された。 ペットボトルロケットの打ち上げだ。   打ち上げられたペットボトルロケット ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/13 21:20
クヌギのコブの正体は?
 雑木林の縁に一抱えもあるような太さのクヌギが生えている。 数日前に、このクヌギの幹に白い泡状のこぶのような物が出来ていた。 子どもの握り拳大のものが4〜5コ集まったような形だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/30 22:06
ブドウの袋がけ作業
 近所の農家の方が丹誠込めて育ててきた巨峰の房が随分大きくなり、ビッシリと付いた粒の大きさも随分大きくなった。 梅雨明けと前後して、あちらこちらのブドウ園で袋かけ作業が始まった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/07/18 10:02
収穫を待つグミ
 今年も道端のグミの木が赤い実をビッシリと付けた。 一粒いただいて口に運ぶと、完熟したグミの甘みがいっぱいに広がり、やがて渋みが口の中にほんのりと残った。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/06 13:22
安曇野巡り
 安曇野には結構足を運ぶことが多い。 昨日もさわやかな青空に誘われて、安曇野の田園風景を見たくて車を走らせた。 周囲の風景を楽しみながら、まずは 「安曇野ちひろ美術館」 に立ち寄った。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/09 06:51
犬が草を食べるのは?
 仕事が終わり帰宅すると、我が身と犬の健康保持も兼ねて犬の散歩をすることにしている。 愛犬は柴犬で 「ライアン」 というが、山道へ連れて行った時など、たまに道ばたの草を食べることがある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/04 18:01
幸運の四つ葉のクローバー
 愛車を車検に出したため、野鳥撮影用の機材が手元にない。 仕方ないので、その日は、野花に訪れる虫を撮影しようと思って出掛けた。 足下のシロツメクサにも様々な虫が訪れていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2009/06/01 19:01
アリの固まりの中は?
 道路脇のコンクリート壁に埋め込まれている塩ビ管周辺に、たくさんのアリが固まっている。 “黒山の…” という言葉があるが、アリが本当に小山のように群がっているのだ。 初めて見つけた時には、「どうせ何かの獲物に群がっているのだろう」 とさほど気にもとめなかった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/26 19:55
遠足・見学の子ども達
 最近通勤途中で、リュックサックやナップザックを背負った子どもたちをよく見掛ける。 きっと遠足か社会見学にでも行くのだろう。 子どもたちの表情は明るく、足取りも、心なしか楽しそうだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/22 07:16
善光寺のご開帳
 7年に一度の長野善光寺のご開帳が催されている。 善光寺は直ぐ足下だが、雑踏を考えるとなかなか足が向かない。 GWにはいる前の平日が休みになったので、先週の木曜日、意を決して出掛けてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/05/04 17:16
親子連れの見たもの
 4月中旬頃から随分暖かい日が続いている。 背中にリュックサックを背負った三人の親子連れを見掛けたのも、そんなまぶしい程の日差しが降り注ぐ暖かい日だった。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/22 08:23
臥竜公園の朝桜
 一昨日は仕事が休みの日だった。 高田公園のお花見に行こうかと予定していたが、こんな時に限って午前中から雨という予報。 急遽、近間の 「臥竜公園」 のお花見に予定変更。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/04/16 00:39
中山道・奈良井宿
 ようやく春が訪れた3月下旬、久しぶりに木曽路を訪れた。 中山道の奈良井宿まで車を走らせ、JR奈良井駅前に車を置き、街道を散策した。 まぶしいくらいの青空が広がり、まだ観光客の少ない初春の奈良井宿で、ひなびた街道体験を楽しんだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/07 00:02
足下の小さな春
 まだ霜の降りる朝があるというものの、春遅い信州にもようやく本格的な春が訪れた。 足下の田畑の畦にはフキノトウが花を付け、たくさんの土筆が頭をもたげた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/04 18:09
榛名神社を訪ねる
 先日の「夢二ロマン街道」巡りのあと榛名湖から自宅に帰ろうとカーナビをセットしたら、来た道とは違うコースを案内した。 どうせ、どこを通っても知らない道なのでカーナビ任せで走ることにした。 走っていくと途中何度も 「榛名神社」 の案内表示が目に付いた。  こう頻繁に案内板を出してある所を見るときっと名のある神社だろうと思い、立ち寄ることにした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/03/13 00:05
夢二ロマンス街道
 「夢二式美人画」で有名な竹久夢二、明治末から昭和初期にかけて活躍し、一世を風靡した画家だ。 「大正の歌麿」 とも言われている竹下夢二のゆかりの地、伊香保・榛名を訪ねてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/11 00:01
カマキリの卵
 このところの暖かさも手伝って、ようやく身近にある梅の花もほころび始めた。 数輪開き始めた枝を眺めていると、蕾を付けた細い梅の枝を抱くようにしてカマキリの卵が産み付けられていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/08 07:40
巣箱の清掃を
 我が家の庭には、数年前から手作りの巣箱が架けられている。 この巣箱は、毎年野鳥が繁殖活動に使い、今までに、スズメ、ヤマガラ、シジュウカラがここで雛を育ててきた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/27 06:32
願えばかなうもの
 この冬三度目のベニマシコとの出会い。 「ようやく」 というより 「やっと」 と言った感じだろうか。 何とか見られるベニマシコの写真を撮ることができた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/02/22 06:00
えっ! そんなことが…
 私の昼の散策コースの一部は遊歩道になっていて、その周囲は雑木林になっている。 毎年その雑木林の手入れが行われ、今年は不要なクヌギや松の木が伐採された。 その日から半月ほど経ったある日、面白いモニュメント(?)を見付けた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/02/20 07:06
庭に見る春の兆し
 今朝はうっすらとした雪景色の夜明けとなった。 それでも、今年は暖冬傾向、ここ数日はまるで春を思わせるようなポカポカ陽気が続いた。 そんな陽気に誘われてか、わが家の庭も一気に春めいてきている。  福 寿 草 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/02/17 06:56
自然との対峙は一人がいい!
 今年の冬は暖冬傾向なのか、雪も少なくここ数日は随分暖かい日が多い。 過日 「氷瀑」 を見たくて茅野市の横谷渓谷に出掛けた日もポカポカ陽気だった。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/02/14 06:22
煙たなびく浅間山
 昨日佐久方面で用を済ませての帰り、浅間山が余りにもきれいに見えたので、この道を通る時いつもするようにコンビニの駐車場に車を止めさせてもらった。 そして、青空をバックにそびえる美しく雄大な浅間山の姿にしばし見入ってしまった。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/02/13 06:24
やはり、山火事!
 一昨日のいつもの昼休み、散策を終え山道をおり始めたが、いつもと違い先ほどからなんとも上空が騒々しい。 ヘリコプターの音がなかなか止まないのだ。 散策の歩を止めてヘリコプターの飛ぶ先を見ると、山林から煙が上がっている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/12 17:34
わら馬づくり ・ 初午
 いつの間にか月めくりのカレンダーも2月になってしまった。 年間様々な記念日や行事があるが、2月の行事といったら、やはり3日の 「節分」 や4日の 「立春」 だろう。 ことによったら 「バレンタインデー」 を忘れるなと言う人もいるかも知れない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/02/06 06:44
善 光 寺 詣 り
 1月も最後の31日、午後遅くになってから家族で信州善光寺にお詣りに出掛けた。 数日前に折角別所の北向観音にお詣りしてあるので、片詣りにならないようにという思いもあった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/02/01 17:09
氷灯ろう夢祈願 ・ 鹿教湯温泉
 国民保養温泉地であり、「健康の郷」として知られる鹿教湯温泉で、年末より毎晩 「氷灯ろう夢祈願」 が行われている。 今年は、2月11日までだというので終了しない内にと思い、先日の夕暮れ1時間程車を走らせて行ってみた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/27 06:36
遅い初詣・北向観音
 昨夜は雨だった。 北側の屋根の雪が雨で緩んだのか、何度も雪が屋根を滑り落ちる音が聞こえた。 明日は「大寒」だというのに、今朝は3月下旬から4月並の陽気だった。 きょうは、休みと暖かい日とが重なったので、ようやく延び延びになっていた初詣に出掛けた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/01/19 18:02
どんど焼き
 昨日の日曜日、時々白いものが舞ってはいたが、空は晴れ渡り、青空が広がっていた。 1時少し回った頃、パーンパーンと小気味よい音が風に乗って聞こえてきた。 竹が燃える時にはじける音だ。 「どんど焼き」 に点火され、門松の竹が燃えて破裂している音に違いない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/01/12 06:25
厳寒の朝・霜柱
 駅伝に明け暮れた正月三が日もあっという間に過ぎ、きょうは仕事始めの日だ。 いつものようにライアン(飼い犬)の凍った飲み水を替えてやるために廊下のガラス戸を開けると、寒気がさっと入り込み、身が引き締まる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/04 06:31
「しめ縄作り」 と 「地域の輪」
 とうとう今年も2週間余になってしまった。 昨日は地区で 「しめ縄作り」 を行った。 地域の年配者を講師にお願いして、年末年始に自宅に飾るしめ縄を作る講習会が毎年行われているのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/12/14 07:03
霜の降りた小径
 昨朝は放射冷却で気温が一気に下がり、地表の全ての植物はすっかり霜におおわれてしまった。 このいつもの散策路は、午前中一杯全く日が差さないせいか、昼の散策時にもまだ霜は溶けずに、結晶を確認することができた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/12/08 16:38
写りの悪いジョウビタキ
 公園を歩き始めてすぐ、目の前にジョウビタキの雌が飛んできた。 雄は何度か写真におさめているが、この冬になって、雌は初めてだ。 「しめた! 向こうからやってきてくれた。」 と思い、素早く望遠を向ける。 ウーン、どうも見え方がおかしい。 ファインダーの視界全体がぼんやりしている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/05 14:37
いつものパターン
 それぞれに仕事を済ませた10時を回った頃、「どこかへ出掛けようか?」 やはり今日もいつものパターンだ。 この時刻だと、そう遠くへ行くわけにはいくまい。 こんな時の武器は、良くある雑誌でのレストランやカフェの紹介だ。 きょうは、軽井沢に決定。 昼食時刻に十分な余裕を持って目的の店に到着。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/12/01 21:13
海辺に立って…
 時には、さほどの意味も目的もなく、どこかに出掛けてみたいと思うことがあるものだ。 先日、急に海が見たくなって、家族で10時過ぎた頃に車に乗り込んだ。 今や高速時代、1時間半も車を走らせると、もう海辺に立つことができる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/11/10 00:08
食べないイチジク
 よそのお宅の庭を眺めて歩くと、結構 「イチジク(無花果)」 が目に付く。 そして、その内のほとんどが収穫されることが無くならせっぱなしだ。 こんな美味しいものを野鳥が放っておくはずがない。 やはりこのイチジクもヒヨドリが来てつついていった。 鳥のつついたイチジク ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/10/02 06:54
秋ですねぇ!
 昨夜は、 「仲秋の名月」がきれいに見えた。 10時頃急に思いついて撮影してみた。 「ああ、もう秋だなぁ」 そんな思いが募る。 そういえば最近は、キチキチキチキチ…というモズの高鳴きもよく聞かれるようになった。 身の回りには、秋の兆しで一杯だ。 人によって、秋を感じるものは違うだろうが、わたしの秋を映像で綴ると、こうなるだろうか。 仲 秋 の 名 月 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/15 18:04
至福のひととき in 軽井沢
 先週の雨降りの休日、することもないので時間をもてあましていた。 いつものように 「軽井沢に、いい雰囲気のカフェがあるらしいので行ってみようか」 と、急に思い立って出掛けた。  全く知らない場所でも、今はカーナビが案内してくれるので、こんな時は大変ありがたい。 簡単に店の場所はわかったが、開店時刻までにはまだ20分程間があったので、周囲を車で散策して時間調整することにした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2008/09/01 06:25
自然界の掃除人・シデムシ
《 ちょっぴり刺激的。 画像注意 !! 》  このところ雨が降ったり、強い日差しがさしたりと天候変化が著しい。 雨上がり、喜んで地上に出てきたミミズたちが、急激な温度上昇にみまわれ、側溝や舗装された道路でたくさん行き倒れとなっているのを見掛ける。  こんな時にもっとも喜ぶのは、オオヒラタシデムシ等の 「自然界の掃除人」 達だ。 あちらこちらでちょっと刺激的な、食事時には絶対見たくない光景が繰り広げられている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/19 07:15
暑さに喘ぐ(?)アオサギ
 きょうから夏本番の8月に入った。 涼しいと言われる信州も、このところ暑い日が続いている。 この暑さにもめげず、相変わらず昼の散歩は欠かさない。  青田の稲も大分背丈が伸びてきて一層青々としてきた。 そんな青々とした田んぼに先ほどから一羽のアオサギがたたずんでいる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/08/01 19:49
ブドウの袋かけ
 我が家の周辺には「巨峰」のブドウ棚が広がっている。 ここ一〜二週間ほどの間にブドウ畑の風景が一変している。 一斉にあちらこちらのブドウ畑で「袋かけ」が行われ、棚下には一面に白い袋が連なっている。 ちょっと身を低くして、ブドウ棚を覗いてみると、なかなか壮観な眺めだ。 ...続きを見る

トラックバック 6 / コメント 6

2008/07/28 07:15
我が家のミニミニ百合園
 今年も玄関前の我が家のミニミニゆり園のゆりが咲いた。 一昨年、軽井沢のゆり園で購入し植え付けたゆりだが、何とか今年も大輪の花を付け、玄関前が何とはなしに明るい雰囲気になった。  ミ ニ ミ ニ 百 合 園 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/07/02 17:40
梅雨の合間の農作業
 空梅雨かと思われる程雨がなかったのだが、ここに来て雨降り続きになっている。 麦も育てているためか、田植えの遅いこの辺りでも梅雨の合間を縫って、急ピッチに田植えが進んでいる。 いつものように昼休みに出掛けた散策、遠くで田んぼに肥料を散布する農家の方の姿が見えた。   肥料散布・田植えの準備 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/22 07:15
早朝のブドウ園消毒
 「何時だろうか」 眠い目を開けて腕時計を見る。 まだ5時を少し廻ったところだ。 せっかくの休日なんだが…。 夢うつつの耳にぶどうの消毒をするエンジン音が聞こえてくる。 しばらくウトウトしていると、再び別の消毒の音が今度はかなり近くから聞こえてきた。 こうなってはもう諦めて、布団からでることにした。 この時期はかなりの頻度でこうしてブドウの消毒を行う。 庭に出てみると、ブドウ畑の棚下から薬剤がおびただしい量の霧となって散布されているのが見える。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/07 17:10
人情味溢れた農家の方
 先日、喬木村まで九輪草を見に出掛けた。 時間に余裕ができたので、その帰りに 「瀬戸の滝」 に立ち寄ってみた。 道路脇に案内板が立てられており、その脇に一人がようやく通れるくらいの道が林の中に延びていた。 丁度軽トラックに乗った60才くらいの農家のおじさんが車のUターンのためか、姿を見せたので滝に通じる道か尋ねてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2008/05/28 07:11
大徳川展へ
先日、 「大徳川展」 を見に行った。東京国立博物館に到着した10時頃には、ほとんど待ち時間なしで入場できたが、中は大変な人で、陳列されたものは思うように見ることはかなわなかった。 二列、三列目あたりから人の頭越しにようやく見ることができた。 わたしとしては、人の姿がほとんど無かった「企画展」や「考古展」の方が、興味深く見ることができた。 見学が終わって出たときには、入場待ち90分という看板が見られ、長蛇の列が間の入り口まで300メートル近くのびていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/28 20:33

トップへ | みんなの「日常」ブログ

おりふしの記 日常のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる