アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「生活」のブログ記事

みんなの「生活」ブログ

タイトル 日 時
担ぎ手の少ない子ども神輿
担ぎ手の少ない子ども神輿  日曜日は、地域の祇園祭が執り行われました。 といっても、子ども神輿が村内を練り歩くだけのチョッピリ寂しい祇園祭です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/07/18 19:24
手作りのジャムと野菜
手作りのジャムと野菜  散歩道の折り返し地点のリンゴ畑の片隅に、数本のアンズの木が植えられています。 オレンジ色のいい色になりました。 この朝は、夜の間に雨が降り、アンズにまだ雨粒がたくさんついており、一層おいしそうに見えます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/07/16 15:36
続く 真夏日
続く 真夏日  今日も厳しい暑さが続きました。  「真夏日」 とは、もちろん日中の最高気温が30℃以上の日。 梅雨にもかかわらず、毎日30℃を超す日が続いています。 こう連日暑さが続くと、うんざりです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/14 16:39
ブドウ栽培の作業
ブドウ栽培の作業  わたしの町は、花卉、りんご、ブドウ等の栽培が盛んです。 散歩道周辺にもブドウ畑がたくさんありますが、今ブドウ棚にたくさんのブドウの房がぶら下がっています。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/07/10 19:14
降り続く雨
降り続く雨  空梅雨ではないかと思うような日が続いていましたが、台風3号の接近により、その様相が一転しました。 きょうは朝からずっと雨が降り続いています。 この雨、明日の未明にかけてまだまだ激しくなりそうです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/07/04 16:17
五月晴れ
五月晴れ  梅雨の間の晴れ間、戸隠に向けバードラインをマイカーで走っていくと、新緑の林を抜けると同時に目の前に北アルプスの絶景が広がりました。 余りの美しさに、このまま走り過ぎるのがもったいないような気がして、そば屋さんの駐車場に車を入れました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/24 15:18
夏至を迎えて
夏至を迎えて  昨日は梅雨入り以来の本格的な雨降りとなり、悲鳴を上げていた農作物にとっては、恵みの雨となりました。 きょうは、昨日とは打って変わって、朝から青空が広がり、また強い日差しが差しています。 どこからともなく一頭の蝶がレースフラワーの花に舞ってきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/22 09:49
元気なメダカたち
元気なメダカたち  梅雨入りが発表されてから、本格的な雨らしい雨が降らず、「畑が焼けてねぇ!」 という農家の方々の嘆き声がちまたで聞かれます。 そんな気温の高い日が続くのに誘われるように、庭先の姫スイレンの花が咲きました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/18 15:15
美麻の蕎麦と珈琲
美麻の蕎麦と珈琲  時々くテレビで旅番組や地域のグルメ情報などが放映されますが、過日もバス旅の放映がありました。 そこで、さほど遠くない大町の 「山品そば店」 と 「美麻珈琲」 の紹介がありました。 蕎麦や珈琲一杯のために高速を使って…という病気がまた出てしまいました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/24 14:11
頭を出した つくしんぼ
頭を出した つくしんぼ  散歩をする時に毎朝通る道路下に、放置状態が続いている小さな畑地があります。 いつもは余り気にとめることなく通り過ぎていましたが、今朝下を見下ろすと、つくしんぼがご覧の通りでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/05 17:42
餌台を訪れる 野鳥たち
餌台を訪れる 野鳥たち  また一つ年を重ねました。 きょうくらいはチョッピリ奮発した食事をしても、叱られることはないでしょう。 昼食を済ませた後、お気に入りのカフェにも寄りました。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2017/04/03 17:54
木の芽起こし
木の芽起こし  今朝は、朝のうちは雨が静かに降っていました。 時折雪が混じっていたが、多少雪が白く見られはしましたが、この時期になると、さすがに信州でもすぐに溶ける量しか降りません。 この雨も午前中には止み、日中は薄日が差すようになりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/01 10:53
イタチごっこに決着つくか?
イタチごっこに決着つくか?  日ごとに温かさが増し、今朝は初めてウグイスの声を聞きました。 「おぉ、春がやって来た。」 と嬉しくなってしまいました。 そんな気持とは裏腹に、何とかしたいと懸命に対策を取っていることがあるんです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/29 23:51
東屋に作られた秘密基地 ?
東屋に作られた秘密基地 ?  毎朝通る散歩道のコースに、以前もここで取り上げたことがある東屋が建てられています。 アカマツが優先している雑木林の中に建てられており、普段はほとんど人の姿はありません。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2017/03/24 18:27
果樹園の整枝・剪定作業
果樹園の整枝・剪定作業  昼夜の気温差が大きい当地は、りんごやぶどうの栽培には最適の地です。 晴天の日が多く、降水量が日本でもっとも少ない地域で、果物づくりには最高の気候条件もそろっています。 今、あちらこちらのブドウ畑やリンゴ畑では、盛んに果樹の整枝・剪定が行われています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/20 17:22
粗末にしてきた付け
粗末にしてきた付け  今週末まであたりは日本列島を高気圧が多い、暖かな日が続くだろうという予報が出ています。 きょうも朝の内こそ雪がちらついたりしましたが、日中は日が差して穏やかな日でした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/10 16:46
牡丹雪降る
牡丹雪降る  朝からドンヨリと重苦しい灰色の空が広がっていましたが、昼を少し過ぎた頃雨模様となり、突然雪に変わりました。 今まで重苦しさはあったものの静かさを保っていたのですが、突然の雪に雰囲気は一変します。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/05 14:08
藁馬づくり
藁馬づくり  冷たい空気感が漂う朝、拡声器で藁馬づくりを行うので大勢のご参加を…というお知らせの放送が流れていました。 以前にも二度ほど参加したことがあったのでちょっと顔を出してみました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/28 16:17
散歩道の 今
散歩道の 今  きょうは珍しく朝から青空が空一面に広がりました。 晴れ渡った分、放射冷却現象からか冷え込みは厳しく、手袋をはめた指先が集めたい感覚を通り越し、痛さを覚えるほどでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/25 17:29
汗だくの雪かき
汗だくの雪かき きょうは朝から猛吹雪です。 今年一番の積雪の朝を迎えました。 およそ20pほどの積雪でしょうか。 朝食を済ませ、雪かきは降雪が収まるのを待つことにしました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/21 17:35
二日続きの雪降り
二日続きの雪降り  朝目が覚めて、おもむろに寝室のカーテンを開けると、照寺がいつもより明るく見えます。 「矢張り雪が降ったかな」と思いながら照寺とガラス戸を開けると、思った通り夜の間に降り続いた雪が積もっていました。 覚悟はしていたものの、二日続きの雪となりました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2017/01/16 21:39
長野善光寺詣り
長野善光寺詣り  先日、毎年行っている長野善光寺へ初詣に行ってきました。 平日でしたのでさほどの人出ではありませんでしたが、それでも参道はご覧の通りです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2017/01/11 17:30
どんど焼き
どんど焼き  昨日の午後、地区の広場で 「どんど焼き」 がありました。  「どんど焼き」 とは、正月飾りやダルマ、書初めなどを焼いて無病息災を願う伝統行事です。 当地では 「どんど焼き」 と呼んでいますが、全国的にも似たような行事があり、「どんどん焼き」、「三九郎」 等と呼ぶ地域もあるようです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/09 22:18
冷え込んだ朝の霜柱
冷え込んだ朝の霜柱  朝からくっきりと晴れ渡り、青空が一面に広がっています。 こんな朝は、格別冷え込みが厳しく、メダカの屋外飼育の容器や池も薄氷が張り、地面もすっかり凍てついた朝になります。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/30 18:00
雪の朝の散策
雪の朝の散策  夜の間大分強い風が吹いたとみえ、夢うつつの耳にも風に揺れる色々な物音が聞こえてきました。 夜中にトイレに起きると、ガラス戸を通して雪が吹雪いているのが見えました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/12/28 16:46
雑木林に佇む 気の毒な「東屋」
雑木林に佇む 気の毒な「東屋」  毎朝歩いている散歩道、最後に雑木林の中の坂道を下ってくるとこんな建物があります。 冬枯れの殺風景な雑木林を歩いきてこの建物が目に入ると、どことなく風情を感じます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/12/26 11:28
一陽来復 <冬至>
一陽来復 <冬至>  先程庭に出てみたら、雲ひとつない青空を飛行機が一機、北から南に向かって白い煙を吐きながら飛んでいました。 白い飛行機雲が、まるで空を二分するように長く伸びています。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/21 13:50
11月の雪かきとは…
11月の雪かきとは…  11月だというのに昨日未明から雪が降りました。 長野地方気象台が昨日の午前に、大雪になる恐れがあるとして、諏訪地域と佐久地域に一時、大雪警報を出し、交通障害などに注意を呼び掛ける程の降りでした。 当地でも10p近くは降ったのだろうか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/25 19:36
真っ赤な ブドウ畑
真っ赤な ブドウ畑  今朝は随分冷え込みました。 多分12月の中旬から下旬並みの気温だったでしょう。 朝から雨がポツポツと当たっていましたが、寒風の中、時には雪なのか白くも見えました。 長野では、初雪が観測されたようですが、ここも初雪だったのかも知れません。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/09 14:46
夏の風物詩 ミンミンゼミ
夏の風物詩 ミンミンゼミ  9月に入り、朝夕は時には長袖に着替えたいほどの涼風を感じることもあるが、日中はまだまだ残暑が厳しい。 台風が去ってから、また25℃を超える 「真夏日」 が続いている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/09/02 22:05
「二百十日」 と 「防災の日」
「二百十日」 と 「防災の日」  大型で強い台風10号は、30日午後6時前、岩手県大船渡市付近に上陸。 大きな災害の爪痕を残しながら東北地方を縦断していった。 8月も今日で最後、季節の移り変わりを感じる時期だが、このところは台風の影響で、一日の中でも変わりやすいお天気が続いている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/31 23:36
海野宿を歩く
海野宿を歩く  時々、雑誌などを見てこれはと思う店に立ち寄ってみるのだが、なかなか雰囲気のよいカフェに巡り会う機会は得られないものだ。 過日、やはり雑誌に紹介されていたカフェにでかけてみた。  調べると、どうやらそのカフェは、海野宿にあるらしかった。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/08/29 23:51
お盆のお供え物
お盆のお供え物  お盆を迎え、今年も我が家ではなすときゅうりの精霊馬・精霊牛が仏壇に飾られ、おはぎと天ぷらが供えられた。 今年は、ゴマ・きな粉・大根おろしのおはぎと、かぼちゃ・なす・レンコン・芋・カボチャの精進揚げだった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/15 17:08
様変わりした 子ども御輿
様変わりした 子ども御輿  先日地区の祇園祭が行われた。 祇園祭には、子ども御輿が村内を一回りする習わしになっている。 今年は地域の役員をしている関係上、この子ども御輿に同行することになった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/07/20 15:44
自然豊かな鬼無里の里へ
自然豊かな鬼無里の里へ  用事があり、鬼無里(きなさ)に出掛ける。 鬼無里は、長野市から西に車で1時間の山間にある。 現在は合併して長野市だが、かつては鬼無里村として一つの村だった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/06/27 18:47
贅沢な時間の流れ
贅沢な時間の流れ  昨夜の雨も上がり、日中は青空が一杯に広がり、気温もグングンと上がった。 昼過ぎには30℃に届きそうな勢いだった。 こんな日には涼しげな所で、ゆったりとした時間を過ごすに限る。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/10 18:31
ヤマザクラの実
ヤマザクラの実  ヤマザクラの木に赤く可愛い実がビッシリと付いており、まるで小さな赤い宝石のようだ。 ヤマザクラの実は、実が軽いためかほぼ上方に向いてついている。 実の大きさは、5〜7mm程度だろうか。 そして、ほとんどが種なので果肉部分は1mmほどしかない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/06 17:09
ねむの木学園のこどもたちとまり子美術展
ねむの木学園のこどもたちとまり子美術展  5月にはいって、銀座貿易ビル5Fの東京銀座画廊・美術館で 「ねむの木学園のこどもたちとまり子美術展」 が開催されている。 (今月29日まで、開かれている。) 二十数年前に静岡のねむの木学園を訪問し見学させていただいたことを思い出し、初めて高速バスを使って出掛けてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/25 21:43
夏を思わせる陽気
夏を思わせる陽気  いつもの朝の散策に出た時から、陽射しが強く感じられるようなスタートだった。 青空が広がり、日中の気温の上昇を予感させるような朝。 きょうの日本列島は広く高気圧に覆われ、各地で気温が上がった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/23 17:49
連休明けの 戸隠高原
連休明けの 戸隠高原  大型連休、会社によっては10日連休の会社もあったと聞く。 一線を退いた身にとっては、縁のない連休。 例年のようにGWの間は、渋滞にはまらないように、じっとGWが過ぎるのを待った。 先週の土曜日、我がGWはこれからだといわんばかりに戸隠高原に行ってみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/05/09 11:42
野辺の草花
野辺の草花  明日は「彼岸の入り」だ。 「暑さ寒さも彼岸まで」 という慣用句があるが、「暑さ寒さやそれに伴う様々なつらさも、彼岸のころには和らいで楽になるよ」 といった思いが込められているのだろう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/16 20:48
冬の再来
冬の再来 日中はジャンパーやコートがいらないほど暖かな日が続いていると思ったら、きょうは再びジャンパーや手袋が欲しくなるような寒さに逆戻り。 気温の変動が大きく、朝の散歩にもなにを着たら良いのか困ってしまう季節だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/09 22:06
春の皿には苦味を盛れ
春の皿には苦味を盛れ  きょうは5月を思わせるような暖かな一日となった。 ここに来て一気に春模様が進未、散歩道の小梅の木も満開状態に咲き誇っていた。 我が家の裏庭では例年のように蕗の薹がたくさん頭を出した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/07 17:53
明日は、“啓蟄”
明日は、“啓蟄”  3月に入ってすでに四日目。 まだ冷え込む朝はあるとはいえ、2月のカレンダーをめくると、「 さあ、いよいよ春だぁ!」 という気がしてくる。 あすは、二十四節気の一つ 「啓蟄」 でもある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/04 23:09
両参りで満願成就!
両参りで満願成就!  数日前の話になるが、善光寺には初詣をしてあるが、まだ別所の北向観音にはお参りしてなかった。 買い物に出た折、三日ほど前に思いつきで別所に出掛け、北向観音へお参りに行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/22 17:57
きょうも 雪降り
きょうも 雪降り  寝室の窓を開けると、近くの針葉樹の高木が雪で覆われていた。 天気予報通り、今朝も先日同様雪降りの朝となってしまった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/20 19:35
今季初の大雪
今季初の大雪  夜中に起きた時に、ガラス戸越しに雪の降っているのは見えた。 「朝はいよいよ今年初の雪かきかな…。」 と思いながらまた床についたが、朝目が醒めて驚いた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2016/01/18 19:15
シャンプーの割増料金
シャンプーの割増料金  暖冬とはいえ屋外飼育の愛犬 “北斗” にとっては、冬の寒さは身に応えることだろう。 日中陽が当たると、日向ぼっこよろしく横になっているのが常だ。 それでも、人の気配を感じるとこうして身を起こし、遊ぼうとする。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/11 16:57
信濃国分寺八日堂縁日
信濃国分寺八日堂縁日  上田市には、聖武天皇の勅願により建立され約1250年の歴史をほこる信濃国分寺がある。 この国分寺では、毎年1月7日・8日に信濃国分寺(八日堂)縁日が行われる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/01/08 18:12
善光寺初詣
善光寺初詣  小雨模様であったが、いつものように善光寺へ初詣に出掛けた。 「牛にひかれて善光寺参り」で全国的に有名な大寺院であり、「一生に一度はお参りしないと極楽に行けない」 ともいわれ、全国から多くの参拝者が訪れる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/07 17:28
家族揃って
 ちょっと日が経ってしまったが、正月二日の午後のことだ。 仕事を終えた末の息子夫婦が遠方から帰ってきて、家族が全員揃った。 夕飯の用意ができ、コップに飲み物がつがれ、開宴の運びとなった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/04 17:17
いつもと変わらない新年
 小雪が舞う中、神社の境内に立つ頭上で花火が大きな音と共に大きく広がる。 2016年新しい年が明けた。 今年も家族で地元の神社に二年参りに来たのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2016/01/01 23:49
今年の野沢菜
 野沢菜漬けの季節を迎え、数日前にお借りしていた畑の野沢菜を採ってきた。 いつもの年より大きく育ったが、なかなか強い霜が来ないために、いつまでも菜っ葉の茎がシャキッとしている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/12/16 17:21
霜 の 朝
 今朝は随分冷え込んだ。 外に出ると、雲一つない青空が広がっている。 こんな朝は、放射冷却で冷え込むのは当たり前だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/12/02 18:18
雪をいただく 浅間山
 久しぶりに軽井沢に出掛けてみた。 軽井沢に行く時はいつも上田市と軽井沢町を結ぶ浅間山麓広域農道を車を走らせる。 30km弱のこの広域農道は、 「浅間サンライン」 の愛称で知られている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/11/30 22:18
素人の野菜作り
 今年も知人から畑をお借りして、ずぶの素人が野菜作りに挑戦した。 春野菜の栽培は、畑に行くのを少し怠ったら、草だらけにしてしまった。 秋野菜はというと…。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/25 12:00
嘆かわしい 惨状
 毎朝散策している「散歩道」は、集落からわずかに山道に入った雑木林。 車も通り、遊歩道も整備されている。 遊具が設置されたり、東屋が建てられた広場もある。 そんな場所に思いもよらない物が捨てられていることがある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/23 23:53
中山道の三宿を訪ねる
 中山道(木曽路)には、江戸時代から営々と続く暮らしを守りながら、宿場の景観を今によみがえらせた宿場町がいくつも存在する。 先週、その木曽路を車を走らせ、江戸時代を思わせる宿場町の風情を楽しんできた。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/18 22:40
念願の 白川郷へ
 280kmを超える長距離、時々休憩しながら4時間の運転、ようやく「せせらぎ公園駐車場」に到着した。 駐車場脇の庄川に架かっている吊橋(であい橋)を渡ると、景色は一変し俗界と切り離されたどこか懐かしさを感じる風景が広がる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/02 17:16
賑 わ う 雷 滝
 松川渓谷の紅葉も見頃を迎えたようだ。 ここは余り歩くことなく車中から紅葉が楽しめる。 ここ数日ちょっとお疲れモードの体なので、とりあえず高山村から雷滝を訪れてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/10/14 23:46
万治の石仏
 下諏訪町にある諏訪大社下社春宮の鳥居から左に折れて、砥川沿いの小径を行くと、万治の石仏がある。 木立に囲まれた静かな一角にどっしりと座るこの石仏、高さ2mほどの半球の自然石に仏頭を乗せた何とも奇妙な仏様だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/02 12:07
ナスとキュウリのお供え
 きょうは、朝から雨降りとなり、どうやらこの様子だと一日降り続きそうだ。 それと共に気温の上昇も抑えられ、随分しのぎやすくなっている。 お盆も終わり、仏壇のお供え物も下ろされ、感謝の気持と共に処分された。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/17 10:43
猛暑に響く アブラゼミの鳴き声
 今朝も早いうちから気温が高い。 こんな早い時刻からの気温上昇に朝の散策をどうしようか躊躇したが、意を決して出かけた。 日陰はまだ涼しいが、日向になるとたんにTシャツに汗がにじみ出す。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/10 11:38
虫取りの楽しさを…
 猛暑の日々が続いている。 日が昇る前の朝は爽やかだが、日の出と共に気温はグングン上昇し、きょうも猛暑日になるのではないかと思われるような暑さだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/07 13:12
ブドウ園風景
 わたしの散歩道周辺には、たくさんのぶどう園が広がっている。 ほとんどが巨峰という種類の葡萄だが、先月は実の大きくなった房に袋がかけられた。   ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/05 12:24
素人の野菜つくり
 我が家では、その日に行うことが突然提案され、動きが決まることが多い。  今朝も5時頃目が醒め、まだ十分に覚醒しないで床の中でぼんやりしている時、「これからジャガイモを堀に行こうか。」 という声が耳に入った。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/20 22:36
深妙寺の紫陽花
 梅雨まっただ中。 梅雨といったら連想される花は何と言っても 「紫陽花」 だろう。 伊那の深妙寺は2500株200種のアジサイに囲まれる信州最大規模のアジサイ寺だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/03 21:07
コスモス街道を走る
 この建物、テレビの 「人生の楽園」 という番組を毎週見ている方ならば、見覚えのある方が多いのではないかと思う。 6月6日の 「人生の楽園」 で取り上げられた 「高原カフェ ツリーハウス」 だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2015/06/27 10:52
リンゴに群れる ヒヨドリたち
 初夏を思わせるような日々が続いており、きょうも汗ばむような陽射しの強い一日だった。 数日前に山のような大量のリンゴがブドウ畑に捨てられた。 この地主さんは、どんな訳なのか毎年こうしてリンゴを畑に捨てるのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/27 18:37
好みのコーヒーハウス
 急きょ依頼された仕事が3月で一段落して、またゆっくりした時間の流れを楽しみながらの日々が送れるようになった。 仕事が終わる少し前に、職場で一緒に仕事をしている方に勧められた軽井沢のカフェがあったことを思い出した。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2015/04/17 14:45
指折り数えた日
 昨日で全てが終わった。 ようやく待ちに待った “サンデー毎日” の日々が戻ってきた。 本当に長い一年だった。 どのくらいこの日がやってくるのを待ち焦がれたことか…。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2015/03/20 23:27
いつもの定食
 三寒四温とはよくいったもので、このところ冬と春が一進一退し、しめった大きな牡丹雪が降ったり、手袋が不要な陽気になったりしている。 先日、仕事休みの日を狙って長野へ出掛けた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/02/20 17:55
今夜は、蕗味噌かな…
 朝の冷え込みは厳しかったが、日中は暖かな日が差し、随分過ごしやすい一日となった。 この気温上昇で、雪も池の氷も溶け去り、その下から黒土がのぞき、生物の息吹が随分感じられるようになった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2015/02/11 16:49
北向き観音・初詣
 11時近くなってから急に、「北向き観音へ初詣に行こうか」 と声がかかる。 我が家では、こうして突然行動を起こすことはそう珍しいことではない。 今日が仕事始めという企業もかなりあるようなので、混雑はあるまいと出掛けることにする。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/01/05 18:00
いつもと変わらない正月
 新たな年を迎えて二日目、穏やかな正月を迎え、いつものように箱根駅伝に釘付けの駅伝三昧の正月を過ごしている。 正月三が日は荒れ模様の天候になるだろうという予報だったが、当地ではさほどではなく、大晦日には例年のように二年詣りに行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/01/02 17:35
忘れられた球根
 我が家の庭には毎年春になると黄色い水仙が花壇一面に咲く。 今年は12月の内に何度も雪が降っているが、そんな雪の中でも庭のあちらこちらで水仙が緑色の芽を逞しく伸ばしているのが確認できる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/12/29 16:55
朔旦冬至
 きょうは、「冬至」。 毎年かならずめぐってくる冬至だが、今年はことしは 「朔旦冬至(さくたんとうじ)」 といってかなり特別らしい。 今年の冬至が旧暦11月1日にあたるからで、ほぼ19年に一度の巡り合わせで、大変おめでたい日とされている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/12/22 22:55
嬉しい残し柿
 過日の大雪から一転、きょうは夕方から雨となった。 しかし、山よりの林の雪は完全には消えず、まだまだ雪に地面が覆われたままだ。 野鳥たちにとっては、餌探しが大変な日々が続く。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/12/20 19:57
来そうな予感
 積雪量こそ少ないが、このところ雪が遠慮がちに舞う日が多くなってきた。 たかだか2〜3pほどの積雪だが、それでも冬枯れの雑木林が、こうして雪化粧をする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/15 23:11
とうとう雪になりました
 布団を上げ窓を開け放つと、まだ薄明るい裏庭には、うっすらとした雪景色が広がっていた。 積雪量としては数oだが、この冬初めての雪らしい雪降りとなった。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/12/06 17:36
11月の異称
 11月も残りわずかとなったが、11月の異称を調べてみたら、霜降月、霜月、仲冬、神楽月、露隠りの葉月、風寒、雪待月、雪見月、神帰り月・神帰月…、まだまだたくさんありそうだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/11/28 17:46
こんな日もあるか…
 昨日、今日と二日続きの雨降りとなった。 そんな雨の中、仕事休みの日を選んで、ずっと以前に申し込んであった日帰りのランチクルーズに参加した。 朝から夜まで、丸一日止むことなく雨が降り続いた一日だった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/11/26 23:39
地域のつながりの大切さ
 昨日から今日にかけて、上空を北に向かって飛んでいくヘリコプターの機影が何機か見られた。 22日夜に県北部で最大震度6弱という大きな地震があった。 きっとこれらのヘリコプターは、その被災地に向かって飛んでいったものだろう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/11/24 17:30
レモングラスを求めに
 我が家ではよくレモングラスティーを飲む。 レモングラスティーは、レモンに似たさわやかな香りと味のハーブで、リフレッシュ効果があるという。 レモングラスを購入するのに、我が家ではいつも池田町まで出掛ける。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/11/19 17:55
嫌われ者の カメムシ
 きっとこの虫を知らない人は、かなり少ないのではないかと思う。 そして、この虫に対して良いイメージを持っている人は多分かなり少ないのではないだろうか。 世の多くの人々から嫌われる原因の最たるものはその独特の臭いにある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/10/06 16:52
厳しい暑さの 夏戻る
 雨の日が続き、夏がどこかに行ったかと思わせるような陽気だったが、きょうも朝から青空が広がり、真夏の陽射しが降り注いだ。 まだまだ夏は去る気配はなく、再び本来の暑い夏が戻ってきた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/08/20 15:47
巨大モザイクアート
 6月19日から明科の龍門渕公園・あやめ公園で 「信州安曇野あやめまつり」 が開催されている。 ちょっと出掛けてみると、入り口近くで、大きな風景画のアートが目に付いた。 下の写真でも分かるように、大きさは、高さおよそ3m弱、横幅18mほどの巨大な風景画だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/06/25 23:47
小布施の町を楽しむ
 毎年連休の間は県外車が急増し、ヘタな場所に出掛けると渋滞に出会いさんざんな目に遭う。 だから、休日の間は余り外出せず、息を潜めてジッと連休の過ぎるのを待つことが多い。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/05/02 23:31
高校生の爽やか行為
 今週は随分暖かい日が続いているが、今日も日中の気温は20度を超えた。 ゆっくりと坂道を上っていくだけでも汗ばむような暖かさだ。 歩きながら雑木林に目をやると、ジュース缶がいくつも林の中に投げ込まれている。 かなりの数の缶やビニル袋が散歩道脇の雑木林に散在し、何とも見苦しい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/03/28 18:52
満1歳を迎えた 柴犬 “北斗”
 愛犬 “ライアン” が逝った後、我が家に柴犬 “北斗” がやって来て早10ヶ月が経った。 北斗は、2013年2月27日生まれなので、満1歳を迎えたということになる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/03 15:36
大雪の その後
 土・日曜日の二週続きの大雪から三日が経過した。 今回の積雪は、我が家の庭先でおよそ60pとなった。 もちろん、ここに居を構えて以来、最大の積雪量であることは間違いない。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/19 23:46
鳥獣供養塔
 散歩道周辺には、観察路が設置され、小さな公園や小規模のアスレチック施設などもある。 この公園の一角には、 「鳥獣供養塔」 が建立されている。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/02/07 16:17
立春を過ぎたというのに…
 昨日は二十四節気の一つ 「立春」 だった。 暦の上では春となり、少しずつ暖かくなり始める頃とされているが、今朝はとても冷え込んだ。 上空に強い寒気が南下したため、全国的に真冬の寒さとなった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2014/02/05 23:52
節分草の花言葉は、人間嫌い
 きょうは 「節分」 。 各地で節分に関わる催しが開催され、我が家でも先ほど豆まきを済ませた。 凍って固くとざされていた庭の黒土も、少しずつ柔らかさが感じられるようになってきた。 節分と言えばこの時期を前後して咲く花に節分草がある。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/03 17:32
厳しく冷え込んだ 「大寒」 の朝
 きょう日は、 「大寒」。 昔の暦の二十四節気の一つだそうで、小寒から立春までの30日間を寒の内といい、大寒はそのまん中にあたる。 「大寒」は、暦の上では一年で最も寒い日とされているが、今朝も暦通りの厳しい冷え込みだった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/01/20 17:30
あれから19年
 あれからすでに19年が経った。 「あれから19年」、あれからとはいわずと知れた阪神・淡路大震災のことだ。 6434人が犠牲になった阪神・淡路大震災はきょう、発生から19年を迎えた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/17 17:21
“柴刈り” と “芝刈り”
 “昔々あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。おじいさんは山へ柴刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました。”  子どもの頃に聞いた昔話、 「桃太郎」 のくだりだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/01/15 23:57
北向観音と善光寺の両参り
 我が家では、毎年 「片参り」 にならないようにと、長野善光寺と別所温泉北向観音の両方へ詣でることにしている。 先日は長野善光寺に初詣に行ったので、きょうは別所温泉の北向観音へお詣りに出掛けた。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/10 21:10
他所で年越しをしたデジタルカメラ
 喫茶店で珈琲をいただきながらホッとした時間を過ごした後、忘れ物をすることがたまにある。 今回置き忘れられたのはこのカメラだ。 以前掲載をしたことがある 「さんぽやの四季」 で、年越しをしてきたのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/08 17:41
善光寺の初詣
 善光寺の混雑が予想される正月三が日と土曜・日曜日の休日を避け、きょう、善光寺の初詣に出掛けた。 予想通り混雑はなく、駐車場にも空きがありすんなり駐車。 境内も人は多いものの混雑と言うほどの混みようではなかった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/06 21:51
我が家恒例の二年詣り
 一年締めくくりの大晦日。 見上げる空には満天の星。 冬の星々が美しく輝き、間もなく暮れようとしている大つごもりの夜、例年のように家族そろって地元の神社に二年詣りに出掛ける。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/01/01 20:59
詩と絵に囲まれた高台のカフェ
 昼食を済ませた直後、いつものパターンで突然、「どこかに出掛けようか…。」 という話になる。 まだ行き先も決まらないうちに車に乗り込んだが、きょうばかりはなかなか行き先が決まらない。 以前から気になっていたカフェの名称をカーナビに入れてみると、一発でヒットした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/04 22:01
犬もさぞかし冷たかろう
 11月も半ばを過ぎ、紅葉から落葉の季節へと移り変わりつつある。 我が家では犬を飼っているが、柴犬 「北斗」 が我が家にやってきてから半年が過ぎた。 2月生まれなので、9ヶ月のまだ成犬前の子犬だ。  ペットショップで買い求める時に 「やんちゃですよ」 と言われたが、ワクチン接種が全て終わるまでの間は屋内で飼っていたが、それが済んでから、以前にも触れたようにフェンスを設置して外飼育を始めた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/11/18 23:41
冬を迎えて大慌て…
 きょうは、朝から弱い雨が降り続いている。 昨日は晴天に恵まれ青空が広がり、気持ちのいい一日だった。 しかし、そんな日の朝は冷え込みが厳しく、霜がおりるものだ。 昨朝も散歩に出た時には土手の草原は真っ白になるほどの強い霜がおり、冬の訪れを痛感させられた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/11/15 11:45
雨にたたられた小谷村
 最近テレビで旅番組を放送することが多いが、注意して見ていると、結構長野県や近隣県が登場することがある。 そんな中で、 「いつか機会があったら行ってみようかな。」 と思う場所や店が放映されると、ちょっとメモをしておくことがある。  ほとんどの場合は、ただメモするだけで実際に行ってみることはないのだが、以前テレビ放映で、「小谷名産館」 が出て、そこの場所と番組に登場した蕎麦のメニューがメモ用紙に走り書きをしてあった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/11/11 16:57
レモングラスティーを飲む
 我が家では、食事の後には珈琲を、そしてお茶時には、日本茶やレモングラスティーを飲むことが多い。 レモングラスティーが切れそうになると、わざわざ池田町まで出掛けて、買い求めるのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/06 18:17
中秋の名月
 暦上の 「中秋の名月」 がちょうど満月と重なった昨夜19日は、長野県内は高気圧に覆われ、当地では絶好のお月見日和となった。  昨年に続き今年も中秋の名月と満月の日が重なり、雲がほとんどない秋空で真ん丸の素晴らしい名月を見ることができた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/09/20 10:26
黄金の稲穂がたなびく 「姨捨棚田」
 ついこの間まで、エアコンを動かすような酷暑に体調を合わせていくのに苦労していたが、仲秋を迎え、すっかり秋の気配が漂っている。 白露を過ぎた今週初始め、秋の日差しに誘われて、久しぶりに近くの姨捨棚田に出掛けてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/09/11 11:10
キュウリ と ナスの 「精霊馬」
 日本各地で行われているお盆の行事は、各地の風習や宗派による違い等によって様々だが、我が家では、お盆の期間中には、「精霊馬」 と呼ばれるキュウリやナスで作った動物を作り、お供えしている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/08/14 11:00
愛犬の屋外デビュー
 柴犬 「北斗」 が我が家にやってきてから3ヶ月。 生後まもなく5ヶ月を迎えようとしている。 以前掲載したように3回目のワクチン接種がすんで1週間後、かかりつけの獣医さんから散歩の許可が出た。 それを待っていたように6月23日から 「北斗」 の屋外飼育が始まった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/07/08 16:32
雨上がりの朝
 沖縄はすでに梅雨が空けたというが、当地はここに来てようやく雨の日が続き、梅雨らしい陽気の日が続くようになった。 夜間雨が降り続いた後の雨上がりの朝は実に爽やかだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/26 23:53
温かく見守られて…
 前日の雨もすっかり上がり、好天に恵まれた先週末、諏訪湖畔のとある老舗旅館(ホテル)で一組のカップルの結婚披露宴が行われた。 親の力をほとんど借りず、新郎新婦が中心になり全てを二人で企画準備して行われた結婚披露宴だった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/06/24 20:39
山桜のサクランボ
 毎朝歩く散歩道のほとんどは舗装されている。 その舗装道に、このところ直径6〜7oほどの黒い小さな実が無数に落ちているようになった。 見上げると、山桜がサクランボの子どものような小さな実をたくさんつけていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/06/19 23:52
再び柴犬がやってきた
 15年間家族と共に生活してきた愛犬 “ライアン” が逝って、どのくらい経ったろうか。 つらい別れであり、多くの人はこうした別れをすると次の犬を飼わない方が多いという。 そんな悲しみを乗り越え、再び我が家に柴犬がやってきた。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2013/05/24 14:23
ライアン との別れ
 午前4時、どこからともなくもの悲しげな犬の鳴き声が聞こえたような気がして目が覚めた。 まだ周囲は暗く、こんな時刻に動物の鳴く声がすることはまずなかった。 それでも気になったので、懐中電灯を持って、ライアン (我が家の飼い犬) の様子を見に行ってみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 12

2013/04/12 23:55
春の日射し と “花信風”
 三日ほど家を留守にして出掛けていたが、帰ってみると陽気が随分春めいて、わずかに残っていた雪も、日陰の場所をのぞいては全て解け去っていた。 どうやら冬から春へのバトンタッチが行われたようだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/03/11 23:48
三十段飾り ・ 千体の雛祭り
 きょうから3月、明後日3月3日は桃の節句だ。 この時期、須坂市野辺の 「須坂アートパーク」 で、「三十段飾り ・ 千体の雛祭り」 が開催されている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/01 23:42
早春の味覚 ・ 蕗のとう
 この冬は何回雪かきをしただろうか…。 例年より雪の降る日が多いような気がする。 従って、いったん消えそうになった雪も再び降り積もり、今になっても完全に解け去らずにいる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/02/22 18:39
自然の造形美 「霜花」
 きょうは朝から青空が広がり、日中は気持ちよく晴れ渡った。 こんな日の朝の冷え込みは、放射冷却現象からか厳しいものだ。 起き抜けにカーテンを開けると、窓ガラスに美しい霜の模様が朝の光に輝いて見えた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/20 13:46
「雨水」 の雨
 春が近づくと雪の結晶も膨らみ、大きな雪片となって、まるでボタンの花びらのように落ちてくる雪がある。 きょうの雪は、まさにこの 「牡丹雪」 だった。 この辺りでは、 「ぼた雪」 と言うこともある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/18 23:43
評判のレストラン
 出かけた時は曇天模様であったが、車を北に向かって走らせるにつれ、雲行きが怪しくなってきた。 中野市を過ぎた頃から雪がちらつき始めた。 ここから先は豪雪地の飯山に入るが、やはり北信濃雪も本格的に降り始めた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/15 23:52
湿った雪降りの朝
 いつものように布団を上げ窓を開けると、やはり一面の白銀の世界が広がっていた。 積雪量は、たかだか数pではあるが、まだ牡丹雪のような雪が、次から次へと舞い落ちている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/06 19:12
映画 「東京家族」 を見る
 朝の散策を済ませ、一息ついていると突然、『映画 「東京家族」 の上映スケジュールを調べて』 と、頼まれた。 こんなことは我が家にとっては珍しいことではない。 急に思いつきで動くのはいつものことだ。 早速近くの映画館へ、「東京家族」 を見に行くことになった。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/01/30 20:08
大雪による被害を見る
 十日ほど前に20pを超えるたくさんの雪が降った。 その日から四日ほどたった先週、その雪がまだ消え去らないうちに冬にしては珍しく冷たい雪が降った。 未だ、その時の雪は消え去らないでいる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/25 11:50
本格的な雪降りに見舞われて…
 “爆弾低気圧” という言葉があるらしいが、今日は南からやって来た低気圧のため、随分多くの雪が降った。 朝食前に一度雪かきをした。 この時の雪は軽くて、さほど苦労はなかったが、今日は、この一度の雪かきではすまない大変な降りだった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/01/14 22:15
今年も両詣り、北向き観音の初詣
 一昨日、善光寺に初詣に行ってきたところであるが、今日は別所の北向観音に初詣に行ってきた。 善光寺は来世のご利益を、そして、北向観音は現世のご利益をもたらすということで、善光寺だけの参拝では、 「片参り」 になると言われているのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/01/09 22:20
善光寺 初詣
 例年、年明け一週間ほどすると初詣客も減るため、毎年この時期になってから初詣に出かけることにしている。 今年も長野市の善光寺と別所温泉の北向き観音の両詣りをする予定だ。 今日は、まず善光寺詣りをしてきた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/01/07 22:06
我が家の老犬 ライアン
 毎朝行っている散歩には、様々な意味合いがある。 まずは自分自身の健康保持のためのウォーキング。 次は、野鳥の撮影を始めとするバードウォッチング。 そのために散歩であるにもかかわらずBORGレンズを付けたカメラをぶら下げている。 とは言ってもやはり一番の主目的は、年齢14歳の老犬、ライアンの散歩にあるのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/01/04 21:11
いつものように 二年参り
 厳しい寒気の中、まだ人影の少ない夜道に家族の足音が響く。 みんなの吐く息が白く見え、除夜の鐘が響く夜道に、凛とした空気感が漂う。 今年も例年のように地元の神社に二年参りに出かけた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/01/02 19:57
北信濃の冬 ・ 雪化粧
 12月に入ってから厳しい冷え込みの日が続き、県北部は例年になく大雪が降っているようだ。 今日は用事があって、名だたる豪雪地の一つである飯山市に行った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/28 21:18
冬至といえば、カボチャとゆず湯
 今朝も強い霜が降りた。 きょう22日は冬至だ。 夜が一番長い日。 ということは、これからはだんだん昼が長くなるということでもある。 そう考えると信州の厳しい冬もなんなく乗り切れそうなそんな気がして来るから不思議だ。 要はものの考え方一つだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/21 23:54
気分転換に軽井沢 「村民食堂」 へ
 今朝犬の散歩に出かけたときは、粉雪もちらつくような鉛色の曇天が一面に広がっていた。 ところが、時間がたつと共にまるで空を箒で掃き清めたように雲がなくなり、爽やかな青空が曇天と取って代わった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/12/19 15:31
厳しい寒さも一休み
 庭の池が全面結氷し、なかなか溶けなかった数日だったが、ここ二日ほどで一気に溶け去り、池が波打っている。 西高東低の気圧配置が崩れず、厳しい寒さが続いていたが、ようやくこの厳しい寒さも一休みすることとなった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/17 17:09
本格的な冬到来・雪化粧
 12月に入って何回か雪が舞い、周囲がうっすらと白くなったことがあった。 こうして雪が降り、スタッドレスに履き替えるのは例年クリスマスが近くなってからが多かった。 しかし、今年は、たくさんは積もることはないとはいえ、雪のちらつく日が随分早かった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/10 16:25
イルミネーションの季節
 イルミネーションやライトアップなどが冬の街を彩り、雪国の灯りやクリスマスのイベントなどもあちらこちらで行われる季節になった。 最近は各地で大規模なイルミネーションが見られるようになった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/26 20:14
晩秋の我が家の庭
 昨夜は、降りしきる雨の音を子守歌代わりにしながら寝入ったのだが、朝窓を開けると、うっすらと霧が漂ってはいたが爽やかな朝を迎えることができた。 今朝もずいぶん冷え込んだようだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/16 13:43
どこに行ったか 「稲雀」
 秋は実りの 「とき」 だ。 ときといえば、 「国家存亡の秋」 のように、重大で大切な時期である 「とき」 を 「秋」 の字を当てている。 あちらこちらの田圃の黄金に実った稲穂も、その重みで深々と頭を垂れ、稲刈りが盛んだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/09/28 14:46
過疎の村 と お焼き
 年々過疎化が進む山間の村で生活していた一人のお年寄りが、今年の夏になくなった。 このお宅には、息子達が子どもの頃夏休みになると遊びに行き、山間生活を楽しませていただくなど、たいへんお世話になった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/09/26 23:43
秋の彼岸の善光寺詣り
  昔から 「暑さ寒さも彼岸まで」 とはよく言われているが、今年ほど言葉通りに季節が動いた年はそう無いのではないか。 朝夕は大分凌ぎやすかったが、日中はまだまだ真夏の気温がずっと続いていた。 ところが雨も手伝ってか、彼岸に入ってからは、諺通り長袖を着込むような涼しい陽気になった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/09/24 23:51
秋茄子は、嫁に食わすな
 申し訳程度に実っているこの茄子は、我が家の庭の一角に設えたミニミニ農園の秋茄子だ。 秋までならせるつもりでなかったので、追肥も剪定も十分でなかったので、何ともみすぼらしい茄子になってしい、今も申し訳なさそうにぶら下がっている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/09/17 17:08
二度目の 映画 『あなたへ』
 先々週 『あなたへ』 の映画を見た後、わたしの連れ合いさんは、「もう一度この映画を観てみたい。」 と呟いた。 過日、NHKテレビでこの映画のことが放映されたこともあり、きょう、再びこの映画 『あなたへ』 を観に行った。 自分からもう一度観たいと思ったわけではないが、自分にとっては同じ映画を二度観に行くことは余りなかったことだ。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/09/10 23:53
きょうは、「白露」
 きょうは、二十四節気の一つである 「白露」 に当たる日だ。  「陰気ようやく重なり、露凝って白し」 ということから名付けられた。 これは、秋が本格的に到来し草花に朝露がつくようになるという意味だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/09/07 16:42
辻井伸行 スペシャル・コンサート in 大賀ホール
 8月30日、夏の軽井沢で、 「辻井伸行 スペシャル・コンサート 《自作&クラシック》」 があった。 数ヶ月前に、先行予約のь付があり、何回にも渡るトライの結果、ようやくにして運良く2枚のチケットを予約することができた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/08/31 20:37
久しぶりの 映画鑑賞
 多少自分の自由になる時間が取れるようになってから、少しずつ前評判の良さそうな映画を厳選し見に行くようになった。 先日、公開されたばかりの 降旗康男さんが監督で高倉健さんが演じる 『あなたへ』 を観に行ってみた。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2012/08/29 18:10
小菅の里まで蕎麦食べ歩き
 飯山市の小菅の里には、戸隠や飯綱と並ぶ北信濃の三大修験場にあげられる 「小菅神社」 がある。 奥社に至る参道には、樹齢300年級の巨大な杉が両脇に並び、古来からの歴史を感じさせる不規則な石畳がみられた。 入り口から神秘的な絶景だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/08/24 23:58
自然の恵み 「雨水利用」
 今まで一般家庭で雨水を利用することはほとんど無かったが、震災以降、水道だけに頼らない 「雨水利用」 に注目が集まっているという。 そこで、わが家でも、雨水タンクを購入し、一工夫加えて設置してみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/08/03 22:26
リンゴの摘果作業
 7月中旬頃から今頃の時期にりんご園を見ると、地面にリンゴの実がたくさん転がっているのを見ることがある。 実はこのリンゴの実は、最近の豪雨や台風被害で落ちたものではなく、農家の方の手によって意図的に摘果されたものなのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/07/30 23:36
庭の夏花の開花と共に…
今週の7日、長野県を含む関東甲信地方と九州北部と北陸地方が梅雨明けしたとみられると発表された。 梅雨明けと共に猛烈な暑さがやってきて、“猛暑日” が続いた。 いよいよこれからが夏本番、暑さとの戦いになる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/07/20 14:18
葡萄の袋かけ
 梅雨の中休みという言葉があるが、昨日、今日と青空が一面に広がった。 今日は、とりわけ日中の気温が一気に上昇し、夏の様相を呈し、動かずにいてもジットリと汗が滲み出てくる蒸し暑さだ。 この分だと今日は、“真夏日” どころか “猛暑日” になりそうだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/07/16 14:02
小川の庄 「おやき村」
 二週間程前、小川村のおやきを食てみたいと思い、出掛けたことがあった。 その日は4月だというのに突然予期しない雪が降り始め、目的地まで残り数10メートルという急坂の山道で、車がスリップしてしまい断念してスゴスゴと帰ったことがあるのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/04/25 23:22
最後の散策 と 次への“旅立ち”
 人生には様々な “旅立ち” がある。 自分にとって、今回は何度目の旅立ちになるのだろうか。 管理室で様々な手続きをし、淡々とした気持ちで書類に最後の印を押した。 これといった特別な感慨もないままに挨拶を済ませ管理室を後にして、車に乗り込もうとした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/03/30 20:07
子ども達に残したい童謡・唱歌
 一昨日の夜、 “松本文化会館” で、 「 由紀さおり・安田祥子 Songs With Your Life Concert ファイナル・ツアー 〜ありがとう25年〜 」 が開催された。 およそ1時間半車を走らせ、三才山峠越えをして、二人のコンサートを楽しんできた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/03/21 18:30
白鳥の北帰行 ・ 春を実感
 昨日の朝もドンヨリとした鉛色の空だった。 しかし、ようやく3月にふさわしい陽気になり、厳冬だった今年の冬もやっと終わりになったようだ。 いつもの朝の散策をしていると頭上から聞き慣れた白鳥の声がする。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/03/09 06:33
“啓蟄” に春を思う
 今日は、雪ならぬ冷たい雨の “啓蟄(けいちつ) ” の日だった。 “啓” は、『ひらく、開放する、(夜が)明ける』 などの意味、“蟄” には 『土中で冬ごもりしている虫』 という意味がある。  文字通り、今日は、地中で冬ごもりしていた虫が春の到来、暖かさを感じ、草木が芽吹く と同時に地上へ這い出してくる日ということだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/03/05 19:42
雪景色の “うるう日”
 朝玄関に出ると、粉のような細かい雪が横殴りに降っていた。 さほど多い雪ではなかったが、それでも2〜3pほどは積もっているだろうか。 さっそく朝食前の一仕事で、雪かきをする。 この時期の雪は湿り気の多い雪になることが多いが、今朝の雪も湿った重い雪だった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/02/29 19:42
豪雪の地、北信濃を訪ねて
 長野県の最北端に位置し、山々に囲まれた栄村は、積雪量が日本一 (7m85cm) を記録したこともある日本有数の豪雪地だ。 今年の冬は、例年にない記録的な雪に見舞われているという。 朝から天気がよかったので、久しぶりに訪れてみた。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/02/13 19:04
居座る寒気と記録的大雪
先週あたりから全国的に厳しい寒さや大雪に見舞われている。 長野県内でも北部の山沿いを中心に大雪となっていて、雪に慣れているはずの豪雪地帯でも市民生活に大きな影響が出ているという。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/02/01 06:53
善光寺と北向観音の両参り
 三連休が開けた昨日、ようやく仕事休みの日が訪れたので、長野善光寺と別所の北向き観音へ初詣に行ってきた。 例年、混雑する正月期間を外しこの時期に行くことにしているのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/01/11 17:39
暦どおり冷え込んだ「小寒」の朝
 きょうは、二十四節気の 「小寒」 で寒の入り、日本列島は冬型の気圧配置が強まり、各地で暦どおりの寒さとなった。 今朝も車は真っ白に霜が降りており、庭先に駐車しておいた車の外気温は、氷点下8度を示していたが、もっと低かったかも知れない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/06 18:14
早くもきょうは、仕事始めの日
 正月三が日は、例年のように実業団駅伝・大学駅伝と暖かい部屋で普段はほとんど見ないTVにべったりと張り付き、駅伝三昧ののんびりした正月を送った。 のんびりした正月もあっと言う間に過ぎ、さてさて、きょうはもう 「仕事始め」 の日だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/04 19:15
いつもと変わらぬ二年詣り
 我が家ではここ何年もの間、家族揃って地元の神社に二年詣りをすることにしている。 2011年も押し迫った31日の23時過ぎ、いつものように家族5人全員揃って家を出た。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/01/02 16:45
雪の散歩道で…
 仕事休みの朝は、まだ日が余り昇らないうちに裏の雑木の林道を老犬の柴犬ライアンと共に歩くのが日課だ。 この日は、夜の間にわずかに雪が降り、雑木林の木々も、坂道も、集落ももうっすらと雪化粧を施していた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/12/28 23:51
息子とのスキー初滑り
 世は三連休で、昨日はその最終日。 やはりうっすらと雪が降った朝となった。 息子が今年初めてのスキーに行くという。 いつものように湯の丸高原のスキー場に行くようだが、一人で行くのだという。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/12/26 17:53
冬至を迎えて
 昨日は、冬至だった。 冬至は、1年で一番夜が長く、昼が短くなる日だが、昔から、冬至にカボチャを食べたり、ゆず湯に入ったりする習わしがある。 昨夜は我が家でも冬至カボチャを食べ、冬至風呂 ( 柚子湯 ) に入りながら無病息災を祈った。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/12/23 07:09
ガガイモの実
 朝の内は氷点下の気温で、散策にはしっかりした防寒対策が必要だった。 それでもお昼を過ぎると多少気温も上がり、アンズ畑の脇を通ると、枝に絡みついたガガイモがちょっと温かめの風に揺れていた。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2011/12/21 17:53
放置柿の弊害
 最近は、ちょっと外を歩いてみると、残し柿の範疇を超えた未収穫の柿の木が非常に多い。 これには、柿を食べなくなったり、高齢化が進み収穫できないなど様々な理由があるようだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/16 23:00
縁起木のナンテン
 ナンテンは我が家の庭にも植えられているが、真っ赤な果実が美しく、他の木々のように横に広がらないので場所を取らず、非常に丈夫な植物だ。 また、ナンテンは 「難転」 に通じるとして、縁起植物に扱われ、盗人・火災・魔除け等のために、縁起木として玄関先や庭によく植えられる定番の実もの庭木のひとつだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/14 20:19
霜が降りた寒い朝
 目が覚め、布団から出ると部屋がすっかり冷え込んでいる。 今朝も寒い朝を迎えた。 カーテンを引き、窓を開けると、外は真っ白だ。 真っ白と言っても雪が積もっているのでなく、霜が降りて白くなっているのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/12 17:50
申し訳程度の初雪
 外を吹き渡る強い風の音で目が覚めた。 いつものようにカーテンを開け、窓を全開にする。 冷たい外気がさっと吹き込み、一気に目が覚める。 まだ薄暗い外を見ると、枯れ葉の上に一面うっすらと雪が積もっている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/12/09 12:48
「大雪」 を迎えて
 最近の天気予報画面にはちらほらと雪マークが登場するようになってきた。 GSスタンドではスタッドレスタイヤに履き替えに訪れるお客さんの姿もあるという。 きょうは、二十四節気の一つ 「大雪(たいせつ)」 だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/12/07 17:47
柿の木 無念!
 今まで、数える程しか実を付けたことがなかった柿の木が、今年は初めて鈴なりの実を付けた。 『桃・栗3年、柿8年』 という言葉があるが、ここに植えられて数年のこの柿の木も、ようやく実なりの年を迎えたのだろうか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/05 18:32
きょうは、 「小雪」
 朝窓を開けると、冷気が部屋の中にサァーッと入ってきて、思わず身を縮めた。 外に出てみると、今朝も弱い霜が降りたのか、周囲の枯れ葉は表面がうっすらと白くなっていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/11/23 07:59
初冬の風物詩 “残し柿”
 秋を代表する果物の一つに柿がある。 この時期になると柿の葉もすっかり落葉し、残っている柿のオレンジ色が真っ青な秋空に一層映え,目立つ季節だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/18 19:56
今朝の散策、落ち葉道に思う
 今朝はとうとう霜が降りたのか、それとも雪になったのか、出勤時に見上げた近くの山の峰がうっすらと白く見えた。 紅葉前線が身近な里山に下りてから数日が経過した。 まだまだ紅葉の色は極端に色あせていることはないが、少しずつ落葉が進んでいる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/11/16 19:03
かわいい小鳥のいる庭木
 いつもの散策は職場近くの林道を歩くことが多いのだが、この日はちょっと気分を変えて振興住宅地を歩いてみた。 日々の散策は健康保持と自然とのふれあいだが、歩きながらよそのお宅の庭を横目でチラッと拝見するのもまた楽しいものだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2011/11/11 06:44
「立冬」 ・ 「冬され」 といえども…
 凛とした張り詰めた肌寒さを覚える空気が漂う朝。 こんな空気を身体が感じ取ったのか、いつもより10分ほど目が覚めるのが遅かった。 今朝の気温は、昨日の朝より、さらに低かったようだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/09 07:36
「森総軍塚まつり」 の賑わい
 昨日の文化の日、千曲市にある科野の里歴史公園で 「森将軍塚まつり」 が開催された。  この祭りは今から約1600年前に造られたとされている前方後円墳 「森将軍塚古墳」 を改めて見つめ直し、古代の人々の暮らしをしのぼうと、地元実行委員会が1992年から毎年開催している。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/04 17:01
稲刈り後の田んぼの光景
田んぼの稲刈りが澄んでから随分経つが、まだハゼ掛けがあった頃は田んぼにダイサギやアオサギの姿が見られたが、今は、もう田んぼで農作業する農家の姿も見られなくなった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/10/26 06:31
明治時代を偲ぶ旧三笠ホテル
 前回軽く触れた旧三笠ホテル見学について、再掲しよう。 褐色の外壁に白いアーチ型の窓枠が印象的な2階建ての洋館 「旧三笠ホテル」 は、カラマツ林の中に静かなたたずまいをみせており、周囲の木々の紅葉とのコントラストが見事だった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/10/19 07:17
秋まっただ中の 『戌の日』 を迎えて
 暑い夏が去り、もう10月も半ばを迎えようとしている。 最近は、朝夕めっきり冷え込んで、毎朝庭の草木には朝露が宿っている。 栗のイガが口をパックリと開け、美味しそうな実が今にもこぼれ落ちそうだ。 秋は一層深まり、実りの秋まっただ中だ。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/10/10 07:03
収穫期を迎えた姨捨棚田
 二つの台風がちかずいているというが、きょうも真っ青な秋空が広がった。 昨日、熱い陽射しが照りつける秋の午後、久しぶりに稲刈りの始まったという 「姨捨棚田」 に行ってみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2011/09/19 23:56
「晩夏」を告げるノーゼンカズラ
 あれほどたくさんの花を咲かせていた我が家のノーゼンカズラも8月末を迎え、さすがに花数がグーンと少なくなってきた。 ノーゼンカズラは、花の少ない酷暑に、樹木全体に鮮やかな色の花を咲かせる我が家の夏を代表する花だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/29 22:53
ヘ ビ の 脱 皮
 いつものように散策を楽しんでいると、前方の石垣に何か白い紐状のものが張り付いていた。 何だろうと思い近寄って観察してみると、長いものには鱗がはっきりと確認できた。 紛れもなく、蛇の抜け殻だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/24 18:16
山間の村落 鬼無里村
 鬼無里村という山間の集落にいる知人のお宅のおばさんが急逝し、今年は新盆だ。 息子達が子どもの頃には、夏休みになると親戚の子どもたちと一緒に泊まりがけで遊びに行って、大変世話になったお宅でもある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/08/19 06:54
蝉の季節も終末へ
 昼下がりの暑い時間帯だというのに、いたるところでジリジリジリ…といかにも暑そうな声で蝉が鳴いている。 油ものを揚げているような音で鳴くので付けられたといわれるアブラゼミだ。 音量もかなり大きく、うるさいくらい耳に残る。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/08/15 23:32
色づき熟したアンズの実
 勤務地から車を少し走らせると、千曲市森地籍に 「一目十万本」 といわれている日本一の 「あんずの里」 がある。 そんな土地柄だから、毎日散策している遊歩道脇にも何本ものアンズの木が植えられている。 今そのアンズが、日毎に黄色く熟し始めてきた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2011/07/13 18:27
遅くなった古札のお返し
 神社などにお参りに行ってお札をいただいたりすることは結構多いものだ。 そして、知らず知らずのうちにそうしたお札や古いお守りなどが手元に残ったりする。  仁 王 門 仁王門から山門へ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/06/27 23:19
日本晴れに富士を見る
 昨日は、日本全国天気予報に “お日様マーク” がずらっと並んだ。 朝の冷え込みは相変わらずであったが、予報に違わず当日は晴天となり、青空が広がった。 快晴状態の空を見て、こんな天候ならば富士山も見られるに違いない。 青空にそびえ立つ富士山でも見れば、少しは晴ればれとした気分になるだろうと考え、山梨県に向かった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/04/06 17:29
“鯉のぼり” に倣って…
 千曲市の古墳時代のムラを当時のままに再現した 「科野の里歴史公園」 に は、国の史跡に指定されている森将軍塚古墳や千曲市森将軍塚古墳館、長野県立歴史館などの史跡や施設がある。 また、自然豊かな一帯は散策を楽しむには最適でもある。 そんな園内の青空にきょうは、たくさんの鯉のぼりが泳いでいた。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/04/04 17:27
待ちわびた梅の開花
 ここ数日4月を思わせるような春めいた日が続いていたが、昼少し前から再び雪模様となった。 横殴りの寒風に舞う雪を見ながら地震の被災地で不自由な生活をされている人々のことを思った。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/03/16 20:57
春を告げる フキノトウ
 気象学的には、3月〜5月を 「春」 と言うそうだが、2月下旬になって厳しい寒さが一気にやわらぎ、庭の雪が完全に解けて消え去った。 それをを待ちかねたかのように、日当たりの良い我が家の庭の片隅に浅緑色の 「フキノトウ」 が顔を出し、春を告げている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/03/02 19:37
冬、まだ去らず!
 一昨日の夜から昨日の朝にかけ、久しぶりにしっかりと雪が降った。 時期が遅くなると湿った雪になりがちだが、それでもまだ軽いふわふわ感があり、さほど苦労せず雪かきが済ませられたのはありがたかった。 とは言え、量的には20pくらいは積もったろうか。 たくさん積もると大変なので、先を見越して、夜と朝の2回に分けて雪かきを行った。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/02/16 20:00
マクロレンズの悲劇
 きょうは、「建国記念の日」 で休日。 きょうから三連休になる幸せな方々も多いことだろう。 仕事の性質上、世の中が休みの時は出勤日という我が身、ご多分に漏れず今日は仕事日だった。 ちらほら雪が舞い始めた国道も、休日とあってガラガラ状態のため、随分早めに職場に着いてしまった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/02/11 19:44
うっすらと雪化粧
 朝、カーテンを開けると窓ガラスが何となく明るく感じられた。 昨夜の天気予報では全県雪の予報だったので、 「来たかな。」 と思い、雪かきをしないといけないかなと思いながら窓を開けてみる。 本当に久しぶりの雪だったが、思ったほどの降雪量にはならず、うっすらと白く地面を覆った程度の降りだった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/02/09 20:53
冬の北信濃を訪ねて
 私には、冬になると訪ねてみたくなる“心の故郷”とでも言える村がある。 北信濃の外れ栄村だ。  今年の日本海側は毎日雪降りの日が続いて、かなりの降雪になっている。 先週本当に久しぶりに数日連続で青空が広がった。 晴天が続いた先週の仕事休み、冬の栄村を訪ねてみた。 栄村は12月中旬頃から根雪が始まり、早くても4月半ば頃までは根雪が残る、1年の半分近くが雪に覆われる豪雪の地だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/02/07 18:12
善光寺と北向観音の「両参り」
 例年我が家では、新年を迎える際には、家族で地元の神社で2年参りをすることにしている。 そして、初詣の雑踏を避けるために幾日か日を置いて、初詣の雑踏が落ち着いた頃、長野の 「善光寺」 と別所の 「北向観音」 を参拝することにしている。 今日は仕事が休みであったので、善光寺の参拝に行き、今年も 「両参り」 を果たした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/24 17:34
暦どおりの 「寒の内」
 昨日の20日は、 「大寒」 だった。 大寒は二十四節気のうち、1年で最も寒さが厳しい日とされるが、広い範囲で気温が0度を下回る暦どおりの厳しい冷え込みとなり、朝の内は粉雪がちらついた。  このところ冷え込みと降雪が続き、今朝もかなり冷え込んだが、この厳しい寒さは、少なくともあと2週間は続くらしい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/21 06:53
二日続きの雪景色
 ここに来て冷え込みが厳しくなり、一昨日、そして、昨日は珍しく雪の夜になった。 今朝はそれほど多い降雪ではなかったが、昨日の朝は20センチほどの積雪となり、忙しい思いをして出勤前に雪かきをした。 雪質はフワッとした粉雪状態だったので、軽い雪だったので、助かった。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/17 10:53
桑原地区の神楽舞
 ちょっと日が経ってしまった話題で恐縮だが、去る8日、長野県立歴史館で同館で開催されている冬季展の一環として、千曲市桑原地区の神楽舞奉納が行われた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/14 06:34
10年ぶりのスキー
 冬のスポーツといったら、スキーを抜きには考えられないだろう。 信州にはたくさんのスキー場があるのだが、こうした恵まれた条件下に生活していながら意外にスキーをしない長野県人が多いのではないだろうか。 ことによったら都会の方の方がスキーを楽しみに来る方が多いのではないだろうかとさえ思ってしまう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/10 20:46
「小寒」は、雪の朝
 この年末年始にかけては比較的冷え込みも緩く、雪もちらつく程度で、過ごしやすい穏やかな日が続いていた。 昨日の朝は、カーテンを開けただけでもいつもとは明るさが違い、窓を開ける前に 「雪が積もっているな」 ということが分かるような朝だった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/01/07 06:59
今年もブレ写真で…
 我が家では、毎年地元の神社へ二年参りに出掛けていました。 今まで二年にわたり、私はその二年参りに行かれずにいました。 というのは地区の役員の仕事を背負っていたため、地元の十二社さんで、地域の初詣に見えた参拝者を迎えなければいけなかったのです。 今年は三年ぶりの家族全員揃った二年参りとなりました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/03 18:30
15ヶ月ぶりに届いた玩具
 十日ほど前のある日の午後、思わぬ所から電話がかかってきた。 奈良井宿の木製のからくり玩具が評判の創作民芸品店 「藤屋」 さんからの電話であった。 注文してあったからくり玩具が出来上がったので、送らせてもらってもいいかという問い合わせ・確認電話だった。 これが送られてきた二匹の犬のからくり玩具だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/12/29 18:19
冬至を迎えて
 朝、カレンダーを見て、今日が 「冬至」 であることを確認した時に、なぜかはよく分からないが、何か嬉しい気持ちがわき上がってきた。 多分、明日から日毎に昼間が長くなっていくからだろう。 朝目が覚めた時、まだ外が明るかったり、仕事明けに暗くなった夕暮れの道を帰る時は、余り気が晴れないものだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/12/22 17:50
秋から冬へ ・ 立冬
 昨日は、「立冬」 だった。 「立冬」 とは、秋から冬になる、との意味で、この頃より冬の気配がたち始める。 しかし、最近は温暖化が進んだためか、“冬の気配がたち始める”と言っても、11月初旬はまだ秋が座り込んでいる。 里山の紅葉はこれから、まだまだこれからが秋たけなわだと言っても過言ではない。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/08 06:37
森将軍塚まつり
 朝から花火が上がり、和太鼓の音が鳴り響く。 きょうは、千曲市屋代にある 「科野の里歴史公園」 で五穀豊穣を祝う 「森将軍塚まつり」 が開催された。 森将軍塚古墳の発掘調査・復原工事が終了した後の平成4年から毎年11月3日(文化の日)に開催される千曲市の秋の一大イベントだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/11/03 19:10
養命酒駒ヶ根工場・健康の森
 いよいよ高山の紅葉が始まった。 昨日、今年のモミジ狩り第一弾として、駒ヶ根市の千畳敷カールの紅葉を見に行ってきた。 すでに紅葉後期と思われたが、ナナカマドの紅、ミヤマハンノキの黄、ハイマツの緑、宝剣岳等の山の白い岩とのコントラストがみごとだった。 千畳敷の紅葉については、後日 「撮りある記短編集」 にもアップしたいと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/10/08 21:27
久しぶりの稲刈り体験
 数日前に義弟から、 「稲刈りをしたいが、人手が足りないので手伝いに来てもらえないか?」 との依頼電話があり、昨日は、何十年ぶりかの稲刈り作業の手伝いを行った。  今までこんな時には、子ども達が手伝いに行っていたが、今回は我々夫婦が行って手伝うことになったのだ。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/09/27 17:09
彼岸の中日 ・ 昼と夜の長さは同じ?
 昨日は 「秋分の日」、 彼岸の中日という事で、我が家では、あんこと胡麻と黄粉をまぶした3種のおはぎを作ってもらい夕飯にいただいた。 昨日の「秋分の日」 を中心とした一週間を 「秋彼岸」 と言うが、家族そろってお墓参りに行ったり、祖先を供養する 「法会」 を行ったりした家庭が多いものと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/24 09:10
秋の訪れ 〜暑さ寒さも彼岸まで〜
 猛暑に悩まされた今年の夏だったが、珍しいコースをたどって通過していった台風9号が去った頃を境にしてグッと過ごしやすくなった。 今日は彼岸の入りだ。 「暑さ寒さも彼岸まで」 という言葉があるが、ここに来て一気に秋の風情が漂い始め、爽やかな秋空が広がっている。 ふと見れば、秋の風物詩ススキも穂を出しているではないか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/09/20 06:35
里山の原風景 ・ 姨捨棚田
 今年はすさまじい猛暑に随分悩まされた夏だったが、台風9号の通過あたりを境にして、随分秋めいてきた。 昨日の仕事休みを利用して、千曲市の 「姨捨棚田」 を訪れてみた。 この棚田は、千曲川を見下ろす斜面に棚田が広がり、、「田毎の月」 と言われる名月スポットでもあり、 「姨捨伝説」 でもよく知られている。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/09/15 06:36
犬の年齢と寿命
 きょうは、我が家の愛犬 「ライアン」 が12歳になった誕生日だ。 ライアンは、純粋な柴犬だが、家の中ではなく、戸外で飼われている。 だから、今年の夏は、過酷な猛暑の条件下での生活となり大変だ。 もちろん、様々な暑さ対策はしてやっているが、さすがに今年はご覧のようなバテバテ状態の毎日だ。    ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/25 07:09
命を支える稲の花
 職場の駐車場に車を入れ、出勤前に近くの田んぼに寄ってみた。 やはり出穂していた。 この辺りでは8月中旬になると田んぼは稲の穂がのぞき、花が咲く。 この時期に田んぼで身をかがめ、静かに臭いをかぐと、炊き立てのご飯のようなかすかな甘い香りがすると聞いたことがある。   田んぼの畦に足を踏み入れ、腰をかがめて、可憐に咲いた稲の花を目の前にする。 そ〜っと息を吸い込んでみる。 残念ながら自分の鈍感な鼻では蒸し暑い空気の中に、炊きたてのご飯のような香りを感ずることはできなかった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/08/18 18:12
ジュディ・オングの木版画展
 ジュディ・オングさんは、歌手・女優として世界を舞台に活躍しているが、それだけでなく、「ジュディ・オング倩玉」という雅号で版画の世界でも活躍しているということを最近になって知った。 この15日までの開催期限で、長野市にある水野美術館で、「ジュディ・オング倩玉 木版画の世界展」 を開催していたので、仕事休みを利用して見に行ってみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/08/13 06:41
記録的な「高温」と「多雨」
 今日も強い日差しが照りつけ 「猛暑日」 となった。 このところ30度を超える 「真夏日」・「猛暑日」 が連日のようにやってくる。 そうかと思えば先日の夜のようにバケツをひっくり返したような激しい豪雨がやってくることもある。 今年の夏は、7月の県内の梅雨明け前後を境に天候が大きく変わり、 「高温」 と 「多雨」 の傾向が著しい。 長野地方気象台のまとめによると、7月は、気温も降水量も各地で軒並み観測史上の上位を記録しているという。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/08/04 18:07
白馬村の山村集落 「青鬼」
 自宅から車を走らせることおよそ2時間、北アルプスを臨む白馬村に入り、車がやっとすれ違いできるほどの細い山道を登り、ようやく山村集落の青鬼にたどり着いた。  初めて来たこの集落は、「青鬼」 と書いて (あおに) と読む。 青鬼山村集落 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/02 06:46
ジョン・レノンが通った離山房
 先日、望月町の福王寺の枝垂れ桜を見に行くついでに、軽井沢の 「離山房」 まで足を伸ばしてみた。 軽井沢18号線バイパスの塩沢交差点を北へ折れると、通称 「塩沢グルメロード」 に入る。 林に囲まれた別荘地の一角に静かに佇んでいる趣きある店が 「離山房」 だ。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/30 06:45
不運は二度ある…
 先週のことになるが、テレビのローカル番組で店長自らが作った無農薬米や野菜、山菜を使ったあたたかい手作り旬の味が楽しめる 「ひなたぼっこ」 という店を紹介していた。 この店は、辰野にあるということだったが、番組で見た感じではとてもいい雰囲気だったので、早速出かけてみた。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/19 06:25
爽やか野球部員
 きょうは休みだったが、天候もパッとしないので、庭の木の剪定などしながら一日家で過ごした。 夜には雨だという予報だったので、降られない内にといつもより早めの3時頃犬の散歩に出掛けた。 やはり、20分ほどのコースを折り返す頃にはポツポツと雨が当たり出した。 急いで山道を降り始めると、下から5〜6名の野球ユニフォームを着た高校生が登ってきた。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/01 17:16
おじいちゃんと孫のソリ遊び
 昼休みに歩いている道は、勤務先の裏山を緩やかにカーブして上がっていく山道だ。 雑木林の中にはまだ雪が残っており、北向きの斜面のせいか道路にも多少雪が解けきらずに残っている。 散策を終え、職場に向かって歩いていると、遠くから 「おじいちゃ〜ん!」 という女の子の声が聞こえてきた。 声のする方向を見ると、赤いソリを持った年輩の男性の後を小さな女の子が追いかけていく。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/10 23:03
放置自転車?
 人通りの少ない道路にはいると、時として明らかに駐輪中とは思えない状態で自転車が置かれていることがある。 こうした自転車は、多分人様の大事な自転車を無断借用し、元の場所に返すことなく勝手に人目の少ない場所で放置していったものだろうと考えられる。 休み明けのある日、いつものように昼休みに散策に出ると道端に二台の自転車が置かれていた。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/05 06:42
冬の北信濃 ・ 栄村
 今朝は近くの山に霧氷を見に行こうと思っていたが、思いの外温かい朝になってしまった。 いつもは霜で白くなっているのだが霜の降りた様子もない。 これでは霧氷はできていないだろうと諦めた。 県北部では3年ぶりの大雪だと聞いているので、雪がとても多い地域として知られている栄村に行ってみることにした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/02/01 21:07
シュークリームの美味しい店
 どこからか 「シュークリームとアイスクリームの美味しいところがある」 と聞き込んできた。 こういう情報が入るとすぐに 「行ってみようか。」 となるのが我が家だ。 仕事休みの平日、天気もいい。 その日は取り立ててやらなければならない仕事もなかったので、カーナビを頼りにシュークリームが美味しいという店に行ってみることにした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/01/25 06:52
大寒 ・ 一番寒い時期は?
 きょうは、大寒だ。 いわゆる 「寒の入り」 といわれる 「小寒」 から15日で 「大寒」 に入り、大寒後15日で、寒が明ける。 この小寒から節分までが寒の内と呼ばれている。  大寒は、「寒の内」 の真ん中でもっとも寒い時期だと一般には言われている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/01/20 22:26
片詣りにならないために
 先日、信州善光寺の初詣に行って来たが、以前にも触れたように善光寺だけのお参りでは “片詣り” になってしまうと言われている。 そこで、我が家では善光寺にお参りした時には、必ず別所温泉にある北向観音にもお詣りすることにしている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/01/15 06:41
今頃になっての初詣
 休みのスケジュールが思うようにいかず、今年の初詣をまだ済ませてない。 何十年も欠かさずやってきたことをしてないと、どこか落ち着かないものだ。 昨日ようやく休みになり、風邪気味だった体調もようやく戻ってきたので、善光寺に初詣に行ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/13 18:00
寒い朝 ・ 霜柱と霜
 今朝は随分冷え込んだ。 いつものように着替えを済ませ寝室の窓を開けると、霜が降りていて一面真っ白になっていた。 この寒さを映像で伝える手っ取り早い方法は、霜と霜柱だ。 早速カメラをぶら下げ、外に出てみる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/01/04 17:05
雪景色の元旦
 昨夜から降っていた雪が朝まで残った。 雪が 「降る」 というより、 「舞っている」 と表現した方がいい粉雪だった。 1910年の元旦、わずか1pほどの積雪ではあったが、雪景色の静かな朝を迎えた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/01/01 18:20
冬至を迎えて
 昨日は冬至だった。 いつもは一番風呂に入らせてもらっているが、昨夜は忘年会で帰りが遅くなったため、9時近くにお風呂に入った。 我が家では毎晩お風呂に入浴剤を入れて楽しんでいるが、どうしたことか昨夜の湯は透明で、入浴剤を入れた色がなかった。 湯船の蓋を少しずつ巻いていくと、湯に浮かんだ色鮮やかなユズが姿を現した。 そうか、冬至なので、ユズ湯にしてあったのか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/23 07:16
しめ縄を作ろう
 年々少なくなってきたとは言え、まだまだこの地域では、しめ縄を飾り新年を迎える習わしが残っている。 殆どの家庭は市販のしめ縄を飾るが、今年も自分で注連縄を作ろうと地区の公民館主催で 「しめ縄作り講習会」 を催した。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/14 18:24
紅葉・終演の時
 このところの朝晩の冷え込みを感じるようになってきた。 広葉樹の葉はほとんど落ちてしまったが、いまだ小枝の先にしがみつくように紅葉しているもみじに出会うと、行く秋のもの寂しさを一層感じる。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/25 11:52
秋の風物詩・つるし柿
 風に吹かれた木の葉が空中高く舞い、歩道にたまった枯れ葉が足下でカサカサと音を立てる。 この時期に田舎道を歩くと、葉もすっかり落として実をビッシリとつけた朱色の柿がとても目立って見える。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/23 07:59
地域イベント 「森将軍塚まつり」
 3日は 「文化の日」 の祝日だったが、世が祝祭日の日はわたしは出勤日になることが多いが、昨日もやはり出勤日となった。 仕事が始まる頃になると、花火が上がり、音楽や太鼓の音がにぎやかに聞こえてくる。 この日は、「森将軍塚まつり」 の日だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/04 06:44
素敵な親子との出会い
 きのうはさわやかな青空が広がり、昼休みの散策も気持ちが良かった。 いつになく何種類かの野鳥を撮影でき、気分良く散策を切り上げての帰り道だった。 林を抜け遊歩道を下ってくると、歩道脇の大きな石に腰を掛けた親子が楽しそうにお昼を広げていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/30 06:50
嬉しい15分の延長
 なぜこうなったのかは自分にはよく理解できていないが、今月から勤務時間が15分短縮された。 そして、その勤務の短縮時間は、、昼休みを15分延長することで対応するようになった。 同僚の中には、 「15分退勤が早くなれば良かったのに」 と言う方もいるが、私にとっては昼休みの15分延長は、ことのほか嬉しいことだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/23 06:12
雪の衣をまとった北アルプス
 昨夜のTVで今朝は霜が降りるかもしれないという予報が出された。 今朝は寒かったけれど当地では霜は降りずに済んだ。 もう朝の霜注意報がでるような季節になったのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/14 17:55
仲秋の名月
 一昨日は、“仲秋の名月” だった。 昨日のブログや掲示板には、この日の月の写真があちこちで飛び交っていた。 それに押されたわけではあるまいが、ここでの登場が皆さんより一足遅れとなった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/10/05 17:56
「阿弥陀堂だより」の里
 2002年に全国公開され、静かな感動を呼んだ映画 「阿弥陀堂だより」 を見た方には、見覚えのある風景だろうと思う。 「阿弥陀堂だより」 は一年間にわたって長野県飯山市周辺で撮影がおこなわれたが、その時の唯一のロケセット 「阿弥陀堂」 だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/02 06:21
稲田を飛び交う赤とんぼ
 秋の風物詩の一つに “赤とんぼ”がある。 黄金の稲穂が垂れる稲田を歩いているとこの時期必ず赤とんぼを見ることが出来る。 なぜかホット心落ち着く風景だ。   連結して稲田を飛ぶ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/28 00:03
林檎に寄せる思い
 秋は、読書の秋・スポーツの秋・食欲の秋・行楽の秋…と実に多くの例えがあるが、 「実りの秋」 もその一つだ。 信州は林檎の栽培が盛んだが、ここでも至る所で林檎畑を目にすることができる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/09/25 09:24
ピンコロ地蔵とは?
 随分前の話になるが、佐久の病院で人間ドックの一泊検査を済ませて帰る道すがら、「ピンコロ地蔵」 という幟旗が何本も立っていた。 「ピンコロ地蔵」 という名前のおもしろさに惹かれ、立ち寄ってみることにした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/21 07:54
稲 の 花
 十日ほど前に散策脇の田んぼの稲の穂が出ているのに気づいたが、それから間もなく花が咲き始めた。 数日前には安曇野ですでに稲刈りが始まったと報道されていたが、ここは、ようやく花を咲かせ始めたのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/28 08:47
イノシシ対策のフェンス
 いつものように昼休みを利用して散策に出ると、山と田畑の境のあちらこちらにフェンスが設置されている。 しばらく行くと、いつも散策のコースにしている道路が完全にふさがれてしまっている。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/25 21:57
ツクツクホウシの鳴く晩夏
 うるさいと思われるほどどこに行っても鳴いているアブラゼミやミンミンゼミに混じって、少し前から 「オーシィ・ツクツク・オーシィ…」 という鳴き声で有名なツクツクホウシの鳴き声が聞かれるようになった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/21 00:09
ペットボトルロケットの打ち上げ
 昼休みにいつものように散策に出かけると、広場から水しぶきを上げてロケットが発射された。 ペットボトルロケットの打ち上げだ。   打ち上げられたペットボトルロケット ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/13 21:20
アブラゼミの鳴く夏
 信州の梅雨明けは随分早かったが、例年より一ヶ月近くも遅かった他の地域の梅雨も数日前にようやく明けたようだ。 この梅雨明けを待っていたかのように本来の暑さが戻ってきた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/06 06:31
犬が草を食べるのは?
 仕事が終わり帰宅すると、我が身と犬の健康保持も兼ねて犬の散歩をすることにしている。 愛犬は柴犬で 「ライアン」 というが、山道へ連れて行った時など、たまに道ばたの草を食べることがある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/04 18:01
遠足・見学の子ども達
 最近通勤途中で、リュックサックやナップザックを背負った子どもたちをよく見掛ける。 きっと遠足か社会見学にでも行くのだろう。 子どもたちの表情は明るく、足取りも、心なしか楽しそうだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/22 07:16
シービービーを鳴らそう
 葉の先端に巻きひげがあり、薄ピンク色をしたマメ科独特な蝶のような小さな花を咲かせているのは、カラスノエンドウだ。 写真のようにとても美しい花を咲かせ、花が終わるとさやの中に7個前後の種が入った小さな豆を作る。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/16 07:11
善光寺のご開帳
 7年に一度の長野善光寺のご開帳が催されている。 善光寺は直ぐ足下だが、雑踏を考えるとなかなか足が向かない。 GWにはいる前の平日が休みになったので、先週の木曜日、意を決して出掛けてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/05/04 17:16
親子連れの見たもの
 4月中旬頃から随分暖かい日が続いている。 背中にリュックサックを背負った三人の親子連れを見掛けたのも、そんなまぶしい程の日差しが降り注ぐ暖かい日だった。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/22 08:23
榛名神社を訪ねる
 先日の「夢二ロマン街道」巡りのあと榛名湖から自宅に帰ろうとカーナビをセットしたら、来た道とは違うコースを案内した。 どうせ、どこを通っても知らない道なのでカーナビ任せで走ることにした。 走っていくと途中何度も 「榛名神社」 の案内表示が目に付いた。  こう頻繁に案内板を出してある所を見るときっと名のある神社だろうと思い、立ち寄ることにした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/03/13 00:05
夢二ロマンス街道
 「夢二式美人画」で有名な竹久夢二、明治末から昭和初期にかけて活躍し、一世を風靡した画家だ。 「大正の歌麿」 とも言われている竹下夢二のゆかりの地、伊香保・榛名を訪ねてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/11 00:01
春の兆し ・ フキノトウ
 3月の声を聞いて、庭の植物の動きがあわただしくなってきた。 信州の春は一気にやってきて、駆け足で去っていくのだ。 庭の北の隅に毎年出てくるフキノトウが今年もかわいい頭をもたげている。 このところの暖かさに誘われて、随分玉が大きくなった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/03/05 06:58
春と冬のせめぎ合い
 先週は、随分暖かな日があり、ポカポカ陽気の春を思わせるような暖かさだった。 ここにきて2〜3日、雪降りの夜が続いている。 昨日の朝も、窓を開けるとうっすらと雪化粧をした風景が広がっていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/24 06:45
えっ! そんなことが…
 私の昼の散策コースの一部は遊歩道になっていて、その周囲は雑木林になっている。 毎年その雑木林の手入れが行われ、今年は不要なクヌギや松の木が伐採された。 その日から半月ほど経ったある日、面白いモニュメント(?)を見付けた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/02/20 07:06
やはり、山火事!
 一昨日のいつもの昼休み、散策を終え山道をおり始めたが、いつもと違い先ほどからなんとも上空が騒々しい。 ヘリコプターの音がなかなか止まないのだ。 散策の歩を止めてヘリコプターの飛ぶ先を見ると、山林から煙が上がっている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/12 17:34
いつもの思いつきで…
 先日、休日を使って駒ヶ根市を訪れてみた。 やはりいつものように朝になってからの急な思いつきだ。 特にここを見てみようという所があったわけではないが、とりあえず、光前寺と美術館を見ることにして車を走らせた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/11 07:08
わら馬づくり ・ 初午
 いつの間にか月めくりのカレンダーも2月になってしまった。 年間様々な記念日や行事があるが、2月の行事といったら、やはり3日の 「節分」 や4日の 「立春」 だろう。 ことによったら 「バレンタインデー」 を忘れるなと言う人もいるかも知れない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/02/06 06:44
爽やかな空の風景・飛行機雲
 いつもの昼休みの散策。 真っ青に晴れ渡った空を見上げると、広い空を二分するようにまっすぐに描かれた飛行機雲が一条。 描かれた飛行機雲の先を目で追っていくと、かなり高い所を飛ぶ旅客機(?)を発見。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/03 06:45
善 光 寺 詣 り
 1月も最後の31日、午後遅くになってから家族で信州善光寺にお詣りに出掛けた。 数日前に折角別所の北向観音にお詣りしてあるので、片詣りにならないようにという思いもあった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/02/01 17:09
氷灯ろう夢祈願 ・ 鹿教湯温泉
 国民保養温泉地であり、「健康の郷」として知られる鹿教湯温泉で、年末より毎晩 「氷灯ろう夢祈願」 が行われている。 今年は、2月11日までだというので終了しない内にと思い、先日の夕暮れ1時間程車を走らせて行ってみた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/27 06:36
遅い初詣・北向観音
 昨夜は雨だった。 北側の屋根の雪が雨で緩んだのか、何度も雪が屋根を滑り落ちる音が聞こえた。 明日は「大寒」だというのに、今朝は3月下旬から4月並の陽気だった。 きょうは、休みと暖かい日とが重なったので、ようやく延び延びになっていた初詣に出掛けた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/01/19 18:02
どんど焼き
 昨日の日曜日、時々白いものが舞ってはいたが、空は晴れ渡り、青空が広がっていた。 1時少し回った頃、パーンパーンと小気味よい音が風に乗って聞こえてきた。 竹が燃える時にはじける音だ。 「どんど焼き」 に点火され、門松の竹が燃えて破裂している音に違いない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/01/12 06:25
厳寒の朝・霜柱
 駅伝に明け暮れた正月三が日もあっという間に過ぎ、きょうは仕事始めの日だ。 いつものようにライアン(飼い犬)の凍った飲み水を替えてやるために廊下のガラス戸を開けると、寒気がさっと入り込み、身が引き締まる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/04 06:31
気になる降雪量
 ホワイトクリスマスというわけにはいかなかったが、クリスマスあけの今朝は、窓を開けるとうっすらと1p程の雪が積もり白い世界になっていた。 つい最近まで雪のないスキー場が多く、関係者はやきもきしていたと聞く。 この冬の降雪量はどうなんだろう。 何はともあれ、今年もようやく雪の季節やって来た。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/12/26 13:11
長閑な時間と空間
 暖かな日差しがさす昼の一時、いつものようにカメラを抱えて散策に出る。 昨日はたんぼ道コースを歩いた。 どこからかメェ〜という長閑なヤギの声が聞こえてきた。 やあ、いました。 きょうはここに繋がれていたんだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/12/20 09:18
「しめ縄作り」 と 「地域の輪」
 とうとう今年も2週間余になってしまった。 昨日は地区で 「しめ縄作り」 を行った。 地域の年配者を講師にお願いして、年末年始に自宅に飾るしめ縄を作る講習会が毎年行われているのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/12/14 07:03
いつものパターン
 それぞれに仕事を済ませた10時を回った頃、「どこかへ出掛けようか?」 やはり今日もいつものパターンだ。 この時刻だと、そう遠くへ行くわけにはいくまい。 こんな時の武器は、良くある雑誌でのレストランやカフェの紹介だ。 きょうは、軽井沢に決定。 昼食時刻に十分な余裕を持って目的の店に到着。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/12/01 21:13
うっすらと 初めての雪
 目を覚ますと、いつもより障子に明るさを感じる。 「来たかな。」 と思い、窓を開けてみる。 今シーズン初めての雪でうっすらと雪化粧をしたブドウ畑の風景が広がる。 信州の冬の始まりだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2008/11/20 06:59
実りの秋 ・ ハゼ栗
 散策をしていると、畑の土手草の中にたくさんの栗のイガが落ちていた。 見上げてみると、さほど大きくない栗の木にいくつかの栗が葉の間に見え隠れしている。  初夏の頃は青いイガ栗だったけど、この時期になると茶色に変色し、イガが大きく割れて栗の実が顔を出している。 イガの中に見えるつやつやした栗の実は、今にもこぼれ落ちてきそうだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2008/10/08 06:58
イチイの赤い実 ・ ご用心!
 犬の散歩途中で、赤く熟した実をたくさん付けたイチイの生け垣を見掛けた。 イチイの果実は、透き通るようなゼリー状の赤い部分がいかにも甘味があって美味しそうだ。 ちょっと失敬して、一粒口に入れてみる。 口の中でトローと溶けるようで、やはり甘くて美味しい。 子どもの頃味わった味だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2008/10/05 17:25
食べないイチジク
 よそのお宅の庭を眺めて歩くと、結構 「イチジク(無花果)」 が目に付く。 そして、その内のほとんどが収穫されることが無くならせっぱなしだ。 こんな美味しいものを野鳥が放っておくはずがない。 やはりこのイチジクもヒヨドリが来てつついていった。 鳥のつついたイチジク ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/10/02 06:54
至福のひととき in 軽井沢
 先週の雨降りの休日、することもないので時間をもてあましていた。 いつものように 「軽井沢に、いい雰囲気のカフェがあるらしいので行ってみようか」 と、急に思い立って出掛けた。  全く知らない場所でも、今はカーナビが案内してくれるので、こんな時は大変ありがたい。 簡単に店の場所はわかったが、開店時刻までにはまだ20分程間があったので、周囲を車で散策して時間調整することにした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2008/09/01 06:25
暑さに喘ぐ(?)アオサギ
 きょうから夏本番の8月に入った。 涼しいと言われる信州も、このところ暑い日が続いている。 この暑さにもめげず、相変わらず昼の散歩は欠かさない。  青田の稲も大分背丈が伸びてきて一層青々としてきた。 そんな青々とした田んぼに先ほどから一羽のアオサギがたたずんでいる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/08/01 19:49
梅雨の合間の農作業
 空梅雨かと思われる程雨がなかったのだが、ここに来て雨降り続きになっている。 麦も育てているためか、田植えの遅いこの辺りでも梅雨の合間を縫って、急ピッチに田植えが進んでいる。 いつものように昼休みに出掛けた散策、遠くで田んぼに肥料を散布する農家の方の姿が見えた。   肥料散布・田植えの準備 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/22 07:15
早朝のブドウ園消毒
 「何時だろうか」 眠い目を開けて腕時計を見る。 まだ5時を少し廻ったところだ。 せっかくの休日なんだが…。 夢うつつの耳にぶどうの消毒をするエンジン音が聞こえてくる。 しばらくウトウトしていると、再び別の消毒の音が今度はかなり近くから聞こえてきた。 こうなってはもう諦めて、布団からでることにした。 この時期はかなりの頻度でこうしてブドウの消毒を行う。 庭に出てみると、ブドウ畑の棚下から薬剤がおびただしい量の霧となって散布されているのが見える。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/07 17:10
人情味溢れた農家の方
 先日、喬木村まで九輪草を見に出掛けた。 時間に余裕ができたので、その帰りに 「瀬戸の滝」 に立ち寄ってみた。 道路脇に案内板が立てられており、その脇に一人がようやく通れるくらいの道が林の中に延びていた。 丁度軽トラックに乗った60才くらいの農家のおじさんが車のUターンのためか、姿を見せたので滝に通じる道か尋ねてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2008/05/28 07:11
ヤマブキ
 今、昼の散歩コースの山の斜面にはたわわに黄色い花を付けたヤマブキのえだが、風に吹かれてしなやかにゆれ動くいている。 このたわわな枝ぶりからヤマブリ(山振)と言われ、それが訛ってヤマブキ(山吹)となったのだそうだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/05/03 22:10
暖かな日の農作業
 5月初旬を思わせるようなポカポカ陽気の日、アンズの花もそろそろ散り始めるような暖かさだ。 昼の散策から帰り始めると、遠くに農作業をしている人影が目に付いた。 今まで野良仕事をしている方の姿はほとんど見ることがなかったが、暖かい日が幾日も続き、霜の心配が少なくなったせいか、ようやく種をまいたり、苗を植え込んだりする作業が始まったようだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/04/18 06:58
わら馬作り
今年は地区の役員をお引き受けした関係もあり、公民館で、「わら馬作り」 を開催した。地域のお年寄りを講師に、下のような飾りわら馬をみんなで作った。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/03 17:42
善光寺参り
毎年別所の 「北向観音」 と長野の 「善光寺」 を年始めに参拝している。 北向観音、あるいは、善光寺どちらか一方だけの 「片参り」 はいけないということで、両方のお参りをしてきたが、今年の善光寺参りは、随分遅くなってしまった。 昨年行われていた三門の屋根改修も終わり、新装なった三門が美しい姿で、出迎えてくれた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/17 00:05
どんど焼き
あっという間に小正月も過ぎた。 昨日の朝、正月飾りをはずして玄関先に出しておくと、朝の内に地区の子ども達が集めていってくれた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/01/14 10:51
残し柿と動物たち
この時期になると、あちらこちらで 「残し柿」 が目に付きます。 「残し柿」 とは言うが、実際は余り柿を食べなくなっているため、あるいは、柿を収穫する人手が無いため、仕方なくならせっぱなしになっていることが実情のようだ。 しかし、これは、野生の動物や野鳥にとっては、冬期間のありがたい食料源となっている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/01/12 06:34
穏やかな日々
今朝もいつものように身支度を調え、寝室の窓を開けようとしたが、力を入れてもびくともしない。 強い凍み込みで、サッシの窓が凍り付いたようだ。 裏庭にでると、歩くたびに、足下で霜柱が崩れ、サクサクと音を立てる。 今朝もしみこんだ。 玄関先のこびとの置物にはうっすらと雪が載っていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/03 18:28
新たな気持ちで
かすかに雪が舞い降りてくる静かな夜空に一筋の光が駆け上がり、暗闇に華やかな花火が広がる。 境内のあちこちから拍手がわき上がり、「おめでとうございます」の挨拶が飛び交う。 2008年、新しい年が明けた。 今年も家族全員が揃って、地元の神社で二年参りをして、こうして境内で新年を迎えられた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/01 06:37
力士の餅つき
数日前の昼の散歩をしていると、マイクを通した「よいしょーっ! よいしょーっ!」というかけ声がしたから聞こえてきた。 どうも餅つきをどこかでしているらしい。樹間から下を透かし見ると、なにやら沢山の人だかりが見えた。遠すぎて様子が分からないので、500ミリの望遠を通して覗いてみた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/12/19 07:18
嘆かわしき光景
昼食をとった後、残りの昼休み時間はわずか30分ほどしかないため、時間が惜しくて車を2〜3分走らせ山にはいることにしている。 ここはいつもの山道だ。 時々車を停めて休憩を取っている人を見掛けることがあるが、ここにも以前よく車が止まっていた。 広くなったスペースに何か白いものが散在している。 車を近づけてみて驚いた…。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/12/14 19:35
そば処富倉集落を訪ねる
信州に住んでいる自分が言うのも何だが、「信州そば」 と言えば、そばの代名詞と言っても過言でないほど、人々に知られている。 県内には、各地にそばの栽培適地が点在し、良質なそばが盛んに栽培されている。そして、各地に質のいいそばが穫れるといわれる産地や、旨いそば屋が多いといわれるそば処がある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2007/11/17 17:19
高校球児の爽やか挨拶
犬の散歩をしていると、後ろから野球のユニホームを着た高校生がやってきました。 服装や持ち物から見て、これから練習に行く高校球児だなということが容易に分かります。 この先には、高校の練習用グラウンドがあるのです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/10/31 07:25
爽やか散歩道
昼食をすませた後、いつものように午後の仕事の始まりまでに30分ほど時間がありました。これまたいつものように気分転換をかねて、山道に散策に入りました。 きょうは、社会見学にでもきているのか、5〜6年生くらいの小学生が坂道を降りてきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/10/27 08:12

トップへ | みんなの「生活」ブログ

おりふしの記 生活のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる