アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「自然」のブログ記事

みんなの「自然」ブログ

タイトル 日 時
稲泉寺の大賀ハス
稲泉寺の大賀ハス  以前に信濃国分寺の蓮を取り上げましたが、木島平村にも蓮の名所 「稲泉寺」 があります。 山里の情緒あふれる場所で、蓮と赤いトタン屋根がとても印象的だというので、先日初めて行ってみました。 このお寺の周りにある田んぼでは、約10万株の大賀蓮が桃紅色の花を咲かせます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/28 22:25
信濃国分寺の蓮
信濃国分寺の蓮  奈良時代に創建された上田市の信濃国分寺本堂の北側の蓮池(蓮田)で、美しい鮮やかな蓮の花が見られるようになりました。 年々蓮池の整備が進み、最近は、蓮池の周辺に 大きな参拝者駐車場も完備され、いっそう便利になりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/24 15:05
群生する ママコナ
群生する ママコナ  夏になると散歩道の山道脇にママコナの花が咲きます。 2〜3年前から、山地の林縁にこうして花を咲かせるようになりました。 ただの雑草ですが、魅力一杯の花です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/07/22 20:53
石臼と紫陽花の寺 深妙寺
石臼と紫陽花の寺 深妙寺  中央道伊那I.Cから車で約3km、10分ほど広域農道を駒ヶ根方面に車を走らせると、約2500株の紫陽花が咲き、歴史も古く、日本一の石臼庭園としても知られている深妙寺というお寺があります。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/07/20 06:10
続く 真夏日
続く 真夏日  今日も厳しい暑さが続きました。  「真夏日」 とは、もちろん日中の最高気温が30℃以上の日。 梅雨にもかかわらず、毎日30℃を超す日が続いています。 こう連日暑さが続くと、うんざりです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/14 16:39
朝風に揺れる オカトラノオ
朝風に揺れる オカトラノオ  6月〜7月にかけて、花をつける野草がぐっと少なくなります。 そのなかで一際目立つのが初夏に白い花を咲かせるオカトラノオです。 散歩道のオカトラノオは毎年アジサイとほぼ同じ時期に咲いています。 白い花穂は先端が長く垂れ下がって、確かに虎の尻尾を思わせます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/12 16:43
ネムノキの花
ネムノキの花  夏になると、散歩道に、一風変わった化粧用の刷毛に似た紅の花が咲きます。 地方によって、ねんねの木、眠りの木、日暮らしの木…など色々な呼び名があるようですが、ネムノキの花です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/08 23:25
松枯れ病による危険な倒木
松枯れ病による危険な倒木 少し前の話になりますが、台風3号が太平洋南岸を通過した雨の翌日のことです。 いつものように雨上がりの朝の散歩道、松林の坂道を下っていくと、アカマツの大木が横たわり、散歩道をふさいでいました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/06 22:48
国天然記念物の レンゲツツジ
国天然記念物の レンゲツツジ  東御市新張から石造りの百体観音が続く地蔵峠を登り詰めると、湯の丸高原に到着します。 湯の丸高原は、浅間連峰の西に位置し、亜高山帯の恵まれた植生から 「花高源」 とも呼ばれています。 最も有名なのは、国の天然記念物に指定されているレンゲツツジです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/07/02 15:22
趣のある山野草 ユキノシタ
趣のある山野草 ユキノシタ  北に面した庭の一角にユキノシタが群生しています。 常緑多年草で、地面をはうように太い根を次々と伸ばして広がっていき、一株のユキノシタを植えてから、こんなにも繁茂しました。   ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/30 12:10
可愛いサクラの実
可愛いサクラの実  先日の雨も上がり、道端の草にはまだ雨粒が残っているとはいえ、散歩道のアスファルトも乾き始めています。 よく見ると足元のアスファルトには直径4〜5o位の柄付きの黒く熟し切ったサクランボがたくさん転がっています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/27 08:49
五月晴れ
五月晴れ  梅雨の間の晴れ間、戸隠に向けバードラインをマイカーで走っていくと、新緑の林を抜けると同時に目の前に北アルプスの絶景が広がりました。 余りの美しさに、このまま走り過ぎるのがもったいないような気がして、そば屋さんの駐車場に車を入れました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/24 15:18
夏至を迎えて
夏至を迎えて  昨日は梅雨入り以来の本格的な雨降りとなり、悲鳴を上げていた農作物にとっては、恵みの雨となりました。 きょうは、昨日とは打って変わって、朝から青空が広がり、また強い日差しが差しています。 どこからともなく一頭の蝶がレースフラワーの花に舞ってきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/22 09:49
初夏を彩る ホタルブクロ
初夏を彩る ホタルブクロ  6月も下旬を迎えようとしていますが、この蛍が飛び始める頃になると、道端や土手、庭園などにホタルブクロのかわいらしい花が咲いているのを見掛けます。 初夏から夏の花散歩の楽しみの一つで、散歩中にこの花を見付けるとついカメラを向けてしまいます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/20 14:58
元気なメダカたち
元気なメダカたち  梅雨入りが発表されてから、本格的な雨らしい雨が降らず、「畑が焼けてねぇ!」 という農家の方々の嘆き声がちまたで聞かれます。 そんな気温の高い日が続くのに誘われるように、庭先の姫スイレンの花が咲きました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/18 15:15
雑草対策の ウツボグサ
雑草対策の ウツボグサ  6月から盛夏にかけて我が家の庭には、特徴ある花序を出し、茎先に紫色の唇状をした美しい花を咲かせる植物があります。 陽当たりのよい草地などに自生しているウツボグサです。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/06/16 16:21
6月の中央アルプス千畳敷
6月の中央アルプス千畳敷  氷河期に大地が氷で削り取られてできた特殊な地形「カール」を目の当たりにできる千畳敷。 目の前に広がる自然絵巻は圧巻です。 その魅力に惹かれ、今まで夏と秋に何度も訪れたことのある千畳敷カールですが、初めて6月に行ってみました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/12 18:17
二つ並んだ スイカズラの花
二つ並んだ スイカズラの花  昨日、信州は梅雨入りをしました。 平年より一日早く、昨年より二日遅い梅雨入りです。 昨日の午後から降り始めた雨は夜まで続きました。 それでもいつもの朝の散策に出た時には、青空が広がり、すでに道路は乾いていました。 ゆっくりと山道を登って行くと、松林と車道の間に、白からクリーム色の花が咲いているのが目に付きました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/06/09 08:00
姫川源流 と 親海湿原
姫川源流 と 親海湿原  北アルプス山麓の白馬村南部、佐野坂峠近くに、花の名所として知られている 「姫川源流」 と 「親海(およみ)湿原」 があります。 花の時期には生憎のシーズンですが、我が家から2時間弱のドライブで行かれる場所なので、ぶらりと出掛けてみました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/06/07 18:52
幻想的な花 クロタネソウ
幻想的な花 クロタネソウ  今年、我が家の庭で初めて花を咲かせたクロタネソウの花です。 知らない間に屋外水道のそばで花を咲かせたのです。 一昨年でしたか、道端に生えていたこの珍しい花が目に留まり、種を少しいただいてきた記憶があります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/05 14:27
開花が始まった 月見草
開花が始まった 月見草  夏を迎えると我が家の庭のあちらこちらに白い月見草が咲き乱れますが、今年もメダカの飼育池の脇に生えていた月見草が昨日先陣を切って3輪開花しました。 この花が咲くと 「夏がやってきたなぁ!」 と思うのです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/06/02 11:07
三度空振りだった 軽井沢野鳥の森
三度空振りだった 軽井沢野鳥の森 軽井沢に 「野鳥の森」 と命名されている森があります。 標高950mから1100mに位置し、広さは約100ha。 森の中には約3kmの遊歩道があり、自由に散策することができます。 昨日何年ぶりかで、「野鳥の森」へバードウォッチングに行ってみました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2017/05/31 14:43
雨上がりの戸隠森林植物園
雨上がりの戸隠森林植物園  ちょっと日が経ってしまった話題で申し訳ありませんが、十日程前に戸隠森林植物園へバードウォッチングに行ってきました。 この日は天候が不順でしたので慎重に戸隠地域の予報を調べていったのですが、到着した時には雨が音を立てて降っていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/29 11:17
まだ進む 松枯れ現象
まだ進む 松枯れ現象  毎朝歩いている「散歩道」、そのほとんどは車が通るような道路ですが、帰り道のコースには、雑木林と松林を降りる坂道があります。 その坂道を歩いてくると、ちょうど目の高さに見られるのがこのアカマツに生えたキノコです。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/26 15:00
庭は、花盛り
庭は、花盛り  このところ日中の気温がグングン上がり、県下でも「夏日」になる地域が何カ所も出て、夏を思わせるような日々が続いています。 気温の上昇と共に草木の生長が進み、庭の花々も一気に花開いて賑やかです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/22 18:37
虫こぶ(虫えい)の季節
虫こぶ(虫えい)の季節  ナラの葉陰に緑色のりんごのようなこぶが見付かりました。 似たようなものは、この季節になると、雑木林のあちらこちらで見掛けることができます。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/12 17:43
ヒヨドリに狙われる ブルーベリー
ヒヨドリに狙われる ブルーベリー  ドウダンツツジの花に似た、垂れ下がって釣り鐘のような白い花が木を覆い尽くすほどに咲いています。 そこにやってきた野鳥の姿、いかにも春らしい光景です。 これはわたしが毎朝歩いている散歩道の折り返し点にあるブルーベリー畑の光景です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/10 17:57
ウワミズザクラの花
ウワミズザクラの花  先日、雑木林の中に咲くちょっと変わった白いマルバアオダモの花を取り上げましたが、もう一つこの季節に目立って咲く変わった白い花があります。 枝先に円柱形の花序をつけ、小さな白い花を多数咲かせて、まるで瓶を洗うブラシのように見えます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/08 17:24
りんごの花咲く季節
りんごの花咲く季節  桜の花が終わり、りんごの花の咲き始める5月。 信州の農園はりんごの花が咲き誇り、散歩道脇にも美しいりんご園の風景が広がっています。 りんごの花見もまたいいものですよ。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/05 17:39
5月の八千穂高原
5月の八千穂高原  ひょんなことから、ハーモナイズで昼食をすることになりました。 ここまで来てそのまま帰るのも芸がないので、何度かいったことのある白駒の池まで足を伸ばすことにしました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/05/03 19:01
マルバアオダモの花
マルバアオダモの花  散歩道のヤマザクラもそろそろ見頃を過ぎましたが、山道を入った坂道を登り切ったあたりの東斜面に生えている新枝の先に円錐花序を出し、変わった白い花を多数つけている木が目に付くようになりました。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/01 10:25
中沢の花桃の里
中沢の花桃の里  中央道駒ヶ根ICから約20分程車を走らせると、中央アルプスを対面に望む駒ヶ根市中沢地区の一画に 「中沢の花桃の里」 があります。 訪問した昨日はちょうど見頃で、まさに桃源郷を思わせる最高の景色を楽しめました。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/28 18:21
庭に咲いた シラネアオイ
庭に咲いた シラネアオイ  もう庭に植え込まれてから何年も経つので、知人にいただいたものか、店で買い求めたものか忘れてしまいましたが、庭に一株のシラネアオイが植えられています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/26 14:53
ヤマザクラ 咲く
ヤマザクラ 咲く  一日の平均気温が10℃を超すと、桜の開花が始まるのだそうです。 この所の暖かさにより、遅めに咲き出した散歩道のソメイヨシノの幼木もすでに満開を過ぎ、散り始めました。 ソメイヨシノが散り始める頃変わって咲き出すのが、このヤマザクラです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/24 14:50
三春滝桜 と 鶴ヶ城公園
三春滝桜 と 鶴ヶ城公園  陸奥の小さな城下町、福島県の三春町の中心部から南へ4キロほどいった「さくら湖」近くに江戸彼岸系の 「三春滝桜」 と呼ばれる紅枝垂れ桜があります。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/17 23:36
信州国際音楽村すいせん祭り
信州国際音楽村すいせん祭り  信州国際音楽村すいせん祭りが開催されています。 信州上田の早春の風物詩として例年開催しているお祭りです。 例年3月下旬になると10万本を超えるすいせんが咲き誇り、訪れたこの日も圧巻の眺めを楽しむことができました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/14 21:54
満開のハクモクレン
満開のハクモクレン  このところ比較的暖かな日が続いています。 春遅い信州も一気に春めき、庭の水仙も満開の時を迎え、様々な花々が、色とりどりに咲き誇っています。 庭を眺めてみると、水仙、クリスマスローズ、ハナモモ、ヒマラヤユキノシタ、イカリソウ、クロッカス、ヒヤシンス、芝桜…と賑やかです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2017/04/12 17:38
見頃を外した 「みさと芝桜公園」
見頃を外した 「みさと芝桜公園」  春本番を迎え、あちらこちらから花便りが届き、花にまつわる各種イベントが行われるようになりました。 群馬県高崎市に 「みさと芝桜公園」 があります。 そこで 「しばざくら祭り」 が始まっていました。 車でおよそ2時間、手頃なドライブ距離ですので、初めて行ってみました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/10 22:58
頭を出した つくしんぼ
頭を出した つくしんぼ  散歩をする時に毎朝通る道路下に、放置状態が続いている小さな畑地があります。 いつもは余り気にとめることなく通り過ぎていましたが、今朝下を見下ろすと、つくしんぼがご覧の通りでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/05 17:42
餌台を訪れる 野鳥たち
餌台を訪れる 野鳥たち  また一つ年を重ねました。 きょうくらいはチョッピリ奮発した食事をしても、叱られることはないでしょう。 昼食を済ませた後、お気に入りのカフェにも寄りました。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2017/04/03 17:54
木の芽起こし
木の芽起こし  今朝は、朝のうちは雨が静かに降っていました。 時折雪が混じっていたが、多少雪が白く見られはしましたが、この時期になると、さすがに信州でもすぐに溶ける量しか降りません。 この雨も午前中には止み、日中は薄日が差すようになりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/01 10:53
トビの巣を発見
トビの巣を発見  昨日は一日雨でしたが、きょうは朝から気持ちよい青空が広がり、上空ではピーヒョロロロ…とトビの声が聞こえてきます。 およそ1時間ほどの散策を終え、雑木林の遊歩道を下り降りる途中、アカマツの木に何やら黒い塊があるのを発見しました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/22 17:30
果樹園の整枝・剪定作業
果樹園の整枝・剪定作業  昼夜の気温差が大きい当地は、りんごやぶどうの栽培には最適の地です。 晴天の日が多く、降水量が日本でもっとも少ない地域で、果物づくりには最高の気候条件もそろっています。 今、あちらこちらのブドウ畑やリンゴ畑では、盛んに果樹の整枝・剪定が行われています。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/20 17:22
庭を彩るクリスマスローズ
庭を彩るクリスマスローズ  日中は気温が上がり、随分暖かくなりましたが、まだまだ朝の冷え込みは厳しく、氷が張り、霜の朝もあります。 こんな季節に 春が来た喜びを知らせてくれるのがクリスマスローズです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/17 17:58
セツブンソウ 咲く
セツブンソウ 咲く  千曲市戸倉にセツブンソウの群生地があります。 1万2千平方メートルの自生地に群生するセツブンソウは、市の天然記念物に指定され、地域の 「戸倉セツブンソウを育てる会」 の人々が大切に守り育てています。  戸倉宿キティーパークから20分ほど山道を登ると、柵で保護された斜面を覗き込むように何人かの人影が見えました。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/15 15:49
粗末にしてきた付け
粗末にしてきた付け  今週末まであたりは日本列島を高気圧が多い、暖かな日が続くだろうという予報が出ています。 きょうも朝の内こそ雪がちらついたりしましたが、日中は日が差して穏やかな日でした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/10 16:46
雪を被った梅の花
雪を被った梅の花  数日暖かな日が続いたかと思いましたが、夜の内から少し雪が降ったかと見え、草原にはうっすらと雪が乗り、朝の内も小雪が舞っていました。 三寒四温とはよく言ったもので、また寒さが戻ってきたようです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/03/08 17:23
畦道に咲く花々
畦道に咲く花々  雨がポツポツ当たる朝でしたが、今日の日中は晴天が広がり、気温も上がりました。 ここ数日の暖かさから、家を出て村内の本道に出るまでの200メートルほどのあぜ道を歩くと、遠慮がちに数種類の野辺の花が咲いているのを見付けることができます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/03 17:48
春はおもむろにやって来る
春はおもむろにやって来る  3月を迎えましたが、毎朝歩いている雑木林はまだ冬枯れの静けさによって支配されています。 しかし、庭のあちらこちらでは寒中を持ち越し、たくましく春を迎えている姿を目にすることができます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2017/03/01 17:10
春告げる花 オオイヌノフグリ
春告げる花 オオイヌノフグリ  ここ数日暖かな日が続き、路傍や畑のあぜ道にコバルトブルーの小さな花が目立つようになりました。 花の大きさは1pくらいのかわいい花ですが、色が鮮やかで、群生しているとちょっとした花畑のようです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/27 15:59
春を告げる花咲く
 毎朝氷が張っていたメダカの屋外水槽に、今朝は氷が張りませんでした。 水槽の底を覗いてみるとヒメダカもクロメダカも元気に泳いでいます。 日中は明るい日差しが差し、暖かい一日となりました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/24 17:00
大禅滝・小禅滝の氷瀑
 南佐久郡北相木村の三滝山には、大禅滝・小禅滝・浅間滝の三つの滝があります。 中でも大禅の滝は、滝の落差が30メートルもあり、この厳寒期には滝が凍結して、松かさ状の大氷柱になります。 5年ぶりに大禅・小禅滝の氷瀑を見てきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/22 23:05
雪の中から福寿草が顔を出す
 きょうは一日雨模様の日となりましたが、意外と気温は高めで、過ごしやすい日となりました。 三寒四温とはよく言ったもので、昨日の朝は、うっすらと雪が地面を覆い、日中も寒風が吹き気温が上がらず、寒い一日でした。 こうした日を繰り返しながら次第に春がにじり寄ってくるのでしょう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2017/02/20 16:55
湯川渓谷の氷壁
 南佐久の南牧村海尻に湯川渓谷があります。 この渓谷の岩壁に大きな氷柱が重なり合った氷壁があるというので、昨日初めて出掛けてみました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/02/17 17:35
再び キジバトが…
 もの降りでなければ必ず歩いている朝の散策道。 ここは最後の松林の遊歩道です。 まだ冬枯れ状態で、林内は明るさを保っています。 遊歩道とはいえ、日に数えるほど、ほとんど人は通らない遊歩道です。 毎日歩いているのは、自分くらいなものでしょうか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/15 16:54
「金のなる木」の花咲く
 昨年末に知人から頂いたこの「金のなる木」が少しずつ花を咲かせ始めました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2017/02/10 17:39
惨 劇 の 跡
 小雨の降った後の朝の散歩中に出会ったことです。 野鳥の姿を求めてキョロキョロしながら山道をゆっくり登って行くと、足元に数枚の鳥の羽根が散らばっていました。 周囲を見回してみましたが、それ以上の新たな発見はありませんでした。 ところが、目の前に2枚の羽がヒラヒラと落ちて来ました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/06 17:40
牡丹雪降る
 朝からドンヨリと重苦しい灰色の空が広がっていましたが、昼を少し過ぎた頃雨模様となり、突然雪に変わりました。 今まで重苦しさはあったものの静かさを保っていたのですが、突然の雪に雰囲気は一変します。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/05 14:08
散歩道の 今
 きょうは珍しく朝から青空が空一面に広がりました。 晴れ渡った分、放射冷却現象からか冷え込みは厳しく、手袋をはめた指先が集めたい感覚を通り越し、痛さを覚えるほどでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/01/25 17:29
二日続きの雪降り
 朝目が覚めて、おもむろに寝室のカーテンを開けると、照寺がいつもより明るく見えます。 「矢張り雪が降ったかな」と思いながら照寺とガラス戸を開けると、思った通り夜の間に降り続いた雪が積もっていました。 覚悟はしていたものの、二日続きの雪となりました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2017/01/16 21:39
冷え込んだ朝の霜柱
 朝からくっきりと晴れ渡り、青空が一面に広がっています。 こんな朝は、格別冷え込みが厳しく、メダカの屋外飼育の容器や池も薄氷が張り、地面もすっかり凍てついた朝になります。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/30 18:00
枯れ葉の布団
 我が家の近くにはブドウ畑があり、この時期になるとそこからブドウの枯れ葉が風に吹かれて舞ってきます。 どういうわけかその枯れ葉は、我が家の庭に吹き込まれます。 そして、何カ所かは、こうした吹きだまりとなりたくさんの枯れ葉が溜まります。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/23 16:30
一陽来復 <冬至>
 先程庭に出てみたら、雲ひとつない青空を飛行機が一機、北から南に向かって白い煙を吐きながら飛んでいました。 白い飛行機雲が、まるで空を二分するように長く伸びています。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/21 13:50
冷え込む朝を迎えて
 窓を開けるとくっきりと霜の降りた跡が残っています。 カーテンを開け、餌をねだる北斗(我が家の柴犬)に朝飯を与え、周囲を見回すと凛とした白い世界です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/17 21:48
白く輝く山頂の森
 夜の間、何となく雨らしき音が聞こえていたような気がしていました。 朝目覚めて窓を開けると、矢張り地面は雨で濡れたように黒くなっていました。 いつものように朝の散策に出ると、身近な山の峰部分が白くなっています。 どうやら高いところは雪だったようです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2016/12/07 22:57
危なかった カマキリの巣
 好きな人ほど庭に多種多様な植物を雑多に植えやすいといいます。 ご多分に漏れず、我が家の庭も様々な植物を植えすぎました。 ちょっと手を手を入れないでいると伸び放題になりますので、時々庭木を整枝・剪定し小ぶりに育てるようにしています。 ユキノシタも電動バリカンで一気に刈り込みました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/12/05 22:30
見納めの賑やかなリンゴ畑の風景
 わたしが勝手に命名した「散歩道」 の外れの斜面に、広いリンゴ畑があります。 たくさんのリンゴを栽培しているためか、消毒などに使用するスピードスプレイヤーが2台もあるリンゴ栽培農家です。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/02 13:45
箱根美術館の紅葉庭園
 もう半月ほども前の話題になってしまい恐縮ですが、今月中旬、「箱根美術館紅葉庭園・富士屋ホテルで昼食」の日帰りツアーに参加してみました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/28 23:47
11月の雪かきとは…
 11月だというのに昨日未明から雪が降りました。 長野地方気象台が昨日の午前に、大雪になる恐れがあるとして、諏訪地域と佐久地域に一時、大雪警報を出し、交通障害などに注意を呼び掛ける程の降りでした。 当地でも10p近くは降ったのだろうか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/25 19:36
落ち葉の季節
 眠っている間風の音が気になるほど、二晩続きで強い風が吹きまくりました。 そろそろ茶色に変色しつつも懸命に枝にしがみついていた木々の葉も、この風で一気に落葉が進みました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/23 23:57
最後のもみじ狩り ・ 清水寺
 このところの冷え込みで、今は身近な山の紅葉も一気に色あせ、茶色に変色してきています。 一週間ほど前今年最後のもみじ狩りに行ってきました。 長野市若穂の清水寺です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/21 22:23
里山のドングリは 豊作の年?
 「散歩道」の紅葉も随分色あせ、様々な色に染まった木々の葉が、寒風に吹かれて次々と散っています。 雑木林に入ると歩道は一面落ち葉に覆われています。 そんな落ち葉の上にドングリが目に付きます。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2016/11/18 11:29
里山も紅葉ピーク
 随分朝が冷え込むようになり、散策に出ると吐く息が白く見え、手袋無しではちょっと指先が冷たく感じられるような朝です。 この冷え込みで、里山の紅葉も一気に進み、木々の葉が色濃く染まってきました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/11/16 23:37
清流の渓谷 「阿寺渓谷」
 数年前から流れの美しさに、ずっと気になっていた渓谷がありました。 その渓谷とは、大桑村にある 「阿寺渓谷」 です。 もう半月近くも前のことですが、木曽路を車を走らせ、その念願の阿寺渓谷にいってみました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/11/14 16:55
冷え込んだ 霜の朝
 午後になって暖かな日差しが差すようになりましたが、今朝は小雨模様の朝でした。 これに引き替え、昨日の朝の冷え込みは何と厳しかったことか…。 目覚めて、新鮮な外気を入れるため寝室の窓を開けると外は一面うっすらと白い景色が広がっていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/11/11 15:14
真っ赤な ブドウ畑
 今朝は随分冷え込みました。 多分12月の中旬から下旬並みの気温だったでしょう。 朝から雨がポツポツと当たっていましたが、寒風の中、時には雪なのか白くも見えました。 長野では、初雪が観測されたようですが、ここも初雪だったのかも知れません。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/09 14:46
紅葉に染まる霊松寺
 上田城趾公園の紅葉が見頃を迎えているが、今年は「真田丸」人気で観光客であふれかえっているため、どこか紅葉の美しい新天地はないかと捜してみた。 北アルプスのふもと、長野県大町市に 「霊松寺」 という紅葉の美しい曹洞宗寺院があることを知った。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/07 11:15
散歩道の紅葉
 先日紅葉が見頃を迎えた軽井沢の雲場池を訪ね、いつもと変わらぬ美しさを堪能してきた。 さて、毎朝歩いている 「散歩道」 周辺の紅葉はどうかというと、ヌルデを始めとして大分木々の色づきが始まった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/04 17:54
錦秋の雲場池
 全国でも有数の避暑地とされる軽井沢だが、その中でも 「雲場池」 の紅葉は絶景とされている。 雲場池の紅葉が見頃を迎えているとの情報を得て、さっそく車を走らせた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/02 19:04
箕輪ダム ・ もみじ湖
 上伊那郡箕輪町にある箕輪ダム。 一級河川で天竜川に流れ込む、沢川に建設されたダムだ。 箕輪町・南箕輪村・伊那市・宮田村・駒ヶ根市の5市町村に水道水を供給しており、上伊那地区の大切な水瓶となっている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/31 21:56
群馬の景勝地 “吹割の滝”
 群馬県に「吹割の滝」という一風変わった滝がある。 吹割の滝は東洋のナイアガラと呼ばれ、群馬県の人気観光地で昭和11年に国の天然記念物に指定された。 随分前の話で恐縮だが、半月ほど前にこの滝を訪れた。 ここを訪れるのはもう3〜4回目にもなるだろうか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/28 21:04
松川渓谷の秋
 高山村の松川渓谷は日本でも有数のV字渓谷をつくり、紅葉の名所として有名。 信州の紅葉も高いところから次第に下降しているが、昨日、今年初めての紅葉狩りに手短な松川渓谷に出掛けてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/10/26 17:47
収穫を待つ リンゴ
 秋といえば “食欲の秋”、この季節 “実りの秋” と言うが、何を食べてもおいしい、“実りの秋” は “おいしい秋” なのだ。 この辺りでは葡萄とリンゴが多く栽培されている。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/19 22:09
秋の 野菊
 いつも歩いている「散歩道」を登って行くと、道路脇に野菊が並ぶようにして咲いている。 日当たりのいい道路わきにずっと咲いている青系の野菊咲く風景が、毎年秋の深まりを告げてくれる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/10/17 17:39
花粉症犯人にされていた セイタカアワダチソウ
 秋を迎えるとあちらこちらでこの黄色い花を咲かせた背の高い植物を目にすることが多い。 群生してとてもキレイだが、数年前まではあまり良いイメージで見てもらえなかったセイタカアワダチソウだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2016/10/10 23:08
美味しそうな アオツヅラフジの実
 秋になって野山を歩くと色々な 「木の実」 や 「草の実」 に出逢える。 毎朝歩いている散歩道野山が終わり雑木林から出る藪の中に小さな葡萄のような実をみつけた。 アオツヅラフジの果実である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/10/07 17:59
染まる ヤマザクラの葉
 毎朝の散策に出ると、10月に入り一層路上に散り落ちた葉が目に付くようになった。 そのほとんどがヤマザクラの葉だ。 ウルシも真っ赤に色づいているのも目にするが、ヤマザクラの紅葉も他の樹木より早いような気がする。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/05 11:25
秋を彩る ヤマハギの花
 毎朝歩いている 「散歩道」 の中程に差しかかると、雑木林に隣接するように畑地が広がっている。 その畑は野菜などが栽培されていることはほとんどなく、雑草が生い茂っていることが多い。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/03 23:00
秋の香り 金木犀
 ある日突然、庭で金木犀の香りが漂い始めた。 庭の片隅に植えられているため、毎年この香りがして初めて金木犀の開花に気づくのだ。 やはり、小さなオレンジ色の小花をかたまって咲かせていた。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/09/30 23:44
雨に打たれる 彼岸花
 朝の内は晴れていたが、きょうも昼頃から雨となった。 秋雨前線と台風の影響かと思われるが、それにしてもよく降るものだ。 雨が上がった時、ちょっと散策に出てみたが、山道入り口の斜面に彼岸花がひっそりと咲いていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2016/09/28 23:29
侵略的外来種の アレチウリ
 9月に入ってからその繁茂ぶりが目に付くようになってきたこの植物、クズと並んで大分多くの人々の意識に上がるようになったのではないだろうか。 このところ河川敷や荒れ地に出向くとこれが繁茂しているのが目に付くアレチウリだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/26 14:02
雨上がりの散歩道
 台風の接近に伴い、ここ幾日も雨降りの日が続いた。 毎朝裏山を1時間ほど散策しているのだが、その際記録していた野鳥センサスノートを見ると、ここ三日間散策のできない日が続いた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2016/09/21 23:39
蜘蛛の巣
 秋を迎えるとあちらこちらにこうした蜘蛛の巣が張られているのをよく目にすっる。 細い山道を通ったりすると、道の両脇に張られたクモの巣が顔や腕ににべったりとついて、不快な思いをすることもある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/19 23:39
虫たちの季節到来
 つい十日程前まで、あれほどうるさく鳴いていたミンミンゼミ。 朝夕の涼しさから、半袖の腕がひんやり感じるこの頃、ミンミンゼミの鳴き声も一気に寂しくなってしまった。 薄暗くなる頃にはセミに代わるように虫が盛んに鳴き始める。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/09/16 18:44
「秋の花」 咲く
 ついこの間まで 「真夏日」 が続く日々に閉口していたのだが、9月に入り台風が連続し、秋の気配が一気に押し寄せてきた。 庭に咲く花々を見回してみると季節の変化が実感できるものだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/09/14 23:31
不運な オンブバッタ
 9月を迎え、次第に夕暮れの虫の声が多く聞かれるようになってきた。 朝、メダカの餌やりに庭に出ると、メダカの飼育容器の縁にオンブバッタの姿を見付けた。 緑色の大きな体のバッタに褐色の小さなバッタが乗っかっている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/09 21:48
ススキの花
 「山は暮れて  野は黄昏(たそがれ)の  芒(すすき)かな」    与謝蕪村  8月下旬頃からよく散歩道の道端で目にするススキ。 最初は緑色で青々としていたが、いつのまにか花を咲かせていたり、白いフサフサした穂をつけるようになった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/07 23:30
ドングリ と ヤマガラ
 「実りの秋」 といわれているが、木の実も例外でなく、様々な実を付けている。 毎朝歩く1時間ほどの散歩道は、雑木林に接しており、ドングリの実を付ける雑木がたくさんある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/05 18:33
夏の風物詩 ミンミンゼミ
 9月に入り、朝夕は時には長袖に着替えたいほどの涼風を感じることもあるが、日中はまだまだ残暑が厳しい。 台風が去ってから、また25℃を超える 「真夏日」 が続いている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/09/02 22:05
晩 夏
 迷走している台風10号のせいか、このところ一日からっと晴れ渡っている日は少なく、唐突に雷を伴う激しい雨が降ったりする。 バケツをひっくり返したような激しい雨音が続き、しばらくするとからりと晴れ上がったりする。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2016/08/26 19:27
林内に響き渡る セミの声
 起床後すぐに30分ほどの犬の散歩をし、朝食をすませる。 そして健康保持も兼ねて1時間ほどかけて裏山を散策するのがわたしの朝の日課。 この時に鳥の姿を見掛けた時には、ついでに野鳥の写真撮影もしている。 しかし、この夏場は、野鳥の観察機会はめっきり少なくなる。   ミンミンゼミ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/08/22 15:52
傷だらけのクヌギの幹
 毎朝歩く散歩道にはクヌギと赤松を中心にした雑木林が広がっている。 このクヌギの樹液を求めてクワガタなどの甲虫やオオムラサキなどの蝶もやってくる。  これは道の脇に生えている2本のクヌギの幹だが、見るも痛々しいほど傷だらけの状態だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/19 22:21
エンジュの花咲く
 毎朝歩いている「散歩道」に、数日前まで、エンドウのような形の黄白色の花が咲いていた。 夏、枝先から円錐花序を伸ばし多数の黄白色の蝶形の小花を集合させて咲かせるマメ目マメ科エンジュ属の落葉広葉樹の高木、エンジュだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/08/17 23:26
ドングリのなる木
 ちょっと暑いのだが、毎日の朝の日課は、起床→犬の散歩→朝食→散歩(散策)といったリズムになっている。 この時の散歩道での自然との出会いが、この 「おりふしの記」 と 「野鳥との語らい」 という二つのブログに掲載する内容になることが多い。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/12 13:31
“真夏日” 続く
 屋外に出ると、ミンミンゼミとアブラゼミの大合唱。 とりわけアブラゼミの鳴き声は、この暑さを一層助長する感じに聞こえてくる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/10 19:19
森の妖精 レンゲショウマ
 我が家の庭に咲く夏の花で忘れられないのが、レンゲショウマ。 今年も8月に入り、庭の片隅に植え込んであるアメリカハナミズキの根元に、レンゲショウマの花が咲き出した。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2016/08/05 22:15
蝉の抜け殻
 梅雨が空けた頃から、随分蝉の声がたくさん聞こえるようになった。 声はすれどもなかなかその姿をとらえることが難しいが、ミンミンゼミだろうか、久しぶりにその姿をとらえることができた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/03 18:03
清涼感を取り込む
 きょうから8月。 8月は、1年を通じて一番水を使う量が多い月であることから、水の貴重さや水資源開発の重要性に対する国民の関心や理解を深め、節水を呼びかける為に8月1日を 「水の日」 としたという。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/01 14:02
雨上がりの朝
 一日梅雨らしい降りを見せた昨日の雨も、朝早くには上がり、朝の犬の散歩に出る頃には、青空がのぞきだした。 晴天とは言え、雨上がりの直後だけに湿度が高く蒸し暑い朝となった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2016/07/27 17:57
樹液に集まる 昆虫たち
 こどもたちの夏休みも近づいてきたが、この季節になると朝の散策に出掛けるたびに、クヌギ林が近くなるとついつい 「クワガタはいるかな?」 「カブトムシは来ているだろうか?」 とキョロキョロしてしまう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/25 15:16
初夏の上高地 トレッキング
 上高地は穂高連峰を望む山岳景観のすばらしい場所として有名だが、昨日何年ぶりかで、初夏の上高地を訪れてみた。 大正池でバスを降り、まずは池畔へ下ってみる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/23 19:24
猛暑の 「海の日」
 きょう、7月18日は海の日。  「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う日」 として制定された国民の祝日だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/18 20:39
こぼれ種から育てる楽しみ
 盃状に大きく開いた鮮やかなオレンジ色の花が、庭のあちらこちらで花を咲かせている。 遠くからでもよく目立ち、満開時には地面を覆いつくしてオレンジ色のカーペットを敷いたようになる。 名前は、ハナビシソウ。 開花期が長く、丈夫でほとんど手がかからない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/11 14:22
シジュウカラの雛たちは?
 今年はハクモクレンとアカマツの庭木にそれぞれひとつずつ巣箱が架けられていた。 今まで、ハクモクレンに架けられていた巣箱は、毎年シジュウカラかヤマガラが子育てに使用していた。 そして、今年もシジュウカラが無事巣立っていった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/06 14:12
雨に濡れて ネムノキ咲く
 先日、初夏の花としてオカトラノオを取りあげたが、もう一つ忘れてはいけない散歩道に咲く花として 「ネムノキ」 を忘れてはならない。 今朝は4時過ぎまで雨が降り続いていたが、目覚めた時にはもう雨は上がっていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/04 15:13
初夏の風物詩 オカトラノオ
 夏を迎えると、毎朝散歩道に使っている山道の日当たりのいい林縁の道端にオカトラノオが群生して咲く。 白い可憐な花が房のように付いていて先端が垂れ下がっているのが特徴。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2016/07/01 11:44
月見草の開花
 夏になると庭のあちらこちらでツキミソウの花が咲く。 花は6〜9月の夕方に開花し朝には萎んでしまう一夜花。 これは昨年結実したこぼれ種から育ったものだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/06/29 15:06
雑草対策の ウツボグサ
 梅雨の頃になると植物は枝葉を茂らせ、生き生きとする。 雑草もその例外でなく、ちょっと気を抜いていると庭の雑草もはびこってしまう。 昨年、庭の空きスペースに雑草対策として植え込んだのがグランドカバーのこの植物。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2016/06/20 10:41
睡蓮の咲く季節
 大型のプラ容器を使って、メダカを屋外で飼育している。 ミニビオトープのまねごとで、そこに姫睡蓮を植木鉢ごと入れ込んである。 今年もその姫睡蓮が花を付け、毎日楽しませてくれる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/17 11:42
今年のヤマボウシの花付き
 玄関前に植えられたヤマボウシ。 この木は数年前にホームセンターの園芸コーナーで買い求めたものだが、余り生育がよくなく、何度か植え替えをし、ようやくこの場所に定着した。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/06/13 12:33
今年も シモツケの花が…
 数日前から毎朝歩いている「散歩道」の脇にシモツケの花が咲きだした。 シモツケという名前の由来は、栃木県、つまり 「下野(シモツケ)の国」 で最初に発見されたからだそうだ。 別名は木下野(キシモツケ)とも言い、バラ科の植物。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/08 18:18
ヤマザクラの実
 ヤマザクラの木に赤く可愛い実がビッシリと付いており、まるで小さな赤い宝石のようだ。 ヤマザクラの実は、実が軽いためかほぼ上方に向いてついている。 実の大きさは、5〜7mm程度だろうか。 そして、ほとんどが種なので果肉部分は1mmほどしかない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/06 17:09
桑の実、熟す
 子どもの頃には、近所に養蚕農家も何軒かあり、桑の木も当たり前に見られたし、桑畑もあちらこちらに存在した。 小学生の頃、そんな養蚕農家で蚕を数匹いただいてきて、箱の中で飼育したりもした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/03 23:40
手のかからない ユキノシタ
 もう20年以上も昔になるだろうか。 職場の同僚と4人で布引観音にお参りに行った時、苔むした大岩の上に咲いていた雪の下の葉の美しさに気を惹かれ、一株いただいてきたことがあった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/06/01 14:42
ムラサキツユクサに対するイメージ
 庭の数カ所にムラサキツユクサの花が咲いている。 ムラサキツユクサは北米原産の園芸植物で、6月頃から次々と花を咲かせる。 今年はいつもより早めに開花が始まり、すでに紫色の花で庭が華やいでいる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/30 14:59
夏を思わせる陽気
 いつもの朝の散策に出た時から、陽射しが強く感じられるようなスタートだった。 青空が広がり、日中の気温の上昇を予感させるような朝。 きょうの日本列島は広く高気圧に覆われ、各地で気温が上がった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/23 17:49
昼咲き月見草 と 月見草 
 我が家の入り口の石ががらがらしたような痩せ地に、毎年この花が咲きます。 ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)という北米からの帰化植物で、乾燥を好み、水はけがよければ毎年肥料を与えなくてもこうしてビッシリと花を咲かせる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/05/20 18:37
九十九谷森林公園の九輪草
 喬木村の村花に指定されている九輪草が、九十九谷森林公園内に約5万株植栽されており、毎年5月中旬〜6月上旬頃まで、花を咲かせている。 先日の新聞に「くりん草まつり」が開催されているという記事を見掛けたので、車を走らせ出掛けてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/13 21:32
雨上がりの 爽やかな林
 夜の間音を立てて降っていた雨も、朝には小降りとなり、散歩をする時刻になる頃にはようやく雨も上がった。 まだドンヨリした空気感が漂う林道をゆっくりと歩いて行く。 しばらく歩くと薄日が差し始め、天候の回復兆しが見え始めた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/11 12:32
連休明けの 戸隠高原
 大型連休、会社によっては10日連休の会社もあったと聞く。 一線を退いた身にとっては、縁のない連休。 例年のようにGWの間は、渋滞にはまらないように、じっとGWが過ぎるのを待った。 先週の土曜日、我がGWはこれからだといわんばかりに戸隠高原に行ってみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/05/09 11:42
満 開 の 牡 丹
 このところ暖かな日が多く、時には 「夏日」 の汗ばむような陽気にさえなる。 もちろん、冬の間毎日お世話になったストーブも石油を抜いてしまい込んだ。 寝具も衣服も随分夏向きに変わってきている。 庭の花々も暖かさに誘われるように一斉に咲き誇っている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/06 11:31
枯れた松に生えるキノコ
 毎朝1時間ほどかけて歩いている 「散歩道」 の周辺は、雑木林や畑地が広がっているが、場所によってはアカマツ林の下層にナラの木が生えているような林もある。 これらのアカマツは、過日掲載したように樹齢40年を超えている松がたくさん見られる。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2016/05/04 18:42
コナラにできた 虫えい (虫こぶ)
  いつものように散歩道の雑木林を歩いて行くと、コナラにできたリンゴのように赤く色づいた真ん丸いものが付いているのが目に留まった。  色も形もとてもかわいく見えるのだが、これは 「虫えい(虫こぶ)」 と呼ばれ、アブラムシ・ハチ類などの昆虫が産卵・寄生したため異常発育をした結果なのだ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2016/05/02 22:14
切り倒された アカマツ
 昨日の雨に洗われた新緑の林が一層美しく見える。 一日中降り続いた雨と風で散り落ちたおびただしい花びらの道をゆっくりと上る。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/29 08:34
タンポポの知恵
 一週間ほど前までは黄色一色かと思われるほど黄色いタンポポの花で覆われていたブドウ棚の下。 今は、白いタンポポの綿毛で覆われている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/27 20:20
若葉茂る林の中に…
ついこの間まで、身近に見られた山は、殺風景な冬枯れ状態だった。 それなのに、つい半月ほど前から木々の芽吹きが始まったばかりだったというのに、あっと言う間に山肌は新緑に覆われてしまった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/04/25 16:12
林檎の花咲き、始まる農作業
 毎朝歩く散歩道の道沿いには、リンゴ畑が散在している。 この所の暖かさで、薄紅色の林檎の花が一斉に花開いた。 リンゴの木の下の菜の花と林檎の花が春を告げる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/22 16:46
津金寺の カタクリと野草
 長野県北佐久郡立科町にある津金寺の境内は、カタクリなどの山野草の宝庫。 津金寺の境内と裏山全体が “津金寺自然探勝園” になっている。 カタクリが見頃を迎えているようなので、昨日、久しぶりに訪れてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2016/04/20 17:29
タンポポの園
 昨日は強風が吹き荒れたが、またきょうは爽やかな青空が戻り、穏やかな春の日和となった。 毎朝歩く犬の散歩コースや朝の散歩道周辺にはブドウやリンゴの果樹園が多い。 先週あたりからこうした果樹園の地面を黄色い花が覆うようになった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/18 11:06
ヤマザクラ 咲く
 桜といえばソメイヨシノが有名だが、桜の品種はなんと600種もあるそうだ。 その中のひとつにヤマザクラ(山桜)という桜がある。 わたしが毎朝散歩で歩いている「散歩道」にも何本かのヤマザクラがある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/15 17:48
今年の巣箱利用鳥は、シジュウカラ
 今年は我が家の庭木に、二つの巣箱が架けられた。 一つは松の木、そしてもう一つは毎年かけているハクモクレンの木。 見事に咲いたハクモクレンの花も一気に散り始め、架けた巣箱の屋根の上にも散り落ちていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/08 12:22
溜池の珍客
 毎朝歩いている散歩道の外れに周囲が30メートルほどの溜池がある。 普段は余り立ち回ることはないが、気が向くとちょっと遠くまで足を伸ばし、水鳥の観察をしたりすることもある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/04/06 19:01
華やぐ ハクモクレン
 四月に入って、玄関先のハクモクレンが満開になり、見頃を迎えた。 一時期寒気のために花びらの先が多少茶色に汚れたものの、今年はまあまあ白さを保って、見られる状態で見頃を迎えることができ、ホッとしている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/04/04 17:26
見頃を迎えた八王子山周辺のカタクリ
 千曲市戸倉の 「佐良志奈神社(さらしなじんじゃ)境内 」 と その近くの 「 八王子山の周辺 」 にはカタクリの群生地がある。 規模も見栄えももう一歩の群生地なので、余り気にもとめていなかったが、数年ぶりに訪れてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/01 17:52
つくしんぼ、見付け!
 早春の道端に顔を出すスギナの胞子茎が、通称 「つくしんぼ」。 本名は 「土筆」 だが、やはり子どもの頃から呼び慣れている 「つくしんぼ」 の響きの方がずっといい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/28 17:21
春の陽光を浴びてのどかに咲く花々
 うっとりするような柔らかな春の陽射し。 あちらこちらから 「花が咲いた」 という知らせや便りが届く。 庭のあちらこちらに植えられている水仙が一斉に花を開き始めた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2016/03/25 22:27
開花間近なハクモクレン
 朝の内こそ冷たい風が吹いていたものの、日中の気温はどんどん上昇し、すっかり春を思わせるポカポカ陽気になった。 そんな温かさに誘われるように、玄関先のハクモクレンの花芽が大分大きくなってきている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/21 16:21
満開の赤怒田福寿草群生地
 3月12〜22日の期間で、松本市四賀地区で「福寿草まつり」が開催されている。 ここ数年訪問してなく、明日からの連休になると混雑が予想されるので、現地での混雑を避けその前に出掛けてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/19 15:22
野辺の草花
 明日は「彼岸の入り」だ。 「暑さ寒さも彼岸まで」 という慣用句があるが、「暑さ寒さやそれに伴う様々なつらさも、彼岸のころには和らいで楽になるよ」 といった思いが込められているのだろう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/16 20:48
小雪舞う朝
 先週の初め頃までは5月を思わせるような陽気続きだったが…。 日中は気温が上がるとは言え、このところ、連日小雪が舞うような朝が続いている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/14 20:29
戸倉セツブンソウ群生地
 今週の初め頃までは、5月の陽気を思わせるような日が続いていた。 これで春本番かとも思わせる陽気だったが、やはり冬に後戻りし、雪も降った。 このところ毎朝のように、小雪がちらつくような日となっている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/12 11:42
冬の再来
日中はジャンパーやコートがいらないほど暖かな日が続いていると思ったら、きょうは再びジャンパーや手袋が欲しくなるような寒さに逆戻り。 気温の変動が大きく、朝の散歩にもなにを着たら良いのか困ってしまう季節だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/09 22:06
春の皿には苦味を盛れ
 きょうは5月を思わせるような暖かな一日となった。 ここに来て一気に春模様が進未、散歩道の小梅の木も満開状態に咲き誇っていた。 我が家の裏庭では例年のように蕗の薹がたくさん頭を出した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/07 17:53
明日は、“啓蟄”
 3月に入ってすでに四日目。 まだ冷え込む朝はあるとはいえ、2月のカレンダーをめくると、「 さあ、いよいよ春だぁ!」 という気がしてくる。 あすは、二十四節気の一つ 「啓蟄」 でもある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/03/04 23:09
福寿草咲く
 昨日は雪混じりの雨となったが、きょうは朝から青空が広がり、爽やかに晴れ渡った。 こんな朝は冷え込みが厳しく、庭先に出てみると、長く曲がった霜柱がにょっきりと出ていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/02 17:17
開花間近な 福寿草
 このところ、“雪” ならぬ “雨” の日が続いている。 ようやく冬も長滞在を諦め、春にバトンタッチをし、退去準備を始めたようだ。 日陰にしつこく残っていた雪も解け去り、氷で覆われていた庭先の小池も今となっては波打っている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/22 23:09
冬も旅支度を始めたか…
 1月に降った雪がまだ完全に解けきってはいないが、それでも2月に入っての降雪も含め、日陰の場所を除いてはほとんど雪は消えてしまった。 庭先の花壇の雪も姿を消し、土がのぞいている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/02/12 17:17
今朝は、雪景色
 いつもの朝の散策。 長靴を踏みしめるキュッキュッという音が心地よく響く。 降雪量は1〜2pほどでたいしたことはないのだが、今朝は雪景色となった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/10 17:57
ガガイモの綿毛飛ぶ
 寒風に乗って目の前をタンポポの綿毛を大きくしたような綿毛が横切っていった。 風上を見ると、葡萄栽培を止め休耕地となっている棚に、ガガイモの蔓が巻き付き、実が縦に割れ、絹糸のような綿毛がのぞいていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/02/08 19:54
進むマツクイムシ被害
 半月ほど前から連日「散歩道」脇の松林で、チェーンソーの音が鳴り響いていた。 今、その松林に入ると、伐採された枯死した松の木がこうして、ビニールで包まれている。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2016/02/05 17:49
朝陽に輝く つらら
 今朝も氷点下5℃はゆうに下回っただろうか。 朝飯前に出掛ける犬の散歩時は、帰る頃には耳が痛いほど冷たく、指先の感覚もなくなっているほどの冷え込みだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/27 17:08
ありがたいご馳走
 先週は、およそ20pと15pの積雪という大雪の日が二日あった。 雪国信州にとってはそう珍しいことではないが、その雪はまだ解けきらずに随分残っている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/25 18:42
きょうも 雪降り
 寝室の窓を開けると、近くの針葉樹の高木が雪で覆われていた。 天気予報通り、今朝も先日同様雪降りの朝となってしまった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/20 19:35
今季初の大雪
 夜中に起きた時に、ガラス戸越しに雪の降っているのは見えた。 「朝はいよいよ今年初の雪かきかな…。」 と思いながらまた床についたが、朝目が醒めて驚いた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2016/01/18 19:15
オオイヌノフグリが咲いている
 朝の内は冷え込みが厳しく、地面の草や低木は霜が降りているため真っ白になっている。 しかし、朝日が差すとすぐに白く降りた霜も解け、露と化していく。 霜が解け緑色の雑草に目を落とすとかわいい小さなコバルトブルーの花が咲いている。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/01/15 23:10
屋外飼育メダカ ・ その後
 暖冬が言われているこの冬。 雪国信州であるが、今年に入って雪かきをすることもなく過ぎ、1月も半ばだというのに未だ周囲に雪は全くない。 それでもやはり “冬”、今朝は大分冷え込んだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/13 17:05
季節外れの陽気
 いつもなら氷が張り詰めている庭先の池は、循環器から流れ落ちる水に波打っている。 今朝も晴れ間こそ見えずどんよりした曇り空だが、とても冬とは言い難い季節外れの陽気だ。 暮れに開花していた梅の木はどうなっているだろうとちょっと気になった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/01/06 17:22
残し柿 と メジロ
 ちまたで “暖冬” がささやかれており、12月も末を迎えようとしているのにまだ本格的な雪は来ない。 それでも、確実に冬は進んでおり、日ごとに寒さは厳しさを増しているのは確かだ。 この季節、葉をすっかり落とした冬枯れの里山でひときわ目をひくのが鮮やかな朱色の柿の実だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2015/12/23 23:33
季節外れの 梅の花
 冬の日差しが差す、爽やかな朝を迎えた。 朝食を済ませ、いつものように朝の散策に出掛ける。 今日は、ちょっとコースをそれ、散歩道脇の畑地を歩いてみた。 畑の片隅に3本ほど植えられている梅の木に立ち寄ってみた。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/12/21 10:51
冷え込んだ朝
 朝から雲一つない青空が広がった。 こんな朝はおきまりの方伽冷却現象で冷え込みが厳しく、霜が降りて一面白一色の景色が広がる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/12/18 17:36
寒暖差の激しい時期
 霜の降りる日が続き、霜柱が見られるほどの冷え込んだ朝が続いたかと思うと…。 一転、雨が降り続き、ジャンバーを着込んで散歩に出たものなら汗ばむような日にもなる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/12/11 17:58
冬枯れに彩りを添える ツルウメモドキ
 散歩道の折り返し付近の畑の隅に赤い色の実をたくさん付けた木がある。 一見この実は木に成っているように見えるのだが、実はツルウメモドキという蔓性の植物が木に絡んでいるのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/12/09 11:44
霜 の 朝
 今朝は随分冷え込んだ。 外に出ると、雲一つない青空が広がっている。 こんな朝は、放射冷却で冷え込むのは当たり前だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/12/02 18:18
イノシシに 遭遇
 いつものように朝の散歩道を歩き、山道にさしかかる。 途中から舗装された車道をそれ、落ち葉が積もっている雑木林内の遊歩道に入ると、前方に何やら動く物がいる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/27 21:29
素人の野菜作り
 今年も知人から畑をお借りして、ずぶの素人が野菜作りに挑戦した。 春野菜の栽培は、畑に行くのを少し怠ったら、草だらけにしてしまった。 秋野菜はというと…。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/25 12:00
嘆かわしい 惨状
 毎朝散策している「散歩道」は、集落からわずかに山道に入った雑木林。 車も通り、遊歩道も整備されている。 遊具が設置されたり、東屋が建てられた広場もある。 そんな場所に思いもよらない物が捨てられていることがある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/23 23:53
収穫を待つ林檎
 これは、散歩道脇にある近所の農家で育てている林檎の木。 用事で訪れた客が、「道端のりんご園、林檎のなりがすごいですねぇ!」 といたく感激していた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/11/20 22:11
落葉進む 散歩道
 前日の雨も朝には上がり、爽やかな朝を迎えた。 朝の散策、雑木林の木漏れ日が眩しく、爽やかな空気が漂う。 二日ぶりの朝の散策、いつもと変わらず小鳥の声に耳を傾けながら散歩道をゆっくりと歩いた。   ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/16 17:20
錦秋の上田城趾公園
 11月も中旬。 山から里へ、雪に追いかけられるように駆け下りてきた紅葉もいよいよ終末に入った。 最後を迎えようとしている里山の紅葉の彩りは、とびきり鮮やかだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/13 19:32
秋色の散歩道
 毎朝の日課として、自然散策と健康保持を兼ねて1時間ほどの散歩をすることにしている。 この時にカメラも携行し、この「おりふしの記」と「野鳥との語らい」のブログのネタにする写真も撮っている。 今回、その散歩道の様子をちょっぴり紹介することにした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/11/09 18:26
真っ赤な ブドウ棚
 日中の気温は高いが、最近は、時には霜の降りている冷え込んだ朝もある。 11月に入り、こうして寒暖の差が大きくなると一気に紅葉が進むみ、秋の深まりを感じさせる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/06 17:12
鳥の落とし物 ・ 自然を楽しむ
 いつものようにカメラを携帯して朝の散歩をしていたら、足下に一枚の大きな羽根が落ちていた。 長さはおよそ25pほどもあるだろうか。 屋街を歩いているとこうした野生動物たちの落とし物が結構あるものだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/11/04 17:59
念願の 白川郷へ
 280kmを超える長距離、時々休憩しながら4時間の運転、ようやく「せせらぎ公園駐車場」に到着した。 駐車場脇の庄川に架かっている吊橋(であい橋)を渡ると、景色は一変し俗界と切り離されたどこか懐かしさを感じる風景が広がる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/02 17:16
色づく秋の実
 10月も残すところわずかとなった。 朝晩の冷え込みが厳しく感じられるようになり、我が家ではまだ電気は通さないものの、急な寒さに備え電気こたつも準備された。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/10/28 17:15
クズ と アレチウリ の猛威
  早朝犬を散歩に連れ出すと、足下の草は夜露に濡れ、朝日を浴び輝いている。 このところ随分寒い朝が時々あるが、こうした気温の低下と共に少しずつ身近な草が枯れ始めている。 下の写真は半月ほど前に撮った、りんご園の防霜ファン(ぼうそうファン) と カーブミラーの様子だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/26 23:40
秋の米子川渓谷
 二日ほど前、須坂の米子大瀑布へ久しぶりに行ってみた。 以前ここを訪れたのは何年前だったか思い出せないほど久しぶりの再訪になった。 ここは深山幽谷に包まれた秘境で、四阿山北麓の崖に並ぶ二つの滝の風景が何と言っても有名だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/10/23 19:43
セイタカアワダチソウ と 花粉症
 この時期、里山を歩いていると黄色い花を付けたこの植物を、あちらこちらで見掛ける。 北アメリカ原産のキク科の帰化植物で、草丈が2〜3メートルにもなり、背が高いのでよく目立つ。 セイタカアワダチソウあるいは、セイタカアキノキリンソウと呼ばれている。   ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/10/21 22:18
錦秋の山田牧場
 過日の「賑わう雷滝」で触れたように、雷滝付近には空き駐車スペースがなかったので、先に山田牧場まであがってみた。南志賀高原から松川渓谷の中間に位置する山田牧場では紅葉が黄金色輝いていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/10/16 19:37
沢蟹の生息する流れ
 近くにおよそ20pほどの幅のU字溝が敷設された小さな流れがある。 これは確か自分がここに居を構えた頃地域の作業で敷設した流れだ。 だから、もう数十年も経つと言うことになる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/10/09 21:02
里山も紅葉の兆し
 先週出掛けた標高2115mの白駒の池は、すでに紅葉が見頃になっていた。 その様子は、「秋の八千穂高原 〜白駒の池〜」 にアップした通りだ。 こうして、信州では高いところから徐々に紅葉前線が下降し始めている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2015/10/05 14:53
花で感じる季節の動き
 毎朝歩いている散歩道。 つい先日まで真っ赤な鮮やかな花を咲かせていた道端の彼岸花が姿を消した。 周囲の草が黄色く枯れ始めている今、それに代わって彼岸花が緑の葉を伸ばしてくるだろう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/10/02 22:47
秋の八千穂高原を行く
 北八ヶ岳自然休養林にある白駒の池の紅葉が見頃を迎えている。 我が家から車で2時間半ほどかかるが、今年初めての紅葉狩りに出かけてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/30 22:52
ヤマハギの花咲く
 秋の代表的な花といったら、彼岸花、秋桜、金木犀、菊、芒などが挙げられるだろう。 そのほかに秋から個人的にイメージする花に萩の花がある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2015/09/28 21:31
別名の多い ヒガンバナ
 真っ赤なヒガンバナが咲き乱れる時期を迎えた。 9月も半ばを過ぎたが、この時期になると、田んぼの畦道などに群生して赤い花をつけるため、お彼岸の頃に咲く花として昔から親しまれている花だ。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/25 15:19
実りの秋 ・ 実を楽しむ
 気がつけば猛暑の夏もいつの間にやら姿を消し、日ごとに秋らしさが深まっていく。 この時期、野山を歩くと、いろいろな木の実・草の実がなっているのに気づく。  それぞれに特徴のある形や大きさ・色が見られ、秋を楽しめるのは花や紅葉だけではない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/23 16:40
黒姫高原の コスモスとダリア
 先週、昔若い頃に大変世話になった先輩を35年ぶりに訪ねた。 今は86歳のご高齢でありながら気丈に一人住まいをされているという。 八十有余年にわたる先輩の歩んできた人生の話を聞き、懐かしさを通り越して感慨深いものを覚えた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/09/21 23:02
蜘蛛の巣
 山道を歩いていると光の加減で蜘蛛の巣が輝いて見える時がある。 秋は蜘蛛のシーズン。 うっかりしていると、家の周囲も蜘蛛の巣だらけなんていうことにもなりかねない。 それにしても、蜘蛛の巣をよく観察すると実に巧みに作られているものだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2015/09/16 11:18
樹液を吸いにきたタテハチョウ
 久しぶりに朝から青空が広がり、爽やかな朝の散策に出ることができた。 雑木林の山道を下ってくると、目の前を青っぽい蝶が飛んでいった。 道路脇の雑木に留まったその蝶を見ると、紺色地にルリ色のラインが特徴的な蝶だった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/09/11 23:34
日照不足の影響
 台風18号は午前10時すぎに愛知県・知多半島に上陸した後、東海と北陸を縦断し、午後2時までに石川県小松市沖へ抜けていった。 夜までには日本海で温帯低気圧に変わる見込みのようだが、台風や前線に向かって湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となっている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/09 16:14
気の毒な名前の植物
 緑色の葉に留まっているこれまた緑色のバッタ。 子どもの頃はよく目にしたバッタだが、ショウリョウバッタだろうか? それにしても、植物の葉の色に溶け込んでおり、気をつけて見ないとうっかり見過ごしてしまいそうだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/07 18:46
激減した蝉の鳴き声
 このところ雨が降ることが多く、今朝も夜の間降っていた雨が止んでの雨上がりの朝となった。 台風の影響で雨が降るようになってから、猛暑の夏もどこへやら涼しさが増し、一気に秋がやってきたようだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/09/04 15:35
野辺の花の魅力 ・ ママコナ
 山道を歩くと様々な花に出会うことができるが、7月下旬から8月にかけて、毎朝歩いている山裾の散歩道を散策するとママコナと呼ばれるゴマノハグサ科の花に出会う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/31 18:10
秋を告げる ススキ
 日中はまだ暑い日があるが、朝夕は随分涼しくなり、半袖でいたら肌寒ささえ感じられるような陽気になった。 朝の散策は爽やかな風が吹き気持ちのいいものだ。   ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/28 19:45
ダイナミックパノラマ ・ 吹割の滝
 群馬県沼田市街から国道120号を日光方面に向かうと、途中、左手に吹割の滝がある。 吹割の滝は、高さ7m、幅30mにおよび、ごうごうと落下・飛散する姿から東洋のナイアガラとも呼ばれている。 土産物屋などが立ち並ぶ坂を下ると、滝に向かう遊歩道となる。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/26 14:24
霧中の “高ボッチ高原”
 昨日、用事があるという連れ合いさんを塩尻まで送っていった。 会議が終わるまでの4時間ぼんやり過ごすわけにも行かないので、近くの高ボッチ高原に車を走らせてみた。 この日は生憎の天候で、高原は霧に包まれて見晴しは余りよくなかった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/08/21 12:30
セミ ・ せみ ・ 蝉…
 きょうは雨模様で凌ぎやすい一日だったが、昨日は久々暑さがぶり返した。 こうなると残り少ない夏を惜しむようにセミの鳴き声が賑やかになる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/19 22:41
今年も やられてしまった!
 道路に面した場所と空き地になっている南側は、コノテガシワの生け垣になっている。 毎年数回この生け垣の刈り込みをして、形を整えている。 余り伸びない内に手を入れておく方が楽なので、ちょっと暑い時期ではあるが、春に続いて今年二回目の刈り込みをした。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/08/12 23:58
猛暑に響く アブラゼミの鳴き声
 今朝も早いうちから気温が高い。 こんな早い時刻からの気温上昇に朝の散策をどうしようか躊躇したが、意を決して出かけた。 日陰はまだ涼しいが、日向になるとたんにTシャツに汗がにじみ出す。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/10 11:38
虫取りの楽しさを…
 猛暑の日々が続いている。 日が昇る前の朝は爽やかだが、日の出と共に気温はグングン上昇し、きょうも猛暑日になるのではないかと思われるような暑さだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/07 13:12
初めての 赤沢自然休養林
 昨日、そしてきょうと「猛暑日」に迫るかと思われるような気候だった。 35℃近くまで気温が上昇すると、さすがに体に応える。 こんな時には、緑豊かな山での森林浴にでも出掛けるに限る。 以前から気になっていた木曽谷の赤沢自然休養林に行ってみた。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2015/07/27 20:25
生育旺盛な ノーゼンカズラ
 夜の間降っていた雨も朝には上がり、いつものように朝の散策に出ることができた。 雨はあがっているものの、空はどんよりと曇り、湿度が高くじとっとした暑さだ。 風も全くなく、蒸し暑い一日のスタートとなった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/07/24 19:48
涼を呼ぶ オカトラノオ
 ようやく梅雨が明けたが、蒸し暑い林の朝を迎えた。 どんよりした曇り空、湿った感じの風が道端の夏草を揺らす。 梅雨が明けるのと前後してミンミンゼミの鳴き声が聞かれ、夏の到来を知らせている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/22 16:26
歓迎された進入植物 ウツボグサ
 先日取り上げたオオキンケイギクは、いつどんな経緯で我が家の庭にやってきたのかはよく分からない。 以前に触れたようにオオキンケイギクは特定外来生物となれば余り歓迎できる植物ではない。    ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/07/17 18:02
深緑の森林
 梅雨に入り雨が続くと一気に林の木々が葉を茂らせ、野鳥の姿が見えにくくなり、鳥の撮影が思うように行かなくなる。 散歩道の散策だけでは野鳥の写真の在庫が底をつきそうで、別ブログ「野鳥との語らい」の継続が危ぶまれる。 そこで、「野鳥の宝庫」ともいわれている戸隠森林植物園に行ってみた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/15 19:33
初夏の湯の丸高原
 湯の丸高原は、亜高山帯の気候による恵まれた植生から別名「花高原」とも呼ばれている。 梅雨の晴れ間を縫って、初夏の高原の花々を楽しんだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2015/07/13 20:36
特定外来生物の オオキンケイギク
 川沿いの土手や車道脇の空き地などに、黄色い花の群れが広がっているのをしばしば見掛ける。 時には、一般住宅の庭にたくさん咲いていることもある。 我が家の庭にもいつ、どんな経緯で入ってきたのか定かでないが、毎年何カ所かで花を咲かせていた。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2015/07/10 20:53
雨にぬれる ネムノキの花
 このところ雨模様の日が続き、朝の散歩もままならない。 昨日もシトシトと雨が降り続いたが、きょうもまた雨だ。 南方には三つの台風が接近しているので、この影響が消えるまでは、青空は望めないだろう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/08 14:15
毎年楽しませてくれるユリの花
 今年も玄関前のユリの花が咲いた。 数年前に夏期のスキー場利用で栽培していたユリ園を見に行った際、球根を買い求めたユリだ。 以前より勢いはなくなって来ているような気はするが、毎年こうして庭に華やかさを演出してくれている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/01 21:08
湯の丸高原のレンゲツツジ群落
 自由な自分の時間が持てるようになったので、野山を始め県下各地に出掛けることができると思っていたが、さにあらず。雑用に追われ、以前よりそんな機会が少なくなってしまった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/06/29 21:15
昼咲き月見草 と 月見草
 月見草の中には、夜間に花を咲かせるものと、昼間花を咲かせるものがある。 今我が家の入り口の庭の片隅にピンクの花を咲かせているヒルザキツキミソウが賑やかに花を咲かせている。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/06/24 23:20
憩いの場 ・ 停車場ガーデン
 JR小諸駅前に四季の花を楽しみながらお茶や食事のできる 「停車場ガーデン」 (正式名:大手門公園市民ガーデン) がある。 停車場ガーデンは、小諸市の公園施設をNPOが運営している施設だそうだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/06/22 11:27
シジュウカラの頭頂が…
 巣箱で子育てをしている我が家のシジュウカラ、十日ほど前のことになる。 多分抱卵期に入っていたのではないかと思われるが、時々巣箱を出入りしている雌が観察された。 ところがである…。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2015/06/19 22:29
戸隠神社参り
 最近、戸隠参道入り口の駐車場は有料になったと聞くが、いつものように戸隠森林植物園の駐車場に車を停めた。 今回は森林植物園の散策が目的ではないのだが、みどりが池を経由して戸隠奥社参道入り口に出る。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/06/17 14:05
さかき千曲川バラ公園
 坂城町は、バラの切り花の産地であり、バラを町花としている。 そのため、花を育て、花を楽しむ拠点施設として、平成13年に、雄大な千曲川のほとりにバラ公園を完成させた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/06/15 23:10
熟し始めた 桑の実
 健康保持のために毎朝散歩している山道に、遊休農地があり、今では荒れ地状態になっている。 そこに1本の樹高3メートルほどにもなる大きな桑の木が生えている。 梅雨に入ったこの時期、近くを通っただけでも桑の実がたくさんなっているのが目立つようになってきた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/06/12 16:22
今年の住人も シジュウカラ
 我が家の庭には、巣箱が二つ架けられている。 なかなか鳥の姿が見られないので、「今年は、空振りかな…。」 と思っていたが、半月ほど前に巣箱にシジュウカラが、留まっているのに気づいた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/10 14:31
今年の九輪草
 もう何年も前のことだが、九輪草の群生で有名な喬木村の九十九谷森林公園で九輪草の苗を3株ほど買い求め庭の一角に植え込んだ。 種を取っては、直まきして育ててきたが、随分株数が増えミニ九輪草園らしくなってきた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2015/06/08 18:50
緑溢れる奥裾花自然園
 水芭蕉と言えば尾瀬が有名だが、信州にも水芭蕉の群生する湿地があちらこちらにある。 ちょっと日が経ってしまったが、 5月末に奥裾花自然園に行ってみた。 駐車場から45分ほど歩くと奥裾花自然園に到着する。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/06/05 18:12
カマキリの 羽化
 昨年の秋、生け垣の剪定をしている時、カマキリの巣を発見した。 巣のある枝は刈り込まずに残しておいtが、先日そのカマキリの巣が羽化したらしい跡が見られた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/03 23:22
養命酒駒ヶ根工場 ・ 「芍薬の花」
中央アルプス、空木岳(うつぎだけ)のふもと、豊かな自然の中に、「養命酒 駒ヶ根工場」がある。 敷地の面積はおよそ36万uで、そのうちの70%が森林で占められている。 以前にも二度ほど工場見学をさせて頂いたが、シャクヤクが満開だというので、久しぶりに訪問してみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/06/01 23:01
ピンクの絨毯 ・ フクロナデシコ
 先日牡丹を見に高遠の 「遠照寺」 へいったが、見頃が過ぎていて空振りだった。 このままで帰るわけにも行かないと思い、辰野町宮所の畑で栽培されているという 「フクロナデシコ」 の花を見に行くことにした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2015/05/29 14:53
大きな蝿の顛末
 昨年は、マイマイガが大発生したが、今年もその毛虫がかなり見られる。 この毛虫、何でも食べるが、睡蓮の葉も食べる。 見付け次第捕殺しているが、睡蓮の葉陰に毛虫がいないかと睡蓮の葉を動かすと、葉の重なり部分におもしろいものが見つかった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/05/25 23:54
オトシブミの作った 「ゆりかご」
 若葉が茂るこの時期、林の中を歩いていると地面に下の写真のような葉の筒が落ちているのを目にしたことがある人は多いと思う。 これは、オトシブミという甲虫が作った 「揺りカゴ」 なのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2015/05/15 13:52
華やかだった 散歩道のヤマツツジ
 4月下旬から5月始めの頃の散歩道は、雑木林の新緑と真っ赤に咲き誇るヤマツツジの花が美しい。 毎朝の散策に、爽やかな風景を楽しませてくれる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/05/13 22:52
花の王、牡丹咲く
 今、我が家の牡丹の花が見頃を迎えている。 牡丹の原産地は中国で、中国から薬用植物として日本に渡ったのだが、原産地の中国では歴代の皇帝が夢中になり、何百種という牡丹が作られたという。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/05/11 23:55
頑張れ、ニホンタンポポ
 県外ナンバー車が増えているので、どこに行っても渋滞にはまるゴールデンウィークはじっと自宅で過ごすことが多かった。 ただ変わらないのは、日々の朝の散歩。 最近は、土手や畑のタンポポも大分綿毛になってきている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/05/06 23:17
菜の花 と 林檎の花
 季節がどんどん進むこの時期、花風景としてはちょっと日が経ってしまい違和感もないではないが、先週始め頃のリンゴ畑は林檎の白い花が咲き、下には黄色い菜の花が咲き乱れ、ちょっと心惹かれる光景だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/05/04 23:53
花桃の里 ・ 阿智村
 今朝の地方紙に阿智村の花桃が見頃を迎えているという記事が掲載されていた。 明日からゴールデンウィークに入り、多くの人出が予想されるので、好天にも恵まれた平日のきょう初めて出掛けてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/05/01 23:44
今年のシラネアオイは…
 夏日を思わせるような陽気の日が続いている。 庭の花も一気に咲き出したが、今まで一輪だけの花をかろうじて咲かせていたシラネアオイが随分たくさんの花をつけた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2015/04/29 18:28
リンゴに群れる ヒヨドリたち
 初夏を思わせるような日々が続いており、きょうも汗ばむような陽射しの強い一日だった。 数日前に山のような大量のリンゴがブドウ畑に捨てられた。 この地主さんは、どんな訳なのか毎年こうしてリンゴを畑に捨てるのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/27 18:37
はびこる セイヨウタンポポ
 きょうもグングン気温が上がり、5月頃を思わせるような陽気となった。 春盛んな季節になると近くのブドウ畑やリンゴ畑は、黄色いタンポポが一面に咲き乱れるようになる。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/24 18:47
カタクリと野草の寺 ・ 津金寺
 きょうは、朝から晴れ渡り、青空が広がる好天候だった。 それぞれ家族は仕事で、午前中は一人取り残されたので、数日前の報道で津金寺でカタクリが見頃を迎えているということを思いだし一人出掛けてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/04/22 19:30
ヤマザクラ咲く
 どんよりとした鉛色の空が広がり、朝かあら強い風が吹き荒れている。 いつものように朝の散策に出ると、林を吹き渡る風が木の枝や幹を揺らし、音を立てて吹き荒れている。 荒れ模様の春の一日だった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/20 23:50
音楽村の水仙
 ちょっと日が経ってしまったが、一週間前に上田市丸子町にある 「信州国際音楽村」 の水仙が満開だという記事が新聞に載っていた。 天候もよかったので、早速出掛けてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/15 23:50
春爛漫 ・ 高遠城趾公園の桜
 今朝の地方紙に 「高遠城趾公園の桜が満開」 との記事が掲載されていた。 ここ高遠城跡公園には、1500本以上のタカトオコヒガンザクラが植えられており、毎年変わらない美しさで観光客を魅了している。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/04/10 20:02
“寒の戻り” 春の雪
 朝目覚めて、窓を開けると一面うっすらと雪が積もっていた。 眠っている間いつもより足が冷たく感じたのは、この冷え込みのせいだったのか。 もう遙かと思っていたのだが、寒の戻りで、また春がどこかに行ったのだろう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/04/08 23:45
筆 の 花
 散歩道の道端に 「つくしんぼ」 がいくつも顔を出している。 誰もが知るスギナの胞子茎だが本名は、土筆。 やはりこれを見付けると、「春だなぁ」 と思うものだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/04/06 17:31
ハクモクレンも 咲き出した
 ここ10日ほどは、5月を思わせるような陽気の日がずっと続いた。 そんな陽気に誘われるように、一気に様々な草木の花が咲き始めた。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2015/04/01 20:15
早春の野の花 ・ ヒメオドリコソウ
 道端や空き地、たんぼ道などの日当たりのいい場所でこのヒメオドリコソウをよく見掛ける。 「ヒメ」 と付くだけあって、花はとても小さい。 ヒメオドリコソウとホトケノザの花はよく似ている。 いずれも筒部の長い唇形花で、長い毛が密生している。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2015/03/30 23:56
小さな春 ・ ホトケノザ
 まだ春浅い今の時期に咲いている雑草の花といえば、先日掲載したオオイヌノフグリとこのホトケノザがあげられる。 ホトケノザは,早春の人里に咲く小さい花の越年草だが、下の写真のように群生すると見ごたえがある雑草だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2015/03/27 17:14
春気分一杯の花 オオイヌノフグリ
 朝日が昇り、野辺の土手に日が当たるようになると、足下がこのブルーの花で覆い尽くされている場所があちらこちらにある。 春の到来を一番感じる野花といえば、やはりこのオオイヌノフグリだろう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/03/25 23:01
庭の花が咲き出した
 まだ夜間の冷え込みが厳しく、氷と霜と霜柱の朝が続くとは言え、我が家の庭はもう春です。 日が経つにつれ、花の種類が一つまた一つと数を増し、春の到来を告げている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2015/03/13 23:20
春は直ぐそこ…
 昨日は夕暮れ時から雨が降りだし、夜には雪に変わった。 「これは明日の朝は雪かきかな」 と思いながら床についた頃には、随分風も強く吹きまくっていた。 なかなか、すんなりとは春になってくれないものだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/03/11 18:18
春を告げる 梅の花
 日々歩いている散歩道周辺からは、完全に雪が消え去った。 まだ夜間の冷え込みは厳しく、氷が張っている朝だが、日中は春を思わせるような暖かな日もある。 畑の隅に植えられた 「あの梅は咲いただろうか」 とちょっと寄り道をしてみた。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/02/28 17:59
今度は、イノシシが…
 わたしが日々カメラを抱えて歩いている散歩道脇には、二カ所ほど畑地がある。 冬期間は、もちろん何も栽培されていないが、イノシシよけに電気柵が設置されている。 傾斜地の畑近づいていくと、何やら黒い動くものに気づいた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/02/23 18:06
東風吹かば…
 朝の散策、雑木林に挟まれた山道をゆっくりと上がっていくと、右手の斜面から風が吹き上がってきた。 いつもなら毛糸のひさし帽を耳まで下げて、冷たい風を防ぐ所だが、きょうは耳が多少外に出ていてもそう気にはならなかった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/02/13 23:13
今夜は、蕗味噌かな…
 朝の冷え込みは厳しかったが、日中は暖かな日が差し、随分過ごしやすい一日となった。 この気温上昇で、雪も池の氷も溶け去り、その下から黒土がのぞき、生物の息吹が随分感じられるようになった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2015/02/11 16:49
イノシシのいたずら
 きょうに限ったことではないが、いつものように散歩道を歩いていると、時々こうした道脇の土が掘り起こされた跡が目に付くことがある。 詳しく観察してみると、時には蹄の足跡が残っていることもある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/02/09 23:53
膨らむ梅のつぼみ
 昨日の夜も雪が降ったが、天気予報で報道されていたほどの積雪ではなく、当地では3pほど積もっただけだった。 それでも雪かきを済ませてから、朝食をとり出勤した。 その雪も午後になる頃にはすっかり解けて姿を消した。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/02/06 23:51
凍てつく朝だからこそ…
 過日の雨模様の日が去ってから、また一気に寒さがぶり返し、このところの冷え込みは一層厳しさを増している。 毎朝起床するとまずは犬の餌やりから始まり、各部屋のストーブに給油をして部屋を暖める。 そして、いつものように朝の犬の散歩に出掛けるため庭に出る。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/01/30 17:47
キツネとの遭遇
 以前は、月・水・金曜日と定期的に更新していたこの 「おりふしの記」も、最近は随分不定期更新になってしまった。 理由は色々あるが、長い間やっているとネタ切れとなり、何を書いたらいいのか分からなくなるものだ。 ところが、今朝は向こうからネタがやってきてくれた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/01/28 19:43
空振りの探鳥
 これは以前に撮影したものだが、このベニマシコに会いたくて車を20分ほど走らせた山道へ出掛けてみた。 ベニマシコは散歩道でも見られないわけではないが、出掛けた場所は毎年ベニマシコやオオマシコが群れで観察できる場所。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2015/01/21 17:24
冷え込んだ朝の散歩道
 冬晴れの青空が広がる朝、いつもの散歩道から眺める故郷の山は白く雪化粧をしている。 キュッキュッと新雪を踏みしめながら坂道を歩くと、少しずつ息が上がり始め、吐く息が白く見える。 これだけ晴れ渡ると、放射冷却現象からか、冷え込みが厳しい朝となっている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/01/17 22:38
居座る寒気
 これは、我が家で金魚を飼っている小さな池に設置されているウォータークリーナーだ。 このところの冷え込み続きで、池は全面結氷しウォータークリーナーの水の落ちる所だけがかろうじて水が動いている状態だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2015/01/09 17:53
雪の下から蕗のとうが…
 東北や日本海側の地域は、荒れ模様の地域もあるようだが、ここ数日は雨が降ったり冬型の気圧配置が崩れ冷え込みが緩んだりと、大分凌ぎやすくなっている。 きょうも青空が広がり、雪融けが進んだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2015/01/07 17:58
冬枯れの林で見付けたもの
 とうとう、一年の締めくくりの末日、大晦日を迎えた。 大晦日といえどもやはり、いつものようにカメラを抱えて、朝の散歩に出掛けた。 「暮れの忙しい時に、悠長にカメラなんか持って。」 と人は見るかも知れないが、これが自分のいつもの生活リズムなのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/12/31 16:32
忘れられた球根
 我が家の庭には毎年春になると黄色い水仙が花壇一面に咲く。 今年は12月の内に何度も雪が降っているが、そんな雪の中でも庭のあちらこちらで水仙が緑色の芽を逞しく伸ばしているのが確認できる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/12/29 16:55
屋外飼育メダカの その後は?
 連日車のフロントガラスが凍り暖機運転が必要になった。 屋外の水道も凍結予防のために不凍栓で水を落とす。 池の水にも氷が張るようになってきた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/12/25 17:32
やはりまとまった雪降りに
 爆弾低気圧と呼ばれるような強烈な低気圧の影響で、二日続きの雪降りとなった。 「やっぱり、来たか…。」 そんな思いのする天候だ。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/12/17 18:23
来そうな予感
 積雪量こそ少ないが、このところ雪が遠慮がちに舞う日が多くなってきた。 たかだか2〜3pほどの積雪だが、それでも冬枯れの雑木林が、こうして雪化粧をする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/15 23:11
ウスタビガの緑の繭
 落葉期を迎え、今で緑の葉で茂っていた雑木林も、冬枯れ風景の林に変身した。 緑の葉が茂っている頃にはほとんど見つけることができなかったが、この落葉期が終わると遠くからでもすぐに見つけられる繭がある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/12/10 19:11
木 の 葉
 朝から冷たい雨が降り続き、おまけに肩をすぼめたくなるような強風だ。 雨が落ちてくるどんよりした空を見上げると、数え切れないほどのクヌギの葉が一面に舞っている。  「木の葉の雨」 とでも言うのだろうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/01 22:42
斜面にくっきり獣道
 今朝の冷え込みはとても厳しく、水が溜まっていた睡蓮鉢には薄氷が張り、出勤時、車の暖機運転をする必要があった。  もうしばらくはこの寒気が続くという。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/11/14 17:18
秋色に満ちあふれる上田城趾公園
   先日の日曜日、上田城趾公園の近くを通ってみると、紅葉狩りに来た人々の車で駐車場はいっぱい。 臨時駐車場も満車状況で、大変な人出だった。 仕事休みの今日の午後、急に思い立って出掛けてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/11/12 18:01
開田高原から御嶽山を望む
 今日は仕事休みの日。 家を9時頃出たが、途中何箇所か工事をしており交互通行の所があり、開田高原に到着した時にはすでに正午を回っていた。 道中の木曽谷は両側の山がきれいに染まっていたが、さすがに開田高原まで来ると紅葉は色あせ、シラカバなどはすでに落葉していた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/11/05 18:15
懐古園の紅葉美、これからが見頃
 霜の朝が続き、里山にも紅葉前線がおり始めている。 軽井沢の紅葉狩りは一足出遅れた感があったあので、今度こそは見頃時期の紅葉を見たいものだと、仕事明けの昨日の午後、急いで小諸市の懐古園の紅葉狩りに出掛けた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/10/31 17:18
一足遅かったか、雲場池の紅葉
 一日抜けるような青空が広がる、好天気。 放射冷却現象だろうか、今朝は本当に冷え込んだ。 草に白く霜が降りたばかりでなく、車のフロントガラスも凍るほどの冷え込みだった。 この寒さで、紅葉も一気に進むに違いない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/10/29 18:11
晩秋の志賀高原を池巡り
 先週、松川渓谷と山田牧場の紅葉を楽しんだ後、十下声をして志賀高原に抜けた。 志賀高原の紅葉は多少見頃は過ぎたのかなといった雰囲気だったが、いつものように山を下りながら車道脇の池巡りをした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/10/24 20:58
雨 の 鏡 池
 折角の仕事休みの日であるが、雨の音で目が覚めた。 朝からシトシトと降り続く雨は、時に短時間雨脚がとまることがあったとはいえ、結局一日降り続けた。 それでも折角の休み、戸隠高原の鏡池まで車を走らせた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/10/22 17:26
今季初の 紅葉狩り
 二三日前から霜が降りるような冷え込んだ朝が続き、秋が深まっている。 十日ほど前から高い山では紅葉が始まり、日ごとに紅葉前線が下に下りて来ているようだ。 先週末、この秋初めて紅葉狩りに、松川渓谷に出掛けてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/10/20 16:17
霜始降 (霜始めて降る)
 今朝は、北斗(我が家の柴犬の名)を散歩に連れ出した時、手綱を持つ手が冷たく感じ手袋がほしかった。 道端の枯れ草に目をやると、枯草の表面にうっすらと氷の結晶が付着し、白く化粧をしていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/10/18 17:20
野菊の季節
 「 二の峠 三の峠も 野菊かな 」    青畝 台風が通り過ぎ、今日は秋晴れの好天気だ。 いつものように朝の散歩に出る。 秋の日差しがさしてはいるが、南よりの風ではあるにもかかわらず時折冷たい風が吹き肌寒ささえ覚える。 山道を歩くと道端のあちらこちらに野菊の花が見られる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/10/15 11:35
葡萄の葉 染まる
 台風19号は8時半頃に鹿児島県枕崎市付近に上陸した。 このあとあす朝にかけて西〜東日本を縦断する見通し。 これからさらに加速するため各地とも風や雨が一気に強まるので厳重な注意が必要だという。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/10/13 10:20
今年も咲いた ホトトギスの花
 もう10年以上も前になるだろうか。 半日陰の場所にひっそりと咲いていた奇抜な花の色と形から興味をそそられ、一株いただいたホトトギスだ。 茎が湾曲や下垂して花を咲かせる姿は風情があり、山野草として人気の高い植物で、結構あちこちの庭などで見掛ける。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2014/10/10 17:42
ハナミズキの実
 赤いハナミズキの実が、葉の上にでも乗っているような感じだ。 紅いラグビーボールのような実が数個突出しており、かわいらしい。います。 別名、アメリカヤマボウシという名があるが、ハナミズキが日本に入ってきた時、日本に従来からあるヤマボウシの花に似ていたことから、アメリカヤマボウシという名が付けられたようだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/10/08 17:58
嫌われ者の カメムシ
 きっとこの虫を知らない人は、かなり少ないのではないかと思う。 そして、この虫に対して良いイメージを持っている人は多分かなり少ないのではないだろうか。 世の多くの人々から嫌われる原因の最たるものはその独特の臭いにある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/10/06 16:52
ヤマボウシの実を食べてはみたが…
 数年前に買い求めたヤマボウシの木。 何度も植え替えの憂き目に遭い、ようやく玄関前近くのその場所を定めてもらってから2年。 今年は例年になくたくさんの花を咲かせ、今は赤い実を付けている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/10/04 12:17
シュウカイドウ 咲く
 過日は、庭に咲く秋を代表する花として、金木犀、秋明菊などを挙げたが、もう一つ忘れてはならない秋の訪れを告げる花として ”秋海棠(シュウカイドウ)” が挙げられる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/10/01 13:09
芳香放つ 金木犀
 庭に出ると金木犀の芳香が秋風に乗って香ってくる。 今年も、秋の訪れと共に庭の金木犀が、小さなオレンジ色の小花を咲かせた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2014/09/27 18:12
秋風に揺れる秋桜の花
 これは、散歩道の道端に毎年咲いているコスモスの花だ。 この時期どこに行っても咲いているのがこの花。 コスモスは、秋に咲くことから「秋桜」の異名があり、「秋桜子(しゅうおうし)ともいう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/09/24 17:05
秋の花 “曼珠沙華”
 家を出て車道をしばらく行くと、雑木林に通じる山道へと差しかかる。 山道の坂を登っていくと土手の草藪の中に咲く赤い鮮やかな花が目に付いた。 明日は、彼岸の中日だが、この彼岸の頃に咲く “彼岸花” だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/09/22 14:52
狂い咲きのツツジ(?)
 季節外れに花が咲くことを、“狂い咲き” または、“返り咲き” と言うようだが、半月ほど前から所々でこの花を見掛ける。 普通なら山道で春に咲いているツツジ、多分ヤマツツジだと思うのだが…。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/09/19 23:18
クズとアレチウリのせめぎ合い
 前回は、周囲の植物を覆い尽くすほどの旺盛な繁殖力で猛威をふるっているアレチウリについて触れたが、同じように伐採跡地や放棄畑、道路端などに繁茂し、大群落を形成している植物にクズがある。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/09/17 14:10
アレチウリの猛威
 夏の終わりからこの秋の始めにかけ、林縁・荒地・河岸・河川敷・原野・畑地などの至る所で、下の写真のような花が見られる。 色合いといい形といい、何とも美しくかわいい感じの花だが、この植物は雌雄同株で、雄花と雌花がある。 この花を咲かせる植物は、いわずと知れた、あのアレチウリだ。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/09/15 16:03
落下したクヌギの小枝
 もうこうしてクヌギの小枝が散歩道の車道に落ちるようになってから半月近くになるだろうか。 落とされた小枝の長さは、およそ15〜20pほど。 毎朝ここを通るたびに新しい小枝が切り落とされている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/09/10 18:00
ススキの花咲く
「山は暮れて 野は黄昏(たそがれ)の 芒(すすき)かな」    与謝蕪村  今夜は、中秋の名月の夜だが、秋の月見のおそなえとして欠かせないものといえば、団子とススキだろう。 そういえば、散歩道周辺にもススキがたくさん見られ、随分前から穂が出ていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/09/08 19:29
冬越しできるか? メダカの屋外飼育
 メダカを野外で飼っている人が結構いることを知り、この厳寒の地で冬越しが可能なのだろうかという心配を抱きながら、8月の暑いさなか、初めてのメダカ飼育を始めた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2014/09/05 17:59
蜘蛛の巣
 朝の散歩道、大別すると車が通る舗装された道と、雑木林内の細道をいつも歩いている。 道幅5メートルほどの舗装道路は車や人の通行があるので心配はないが、林内の細い道を歩く時にはこれから蜘蛛の巣(蜘蛛の張った糸)に注意しないとひどい目に遭う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/09/03 14:38
ボタンヅルの花
 この時期に山野を歩くと、白い花をビッシリと付けたつる性の植物をよく見掛ける。 今回見掛けたのはボタンヅルだが、この花によく似た植物にセンニンソウというつる性植物もある。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/08/27 14:43
レンゲショウマ 咲く
 十日ほど前からハナミズキの木陰でレンゲショウマの花が咲き始めた。 今年は例年になく花を多く付けているが、どうやらこの半日陰の場所が気に入ったらしい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/08/22 22:34
厳しい暑さの 夏戻る
 雨の日が続き、夏がどこかに行ったかと思わせるような陽気だったが、きょうも朝から青空が広がり、真夏の陽射しが降り注いだ。 まだまだ夏は去る気配はなく、再び本来の暑い夏が戻ってきた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/08/20 15:47
プラ容器の ホテイアオイ
 雨をもたらした前線が北東に移動したのか、今朝は朝から再び暑さが戻ってきた。 先週末から今週にかけて涼しい日が続いたが、夏の再来だ。 夏といえば我が家の玄関先に据えられた大型プラ容器に咲くのがこの花ホテイアオイだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/08/18 11:29
今度は生け垣に蜂の巣が…
 春先に一度生け垣の選定を済ませてあるが、例年余り伸びすぎない内にこの夏の時期にも剪定をすることにしている。 連日の暑さ続きに躊躇していたが、台風接近の影響かちょっぴり涼しい日もあるので、朝の涼しい内にと思い少しずつ剪定を始めた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2014/08/08 16:01
黄色い蜂の巣
 朝の涼しい内にと思い、ちょっと早め散歩に出たが、坂道を歩いて行くと朝日が差し込む場所へ差しかかるとジワァッと汗がわき出してくるのがわかる。 そんな散歩道で小さな蜂の巣を見付けた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/08/01 22:39
オオムラサキも やって来た
 35℃超えの日が幾日続いているのだろうか。 目が覚めた頃はまだ爽やかさが残っていたが、朝から抜けるような晴れ渡った空が広がり、日中は徐々に気温が上がり、厳しい暑さとなっている。 まださほど暑さが厳しくならない内に、いつものように朝の散策に出た。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/07/30 13:16
緑深まる 戸隠の森
 数日前に梅雨が空けてから猛暑の日々が続いている。 きょうは多分35度を上回ったのではないかと思われるが、予報では、明日はさらに暑い一日になるようだ。 こんな日が続くと高原の爽やかさと緑が恋しくなるものだ。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 2

2014/07/25 23:35
甲虫の季節がやって来た!
 都市部の学校はすでに夏休みに入っているようだが、信州の小中学校も間もなく夏休みを迎えようとしている。 わたしが朝散歩に使っているフィールドは、山道の両側にナラの木を中心とした雑木林が広がっている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/07/23 21:23
月見草 咲く
 夕暮れ近くなると、今年も庭のあちらこちらに白い花が咲き始める。 南の方から梅雨が空け始めたようだが、この時期になるとこうして月見草が咲き始める。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/07/21 17:11
今年のミニミニ百合園は…
 今年も玄関前の我が家の “ミニミニ百合園” のユリの花が咲きそろい、庭に明るさを運んできてくれた。 昨年は、どうしたわけか花の開花やユリの背丈が不揃いで、余り見栄えはしなかったのだが、今年の花はきれいに咲いた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/07/11 23:23
あじさいと石臼の寺 ・ 深妙寺
 伊那市西春近に 深妙寺 というお寺がある。 この寺は、 「あじさい寺」 とも 「石臼寺」 ともいわれ、紫陽花の季節には、県内外から15000人以上の方々蛾紫陽花の美しさを求めてやってくるという。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/07/09 23:01
湯の丸高原 トレッキング
 先週の水曜日、休みを利用して久しぶりに湯の丸高原に出掛けてみた。 コマクサの花が見頃だというので、三方ヶ峰〜池の平湿原のコースをトレッキングすることにした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/07/07 19:11
花と実が楽める ヒベリカム
 じめじめした梅雨の時期、紫陽花がほんのりと色づく頃、我が家の庭の片隅に鮮やかな黄色い花が咲きます。 やたらと目に付く黄色で、元気がいただけそうな鮮やかな花だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/07/04 23:31
梅雨明け間近に咲く 「薄暮花」
 梅雨明け間近から晩夏にかけて咲く花にネムノキがある。 つい二・三日前までまだ蕾だったが、きょうはいつもの薄紅を差したような色の花がポツリポツリと咲き始めていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/07/02 21:22
季節の花 オカトラノオ
 雨上がりの山道を歩いて行くと、日当たりのいい林縁部にオカトラノオの花が咲いていた。 白い花を密につけて,房状の花穂をつくっているが、写真で見るように花穂は直立せずに緩やかなカーブを描いて曲がるのが特徴だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/06/30 18:23
ヤマボウシの果実は食べられる…
 一昨日、昨日と本格的な梅雨らしい雨降りとなった。 とりわけ、昨日はバケツをひっくり返したような振りの時間がだいぶ長かった。 一転、きょうは朝から日が差し、夏を思わせるような日差しがさしている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/06/23 14:58
桑の実の熟す頃
 毎年この梅雨の頃になると目に付くのが桑の実だ。 桑の実は、下の写真からも分かるように、実が成りはじめは白く、徐々に赤くなり、完全に熟すと赤黒くなる。 熟さないと酸味がかなり強いので、十分に赤黒くなるまで待つことが肝心。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/06/16 20:13
イタチハギと判明した植物は…
 散歩道の道端にエンジュのような葉を付けた植物が生えている。 大きさはちょうど人の背丈くらいで、1.5〜2m位だが直立する力が弱く、道路に枝がせり出している。 この時期になると、狭い山の道では幅員が一層狭くなり、交通の障害になっているのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/06/11 17:46
キイチゴの花咲く
 過日の雨で関東甲信越地方も梅雨入りしたが、雨上がりの朝の散歩ほど爽やかに感じられる林はない。 この時期、道ばたに白い花がたくさん咲いており目をひく。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/06/09 17:22
スイカズラとチェリーセージ
 雨上がりの朝、雨に洗われた林の木々の新緑が、一層瑞々しく見える。 散歩道の道ばたに咲いていたスイカズラだ。 山道や道ばたに普通に見られるので、日々の散歩の際にはほとんど注意してみることがなかった植物だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/06/06 23:36
戸隠森林植物公園の春
 暖かな日が続き、夏が近いのではないかと思わせるような陽気だ。 このところ、気持の上でも余裕が持てずに長い間出掛けることがなかったが、先週、久しぶりに戸隠森林植物公園へ出掛けてみた。」 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/05/19 14:57
タンポポ戦争
 春になるとリンゴ畑やブドウ畑、土手などの至る所に黄色いタンポポの花が咲き乱れる。 タンポポを見ると、在来種のカンサイタンポポだろうか、それとも外来種のセイヨウタンポポだろうかとつい花の裏側をのぞいてしまう。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/07 18:00
雪にたたられ 緋の滝へ
 湯の丸高原の池の平湿原を散策し、時間と体力があれば、三方ヶ峰にも足を伸ばしてみようかと思い出掛けた。 途中日陰にわずかの残雪が見られたものの地蔵峠には順調に到着した。 しかし、こともあろうに池の平湿原への道をわずかに入ると、通行できないほどの雪が道路に残っており入山できなかった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/05 17:38
落ちていた羽の語るもの
 いつものように朝の散歩に出掛け、雑木林の道を帰るときに、一枚の鳥の羽を見付けた。 こういうものを見付けるとすぐに手に取ってみるのが自分の癖。 内側は濃い灰色。 先端以外の外側はくっきりした白で、根元近くに特徴的な青色のうろこ模様があるので、明らかにカケスの羽だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/30 17:53
桜前線を追って ・ 飯山城趾公園
 見頃の時期にお花見をしないうちに、あっという間に近間の桜前線は北上していってしまい、桜は満開も過ぎ散り去ってしまった。 南北に長く山国の長野県、まだ北に行くか標高の高い場所に行けば花見はできる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/28 23:36
巣作りに忙しい鳥たち
 散歩道の頭上に枝を伸ばした松の木に、エナガが巣を作っている。 エナガの巣作りは比較的早めに始まり、数年前には、まだ雪がちらつく2月に巣作りをしていたエナガを見掛けたことがある。 エナガの巣 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/25 16:46
散歩道の春に ひと息
 近くの桜名所のソメイヨシノが少しずつ散り始めたようだが、今年は、時間のやりくりがままならず、満足なお花見をしないうちに見頃が過ぎてしまいそうだ。 それでも春は確実に動いている。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/23 18:23
ヤマザクラ 咲く
 各地のソメイヨシノが華やかに咲き、見頃を迎えているとの報道が新聞紙面やテレビで報道されている。 いつもの年だと、このサクラが見頃を過ぎ散り始めた頃に身近な山のヤマザクラが咲くのだが…。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/21 17:12
満開の音楽村 スイセン畑
  上田市生田の信州国際音楽村内の南斜面にはスイセン畑が広がっている。 30アールに栽培されているおよそ10万本のスイセンが満開となり、黄色いじゅうたんでも敷き詰めたようだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/16 21:34
シジュウカラの巣作り
 ここ数日の暖かさで梅の花の開花が随分進んできた。 それと共に各地で桜の開花宣言が出され始め、一層春の到来に拍車がかかる。 過日の朝の冷え込みでやはり玄関先の白木蓮の花は今年も茶色に汚れてしまったが、朝玄関から外に出るとその白木蓮の枝で、シジュウカラが盛んに警戒して鳴いていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/14 18:10
名残雪 と 花信風
 今朝は外水道が凍っており、開栓しても直ぐには水が出てこなかった。 寒気が入り込み、昨日から今朝にかけ厳しく冷え込んだのだ。 梅の花が咲き始め、ようやく春が訪れたかなと思ったのに、また冬に逆戻りしてしまったような陽気だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/07 20:06
春を告げる セツブンソウ
 すっかり春の陽気になった先週末、長野県の北限といわれている千曲市戸倉地区のセツブンソウ群生地を訪れてみた。 いつもならばとっくに見頃を過ぎていても不思議でない時期だが、今年は記録的な大雪に見舞われた影響で遅れたのか、まだまだ満開の花を見ることができた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/02 18:43
庭に春がやってきた!
 昨日は一日雨模様となったが、今日は朝から青空が広がり、春らしい一日となった。 日中はさらに気温が上がり、庭の花も一斉に開き、一気に華やかさを増した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/31 23:36
高校生の爽やか行為
 今週は随分暖かい日が続いているが、今日も日中の気温は20度を超えた。 ゆっくりと坂道を上っていくだけでも汗ばむような暖かさだ。 歩きながら雑木林に目をやると、ジュース缶がいくつも林の中に投げ込まれている。 かなりの数の缶やビニル袋が散歩道脇の雑木林に散在し、何とも見苦しい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/03/28 18:52
待ちに待った グランドの雪解け
 甲子園では86回目を迎えた選抜高校野球大会が行われている。 残念ながら我が県の高校は初戦突破はならなかったが、連日高校球児たちの熱い思い溢れた熱戦が繰り広げられている。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/03/26 17:54
春告げる クリスマスローズの開花
 朝の内は小雪が舞い、日中はゴーゴー音を立てて風が吹きまくる不安定な彼岸の中日となった。 それでも、風がおさまると、春の日射しに誘われるようにクリスマスローズが花開き始めた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/03/21 16:08
福寿草の開花
 昨日は、「彼岸の入り」 だったが、 「暑さ寒さも彼岸まで」 という言葉のように、昨日今日と高気圧に覆われ、穏やかな春めいた日となった。 毎日外水道が凍結しないように不凍栓の操作をしていたが、ようやくその必要性もなり、煩わしさから解放された。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/03/19 18:17
雪の下から出てきた 福寿草
 昨日は、雨降りの一日となった。 今まで解けずに残っていた各所の雪も、一気に解け始め黒土が出てきた。 一昨日まで雪の下だった庭の福寿草もようやく姿を見せた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/03/14 15:54
粉雪舞う中で…
 3月も10日になるが、寒気が流れ込み寒さが続いている。 ここ2〜3日は夜な夜な雪が降っており、きょうは朝から粉雪が舞い、ほぼ一日中降り続いた。 冬はもうしばらくの間居座っていたいとみえる。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/03/10 20:00
雪の下から覗いた 蕗のとう
「明日よりは 春菜(わかな)採(つ)まむと 標(し)めし野に 昨日も今日(けふ)も 雪は降りつつ」   万葉集 山部赤人  随分暖かな日が増えたとはいえ、まだまだ雪が降る日が多く、我が家の庭はなかなか積雪ゼロにはならない。 それでも、二週連続の記録的な大雪以来少しずつ雪解けが進み、まだら状態ではあるが少しずつ地面が見え始めている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/03/07 18:36
積雪ゼロは、もう少し先
 当たってほしくなかった天気予報が当たったようだ。 朝から大きな “牡丹雪” がどんよりとした空から音もなく次々と落ちてくる。 牡丹雪とは、雪の結晶が多数付着し合い、大きな雪片となって降る雪だが、ボタンの花びらのように降るからとも、ぼたぼたした雪の意からともいわれている。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/03/05 23:47
除雪されていた山道
 ここは、わたしが毎朝歩いている散歩道。 二週続きの大雪のため林の中や山道には、まだたっぷりと雪が残っている。 ここ数日の暖かさにより随分雪解けが進んだとはいえ、まだまだ30pほどの積雪はあるだろうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/26 21:25
春を待つ 安曇野の里
 二週続きの記録的な大雪だったが、先週は晴天が続き、今週も気温が高めに推移するようだ。 まだまだ大雪の影響は残ってはいるものの、次第に以前の安定した生活が戻ってきそうだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/02/24 21:33
薄ら日の落とす影
 二週続きの大雪だったが、日ごとにうずたかく残っていた雪も解け出し、少しずつ雪の量が減っていくのを眺めていると、どことなく心まで軽やかになってくる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/02/21 16:00
大雪の その後
 土・日曜日の二週続きの大雪から三日が経過した。 今回の積雪は、我が家の庭先でおよそ60pとなった。 もちろん、ここに居を構えて以来、最大の積雪量であることは間違いない。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/19 23:46
再び大雪警報が…
 先週の土曜日、およそ40pほどの積雪となる大雪が降ったばかりだが、きょうも朝から一日中雪が降り続いた。 これは、午後の我が家の5時頃の庭の様子だ。 夕方になって、“大雪注意報” から “大雪警報” に変わった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/02/14 20:29
リンゴに群れるムクドリたち
 過日の数年ぶりの大雪。 あの大雪から四日が経ったが、道路は雪がなくなったが、野山や田畑は一面の雪。 地面が雪で覆われているため、野鳥たちにとってはエサ探しが大変な時期だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/02/12 18:27
「待ちぼうけ」 の春
 去る8日の土曜日、久しぶりの大雪となった。 我が家では、庭先の積雪がおよそ40pになり、朝から夕方にかけ3回の雪かきをした。 用事で出掛けて帰宅した時、自宅を目の前にして除雪してない道路にさしかかった時、自動車でラッセルできずに立ち往生してしまうほどの状況だった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/02/10 17:11
立春を過ぎたというのに…
 昨日は二十四節気の一つ 「立春」 だった。 暦の上では春となり、少しずつ暖かくなり始める頃とされているが、今朝はとても冷え込んだ。 上空に強い寒気が南下したため、全国的に真冬の寒さとなった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2014/02/05 23:52
節分草の花言葉は、人間嫌い
 きょうは 「節分」 。 各地で節分に関わる催しが開催され、我が家でも先ほど豆まきを済ませた。 凍って固くとざされていた庭の黒土も、少しずつ柔らかさが感じられるようになってきた。 節分と言えばこの時期を前後して咲く花に節分草がある。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/03 17:32
冬も居心地悪かろう…
 朝の散歩道。 昨夜降った雨が凍って滑るので、歩行には注意が必要だった。 しかし、いつもの朝に比べると随分しのぎやすい朝だ。 それでも、雑木林に近づくと、林は凛として冬枯れの静けさに支配されている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/31 17:48
イノシシの仕業
 ここは毎朝散歩している折り返し場所付近の雑木林に囲まれた山の車道だ。 周囲は針葉樹がそびえているために雪が解けずに随分残っている。 道路脇には落ち葉が厚く積もっているが、数日前からその道路脇の落ち葉が大分掘り返されている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2014/01/22 17:42
厳しく冷え込んだ 「大寒」 の朝
 きょう日は、 「大寒」。 昔の暦の二十四節気の一つだそうで、小寒から立春までの30日間を寒の内といい、大寒はそのまん中にあたる。 「大寒」は、暦の上では一年で最も寒い日とされているが、今朝も暦通りの厳しい冷え込みだった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/01/20 17:30
解けきらない雪
 先週降ったこの雪、当時は5pほどの積雪だったが、晴天に恵まれ間もなく黒土が見られるかと思われるほど雪が解け始めていたのだが…。 今朝も障子を開けると、模様ガラスの向こうが随分明るく見えた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2014/01/13 17:15
北向観音と善光寺の両参り
 我が家では、毎年 「片参り」 にならないようにと、長野善光寺と別所温泉北向観音の両方へ詣でることにしている。 先日は長野善光寺に初詣に行ったので、きょうは別所温泉の北向観音へお詣りに出掛けた。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/10 21:10
実付きのよくない南天
正月に飾られる冬の代表的な植物と言えば、ナンテンの赤い実だ。漢字では “南天” と書く。 この語源は、漢名の 「南天燭」、 「南天竹」 に由来するという説と、「南天竺」 ということから、インド(天竺)の南部とする説があるらしいが、定かではない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/03 20:48
鳥の”古巣”ウォッチング
 今朝も小雪がちらつく寒い朝だった。 多分散歩をした頃の気温は氷点下だったのではないだろうか。 庭の池には氷が張っていた。 散歩道脇の雑木林の落葉樹の葉がすっかり落ちて冬のたたずまいだ。 こんな季節は、 「鳥の古巣ウォッチング」 がおもしろい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/27 21:40
霜と霜柱
 朝窓を開けるとサァーッと冷気が入り込み、目の前に霜が降りた白い世界が広がっていた。 犬に餌をくれた後裏庭に出ると、足元で霜柱の崩れる音がする。 今朝のように厳しい寒さで晴れた日には、霜が降り、ができる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/23 17:40
小枝の向こうに イノシシの姿が…
 今日は、朝から降っているが、10時頃から雨がみぞれに変わった。 まだ降り続くみぞれ、気温次第では、これから雪に変わるかも知れない。 昨日は、平地でも積雪があるだろうという予報だったが、一日中シトシトと雨が降り続き、雪かきの道具まで準備して積雪に備えていたのだが、見事に肩すかしを食った感じだった。  実は、小雨が降っていた昨日の午後、珍しい野生動物を見掛けた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/12/20 11:45
アオツヅラフジの実と名前
 冬枯れ状態になった野山を歩くと、葡萄の様な果実をたわわに付けた、アオツヅラフジの果実が人目を引く。 見た目には色といい艶といい実に美味しそうに見える。 しかし、鳥も食べないのか、いつまでもこうして付いている。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/18 18:00
ウスタビガの繭
 葉がすっかり落ちて、裸木になった冬の雑木林を歩いてみると、枝先に黄緑色の美しい繭がぶら下がっているのがよく見られる。 緑の葉が茂っている夏の間はほとんど見つけることができないが、落葉期が終わると遠くからでもすぐに見つけられるヤママユ科のウスタビガという蛾の仲間が作った繭だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/16 16:32
冬の河川敷
 最近は野鳥の撮影はほとんど裏山の散歩道だが、久しぶりに千曲川に出掛けた。 今までの経験からこの時期の河原の様子はだいたい分かっており余り期待はしなかったが、野鳥撮影用の望遠レンズも持参してみた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/13 15:59
枯れ葉は、芽守り
 日ごとに地面の緑が少なくなり、枯れ葉や枯れ草で覆われた茶色の世界へと変化していく。 毎朝散歩に出掛け足元に目をやると、枯れ草や葉で土が覆われているのが分かる。 12月も中旬、やがて霜にくわえてみぞれや雪が降ってくるのももうすぐだろう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/11 14:51
寂しくなったリンゴ畑
 今朝も空き地の草が真っ白になるほど霜がおりるような寒い朝となった。 朝食を済ませ、さっきから散歩に出ることを切なそうな鳴き声で催促していた北斗(飼い犬)を連れて散歩に出た。 喜んで一気に走る北斗の歩みが緩くなった時の吐く息が白く見える。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/07 10:26
冬枯れに目立つ存在の “ツルウメモドキ”
 きょうは師走の二日目、つい最近まで里山の紅葉の美しさを楽しんでいたが、周りの木々は葉を落としすっかり寂しい景色となった。 いつものように朝の散歩をしていると、リンゴ畑の片隅に、葉が落ちた木に花が咲いたように見えるほど、びっしり実を付けた植物が目に入った。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/12/02 17:24
霜の朝、とうとう廃棄の時が…
 今朝も冷え込み、朝の散歩の時は手袋をしていても長い時間歩いていると、指先が冷たくなった。 こんな朝は、うっすらと白く霜がおり、散水用に雨水を貯水してある入れ物には、薄く氷が張っていた。 裏庭に歩いて行くと、霜柱の崩れる音もする。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/29 23:28
闘争心旺盛な ジョウビタキ
 11月に入ってから、少しずつ “冬鳥” の姿を見掛けるようになった。 “冬鳥” というのは、秋になると北の地域からわたってきて冬を越し、春には北の地域に戻って繁殖する鳥だ。 その “冬鳥” の一つにジョウビタキという鳥がいる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/11/27 23:25
晩秋に見付けた草木の実
 このところ霜が降りたり薄氷が張る朝が続いていたが、今朝は久しぶりに暖かな朝となった。 しかし、いつもの朝の散歩に出ると風が強く、茶色く枯れ葉状態になった木の葉の落葉がすごかった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/25 19:48
紅葉 【もみじ】
 里山の紅葉もお終いの時期を迎え、錦の色づきから次第に茶系統の色に移り変わり、美しかった木の葉も次第に色あせ始めた。 11月もあと残すところ一週間ほどになってしまった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/22 21:26
残秋 ・ 上田城趾公園
 11月初旬に見に行ったが、ちょっと見頃には時期が早すぎた上田城趾公園の紅葉、今度はちょっと遅過ぎかなと思いながらも再度出掛けてみた。 駐車場から見上げる櫓の風景を見て、遅すぎたかなとちょっと心配になってくる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/20 21:01
冬を迎えて大慌て…
 きょうは、朝から弱い雨が降り続いている。 昨日は晴天に恵まれ青空が広がり、気持ちのいい一日だった。 しかし、そんな日の朝は冷え込みが厳しく、霜がおりるものだ。 昨朝も散歩に出た時には土手の草原は真っ白になるほどの強い霜がおり、冬の訪れを痛感させられた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/11/15 11:45
上田城趾公園の今年の紅葉は?
 信州の紅葉状況を知らせている 「信州紅葉だより」 というサイトがある。 その情報によると上田城趾公園の紅葉が見頃を迎えているという。 午後になって、1時間ほど自由になる時間が生まれたので、さっそく出掛けてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/11/08 19:56
ルコウソウの藪から出てきたものは…
 数年前から庭に勢力を伸ばしてきたルコウソウ。 今年の夏はこぼれ種から育ってきたルコウソウの蔓が伸び、庭に一株だけ植えられているサラサドウダンツツジを覆い隠すほどに繁茂した。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/11/04 17:02
気になる 未収穫の葡萄
 わたしの住んでいる町は、「日本で一番社長が多い町」 といわれるほど、精密工業を中心とした中小工場が多い町だ。 一方一次産業のバラ栽培や果実栽培も盛んだ。 我が家の周囲にもリンゴ畑や葡萄畑が点在している。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/11/01 17:01
地蔵峠から嬬恋村へ
 各地の山や渓谷で紅葉の見頃を迎えている。 昨日は、午後の半日を使って息子と二人で、どこかに出掛けようかと考えた。 夕暮れ近くには雨の予報だったので、そう遠くには行けず、手身近なところで、湯の丸高原に出向いた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/30 20:44
錦秋に染まる雲場池
 いつもの思いつきで、家族で佐久穂町にある “ハーモナイズ” と言うカフェテラスへ昼食をしに出掛けた。 この店は、千穂高原に向かう途中にあるカフェテラスで、大きな窓からの景色が良く、北八ヶ岳や大石川が見渡せる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/10/28 23:03
鬼無里の秋景色
 今にも雨が落ちてきそうな天候の昨日だったが、家内が子どもの頃大変世話になった方が逝去されたため、鬼無里村に出掛けることになった。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/25 21:04
女神湖経由でバードラインを走る
 ちょっと自由な時間ができたので、女神湖・白樺湖経由でビーナスラインを走ってみた。 “走る”と言ってももちろんジョギングではなく、ドライブだ。 紅葉の状況がどんな状況か見たいという思いもあったので、短時間のドライブコースを選択してみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/18 23:23
鷺の集まる溜池
  「10年に1度」 とされる大型で強い台風26号は、伊豆大島を始めとして各地に大変大きな爪痕を残して関東地方の東海上を北上していった。 昨日はこの雨の影響で午後から雨になったので、予定した紅葉狩りに出掛けることができなかった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/16 23:53
キツネが出迎えた寒い朝
 身近な林の木々の葉もだいぶ落葉が進み、少しずつ色づき始めた木もある。 日ごとに秋が深まっていくのを感じる。 凛とした空気が漂う、寒い朝だ。 いつものように朝の散歩に出掛けると、珍しい動物が出迎えてくれた。   ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/10/14 11:10
秋を彩る庭の花
 台風の影響で、きょうは朝から強い影が吹きまくり、山の木々は激しく揺れていた。 つい最近まで、 “夏日” になるような日もあったが、日を追うごとに秋が深まり、高い山や高原では紅葉が始まっている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/09 18:24
金木犀の香り
 秋の風物詩とも言える秋を代表する花木の一つに、キンモクセイがあります。 数日前から庭に出ると、キンモクセイが、「秋だよ〜。」 とでも言うように、ほのかな香りを漂わせています。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/10/07 18:19
鮮やかな秋色の白駒池
 車を走らせること2時間半、北八ヶ岳の八千穂高原にさしかかった頃には、心配していた濃い霧がまいて視界が開けない。 しかし、白駒池近くになると先程までの霧はどこに行ったかと思うほど、見通しがよくなった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/10/04 23:24
蜘 蛛 の 糸
 秋になると、今までさほど気にならなかった蜘蛛の巣が、やたらと目に付くよyになる。 毎朝の雑木林の中を歩いているが、うっかりすると蜘蛛の糸が顔にかかったりして、不快な気分になったりするものだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/30 17:15
クヌギの枝先がたくさん落ちている原因は?
 毎朝の散歩道周囲には松・クヌギ・コナラなどを中心とした雑木林が広がっている。 この時期になると、クヌギやコナラのが15〜20センチの長さの小枝がたくさん落ちています。 その枝には写真のように必ずドングリの実が付いている。 この枝先が落ちる原因は何だろうか? ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2013/09/25 01:07
小さな神社境内に咲く曼珠沙華
 先日、それぞれ家族がようで出掛けてしまったので、2時間ほど一人だけの時間ができた。 その時間帯を利用して、近くにある地元の小さな神社に曼珠沙華を見に行ってみた。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/23 15:51
中秋の名月
 暦上の 「中秋の名月」 がちょうど満月と重なった昨夜19日は、長野県内は高気圧に覆われ、当地では絶好のお月見日和となった。  昨年に続き今年も中秋の名月と満月の日が重なり、雲がほとんどない秋空で真ん丸の素晴らしい名月を見ることができた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/09/20 10:26
色づく林檎 と 温暖化
 本格的な秋を迎え、果樹をはじめとした各種の実りが進んでいる。 まさに “実りの秋” まっただ中だ。 種類の違いもあるが、ここに来てようやく林檎の赤味がつき始めた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/18 23:26
天界に咲く花 「曼珠沙華」
 県の南部をかすめて縦断していった台風18号だったが、各地に大きな被害をもたらし、北上していったようだ。 先程までは激しい風と雨だったが、あっという間に雨が上がり空も明るくなってきた。 台風一過とはよくいったものだ。 我が家では、幸いなことに何事もなく台風をやり過ごすことができた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/09/16 14:09
ツユクサの花
 夏から秋になると、道ばたでたくさんの青い花を見掛けるようになる。 花びらの澄み切った青色が印象的なツユクサの花だ。 ツユクサは至る所の路傍や空き地に生えるありふれた1年草だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/09/13 10:54
黄金の稲穂がたなびく 「姨捨棚田」
 ついこの間まで、エアコンを動かすような酷暑に体調を合わせていくのに苦労していたが、仲秋を迎え、すっかり秋の気配が漂っている。 白露を過ぎた今週初始め、秋の日差しに誘われて、久しぶりに近くの姨捨棚田に出掛けてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/09/11 11:10
白露 【しらつゆ】
 この頃は、草や葉などに露が宿り、朝に夕に白く光って目につくようになった。 この白露を 「しらつゆ」 と読む。 梅雨は無風で、腫れた夜が明ける頃によく降る。 「露時雨」 というのは、草木の葉などに露がたまり、何かの拍子に滴り落ちる様を、時雨に例えた美しい言葉だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/09 18:33
秋の風物詩 「ススキ」 の穂
 毎朝歩いている散歩道のあちらこちらにススキが生えている。 秋の気配が漂い始めた9月に入り、ススキもだいぶ穂を出し始めた。 秋はお月見の季節だが、お月見に欠かせないのが団子とススキ。 もともとはイモとイネがお供えだったのだが、いつしかこの二つに代わったのだそうだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/06 15:26
夏の終わりを告げる 蝉の声
 朝は青空も覗いていたのに雨となり、長い時間シトシトと降り続いている。 秋の長雨を思わせるような降りようで、きょうは一日雨模様になりそうだ。  そういえば、きょうはもう9月に入って二日目を迎えたのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/02 11:12
長い間楽しめる ムクゲの花
「道のべの 木槿は馬に 食はれけり」   松尾芭蕉 「それがしも 其の日暮らしぞ 花木槿」  小林一茶 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/28 23:34
「マツヨイグサ」 と 「月見草」
「待てど暮らせど来ぬ人を 宵待ち草のやるせなさ 今宵は月も出ぬそうな」・・・・竹下夢二(宵待ち草の歌)  竹下夢二が詠んだ 「宵待ち草」 の詩に曲が付けられ広く歌われたため、すっかりヨイマチグサの名が定着してしまったが、正式名はマツヨイグサで待宵草と書き、夕方から花を開いて朝になるとしぼんでしまうのでこの名がある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/08/26 21:51
虫取りをする子どもたち
 信州の小中学校は、冬の休みが長いせいか、お盆を過ぎたので、あと数日もすると間もなく夏休みが終わる。 この時期になると、散歩道で時々虫取りをしている子どもたちの姿を見掛けることがある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/19 22:33
きょうも、“猛暑” の一日
 夕方遠くで雷の音がしていた。 昨日と同様、これから夕立が来るだろうかと期待したが、思わせぶりな雷の音だけで、終わってしまった。 今日も本当に暑かった。 日中は、今年二度目のエアコンを運転することになった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/16 20:16
雑木林の獣道
 もうちょっと日が経ち、印象も薄くなりがちだが、山口県周南市の5人連続殺人・放火事件の容疑者が、集落近くのうっそうとした山中の獣道で逮捕されたことがあった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/12 13:48
手負いの ゴマダラカミキリムシ
 青みがかった黒地に白い点々模様を持つおなじみのカミキリムシが、緑の葉陰から姿を現した。  多分このカミキリムシだったら、虫取りの経験者ならば誰でも知っているだろう。 非常に普通に見見ることのできる ゴマダラカミキリムシだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/09 13:30
今夏の蝉は?
 昨夜も雨だったようだが、今朝は日の出前の散歩からもう汗ばむような暑さだ。 日が高くなるのに伴い、気温はぐんぐん上がり、30度は超えたようだ。 ありがたくない 「厳しい暑さが続くでしょう」 という予報が当たってしまった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/08/07 14:01
軒下に スズメバチの巣が…
 先週末のことだ。  朝の犬の散歩を終わらせて帰宅し、何気なしに上を見上げると、なんと、二階の軒下にスズメバチの巣があるではないか。 今まで気づかずにいたが、すでに赤ん坊の頭大の大きさになっている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/08/05 19:43
羽化して間もない オニヤンマ
 昨日は、雨の音を気にしながら目覚めた。 朝から雨降りで、一時は音を立てて激しく降ることもあった。 そんな雨も、8時半近くにあっという間に上がり、たちまち青空が広がり、夏の日が差した。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/02 23:46
信濃国分寺のハス田
 朝から青空が広がり、今日も暑い一日となった。 早朝に出掛ければよかったが、美しさを保った蓮の花を見るには限界とも思われる9時半頃、信濃国分寺のハス田を訪れた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/07/31 22:43
雨上がりに咲く オニユリ
 山口、島根両県では28日未明から昼すぎにかけて、気象庁が8月30日から導入する「特別警報」のレベルに匹敵するような猛烈な雨が断続的に降り、大きな被害が出た。 今日の当地では静かな降りではあったが、夕暮れ近くにようやく青空がちょっとだけのぞいた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/07/29 18:45
夏の花 ノウゼンカズラ
 連日厳しい暑さが続いているが、この真夏の暑い時期に、赤オレンジ色の大きく派手な花を次々と咲かせていく南国を感じさせる花が我が家の庭に咲く。 夏の間垂れ下がった枝にラッパ型の花をたくさん咲かせるノウゼンカズラだ。 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 4

2013/07/26 16:26
初夏の戸隠森林植物園
 昨年は、月に1〜2回は探鳥のために訪れていた戸隠だ。 しかし、今年は、「行こう。 行こう。」 と思いながら、なかなか行く機会がで持てなかった 「戸隠森林植物園」 へ、今年初めて行ってみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/07/22 21:23
今年のミニユリ園は…
 例年のように玄関前のミニミニユリ園に花が咲いたが、今年はどうしたことか、従来のように花が一斉に咲かず、見栄えもよくない。おまけに、ユリの草丈も大小様々でそろわない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/07/19 23:51
大雲寺の蓮池
 大雲寺は千曲市の八幡にあるお寺で、四季を通じて素晴らしい景観が楽しめる。 お寺は石垣の上に築かれ、すぐ東側には農業用水も兼ねた池があり、池にはたくさんの蓮が植えられている。 昨日の朝、見頃を迎えたその蓮を見に出かけた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/17 15:07
今季、初見の オオムラサキ
 夏を迎えると、毎朝散歩しているナラやクヌギの雑木林に、甲虫や蝶などがやってくる。 道ばたのクヌギの樹液を求めて、数日前から何匹ものカナブンや蜂類が集まっていたが、今朝は、オオムラサキを今季初めて観察した。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/07/15 23:46
塩田平・あじさい小道
 上田市の塩田平に、「あじさい小道」 という遊歩道がある。 過日そこに植えられているあじさいの花が見頃を迎えたということがTVで放映されていたので、昨日初めて出かけてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/07/12 13:16
緑の葉に映える黄金色の花
 毎年梅雨時に我が家の手作りの小さな池の端に黄色い花が咲く。 今年も随分たくさんの花を咲かせた。 名前は、ヒペリカムというらしいが、これは鉢花として求めたものを地に下ろした花で、今ではもうすっかり我が家の庭の住人になって幅をきかせている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/10 23:50
ネムノキの花咲く
雨の日や まだきに暮れて ねむの花      蕪村  梅雨のこの季節、毎朝散歩する林道は、 「生い茂る」 という表現がぴったりする程、深い緑の葉でおおわれている。 林は一帯が緑一色になってしまい、遠目にはどれが何の木であるか分からないほどだ。 そんな梅雨の林でも目立つのがこの  「合歓木(ネムノキ)」 だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/07/05 23:41
蜘蛛を狩る蜂
 散策に出ようと外に出ると、足下で何かが動く気配がした。 かがみ込んで、少しずつ移動していく物を見ると、全体が黒っぽい大きなハチが何かをくわえて後ずさりしながら運んでいるではないか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/03 14:27
つつじ平のレンゲツツジ大群落
 東御市と嬬恋村にまたがる湯の丸高原は、亜高山帯の気候に恵まれた植生から別名 「花高原」 とも呼ばれている。 中でもつつじ平は、国の天然記念物の60万株ものレンゲツツジ群生地としてよく知られている。  ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2013/07/01 14:08
アヤメの町 ・ 明科
 梅雨時の鈍い日の光に、淡く浮かび上がって見える紫陽花は、梅雨にこそふさわしい花だと思う。 でも、梅雨の晴れ間に映えて咲くアヤメやハナショウブも美しい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/28 10:21
雨上がりの朝
 沖縄はすでに梅雨が空けたというが、当地はここに来てようやく雨の日が続き、梅雨らしい陽気の日が続くようになった。 夜間雨が降り続いた後の雨上がりの朝は実に爽やかだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/26 23:53
山桜のサクランボ
 毎朝歩く散歩道のほとんどは舗装されている。 その舗装道に、このところ直径6〜7oほどの黒い小さな実が無数に落ちているようになった。 見上げると、山桜がサクランボの子どものような小さな実をたくさんつけていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/06/19 23:52
増え続ける 我が家のユキノシタ
 我が家の北側には隣家の低いブロック塀があり、そこは比較的湿り気の多い場所になっている。 梅雨時になるとここに生えているユキノシタが毎年花茎を長く伸ばし、たくさんの白い花を咲かせる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/17 16:21
熟し始めた 桑の実
 毎朝、山道を散歩していると、キイチゴやヤマザクラなど色々な木の実を見掛けることができる。 今朝荒れ地に生えている桑の木に実がなっているのを見つけた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/14 21:11
太郎山トレッキング
 それぞれの地域には昔から親しまれている身近な山があるものだ。 上田市には、地域の方々がよく山登りをする 「太郎山」 があり、市民のハイキングコースにもなっている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/11 16:18
「ばら祭り」を明日に控えたバラ公園
 昨日は、信州も梅雨入りをした。 例年に比べると10日ほども早めの梅雨入りとなった。 昨日は一日つゆらしい雨だったが、今日は一転して青空が広がり、夏を思わせるような陽気となった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/05/31 20:18
キイチゴの花咲く
 初春から夏にかけて毎朝歩いている散歩道には、野のイチゴ類いわゆるノイチゴの花が人目を引く。 この散歩道でひときわ目立つのは食用にならないヘビイチゴであるが、キイチゴ類もところどころで可愛い花と美味しそうな実をつけているのが見られる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/29 16:20
我が家の 牡丹咲く
 我が家の庭に、赤・桃・黄色の牡丹がそれぞれ1株ずつ植えられている。 このところの初夏を思わせるような陽気続きに、今年は、赤と桃色の牡丹が花を咲かせた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/05/17 23:52
タンポポの綿毛原
 春先に咲いていたタンポポは、今ほとんど綿毛を付けており、春風に乗りながら少しずつ新たな場所へと旅立っていく。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/05/13 21:34
ウワミズザクラの白い花
 ソメイヨシノも枝垂れ桜も散り、八重桜が見頃を迎える今頃、山の林にウワミズザクラが咲き始める。 毎朝歩いている散歩道にも何本かのウワミズザクラが生えており、白い花を咲かせている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/05/08 14:43
リンゴの花咲く
 ゴールデンウィークの後半4連休が始まった。 この時期はどこに出掛けても県外車が一杯で、混雑また混雑だ。 今年もじっと息を潜めて、連休が過ぎるのを待つ。 今朝の散歩で、リンゴの花がきれいに咲いているのを見掛けた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/05/03 23:48
しだれ桜の里 高山村
 四月、信州高山村にうるわしい里山の春景色が巡ってくる。 さまざまな草花の彩りと樹々の芽吹きに満たされる季節。 ことに全国から愛好家を集めているのが、村内の各所に競って咲くしだれ桜の美しさだ。 昨日、しだれ桜の里 高山村を訪れた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/04/26 23:54
風薫る若葉の季節
 明日は、二十四節気の 「穀雨」 に当たる。 穀雨とは、百穀を潤す春雨のこと。 予報では明日は雨になりそうだが、この頃にそぼ降る雨は、一滴一滴が春の気を清めるようだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/04/19 20:18
ヤマザクラ咲く
 県下各地のソメイヨシノも満開になり、花見見物の人の姿が多く見られ見頃を迎えている。 そして、県の南部から、すでに里桜も散り始めているようだ。 ソメイヨシノが散り始める頃、山肌に薄ぼんやりと花を咲かせる桜がある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/17 15:12
「天下第一の桜」 ・ 高遠コヒガン桜
 先週末、高遠城趾公園の桜が見頃だというので、2年ぶりに出かけてみた。 公園内の桜は満開状態で、見物に訪れた人も多く、この日は多分一番の見頃時期だったのではないかと思われる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/04/15 23:52
春の野草 ・ ヒメオドリコソウ」
 春先にあぜ道などに咲いている小さな花にヒメオドリコソウがある。 ロゼットの姿で冬を越すが、暖かい陽だまりでは春の早い内から花を開いている。 ヒメオドリコソウとは、花の形が笠をかぶった踊り子の姿を思わせることから付いた名前だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/04/10 17:45
汚れた 白木蓮の花
 今年も玄関前の白木蓮がたくさん花を付け、華やかに咲いた。 昨日、一昨日の雨と風でもう随分散り始めているが、今年の開花は、例年に比べると10日以上は早かったのではないだろうか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/04/08 10:53
木の芽起こし
 きょうは朝から昼頃まで、雨が降り続いた。 春麗らが一転、肌寒い風が吹き、関東では記録的な雨になった。 週末はまた雨になり 「春の嵐」 大荒れとなりそうだという。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/04/03 14:15
筆 の 花
 早春の道ばたに、数日前からツクシが見られるようになった。 スギナの胞子茎が、通称 「つくしんぼ」 と言われているこの植物。 本名は、 「土筆(つくし)」 という。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/04/01 13:05
今年は、ヤマガラの住居に
 玄関前の白木蓮に架けられた巣箱にヤマガラが何度も訪れ、先週辺りから巣箱を覗いたり、中に入ってみたりと盛んに興味を示していた。 昨年はシジュウカラが利用した巣箱であるが、今年はヤマガラがこの巣箱の住人になるのだろうか。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/03/27 21:07
マンサクの花
 春の始めのこの時期、葉を全て落とし冬枯れ状態で殺風景だった雑木林に、黄色い花があちらこちらで咲き始めた。 先日「四季彩記」にアップした戸倉地区の節分草を見に行った時に、歩道の脇でマンサクの花を見付けた。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/25 16:44
春を告げる 梅の開花
 毎朝の散歩道沿いに畑があり、そこに5本ほどの梅の木が植えられている。 普通の梅のみを収穫するための梅の木だが、毎年この時期になると開花したかどうかが気になる。 遠目では、まだまだ黒い幹だけが目立っている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/20 11:22
クリスマスローズも開花
 今日は朝から強い風が吹きまくった。 それでも今までの冷たい風とは違い、南よりの生暖かい風だった。 玄関に出てみると、たくさんのつぼみをつけていたクリスマスローズが開花していた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/03/18 23:20
春の兆しを告げる “スノードロップ” の開花
 我が家の庭で最初に開花するのが、前回登場した福寿草。 そして、福寿草に次いで春を告げる変わった形の花が咲く。 このスノードロップだ。 名前の由来は、花姿や花色を雪のしずく、もしくは耳飾りに例えたものとされている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/03/13 15:01
春の日射し と “花信風”
 三日ほど家を留守にして出掛けていたが、帰ってみると陽気が随分春めいて、わずかに残っていた雪も、日陰の場所をのぞいては全て解け去っていた。 どうやら冬から春へのバトンタッチが行われたようだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/03/11 23:48
塒入り前の ムクドリの群れ
 夕暮れ5時を回った頃、庭に出ると、いつものように小鳥のざわめきが頭上から降り注いでくる。 ここ何年かはこの現象は見られなかったのだが、今年の冬は毎日定刻になると申し合わせたようにこのざわめきが広がるのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/06 13:52
雪解けを待っていた福寿草
 松本市の北部の四賀地区の福寿草が、雪を割って黄色の可憐な花をのぞかせ始め、待ちわびた春の訪れを告げているという記事が、数日前の新聞に掲載されていた。 毎年楽しんでいる我が家の福寿草は、どうなんだろう…。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/03/04 17:09
雪面に野鳥が残した痕跡
 雪が降った朝など、真っ白な雪面に人や犬の足跡の他にウサギなどの野生動物の足跡などが残っていることがある。 こうした痕跡で、野生動物たちの活動を身近に感じる楽しみがある。   ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/27 21:08
芽生えの時を迎え…
 昨日は、当地ではこの冬最高かと思われるような降雪となり、10p以上も積もっただろうか。 フワフワした軽い雪だったためか、たくさん降った割には解けてゆくのもまた早かった。 冬と春のせめぎ合いを見るようだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/02/25 22:19
早春の味覚 ・ 蕗のとう
 この冬は何回雪かきをしただろうか…。 例年より雪の降る日が多いような気がする。 従って、いったん消えそうになった雪も再び降り積もり、今になっても完全に解け去らずにいる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/02/22 18:39
自然の造形美 「霜花」
 きょうは朝から青空が広がり、日中は気持ちよく晴れ渡った。 こんな日の朝の冷え込みは、放射冷却現象からか厳しいものだ。 起き抜けにカーテンを開けると、窓ガラスに美しい霜の模様が朝の光に輝いて見えた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/20 13:46
「雨水」 の雨
 春が近づくと雪の結晶も膨らみ、大きな雪片となって、まるでボタンの花びらのように落ちてくる雪がある。 きょうの雪は、まさにこの 「牡丹雪」 だった。 この辺りでは、 「ぼた雪」 と言うこともある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/18 23:43
春を告げる野草
 今まで枯れ草色だった道端の土手にも少しずつ草が芽吹き、景色がわずかずつ緑色へと変わってきた。 今朝は雪景色となり、まだ霜が降りる日もあるが、秋に芽吹いた越年草など、耐寒性の強い植物が少しずつ成長してきている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/13 15:08
行ったり来たりの “春”と“冬”
 朝から小雪がちらつくような薄ら寒い日となった。 10時頃にはチラチラ舞っていた小雪が大きな牡丹雪に変わり風も加わり激しく降り始めた。 せっかく地面がのぞき始めたと思ったが、あっという間に雪景色となった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/11 17:17
小さな春の兆し
 今朝、散歩に出たときに晴れていた空も、少しずつ鉛色の雲が空を覆うようになり、チラチラと小雪が舞った。 薄ら寒い一日となり、明日の朝は今朝よりさらに冷え込むという予報だ。 立春は過ぎたが、まだまだ冬は居座ったままだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/08 20:42
湿った雪降りの朝
 いつものように布団を上げ窓を開けると、やはり一面の白銀の世界が広がっていた。 積雪量は、たかだか数pではあるが、まだ牡丹雪のような雪が、次から次へと舞い落ちている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/06 19:12
雪解け進む散歩道
 今日は2月の初日。 今朝もいつものように散歩に出かける。 今までは犬がお供をしていたのだが、老犬故に犬の散歩道は平地コースに変更し、この山道コースは、犬抜きの自分だけの散策コースとなった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/01 14:51
松に幸運が訪れた
 3年半ほど前に、 「過酷な条件下で育つ松」 と題して、樋の中で育っている松の幼木について触れたことがある。 あの時の松にこの上ない幸運が訪れた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/28 23:56
大雪による被害を見る
 十日ほど前に20pを超えるたくさんの雪が降った。 その日から四日ほどたった先週、その雪がまだ消え去らないうちに冬にしては珍しく冷たい雪が降った。 未だ、その時の雪は消え去らないでいる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/01/25 11:50
思わぬ所で採餌する オオマシコたち
 いつもの犬の散歩にいくと、散歩道の脇の雑木林でオオマシコの姿を見かけた。 最近この散歩道にこのオオマシコと雄のルリビタキがいることが確認できている。 時としてこちらで探しに行かなくても、野鳥の方から近くにやって来て、突然姿を見せてくれることがあるものだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/01/23 15:18
融雪の後の輝き
 「どんな内容で書こうか…。」  コメントだけなら書きたいことはたくさん浮かぶが、このコーナーには写真が欠かせない。 となると、取材対象が限定される。 日が西に沈みかけようとした頃、何か記事にできるような物がないかとカメラを持ってすがるような思いで庭に出た。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/01/18 17:11
ようやく巡り会えた “赤い鳥”
 冬になったら是非出会いたいと思う “赤い鳥” と “青い鳥” がある。 青い鳥はルリビタキ、赤い鳥はベニマシコだ。 今年はまだ出会うことができていないのだ。 今は山にたっぷり雪が残っているので、餌に困って、きっとあの場所にベニマシコがやってくるに違いない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/01/16 22:55
本格的な雪降りに見舞われて…
 “爆弾低気圧” という言葉があるらしいが、今日は南からやって来た低気圧のため、随分多くの雪が降った。 朝食前に一度雪かきをした。 この時の雪は軽くて、さほど苦労はなかったが、今日は、この一度の雪かきではすまない大変な降りだった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/01/14 22:15
繭を見付ける、冬の楽しみ
 季節に応じて新緑や紅葉を楽しんできた雑木林も、今は落葉して閑散としている。 そんな林道を歩くと、落葉樹の枝に虫が作った 「繭」 が付いていることがある。 今は、林の見通しがよくなっているため、よく目立ち結構見付かるものだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/01/11 16:36
軒下に作られた蜂の巣
 毎朝松や雑木の林道を歩いているが、そんな雑木林の縁に建っているお宅の軒下に大きな蜂の巣を発見した。 毎朝通る道でありながら、自分の意識と視線を別のところにおいて歩いていたので、こんなに大きくなるまでこの存在に気づかずにいた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/24 21:34
気分転換に軽井沢 「村民食堂」 へ
 今朝犬の散歩に出かけたときは、粉雪もちらつくような鉛色の曇天が一面に広がっていた。 ところが、時間がたつと共にまるで空を箒で掃き清めたように雲がなくなり、爽やかな青空が曇天と取って代わった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/12/19 15:31
厳しい寒さも一休み
 庭の池が全面結氷し、なかなか溶けなかった数日だったが、ここ二日ほどで一気に溶け去り、池が波打っている。 西高東低の気圧配置が崩れず、厳しい寒さが続いていたが、ようやくこの厳しい寒さも一休みすることとなった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/17 17:09
凍てつく朝
 ここ一週間ほど、連日氷点下の朝が続いている。 昨日の朝は特に冷え込みが厳しく、県内のほとんどの観測地点で、この冬の最低気温を記録したようだ。 菅平高原では、氷点下20度という全国一の冷え込みだったようだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/12 14:40
本格的な冬到来・雪化粧
 12月に入って何回か雪が舞い、周囲がうっすらと白くなったことがあった。 こうして雪が降り、スタッドレスに履き替えるのは例年クリスマスが近くなってからが多かった。 しかし、今年は、たくさんは積もることはないとはいえ、雪のちらつく日が随分早かった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/10 16:25
冷え込んだ 霜の朝
 いつものように朝早くに犬を連れ、カメラをぶら下げて散歩に出る。 吐く息が真っ白に見え、10分も歩くともう手綱を持つ手の指先が冷え切り、感覚がなくなってくる。 時々左右の手を代え、空いた手をポケットに入れて温める。 今朝も随分冷え込んだ。  ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/07 09:54
ヒヨドリジョウゴの赤い実
 草藪の中にヒヨドリジョウゴの赤く輝くかわいい実を見つけた。 ヒヨドリが好んで食べると言われているが、毎朝犬の散歩をしながら野鳥の撮影をしているが、いまだ実際にヒヨドリがこの実を食べている姿を見たことはない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/05 19:38
落ち葉の道を歩く
 今朝はようやく霜の朝から解放された。 ここ数日毎朝冷え込みが厳しく、窓を開けるたびに霜がおり、白一色担った光景が広がっていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/30 17:30
落ち葉を楽しむ
 このところ何日も冷え込みの厳しい朝が続き、散水用に貯水してある容器内では連日薄氷が張っていた。 そんな冷え込みに伴い紅葉していた庭木も一気に色あせ、あっという間に落葉が始まった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/23 16:07
冬支度の 戸隠森林植物園
 毎月定例になっている戸隠森林植物園へ探鳥に出かけた。 バードラインを運転していくと前方に戸隠連山があまりにもきれいに見えたので、予定にはなかったが、鏡池にも行ってみようかという衝動に駆られた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/21 23:34
晩秋の我が家の庭
 昨夜は、降りしきる雨の音を子守歌代わりにしながら寝入ったのだが、朝窓を開けると、うっすらと霧が漂ってはいたが爽やかな朝を迎えることができた。 今朝もずいぶん冷え込んだようだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/16 13:43
見頃を迎えた 上田城趾公園の紅葉
 昨夜半から雨の音が聞こえていたが、朝庭に出てみると標高の高い山の峰が白くなっているのが遠目に見えた。 こうした秋の深まりと共に、身近な山や里も美しく色づき、紅葉の見頃を迎え始めた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/11/14 19:44
上田城跡公園の紅葉
 このところの夜間の気温低下で、周囲の山肌の色づきもずいぶん進んできた。 いよいよ里山にも紅葉前線が降りてきたようだ。 サイトで 「紅葉状況」 を調べると、上田城跡公園の紅葉は “見頃” となっていた。 時間も生まれたので、昨日様子見にちょっと出掛けてみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/11/09 22:16
ピーク過ぎでも、まだこの輝き
 霜の朝が続いた後の11月に入っての最初の日、二度目の軽井沢・雲場池に行った。 この日は生憎の曇り空だった上に、一番の見頃は少し過ぎたのかなと思われる色づきだった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/05 22:32
今、りんご園が美しい
 昨夜から降り続いていた雨も朝を迎えてようやくやんだ。 いつものように朝飯前に犬を散歩に連れ出す。 山に入ると雨降りの名残かまだ霧が流れており、余り見通しはよくなかった。 そんな霧中でもりんご園に近づくと、赤い林檎が鈴なりになっているのが分かる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/10/29 22:07
秋の軽井沢を巡る
 きょうは家に一人残ることになってしまった。 近くで紅葉も始まっている上、朝から青空が広がる秋日和。 家で一人でジッとしている手はない。 戸隠、小川村、白馬、松川渓谷、横谷渓谷…行ってみたいところは山ほどある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/10/26 22:59
石榴の季節
 今朝は随分冷え込んだ。 朝日が射し始めた頃犬を伴って散歩に出掛けると、遠くから見たら “林檎” と見まがうようなまっ赤な “石榴” がなっていた。 色は艶のあるいい色だが、まだ皮がはじけてあのルビー色の艶やかな種はのぞいていない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/10/24 21:18
黄葉輝く池ノ平湿原から 富士山が…
 ちょっと日が経ってしまったが、高い青空が一面に広がった好天気に恵まれた先週の金曜日、いつもの思いつきで近くの湯の丸高原にある池ノ平湿原へ行ってみた。 サイトの情報では紅葉状況は 「色付き始め」 という情報だったが、結構見頃に近くいい感じに染まっていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/10/22 23:43
銀穂がなびく 霧ヶ峰高原
 一昨昨日の秋晴れの日、美ヶ原と並んで長野県の中信高原の中核をなす秋の美ヶ原高原をトレッキングした。 以前も3時間ちょっとのコースで歩いたが、この時はたくさんの花々が一斉に咲き、色とりどりの花彩られた高原だった。 もちろんこの時期の秋の霧ヶ峰高原にはほとんど花はなく、一面草モミジの高原だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/10/19 22:34
今年も見付けた ガガイモの実
 きょうは午前中からはっきりしない空模様で、薄ら寒い曇り空が広がった。 午後からはとうとう雨となり、よるまで秋の長雨を思わせるような降りだった。 こんな日はデジブラに出掛けることもなく、一日家でおとなしくしていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/10/17 23:40
むれ水芭蕉園〜霊仙寺湖 を歩く
 いつもは、野鳥観察には戸隠森林植物園に行くのだが、昨日は、初めてむれ水芭蕉園と霊仙寺湖に行ってみた。 知人がこの辺りで、結構色々な野鳥を撮影しているので、どんなフィールド状況なのか一度見てみたいと思っていたのだ。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/10/12 14:59
ツルニンジン の種名から…
 もうずいぶん日が経ってしまったが、9月下旬に戸隠に行った際、明るい林の入り口で見慣れない大きな花を見掛けた。 花は3pほどの広鐘形で、先が浅く5裂し、反り返っている。 つる性の植物で、樹の幹に張り付くように伸びていた。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/10/10 23:37
ミミズを運ぶザトウムシ(?)
 森林に入ると実に様々な虫たちに出会うものだ。 この写真の虫は、非常に長い足を持っており、まるで、豆に針金の足をつけたような独特の姿をしている。 つい最近まで、蜘蛛だと思っていたが、これはザトウムシというらしい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/10/08 23:06
彩り鮮やか 「栂池自然園」 の紅葉
 千畳敷カールや栂池自然園、白駒の池、八方・乗鞍・上高地・志賀高原などの標高の高い山や高原で紅葉の見頃を迎え始めた。 里山が紅葉に染まるのが待てず、三連休に入り混雑することを予想し、平日の昨日 「栂池自然園」 に行ってみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/10/05 22:36
漂う 金木犀の香り
 十日ほど前から庭に出ると、甘い香りが漂ってくるようになった。 この香りがするようになると、 「秋がきたなぁ」 と思う。 今年のわが家の金木犀は、例年になくたくさんの花を咲かせている。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/10/03 22:20
凛として咲く サラシナショウマ
 森林の緑の下層に鮮やかな真っ白な花が凛としてたたずんでいる。 まず目に飛び込んでくる花は、この花サラシナショウマだ。 今、戸隠森林植物園に入ると、木道脇には、このサラシナショウマの他には、シシウド、ヤマトリカブトなどが咲いている。   サラシナショウマの群生 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/10/01 16:37
秋の戸隠高原を訪れる
 今週の始めに毎月1〜2度探鳥に行っている戸隠高原に行ってみた。 もちろんまだ紅葉は始まっておらず、シーズンオフのせいもあり、奥社参道を歩く観光の人々の姿はまばらだった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2012/09/21 16:05
ツリフネソウ と キツリフネ
 林の遊歩道を歩いていると、たくさんのツリフネソウが咲いていた。 ツリフネソウは、湿り気のある所ならばこの時期の野山では、どこででも見られるめずらしくも何でもないない花だろう。 しかし、この花を見かけると、「ああ、もう夏が終わって秋に入ったんだなぁ」 としみじみした気持にさせられるものだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/09/19 23:13
終演の時を迎えた ミンミンゼミの合唱
 ミンミンゼミが珍しく電信柱に留まって、 「ミーンミンミンミン……」 と鳴きだした。 この特徴ある鳴き声を聞くと夏を連想する方も多いのではないだろうか。 この辺りでは、アブラゼミとこのミンミンゼミが “夏の蝉” として最も親しまれている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/09/14 23:50
気の強い カマキリ
 隣の竹やぶのヘリにヒヨドリがやってきたので、写真に撮り、家に入ろうと引き返した時のことだ。 足下で、緑色の昆虫が動く気配がした。 腰をかがめ、その正体を確かめるとカマキリだった。 三角の頭をこちらに向け、じっと見ている。  ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/09/12 23:16
きょうは、「白露」
 きょうは、二十四節気の一つである 「白露」 に当たる日だ。  「陰気ようやく重なり、露凝って白し」 ということから名付けられた。 これは、秋が本格的に到来し草花に朝露がつくようになるという意味だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/09/07 16:42
神秘的な苔の森
 紅葉の秋には湖岸の木々が真っ赤に染まり湖面を写す八千穂高原の 「白駒池」 を訪れた。 北八ヶ岳の広大な原生林の中にある神秘的な湖で、標高2000m以上の高地にある天然湖としては日本一の大きさなのだそうだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/09/03 23:22
草が生い茂る空き地に…
 わが家の南に接している土地は、ある方が家を建てる予定で購入されたものだが、訳あってそれが未だかなわず放置されたままになっている。 数年前までは、多少管理もされていたようだが、今では、荒れ放題の荒れ地化してしまっている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/08/27 18:17
美ヶ原高原トレッキング
 霧ヶ峰高原は時々訪問し、草原歩きを楽しんだりもしていたが、その隣の美ヶ原高原は、車で行くことはあったがもう何十年も歩いていない。 このところ猛暑が続いているので、避暑も兼ねて、月曜日に一人で 「美ヶ原高原トレッキング」 としゃれこんでみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/08/22 19:44
カブトムシ 哀し
 ここは、広さ20〜25uしかないが、ブルーベリーが栽培されている畑だ。 ブルーベリーが鳥に食べられないようにこうして網が張ってあるが、以前ヒヨドリが何羽も入り込んでいたことを掲載したあの場所だ。 今回もまた、珍現象を見付けた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/08/20 23:47
今年も貧相な ホテイアオイ
 暑い夏になると毎年玄関前に涼を運んできてくれるホテイアオイが今年も咲いている。 葉の付け根の辺りが丸く膨らみ、それが布袋さんのお腹に似ているところから 「ホテイアオイ」 の名前が名付けられた。 英名では 「ウォーターヒヤシンス」 と呼ばれ、わが家の “夏の風物詩” と言ってもいい花だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/08/15 17:24
「月見草」 と 「待宵草」
 今年も庭にたくさんの月見草が咲いた。 数年前までは、庭のあちこちに咲いていたため粗末になりがちで、いつかとぼってしまうのではないかと心配だった。 そこで、2年ほど掛けて散らばっていた月見草を移植したり、種を蒔いて増やしたりし、3箇所に “ミニ月見草園” としてまとめた。 今は、それが定着し、完全に月見草園としての体をなしてきた。 これで一安心だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/08/13 23:45
食事中の カマキリ
 犬の散歩をすませ、何気なく庭を歩いていると、花壇に植え込まれたオダマキの葉の上で何やら動く気配を感じた。 かがみ込んで観察すると、カマキリが何やら黒い蜂の仲間と思われる昆虫を捕まえたようだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/08/10 18:33
繁茂する アレチウリ
 夏を迎えると森の木々も草原の草も一斉に生長を始め、身の回りが緑一色に染まっていく。 庭も畑も例外ではなく、雨の後などは草木も勢いを持ち直し、ちょっと油断すると雑草が繁茂して大変な目に逢うものだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/08/08 17:32
自然の恵み 「雨水利用」
 今まで一般家庭で雨水を利用することはほとんど無かったが、震災以降、水道だけに頼らない 「雨水利用」 に注目が集まっているという。 そこで、わが家でも、雨水タンクを購入し、一工夫加えて設置してみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2012/08/03 22:26
夏の戸隠高原 〜深緑の森〜
 昨日は、前日の過ごしやすさから一転、朝からグングン気温が上がり、下界は、また暑い一日になった。 昨日は特別な用事の無かった自分だけが一人家に残ったので、7月の探鳥も兼ね下界の猛暑から逃れて、戸隠森林植物園にに出掛けた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/08/01 17:59

トップへ | みんなの「自然」ブログ

おりふしの記 自然のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる