おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 休耕田風景・ホトケノザ

<<   作成日時 : 2009/04/19 09:27   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 以前から出勤時に車を走らせていると一面紫色の絨毯を敷いたように花が咲いている耕作地が見える。 レンゲとはまた違った色だが、何だろうとずっと気になっていた。 昼休みの時間散策をかね、その場所に足を運んでみた。

ホトケノザ群落

 休耕田らしいその一枚の田んぼ全体が、ホトケノザにすべて覆われていた。 一本のホトケノザを見ても趣が感じられ、捨てがたい美しさを感じるが、ここまで群生すると、違った意味で実にみごとな風景だ。 薄紫の花の向こうにはわたしが通勤に使っている幹線道路が走り、自動車が行き来しているのが見える。
 随分昔に米が過剰となった対策として生産調整が行われた。 昭和50年代の二回目の生産調整で休閑した水田は、全水田面積の2割を超えた。 その後、生産性の悪い水田などでは、転作が行われずにそのまま放置された田んぼもあり、その結果、田んぼや用水路などが荒れて、水田への回復が困難な田んぼも随分あるらしい。 その後も水田の面積は減少しており、数年前に水田総面積の25%の水田で稲作が行われなかったと報道されたのを記憶している。
 休耕田を覆い尽くしたホトケノザの大群生地と化した田んぼ、これも日本の農業政策が生んだ風景の一断面だろうか。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
れんげより沢山見られるようになりましたね。
こちらでは道端や野原の片隅が多いですが。
ありふれたこうした花に心惹かれますね。
ベニマシコ
2009/04/19 13:58
◆ベニマシコさんへ
今道ばたやあぜ道などで風に吹かれて揺れているかわいい植物です。
色も形も大きさも、魅力いっぱいのホトケノザです。
非農家のわたしがこうして自然の一部としてみている分には、
すてきな一つの風景として受け止められます。

休んでいる田んぼであることを考え、
土地を所持している農家の方の気持ちを推し量ると、
何か胸につかえるような複雑な心境です。
wagtail
URL
2009/04/19 14:52
この辺りは田んぼもなく、道端に少しずつあるくらいなので、これだけ群生していると圧巻ですね!!
一枚目の写真はカタクリ?と見間違うくらい。
色も鮮やかですね・・・
今は、あちらを見てもこちらを見ても花盛りで、キョロキョロしながら自転車に乗っています。
見事ですね!!
2009/04/21 19:18
◆見事ですね!!さんへ
信州の春は、今まさに真っ盛りといったところ。
青空が広がる日は、屋内で仕事をしているのがもったいない位です。
山も里も、足下のあぜ道も、そこかしこに花が咲き誇っています。
わたしも勤務の合間にする毎日の「昼休みの散策」が楽しみです。
見事ですね!!さん同様、キョロキョロしながらの散策は、わたしにとって最高の一時になっています。
wagtail
URL
2009/04/22 10:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
休耕田風景・ホトケノザ おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる