おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS ホタルブクロ ・ “和”の風情

<<   作成日時 : 2009/06/22 05:28   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 散策路の山道の道ばたにホタルブクロが咲きだした。 この梅雨期に開花するので、アメフリバナともいう。

ホタルブクロ

 大きな釣鐘形の花を下向きに付け、花の中にホタルを入れて遊んだことからホタルブクロという名前となったと聞いたことがあるが、提灯に似ているからとか、諸説あるようだ。
 ヤマホタルブクロとは、萼片のあいだに反り返る三角形の部分が有るかどうかで見分けるらしいが、余り意識して調べたことはない。
 この花を見つけるとついこうしてカメラを向けてしまう。 ホタルブクロから “和” の風情を感じるせいだろうか…。 とにかく魅力ある好きな花だ。

いつも見ていただきありがとうございます。ブログランキングに参加中です。応援クリックしていただけると嬉しいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
 お早う御座います。 ご無沙汰です。
生物の繁殖期 追掛け大変ですね。
おかげで見た事の無い物見れまして有難う御座います。
天城の八丁池でカエルの卵からお玉が湖面に落ちるの見た事ありますが、感激しますね。

ホタルブクロも咲き始め 野山に彩あり散歩も楽しくなります。
何時も綺麗なお花 鳥見せて戴き、有難う御座います。
azami
2009/06/22 09:42
ホタルブクロは故郷の田舎に沢山ありました♪
この花は街中では見ることができないので嬉しいです
ホタルブクロは山吹と並んで、故郷を連想させてくれるものです。
仕事で郊外に行くと、スカンポ(長野ではスイコ)が沢山あり
嬉しくってつい採って食べてしまいました・・・
子供の頃、野山を駆け回り良く食べていましたっけ!!
ネネ
2009/06/22 21:37
◆azamiさんへ
きっと今頃は、撮影したモリアオガエルのオタマジャクシも、みどり池の水の中かも知れません。
周囲の田んぼに水が張られ、田植えも行われ、蛙の声がにぎやかです。
蛙の嬉しい季節がやってきました。

ホタルブクロ、趣のある花ですよね。
この“おりふしの記”では、できるだけ足下の自然を題材にするようにしているのですが、楽しんでいただければとても嬉しいです。
wagtail
URL
2009/06/24 08:19
◆ネネさんへ
ホタルブクロ、この辺りでは別段珍しい花でもないんですが、わたしの好きな花の一つです。
今朝の新聞を見ましたら、6月の里の草刈りの際にこのホタルブクロを残そうという運動がを広げた地域があり、ここ数年の間に以前の2〜3倍の花が見られるようになったという記事を見つけ、嬉しくなってしまいました。

わたしも子どもの頃、土手に生えているスイコをよく食べました。
口にくわえた時のあのちょっと酸っぱい味が懐かしくよみがえってきます。
どうもわたしもネネさんと重なる子どもの頃の体験をたくさんしているようです。
wagtail
URL
2009/06/24 08:29
昨日大平山でホタルブクロ見ましたが・・・信州のほうが紫の色が濃くてとても奇麗ですよ
ラーレ
2009/06/26 10:13
◆ラーレさんへ
ちょっと気を付けて歩いていると、
身近な山道や田んぼのあぜ道で
結構ホタルブクロは見つけることがあります。
そのたびにカメラを向けてしまいます。 (^_^)v
wagtail
URL
2009/06/26 15:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ホタルブクロ ・ “和”の風情 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる