おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 収穫を待つグミ

<<   作成日時 : 2009/07/06 13:22   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 今年も道端のグミの木が赤い実をビッシリと付けた。 一粒いただいて口に運ぶと、完熟したグミの甘みがいっぱいに広がり、やがて渋みが口の中にほんのりと残った。

鈴なりのグミ

 子どもの頃味わったグミの味が懐かしくよみがえってきた。 毎年そうであるが、もったいないことに、今年もやはり収穫されることなく、このグミは実を崩していくのだ。 よそのお宅のグミの木であるので、横目で眺めるだけであるが、私の子どもの頃は、クワ ・ グミ ・ ニワウメ ( 子どもの頃この辺りでは、「ニアンメ」 と言った ) ・ イチイ ・ スイコ 等々、口にできるものなら手当たり次第食べたものだが、今の子ども達は全く手を出さないようだ。
 
いつも見ていただきありがとうございます。ブログランキングに参加中です。応援クリックしていただけると嬉しいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
わー!!すごいグミですね
美味しそうです♪
近くならいただきに伺いたいくらいです・・・
おっしゃるように、田舎ではどの家の庭先にも
グミやスグリ、イチジク等があり、遊び途中の子供たちの
おやつ的存在でしたね!!
今年は我が家のプランターのグミは収穫無しでした。
ネネ
2009/07/08 08:21
◆ネネさんへ
わたしもネネさんの子ども時代と同じように、
食べられそうな実には目がなく、手を伸ばしたものです。
たとえよそのお宅のものでも、大目に見てくれたものです。
野性味溢れていたと言うか、本当に色々食べました。
未収穫で朽ちていく実を見ると「もったいない」と思ってしまいます。
wagtail
URL
2009/07/09 08:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
収穫を待つグミ おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる