おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 黄色い小さな 「ニガナ」 の花

<<   作成日時 : 2010/06/18 19:41   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 数日前に信州もようやく梅雨入りを果たした。 昨日は30度を超し、この夏最高の暑さの梅雨の中休みとなった。 今日は湿度がめっぽう高いドンヨリとした日となり、今後一週間ほどは、毎日雨模様の予報となり、いよいよ本格的な梅雨となりそうだ。


 こんな蒸し暑いうっとうしい時だが、昼休みに山林を散策していると、このニガナの黄色い花が目を楽しませてくれる。 春先には青紫のスミレの花が咲いていたが、スミレが終わると入れ替わるようにこのニガナの可愛い花が山林の道を飾ってくれる。 ニガナの咲いている散策路の林道は、ちょっと薄暗い山道なので、日陰が好きな花なのかと思っていたが、結構明るい野原などでも見かけることも多いので、日向でも日陰でもどちらでも大丈夫なのだろう。


 私は、何となく薄暗い山道でこの鮮やかな黄色い小さな花を見かけた時にホッとした気分になれるのだ。
 この草は手折ってみると、苦味のある乳白色の汁が出てくる。 この白い乳液を含んでいるためニガナ(苦菜)の名になったようだが、「菜」 と付いているからには食べられるのだろうか?


 ニガナの頭花は通常5枚であるが、8枚〜11枚のものはニガナと区別されて、ハナニガナと呼ばれている。 とすると、この写真の花は 「ハナニガナ」 だろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
Wagtailさん、花の名って難しいですね。
私も植物見ていて、名が分からないことが良くあります。調べてブログに掲載するのですが、後で友人に違っているよ・・と指摘されることも。
雅♪
2010/06/20 00:23
雅♪さんへ
何しろ植物は種類が多く、図鑑で調べるのも大変です。
遙か昔は、身近な植物ならほとんど分かったのですが、
年数を経るにつれほとんど忘れてしまいました。
やはり常に接していないとどんどん忘れるようです。
私も、間違えて掲載することも多く、皆さんにお教えいただくことしきりです。
wagtail
URL
2010/06/20 11:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
黄色い小さな 「ニガナ」 の花 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる