おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 見たぞ! 虫えい(虫こぶ)の正体

<<   作成日時 : 2011/06/15 06:33   >>

トラックバック 2 / コメント 8

 この葉はケヤキの葉だろうかハルニレの葉だろうか、毎年こうして虫えい(虫こぶ)ができる。 葉にできた虫えいの形は様々だが、赤みがかった赤い色がきれいで、まるで花でも付けたようだ。  虫えいはおもに新芽や新葉、蕾、花、根など、その年に新しく形成された場所にこうしてできるということだ。


 虫えいとは虫などによる何らかの刺激によって、植物の一部の細胞が肥大したり縮小したりして、異常な形状になるものだが、下の写真のようにこれだけの虫えいがビッシリできると、植物が気の毒に思えてくる。 この木は、毎年こういう状態で虫えいができるのだ。
 現在日本で確認されている虫えいは、1,400種以上もあり、最も多いのはタマバエの仲間で、全体の4割以上を占めているそうだ。 この虫えいの名前は分からないが、虫えいの名前は、植物の種類と虫えいのできた場所や形なとで決まるというからおもしろい。
  

 前述のように、虫えいは虫などによる刺激によってできたものだが、もしそうだとするとこのコブの中には何らかの虫が入っているはずだ。 今までそれを確認することもしないでここまできたが、薄赤いきれいな色の虫えいの中には一体どんな虫が入っているのだろうか? とにかく調べてみることにした。 どんな虫が何匹位入っているのか全く予想も付かなかったので、どんなものが飛び出してもいいように、慎重に一つの虫えいの袋を破ってみた。
 中には、アブラムシのような虫が数匹入っていた。 たぶん虫たちも突然安住の地が壊されたのだから慌てたのではないだろうか。  鈍い動きで、もぞもぞと動き出した。


 虫えいの種類は、1,400種にも及ぶというが、他の虫えいには一体どんな虫が入っているのか…。 まるで興味が尽きない子どものようだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『虫こぶ』 のおもしろ味
 朝の散策をしていると、道端の若いナラの枝に赤い小リンゴのようなものがくっついていた。 以前ケヤキの葉にできていた虫こぶを見ているので、すぐにこれも虫こぶだと分かった。 ...続きを見る
おりふしの記
2012/05/28 20:07
コナラにできた 虫えい (虫こぶ)
  いつものように散歩道の雑木林を歩いて行くと、コナラにできたリンゴのように赤く色づいた真ん丸いものが付いているのが目に留まった。  色も形もとてもかわいく見えるのだが、これは 「虫えい(虫こぶ)」 と呼ばれ、アブラムシ・ハチ類などの昆虫が産卵・寄生したため異常発育をした結果なのだ。 ...続きを見る
おりふしの記
2016/05/03 09:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
珍しい物を見せて頂きました。虫えいと言うのですか?
まるで葉に咲いた花の様で中に虫が生息している。
初めての物で興味深く食い入るように拝見しました。
あいべん
2011/06/15 15:46
なんだか植物可哀想ですね。
私も良くこのような虫コブ見たことがありますが、
中に虫がいるとは思いませんでした。
こんど見かけたら私も是非中を見てみましょう。
ちょっと勇気要りますが・・・(^O^)
雅♪
2011/06/15 23:32
あいべんさんへ
数年前から興味を持って調べてみましたが、
中を裂いてみたのは初めてです。
色々なタイプの虫えいがあり、興味は尽きません。
種名の付け方も、植物の種類と虫えいのできた場所や形で決めるようです。
それも、おもしろいと思いますが、植物音痴のわたしにはダメですね。
wagtail
URL
2011/06/17 08:31
雅♪さんへ
これだけおびただしい数の虫えいができると、本当に植物が気の毒です。
多分中で、植物から栄養をいただいているのではないかと思いますが…。
きっと虫えいの種類によって、中の虫が違うのではないでしょうか。
わたしも、もう少し調べてみようかと思います。
wagtail
URL
2011/06/17 08:35
おはようございます。これはすごい、おもしろい、不思議だっ!!ですね。
こういう発見、すごいです。好奇心がなければここまでは進みません。ぜひ虫の種類を同定してほしいところです。
研究者、いるでしょうね。
行き当たりばったり
2011/06/21 08:23
行き当たりばったりさんへ
自然好きなものですから、色々な好奇心がふつふつと湧いてきて、
まるで子どもそのものです。 (苦笑い)
アブラムシに間違いないと思いますが、アブラムシにも色々な種類があり、
わたしにはとても手の負える世界ではありません。
この虫えい、調べてみると、色々世界が広がって手が付けられなくなりそうです。
wagtail
URL
2011/06/21 20:00
一部だけ見ると綺麗ですが、こんなにびっしりついていると気持ちが悪いですね。
よく裂いて観察されましたね。
こんなに はびこまれたら この木はきっとダメージを受けるでしょうね。

虫えいというもの初めてしりました。
ベニマシコ
2011/06/26 10:51
ベニマシコさんへ
一見花が咲いたようできれいにも見えますが、
おっしゃる通り、全体を眺めると、すごい光景でもあります。
どんな虫がいるのか、予想もできませんでしたので、
駐英を破るのにはちょっと勇気が必要でしたが、アブラムシの一種でしょうね。
wwagtail
URL
2011/06/26 16:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
見たぞ! 虫えい(虫こぶ)の正体 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる