おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年も見付けた ガガイモの実

<<   作成日時 : 2012/10/17 23:40   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 きょうは午前中からはっきりしない空模様で、薄ら寒い曇り空が広がった。 午後からはとうとう雨となり、よるまで秋の長雨を思わせるような降りだった。 こんな日はデジブラに出掛けることもなく、一日家でおとなしくしていた。


 そんなわけで、きょうは掲載写真もないので、在庫写真を使うことにした。 これは、先日森将軍塚を訪れた際、見掛けた植物だ。 ここは、毎年イノシシが出没し田畑などに被害を及ぼしていたため、山と人里の境にイノシシ進入防止用の金網が張り巡らされているのだ。 そのイノシシ進入防止用の金網にガガイモが絡みついていたのだ。 毎年このフェンスには夏になるとオニヒトデのような花を咲かせていたが、今年はこんなにたくさんの実を付けたのだ。
 ガガイモの実は見たとおり長さが10pほどの紡錘形をしており、表面はでこぼこしている。 まだ熟していないので青いが、これから秋が深まるにつれ徐々に熟して色を変えていく。


 この実が熟すと皮が茶色に干からびて縦に裂ける。 そして、中から白く長い絹糸のような繊維が出てくる。 この白い繊維を種髪(しゅはつ)と呼ぶが、種髪はやがてフワフワに広がり、大型のタンポポの綿毛のように、種を一粒ずつ連れて飛散していく。
 この青い実が、次第に茶色に色を変え熟し始める頃になると、わたしは秋の深まりを感じ、やがて種が飛散する光景を見掛けると、冬の到来が近いことを予感する。

 このガガイモが裂け種髪が出ている様子は、以前 「ガガイモの実」 としてアップした。 興味のある方は立ち戻ってご覧ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。10センチもの実をつけるのですか!!
実をつける前に処分してしまうのでしょうか、見たことがありません。
今年はぜひ探したいものです。
真っ白な毛で、種が空を飛ぶ様は面白いでしょうね。
行き当たりばったり
2012/10/18 22:32
ガガイモの花は8月に見ましたが
残念ながら同じ場所に実を見に行く勇気がありません。
「熊に注意」と大きな看板が立っている
軽井沢の森ですので・・・。
このような実になって、綿毛になって飛んでいく様子は、
wagtailさんのブログで皆さんに楽しんで頂きたいです。
来年またガガイモの花を見たら、ご紹介してよろしいでしょうか?
雅♪
2012/10/19 19:29
 行き当たりばったりさんへ
大きな紡錘形の実だけに、他の植物が枯れ始めるとよく目立つ実です。
見掛けることのない理由の一つに、行き当たりばったりさんのおっしゃる訳もあるようです。
ガガイモは、農地周辺のやぶ、路傍の草地などに生育しますが、刈り取りには耐性が低いようです。
刈り取られることの少ない場所で繁茂する傾向があるので、人手のあまり入らない場所が狙い目でしょうね。
種子が寒風に吹かれて飛ぶ様は、趣がありますよ。
wagtail
URL
2012/10/20 10:16
 雅♪さんへ
余り刈り取りされることのない、人手が入らない場所で見掛けることが多いので、
「熊に注意」の看板設置区域で見たのも頷けます。
戸隠に行くとこの看板をよく見掛けますが、昼間は出ないだろうと思っても、やはり余り気持ちのいいものではありません。
鼻は怪我密集した肉熱燗のある花びらで、独特な雰囲気を持っていたように記憶していますが、
次に花を見掛けましたら是非「草花有情」で紹介してください。
来年の夏に拝見できるのを楽しみにしています。
wagtail
URL
2012/10/20 10:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今年も見付けた ガガイモの実 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる