おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 晩秋の我が家の庭

<<   作成日時 : 2012/11/16 13:43   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 昨夜は、降りしきる雨の音を子守歌代わりにしながら寝入ったのだが、朝窓を開けると、うっすらと霧が漂ってはいたが爽やかな朝を迎えることができた。 今朝もずいぶん冷え込んだようだ。

アメリカハナミズキ

 朝食を済ませ、毎朝の犬の散歩に出ようと庭に出る。 アメリカハナミズキの葉がすっかり赤く染まり、実もずいぶん赤みを増してきた。 ヒヨドリたちが失敬に来る前のしばらくの間、こうしてハナミズキの紅葉と赤く熟した実を楽しみ、秋の深まりを感ずる日々だ。
 冷え込んだと思ったが、やはり今朝も山の高いところでは雪が降ったようで、一定の高さからまるで定規で線を引いたように境をなして白くなっていた。 近くの山に雪が降ったのはこれで何度目になるのだろう…。 こうして、ひと雪ごとに次第に秋が深まり、冬が忍び寄ってくるのだろう。

秋 明 菊

 このところ朝がめっきり冷え込んでいるが、ここまで来ると今まで庭を賑わしていた花々も一斉に枯れたり元気をなくしてしなだれたりしている。 ほとんどの花が駄目になっていく中で、最後に残った白い秋明菊が一輪だけ健気に咲いていた。
 庭石のそばに植えられた黄色いツワブキの花も、昨夜来の冷たい雨に打たれ、随分花びらが痛んでいる。 あれほど鮮やかな黄色だった花びらがすっかり色も厚みも薄くなり、哀れな姿になってしまっていた。

ツワブキ

 ツワブキのそばで、未だ元気に咲く花が一種類だけ見付かった。 色も形も一風変わった魅力を見せるホトトギスの花だ。 この花が元気をなくす頃には、冬将軍が間近にやってくるのだろう。

 かく言う自分はというと、毎日電気ごたつやストーブのお世話になることが多い。 それでもまだ就寝時には暖房なしで床に入る。 無理のない程度に体をいたわりながら、やがて来るであろう冬とお付き合いしていこうかと思いつつ、深まりゆく秋を過ごしている。

ホトトギス


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
素敵なお花がいっぱいのお庭ですね。

我が家にもホトトギスがあったのですが いつの間にか消えていってしまった。
お庭にホトトギスがあるなんて 良いですね。

心和む花々に囲まれて 秋を愉しんでください。
ベニマシコ
2012/11/17 23:58
 ベニマシコさんへ
ろくに手入れをしてもらえない花々ですが、
毎年こうして花を咲かせては、楽しませてくれます。
ホトトギス、もう随分昔に勤務先で見かけ、気に入って一株分けていただいたものです。
なかなか趣のある花で、毎年株が大きくなっていきます。
wagtail
URL
2012/11/18 10:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
晩秋の我が家の庭 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる