おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏の花 ノウゼンカズラ

<<   作成日時 : 2013/07/26 16:26   >>

トラックバック 4 / コメント 4

 連日厳しい暑さが続いているが、この真夏の暑い時期に、赤オレンジ色の大きく派手な花を次々と咲かせていく南国を感じさせる花が我が家の庭に咲く。 夏の間垂れ下がった枝にラッパ型の花をたくさん咲かせるノウゼンカズラだ。

二階からの眺め

 つる性の落葉樹で、つるでどんどん伸びていき、枝や幹から気根と呼ばれる根を出し、それが壁やフェンス、他の樹木などにへばりついて体を支えて上に伸びていく。
 我が家では二階から眺められるようにと、ポール仕立てにして、3メートルほどの高さまで成長させた。


 花色は見ての通り濃い赤オレンジ色で非常に目立つ色彩だ。 ひとつひとつの花は短命だが、絶え間なく新しい花を咲かせるので、一夏花が絶えることはない。
 非常に生育旺盛で丈夫なので公園などに植えられているのをよく見掛ける。 耐寒性はあまりないので、寒冷地には不向きだといわれているが、かなり寒さの厳しい寒冷地の我が家でもこうして毎年たくさんの花を楽しませてくれている。 このノウゼンカズラは、運良く寒さに強い品種だったのかも知れない。


 日本には古い時代に入ってきており、平安時代には薬用として栽培されていたそうだ。 とても寿命の長い木で、豊臣秀吉が朝鮮半島から持ち帰ったといわれる金沢市の玉泉園にある古木はまだ健在らしい。  (樹齢400年以上・・・)
  こうして一つの花を見ると、本当に鮮やかで派手な色をしており、 「夏の花だなぁ」 という感じがする。 我が家のこのノウゼンカズラも園芸店で買い求めてからもう随分年月が経つ。 まだまだこれから何年も夏にはこうして勢いのいい花を楽しむことができそうだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブログ開設7周年
 先日、この 「おりふしの記」 のブログを開設している “BIGLOBE ウェブリブログ事務局” から 「祝ブログ開設7周年!」 というメイルが届いた。 このブログが登録されてから、今月の26日で7周年になるというのだ。 ...続きを見る
おりふしの記
2014/07/29 11:17
− タイトルなし −
 このブログ「おりふしの記」も開設してから7月26日で8周年になった。 開始当初はどんな方向でやっていくのかも定かでない内のスタートだったが、月・水・金曜日の週3回の掲載を目指しながら、何とかここまで継続することができた。 ...続きを見る
おりふしの記
2015/08/01 10:01
ブログ開設9周年!
 この「おりふしの記」のブログは、ウェブリブログを使用しているが、毎年登録日間近になるとお祝いメールが届けられる。 先週、ウェブリブログから、下記のようなメールが配信されてきた。 ...続きを見る
おりふしの記
2016/07/29 10:57
ブログ開設10周年
 一週間ほど前、当ブログ “おりふしの記” でお世話になっているウェブリブログ事務局から下記のようなメールが届きました。 ...続きを見る
おりふしの記
2017/07/30 11:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ノウゼンカズラもやはりお庭に咲いているのですね♪
高い場所で咲くので良く目立ちますよね。
先日仕事でユーザーさんと佐渡に行ったのですが
どのお宅でもノウゼンカズラが咲いていて見事でした。
遠くからでもオレンジの花が目を惹きます ! !
触れて頂きたかったのですがタクシーで移動だったので
それは無理でしたが、もっとも高い所で手が届かないかも
知れませんね。
ネネ
2013/07/26 22:42
 ネネさんへ
ノウゼンカズラは、我が家の庭を彩る“夏の花”です。
華やかな色の花とたくましい生命力で、夏を乗り切る元気がいただけます。
ユーザーさんの支援のお仕事、ご苦労様です。
その時その場で、ユーザーさんに雰囲気を感じていただくために、色々工夫をされるんでしょうね。
それとなく試みようとするネネさんの心遣いから、優しさ・温かさが感じられます。
仕事がお忙しいのは、きっとネネさんへの希望指名が多いせいでしょうね。
wagtail
URL
2013/07/27 09:48
今晩は。ノウゼンカズラ、いいですね。橙色が沢山咲く、たまりません。
我が家でも旺盛に生育してましたが、除染作業で根こそぎでした。
来年を楽しみにします。
行き当たりばったり
2013/07/27 17:43
 行き当たりばったりさんへ
除染作業、今まで丹精込めて作り上げてきた庭も、
ノウゼンカズラに限らず、大きな痛手を受けたことでしょう。
こうして考えると、本当に計り知れない被害がもたらされていますね。
強いノウゼンカズラですから、一部でも残っていればまた復活してくれると思うのですが…。
wagtail
URL
2013/07/28 10:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
夏の花 ノウゼンカズラ おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる