おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 白露 【しらつゆ】

<<   作成日時 : 2013/09/09 18:33   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 この頃は、草や葉などに露が宿り、朝に夕に白く光って目につくようになった。 この白露 「しらつゆ」 と読む。 梅雨は無風で、腫れた夜が明ける頃によく降る。 「露時雨」 というのは、草木の葉などに露がたまり、何かの拍子に滴り落ちる様を、時雨に例えた美しい言葉だ。



 ところで、一昨日は二十四節気の一つである 「露(はくろ)」 だった。 秋を初秋、仲秋、晩秋の三つに分け、仲秋の前半に 「白露」 を、後半に 「秋分」 が置かれている。 「白露」 とは、大気が冷え、野の草に露が宿って白く見える頃の意味だ。 「秋分」 の15日前で、この頃から秋の気配をひとしお感じるようになる。
 露は、大気が冷やされて大気中の水蒸気が地面や地物の表面に凝結して出来た水滴のこと。 風が弱く、晴れた夜ほど大気の冷却が大きく、露が出来やすくなるのだ。
  露は秋の季題にもなっていて、秋の季節感をそそる。 もう秋だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ほんとうにもう秋です。
朝夕は寒くて上着が必要です。

露のお写真綺麗ですね。
あわせて、日本の言葉はほんとうに美しいですね。
草や葉に露が付いてい朝、日の光で綺麗に輝いていることがあります。
こんな情景をゆっくりと眺められる、
静かな生活が戻ってきました(^O^)
雅♪
2013/09/10 22:57
 雅♪さんへ
お孫さんとの一時、ご苦労様でした。
いつの間にやら秋風が吹くようになり、見回してみれば、あちらこちらで秋の風情を感じることができます。
暑さしのぎをしていましたら、もうすっかり秋になっています。
日本語の中には、こうした四季の移り変わりを表す豊かな言葉が豊富ですね。
これからが、気持ちのよい、いい季節になりますので、またぼつぼつデジブラも楽しみたいと思います。
wagtail
URL
2013/09/11 11:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
白露 【しらつゆ】 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる